『Maven』でSeleniumライブラリの管理をしよう①

  • 2017年8月18日
  • by 
『Maven』でSeleniumライブラリの管理をしよう①

こんにちは。M.Sです。

今回はSeleniumライブラリのバージョン管理がカンタンにできる『Maven』についてご紹介したいと思います。

『Maven』とは

そもそもの『Maven』をご紹介するにあたり、非常に参考になるサイトがありますので、そちらから引用させていただきます。

『Maven』は「Project Object Model(POM)」という考え方に基づき、プロジェクトのビルド、テスト、ドキュメンテーション、成果物の配備など、プロジェクトのライフサイクル全体を管理します。

『Maven』はプロジェクト管理ツールとして、プロジェクトに関する色々な情報を「POM」に集約し、「POM」の情報に基づきプロジェクト全体を管理します。

<参照:TECHSCORE『1. Maven とは』>

これは “IT用語あるある” ですが、『Maven』は実際に様々な読み方をされているようです。
<参照:YOMIKATA『maven』>
記事上では『Maven』で済ませてしまいますが、上位1、2位を尊重して「メイブン」もしくは「メイヴェン」としましょう!

特に便利なことは

『Maven』を利用するにあたり、そのメリットは以下の通りです。

  • ライブラリのバージョンが上がっても、「POM」のバージョン番号を変えるだけでOK
  • ライブラリの元のソースコードも『Maven』がダウンロードしてくれる

これまでは定期的にバージョンを確認し、新バージョンのライブラリをダウンロードして設置しなおしていましたが、その作業は「POM.xml」に記載するバージョン情報を書き換えるだけで済むということになります。
「これは便利!」ということで、さっそく試してみることにしました。

Javaプロジェクトで作成したSeleniumをMavenプロジェクトに変換してみる

『Maven』を利用するにあたり変換する必要がありますので、その手順をご紹介いたします。

手順1

Seleniumのメニュー「Javaプロジェクト」上で右クリック>「構成」>「Mavenプロジェクトへ変換」をクリックしましょう。

手順2

「Maven POM」というウインドウが表示されるので、とりあえずそのまま「完了」をクリック。

手順3

下の画像のような「pom.xml」が勝手に生成されるので、赤線にある「pom.xml」をクリック。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!
登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

仮想環境で『Ansible』を使ってサーバ構築... 最近、サーバ構築を実施する必要がありました。 まずは仮想環境を作り、サーバ構築を……と思ったのですが、私はインフラ周りの経験が浅く、色々困ったことが頻出してしまいました。 今回の記事では、私と同じような “サーバ構築ビギナー” ...
「Puppeteer」+「LINE Notify」でサイトの更新時のみ通知を受け取ってみる... 前回の記事では閲覧数向上が期待できそうなキーワードの「Puppeteer」と「LINE Notify」のそれぞれの解説、およびサイトのサムネイルを通知してみるといった試みを実施してみました。 <bitWave関連記事『「Puppeteer...
Vue.jsで社用登録データフォームを作ってみた... 今回は社内用データ登録フォームを作ろうと思い、初めて「Vue.js」を試してみることにしました。 「Vue.js」は使い方、書き方も簡単で、初心者もすぐ活用できるjsだと思いましたので、この場を借りて共有させていただきます。 なお、...
「Puppeteer」+「LINE Notify」でサイトのサムネイルを通知してみる... 今回は記事閲覧数が期待できそうなキーワードを用いて、ブログを書いてみようかと思います。 そのキーワードとは…… 「Puppeteer」と「LINE Notify」。 「Puppeteer」って何? 「LINE Notify」って...