【初心者向け】Seleniumをまわしてみよう②

  • 2017年3月16日
  • by 
【初心者向け】Seleniumをまわしてみよう②

こんにちは。M.Sです。

初心者向けSelenium講座の第2回目です。

<bitWave関連記事『【初心者向け】Seleniumをまわしてみよう①』>

今回は対象の要素の取得、取得した要素をクリックする方法をご紹介します。

アクセスしたWebページでアクションをおこしてみよう

さっそくですが、下記の動作をSeleniumで作成してみましょう。

<テスト3>

①Chrome起動
②ショーケース・ティービーのトップページを開く
③グローバルメニュー内の [お問い合わせ] をクリックする
④ブラウザを閉じる

①、②、④のやり方は第1回講座でご紹介したものとまったく同じ内容です。

<bitWave関連記事『【初心者向け】Seleniumをまわしてみよう①』>

今回は新たに追加された「③グローバルメニュー内の [お問い合わせ] をクリックする」を重点的にご紹介します。

<ソース(※macを使用しています)>

クリックを実行させるために、まずは対象のHTMLの要素(=Element)を取得する必要があります。

対象の要素を取得するには「findElement」を使うことになります。

「By~」の部分はロケーターと言い、HTMLの要素を特定するための方法を意味します。ロケーターにはいくつか種類があるため、要素の種類や属性の有無に応じて最適なロケーターを選択することになります。

DOM構造が変更されても、プログラムの修正がなるべく発生しないロケーターを選択することがポイントですね。

ちなみにロケーターは全部で8種類あります。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

仮想環境で『Ansible』を使ってサーバ構築... 最近、サーバ構築を実施する必要がありました。 まずは仮想環境を作り、サーバ構築を……と思ったのですが、私はインフラ周りの経験が浅く、色々困ったことが頻出してしまいました。 今回の記事では、私と同じような “サーバ構築ビギナー” ...
「Puppeteer」+「LINE Notify」でサイトの更新時のみ通知を受け取ってみる... 前回の記事では閲覧数向上が期待できそうなキーワードの「Puppeteer」と「LINE Notify」のそれぞれの解説、およびサイトのサムネイルを通知してみるといった試みを実施してみました。 <bitWave関連記事『「Puppeteer...
Vue.jsで社用登録データフォームを作ってみた... 今回は社内用データ登録フォームを作ろうと思い、初めて「Vue.js」を試してみることにしました。 「Vue.js」は使い方、書き方も簡単で、初心者もすぐ活用できるjsだと思いましたので、この場を借りて共有させていただきます。 なお、...
「Puppeteer」+「LINE Notify」でサイトのサムネイルを通知してみる... 今回は記事閲覧数が期待できそうなキーワードを用いて、ブログを書いてみようかと思います。 そのキーワードとは…… 「Puppeteer」と「LINE Notify」。 「Puppeteer」って何? 「LINE Notify」って...