スマホ用プロジェクターのおすすめ7選|安いモデルでも十分使える【2021年】

  • 2021年5月21日
  • by.bitWave編集部

スマホ用プロジェクターのアイキャッチ画像

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事では、スマホ用プロジェクターの選び方やおすすめ商品を解説していきます。

以前まではパソコンの画面を映し出すプロジェクターが主流でした。

しかし最近では、スマホ内の画像や動画を大画面のスクリーンに映し出すスマホ用プロジェクターが人気です。

会議やプレゼンでうまく活用すれば成功につながるかもしれません。

この記事を最後まで読めば、あなたにとって最適なスマホ用プロジェクターが見つかるでしょう。

Q.スマホ用プロジェクターとは?
A.専用ケーブルやWi-Fiを用いることでスマートフォンと接続できるプロジェクターのこと

※記事内の本体価格はすべて税込表示です。

スマホ対応のプロジェクターのメリット

スマホ用プロジェクターのメリット

画像引用元:「Anker Nebula Capsule II」のAmazonページ

スマホ用プロジェクターは通常のプロジェクターと違い、どのようなメリットがあるのでしょうか?

まず特筆すべきは、スマホに保存している画像や動画を大画面のスクリーンに映し出せることです。

面倒な操作をパソコンで一々やらずとも、専用のケーブルやWi-Fiを用いて簡単に投影できます。

時間のかからないスムーズな操作性を期待できるほか、スマホ用プロジェクターという目新しさも魅力の一つです。

会議やプレゼンで活用すれば仕事ができる人だと思われ、プロジェクトを成功させやすくなるでしょう。

また仕事だけではなく、映画鑑賞などのプライベートを充実させられます。

このように、コンパクトで持ち運びやすいスマホ用プロジェクターには様々なメリットがあるのです。

スマホ用プロジェクターを選ぶポイント

スマホ用プロジェクターの選び方

スマホ用プロジェクターの魅力がわかったところで、選ぶポイントを本項で詳しくお話します。

最適なプロジェクターを見つけるためにも知っておきましょう。

スマホ用プロジェクターを選ぶポイント
  • 解像度を見る
  • 接続方法を見る
  • 電源の方式を見る
  • 明るさを見る
  • スピーカーの有無を見る
  • 電池持ちやコンパクトさを見る

 

解像度を見る

プロジェクターごとに解像度の幅があるため、購入前にしっかり見ておきましょう。

スクリーンに投影したとき、解像度が高いほどキレイに映ります。

撮影したビデオや映画鑑賞を高画質で楽しみたい人は、高解像度のプロジェクターがおすすめです。

解像度の低いプロジェクターの目安は640×360、高いものだと1280×800などがあります。

とはいえ、解像度が高くなれば本体価格もそれ相応になるため、利用目的に合った解像度を選択しましょう。

 

接続方法を見る

接続方法は基本2パターンあるので確認しておきましょう。

スマホとプロジェクターを専用のケーブルでつなぐ有線タイプと、Wi-FiやBluetoothを用いて無線でつなぐワイヤレスタイプの2つがあります。

有線タイプは線をつなぐ手間を必要としますが、プロジェクターの遅延を可能な限り防げるでしょう。

対してワイヤレスタイプはすぐに接続できるものの、Wi-FiやBluetoothが安定しない環境だとうまく投影できないため注意が必要です。

どちらの接続方法も一長一短なので、自分にとって使いやすいタイプを検討しましょう。

 

電源の方式を見る

電源の方式は意外と重要ですので、事前にチェックしておきましょう。

内蔵タイプであれば場所を選ばずに使用できます。

外出先で会議やプレゼンを行うときに役立つでしょう。

一方、ACアダプタータイプは電池残量を気にせず利用できるので、自宅など決まった場所で用いるのがベストです。

スマホ用プロジェクターを使う場所に合わせて電源方式を決めましょう。

 

明るさを見る

スマホ用プロジェクターを選ぶ際は明るさが非常に重要です。

基本的にプロジェクターの明るさは、ルーメン(lm)という単位で表します。

「ANSIルーメン」と「ルーメン」の2種類があり、数値が大きくなればなるほど輝度も強くなるのです。

昼間にスマホ用プロジェクターを利用する場合、この明るさが不十分だとスクリーンが見えづらくなります。

また明るさによって投影できる距離も左右されるので、十分に考慮しなければなりません。

パッケージに記載されている明るさを、購入時に必ず確認しましょう。

 

スピーカーの有無を見る

購入するスマホ用プロジェクターの、スピーカーの有無を見ておきましょう。

本体にスピーカーが内蔵されていなければ、動画を再生しても音声がまったく出ません。

別売りのスピーカーを用意する必要があります。

そのため音声を出してプロジェクターをよく用いる人は、スピーカーが内蔵されているタイプを選びましょう。

ただ、高音質のスピーカーが内蔵されていると費用も割増になります。

なにをスクリーンに映し出すか、どんな使い方をするかなど、ご自身の使いみちに合わせてスピーカーを検討しましょう。

電池持ちやコンパクトさを見る

スマホ用プロジェクターを外に持ち出す人にとって、電池持ちやコンパクトさはかなり重要です。

基本的には、電池内蔵タイプとコンセントにつなぐACアダプタータイプの2種類があります。

電池内蔵タイプは持ち運びに便利です。ですが、電池が切れると途中で使えなくなります。

電池持ちは製品によって異なり、良いものだと5時間以上の連続稼働が可能で、電池持ちが悪いものだと1時間足らずで切れてしまうでしょう。

また外出先で利用する人は、できるだけサイズの小さいプロジェクターをおすすめします。

スマホ用プロジェクターといっても様々な商品があるため、自分の用途に合わせて選択していきましょう。

スマホ用プロジェクターのおすすめ7選

選び方がざっくりわかったところで、おすすめのスマホ用プロジェクターをご紹介します。

本項でご紹介するのは、価格や特徴がそれぞれ異なる商品です。

多種多様な商品を参考にして、あなたに合った最適なプロジェクターを見つけましょう。

Anker Nebula Capsule

Anker-Nebula-Capsuleのレビュー

画像引用元:【公式】「Anker Nebula Capsule」販売ページ

「Anker Nebula Capsule」は、欠点が一切なく完成度の高いスマホ用プロジェクターです。

項目数値
サイズ約120mm×約68mm
重量470g
解像度854×480
明るさ100ANSIルーメン
稼働時間約4時間
充電時間約2.5時間
接続方法Bluetooth/Wi-Fi
スピーカー5W
本体価格39,999円
購入ページanker公式ショップ

IFデザイン賞2018を受賞しており、350ml缶のようなシンプルなデザインが特徴的です。

動画4時間・音楽30時間を連続で楽しむことのできる大容量バッテリーや、多彩なストリーミング動作が可能なAndroid7.1を搭載しています。

すべての機能が高水準に仕上がっており、パソコンやタブレット、HDMI、USBなど様々なデバイスと接続できるのも魅力です。

NetflixやYouTubeなどの動画サービスも楽しめるため、仕事だけでなく映画鑑賞などの趣味でも有効活用できるでしょう。

「Anker Nebula Capsule」の特徴
  • 大容量バッテリーにより長時間の稼働が可能
  • スタイリッシュなデザインが魅力的
  • 弱点がないため多種多様な使い方ができる

Anker Nebula Capsule II

Anker-Nebula-Capsule-IIのレビュー

画像引用元:【公式】「Anker Nebula Capsule II」販売ページ

「Anker Nebula Capsule II」はさきほどご紹介した「Anker Nebula Capsule」の正当な後継機です。

項目数値
サイズ8×8×15cm
重量739.36g
解像度1280×720
明るさ200ANSIルーメン
稼働時間約3時間
充電時間約2.5時間
接続方法Bluetooth/Wi-Fi
スピーカー8W
本体価格59,800円
購入ページanker公式ショップ

前項で解説した「Anker Nebula Capsule」の性能すべてを底上げした商品です。

弱点がないどころではありません。

もはや高性能極まれし、「Anker Nebula Capsule II」があれば仕事も趣味もバッチリです。

2019年にテストした約5000製品の中で「最も感動した完璧なプロジェクター」に選出されています。

唯一の難点は非常に高価格であることです。

ですが前モデルに比べて明るさが2倍の200ANSIルーメンで、なおかつ解像度は1.5倍に進化しています。

この商品を購入することで、最高のプロジェクターライフをお楽しみいただけるはずです。

「Anker Nebula Capsule II」の特徴
  • 高性能でありながら500ml缶よりも小さいコンパクトさ
  • 「Anker Nebula Capsule」の正統後継機でありながら性能を底上げ
  • オートフォーカス機能により高精細画像をすぐに映し出せる

QKK WiFiプロジェクター AK-83

QKK-WiFiプロジェクター-AK-83のレビュー

画像引用元:「QKK WiFiプロジェクター AK-83」Amazonページ

「QKK WiFiプロジェクター AK-83」は、コストパフォーマンスに優れたスマホ用プロジェクターです。

項目数値
サイズ24.2×23.8×16.4cm
重量1.78kg
解像度720p~1080p
明るさ4500ルーメン
稼働時間ACアダブタータイプ
充電時間-
接続方法Wi-Fi/ケーブル
スピーカー2つ搭載
本体価格9,998円
購入ページamazon

ほかのプロジェクターに比べて安価な商品になります。

ですが、性能は申し分ありません。

自宅で映画館のように楽しめる高画質、内蔵スピーカー2つによるサラウンドサラウンドなど、高性能に仕上がっているのです。

もちろんWi-Fiまたは充電ケーブルを経由してスマホと接続できます。

コストパフォーマンスを重視する人におすすめの商品です。

「QKK WiFiプロジェクター AK-83」の特徴
  • スマホ用プロジェクターの中では比較的に安価で購入可能
  • スマホ画面を4500ルーメンの高画質で楽しめる
  • オートフォーカス機能により高精細画像をすぐに映し出せる

POYANK データプロジェクター TP-01

POYANK-データプロジェクター-TP-01のレビュー

画像引用元:「POYANK データプロジェクター TP-01」Amazonページ

スマホ用プロジェクター「POYANK データプロジェクター TP-01」は、今回ご紹介するスマホ用プロジェクターの中で最も安価です。

項目数値
サイズ24.4×24.1×11.4cm
重量1.49kg
解像度720p~1080p
明るさ4500ルーメン
稼働時間ACアダプタータイプ
充電時間-
接続方法Wi-Fi/USB
スピーカー2つ内蔵
本体価格9,981円
購入ページamazon

ほかのプロジェクターに比べて性能面は多少劣るものの、非常にお買い得な商品です。

基本的な機能はしっかり備えられており、スマホ用プロジェクターとして問題なく使えます。

しかも一般のプロジェクターに比べて80%明るい4500ルーメンを搭載しており、大画面のスクリーンでも高画質の投影が可能です。

ファンの動作音を小さくしつつ最適な冷却効果を実現する、高水準の冷却ファンが付いているのも魅力的だといえます。

この商品は、本体価格の安さを第一に考える人に適したプロジェクターです。

「POYANK データプロジェクター TP-01」の特徴
  • ほかプロジェクターに比べて本体価格が安い
  • パソコンやSDカードを用いてあらゆるデバイスと接続できる
  • カスタマーサービスやカスタマーサポートを提供している

ASUS ポケットLEDプロジェクター ZenBeam E1

ASUS-ポケットLEDプロジェクター-ZenBeam E1のレビュー

画像引用元:【公式】「ASUS ポケットLEDプロジェクター ZenBeam E1」販売ページ

「ASUS ポケットLEDプロジェクター ZenBeam E1」の魅力、それは超コンパクトでありながら高性能なところです。

項目数値
サイズ8×11cm
重量307g
解像度854×480
明るさ150ルーメン
稼働時間約5時間
充電時間-
接続方法別売りHDMI変換ケーブル
スピーカー2W
本体価格26,470円
購入ページasus公式ストア

120型を映し出せるスマホ用プロジェクターがポケットに入るほどコンパクト!

手のひらサイズで約300gという超軽量タイプでありながら、最大150ルーメンからなる鮮やかな臨場感を味わえます。

また2016年グッドデザイン賞を受賞しており、別売りのHDMI変換アダプタを利用すればスマホとの接続も可能です。

ほかの商品に比べて自動台形補正機能が優れているため、設置が不安定な場所でもストレスなく利用できるでしょう。

外出先でプロジェクターをよく用いる人におすすめの商品です。

「ASUS ポケットLEDプロジェクター ZenBeam E1」の特徴
  • 超コンパクトでありながら高性能
  • 2W出力のスピーカーが内蔵されておりド迫力な音声を楽しめる
  • 6000mAhのモバイルバッテリーとしても使用できる

 

YABER プロジェクター Y30

YABER-プロジェクター-Y30のレビュー

画像引用元:「YABER プロジェクター Y30」Amazonページ

「YABER プロジェクター Y30」を一言で表すとしたら、バランスが最高のスマホ用プロジェクターです。

項目数値
サイズ28.5×27×11cm
重量4.04kg
解像度1920×1080
明るさ7000ルーメン
稼働時間ACアダプタータイプ
充電時間-
接続方法別売りHDMI変換アダプター
スピーカー2つ内蔵
本体価格19,999円
購入ページamazon

本体価格、性能、画質、どれをとってもバランスが優れたスマホ用プロジェクターです。

この商品はバランスが良いだけでなく、4Dデータ台形補正・ズーム機能による補正技術が優れています。

特徴である7000ルーメンの高輝度からなる映像は、部屋が多少明るくてもキレイに映し出せるほどです。

また購入から3ヶ月以内は返金可能であり、24ヶ月は専門的カスタマーサービスを受けられます。

スマホ用プロジェクターを初めて購入する人におすすめの商品です。

「YABER プロジェクター Y30」の特徴
  • バランスの取れた高性能なプロジェクター
  • 投影画面は42〜200インチまでと広範囲をカバーできる
  • 最新の補正技術が備わっており場所や高さを選ばない

 

iOCHOW iO2S ミニプロジェクター

iOCHOW-iO2S-ミニプロジェクターのレビュー

画像引用元:「iOCHOW iO2S ミニプロジェクター」Amazonページ

「iOCHOW iO2S ミニプロジェクター」は最新テクノロジーによる鮮明な投影と、本体の一部が回転することが特徴的なスマホ用プロジェクターです。

項目数値
サイズ20.4×13.7×7.7cm
重量820g
解像度1280×720
明るさ2000ルーメン
稼働時間リチウムイオン電池
充電時間-
接続方法別売りHDMI変換アダプター
スピーカー内蔵
本体価格42,780円
購入ページamazon

本体の一部が回転する、少し特殊なスマホ用プロジェクターです。

回転することにより0度〜90度の角度で投影できます。

天井にも投影できるため、横になりながら映画鑑賞を楽しむことが可能です。

またご自身がお持ちの外付けスピーカーやヘッドフォンとも接続でき、ド迫力な音声を大画面で味わえます。

会議やプレゼン、自宅で楽しみたいときなど、様々な場面で活用できるスマホ用プロジェクターです。

「iOCHOW iO2S ミニプロジェクター」の特徴
  • 本体の一部が回転するため様々な角度で投影できる
  • 新DLPテクノロジーにより高鮮明な投影が可能
  • 持ち運びに適したコンパクトサイズ

自分に合った最適なスマホ用プロジェクターを選ぼう!

スマホ用プロジェクターのまとめ

画像引用元:「POYANK データプロジェクター TP-01」Amazonページ

ここまで、スマホ用プロジェクターの選び方やおすすめ商品をお話しました。

スマホ用プロジェクターはコンパクトで持ち運びに適しており、すぐに接続できるメリットがあります。

また商品によって見た目や機能が様々なので、「このプロジェクターが絶対で間違いない!」という商品はありません。

そのためスマホ用プロジェクターは、利用する人の用途によって買うべき商品が異なるのです。

自分に合った商品を選択するためにも、本記事で解説した選び方を参考にしてみてください。

あなたにとって最高なスマホ用プロジェクターがきっと見つかるはずです。

人気のおすすめBluetoothスピーカー|コスパ・音質・メーカー比較

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
bitWave編集部
スマホ(iPhone・Android)やドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルなど通信キャリア情報を扱うメディア「bitWave」の編集部。携帯キャリアの料金プランや割引キャンペーン情報をはじめ、最新スマホの評価レビューから使い方までスマホ・通信にまつわる記事を幅広く制作。