Apple Payの使い方|クレジットカードの設定方法やコンビニでの支払い方法も

  • 2021年7月5日
  • by.annacom14

Apple Pay

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事では、Apple Payの使い方について解説しています。

iPhoneをかざすだけで支払いができる、便利な決済サービスApple Pay。

さまざまな種類のクレジットカードや電子マネーを登録でき、財布を持ち歩かずに買い物ができるので非常に便利です。

しかし、iPhoneユーザーのなかにはApple Payの使い方がわからず、利用したことがないという人もたくさんいます。

Apple Payの使い方を知りたいという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Apple Payのポイント
  • 実店舗やネットショッピングの支払いに使える
  • 航空券やクーポンの管理ができる
  • ポイントカードも登録可能
  • 電車やバスでも利用できる
  • 最大8枚or最大12枚のカードを登録できる
  • Apple Pay・Contactless・PASMO・Suica・iD・QUICPay対応のお店で使える

トップ画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

Apple Payとは

Apple Payを使用している画像

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

Apple Payとは、iPhoneやApple watchで使える非接触型の決済サービスです。

クレジットカードやSuicaなどを登録でき、買い物するときはiPhoneを専用リーダーにかざすだけで支払いができます。

したがって、Apple Pay対応のお店ならiPhoneさえあれば買い物ができるため、現金を持ち歩く必要がありません。

また、交通系ICカードのSuica・PASMOを登録すれば、iPhoneをかざすだけで電車やバスにも乗れますよ。

ちなみに、Apple Payを利用するときは、iPhoneにプリセットされている標準アプリを使います。

Apple Payを利用するためにアプリをダウンロードする必要がないのも利点と言えるでしょう。

iPhone 7以降の端末でしか使えない

Apple Pay対応のiPhoneは、iPhone 7以降に発売されたモデルです。

そのため、iPhone 6やiPhone 5などでは利用できません。

なお、PASMOはiPhone 8以降から対応。

Apple Pay対応のiPhone 7・iPhone 7 Plusでは、PASMOを利用できないので注意してください。

Apple Pay対応のiPhone
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XR
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus

登録できるクレジットカードは最大8枚or12枚

Apple Payに登録できるクレジットカードは、iPhone 7・iPhone 7 Plusは最大8枚となっています。

iPhone 8以降は、最大12枚まで追加可能です。

複数のクレジットカードを持っている人は、Apple Payにひとまとめにできて管理がしやすくなりますよ。

財布がかさばらなくなるのもうれしいポイントですね。

Apple Payでできること

Suica モバイルSuica

画像引用元:日本で iPhone や Apple Watch の Suica を使う – Apple サポート

続いて、Apple Payでできることについて紹介していきます。

Apple Payでできること
  • お店で買い物するときの支払い
  • ネットショップでの支払い
  • アプリ内での支払い
  • 定期券や乗車券の購入
  • ポイントカードも登録できる
  • 搭乗券や映画のチケットをまとめておける

Apple Payは、お店での支払いはもちろん、ネットショップやアプリ内での支払いにも使えます。

通常、ネットショップでクレジットカードを使用する場合、アカウントやクレジットカードの情報が必要です。

しかし、Apple Payならアカウント登録もクレジットカード情報の入力も必要なく、スピーディーに支払いができますよ。

交通系ICカードを登録した場合は、電子マネーのチャージや乗車券の購入などが簡単に行えます。

また、Apple Payは、支払いに使うだけでなくポイントカードの登録も可能です。

対応しているポイントカードは、「Pontaカード」と「dポイントカード」。

ドコモユーザーやauユーザーは、ポイント管理が楽になりますね。

ポイントカードを提示する際は、「Apple Payで」と伝えてください。

専用リーダーに1度かざすだけで、ポイントの獲得と支払いが同時に完了できますよ。

さらに、搭乗券、映画やイベントの入場券、クーポンなどもまとめて保管しておけるのも利点です。

このように、支払いからチケットの管理まで幅広い使い方ができるのが、Apple Payの強みと言えるでしょう。

Apple Payの使い方|クレジットカードを登録する

スマホを操作する男性
ここからは、Apple Payの使い方について解説します。

まずは、Apple Payにクレジットカードを登録する方法からご紹介します。

この見出しの画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

  1. Walletアプリを起動
  2. 画面右上の「+」をタップ
    Apple Pay設定方法
  3. 「続ける」をタップ
    Apple Pay設定方法
  4. 「カードの種類」から「クレジットカード等」を選択
    Apple Pay設定方法
  5. クレジットカードを枠内映し出す
    Apple Pay設定方法
  6. カード情報を確認して「次へ」をタップ
    Apple Pay設定方法
  7. 「有効期限」「セキュリティコード」を入力
    Apple Pay設定方法
  8. 利用規約を確認し「同意する」をタップ
    Apple Pay設定方法
  9. 「完了」をタップ
    Apple Pay設定方法

以上でクレジットカードの登録は完了です。

複数枚クレジットカードがあれば、同じ手順を繰り返してください。

なお、複数のクレジットカードを登録した場合は、メインカードを設定する必要があります。

今後は、Apple Payで支払うときに何も指定しなければ、メインカードでの支払いとなります。

エクスプレスカード機能の設定

登録したクレジットカードが「エクスプレスカード機能」を搭載しているなら、設定をONにしておきましょう。

エクスプレスカード機能とは、Apple Payで支払うときに認証なしで決済できる機能。

iPhoneにロックがかかったままでも、充電が切れていても使えるので非常に便利ですよ。

設定方法は以下のとおりです。

エクスプレスカード機能の設定方法
  1. Walletアプリを起動
  2. クレジットカードをタップ
  3. 画面右上の「…」をタップ
  4. 「エクスプレスカード設定」をタップ
  5. エクスプレスカードを設定するカードを選択

Apple Payの使い方|実店舗の買い物で支払う

dカード Apple Pay

画像引用元:dカード | Apple Pay(iPhoneの方)

実店舗で買い物したときに、Apple Payで支払う方法を見ていきましょう。

実店舗では、iPhoneを専用リーダーにかざすだけなのでとても簡単です。

ただし、「Apple Payが使えるかどうか」「対応している電子マネーの種類」など、事前にチェックしておきたいポイントがいくつかあります。

手順に沿って解説していくので、参考にしてみてくださいね。

手順①Apple Payが使えるお店をチェック

Apple Payマーク

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

Apple Payは、Apple Payのマークがあるお店で使えます。

現在は、コンビニやスーパー、飲食店、家電量販店など数多くのお店でApple Payを導入しています。

また、Apple Payのマークがなくても、「Contactless」「PASMO」「Suica」「iD」「QUICPay」のマークがあるお店なら使用可能です。

ただし、クレジットカードによって使用する電子マネーの種類が異なるので注意してください。

登録しているクレジットカードがどの電子マネーに対応しているのかは、Walletアプリで確認可能です。

Walletアプリで使用したいクレジットカードを選ぶと、電子マネーのロゴマークが表示されています。

QUICPayのロゴマークがあれば、QUICPay対応のお店で使えますよ。

手順②使うカードを店員に伝える

レジで支払うときは、登録しているカードが対応している電子マネーの種類を伝えます。

Apple Payde使える電子マネーの種類
  • iD
  • QUICPay
  • Suica
  • PASMO
  • Contactless
  • Visaタッチ決済

前述したとおり、登録したクレジットカードによって対応している電子マネーが異なります。

Walletアプリで対応している電子マネーをチェックしてから使用してください。

対応している電子マネーがiDだった場合は、支払うときに「iDで支払います」と伝えます。

QUICPayなら「QUICPayで支払い」、Suicaなら「Suicaで支払い」と伝えてください。

手順③Walletアプリを起動

店員がレジの操作を行い、準備が整ったらWalletアプリを起動します。

Face ID対応のiPhoneなら、サイドのロックボタンをダブルクリックすれば簡単に起動できますよ。

手順④生体認証を行う

Walletアプリを起動したら、生体認証を行います。

なお、エクスプレスカード機能をONにしている場合は、生体認証は不要です。

iPhoneの上側を専用リーダーにかざす

生体認証を行ったら専用リーダーにiPhoneの上側をかざします。

決済音が鳴ったら支払い完了です。

Apple Payの使い方|ネットショッピングで支払う

ApplePayネットショッピング

画像引用元:Apple Pay の使い方 – Apple サポート

続いて、Apple Payをネットショッピングの支払いで使う方法をご紹介します。

Apple Payは、Appleのウェブブラウザ「Safari」からウェブサイトにアクセスした場合に利用可能です。

Googleなどのウェブブラウザからは使用できないので注意してください。

手順①Apple Payが使えるかをチェック

Apple Pay対応店

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

まずは、利用するウェブサイトでApple Payが使えるのかチェックしましょう。

現在、Apple Payに対応しているサイトは、以下のとおりです。

Apple Payが使えるウェブサイト
  • agota
  • Apple Store
  • adidasショップ
  • Uber
  • Uber Eats
  • Wolt
  • airbnb
  • SBI損保の自動車保険
  • Giftee
  • Coke ON
  • コミックシーモア
  • JapanTaxi
  • じゃらん
  • スターバックス
  • SmooPA
  • タイムズのB
  • 食べログテイクアウト
  • CHARGE SPOT
  • 出前館
  • TOHO CHINEMAS
  • ニコニコ動画
  • NEXON
  • PassMe
  • ピザハット
  • FARFETCH
  • Booking.com
  • BASE
  • POCKETMARCHE
  • マクドナルド
  • minne
  • モスバーガー
  • モバオク!
  • ヤマダウェブコム
  • ヤマト運輸
  • LUXA

アプリ内の支払いにも使える

ウェブサイトだけでなく、アプリ内の支払いにも使用できます。

対応アプリは以下のとおりです。

Apple Pay対応アプリ
  • Suica
  • PASMO
  • マクドナルド
  • スターバックス
  • Coke ON
  • 出前館
  • ローソン
  • モスバーガー
  • ピザハット
  • Uber Eats
  • Wolt
  • 食べログテイクアウト
  • ポケットマルシェ
  • giftee
  • メルカリ
  • adidas
  • Apple Store
  • BASE
  • FARFETCH
  • LUXA

手順②支払い方法でApple Payを選択

Safariを起動したら、いつもどおり買い物をしてください。

買い物の支払い方法を選択する画面で、Apple Payを選択します。

支払い画面が表示されたら、請求先や配送先、連絡先などの情報を確認してください。

別のクレジットカードで支払いたい場合は、カード横の「>」をタップして変更可能です。

手順③生体認証を行って支払いする

支払いを完了させるために、生体認証を行います。

画面上に「完了」という文字とチェックマークが表示されたら、支払い完了です。

Apple Payの使い方|交通系ICを登録する

PASMO

画像引用元:Apple PayのPASMOを使う|Apple PayのPASMO

Apple Payに交通系ICを登録する手順について解説します。

Apple Payは、「Suica」または「PASMO」の登録が可能です。

それぞれの登録方法について見ていきましょう。

PASMOの設定方法

まずは、PASMOの設定方法です。

PASMOカードを持っている場合

すでにPASMOカードを持っている場合は、カードから移行できます。

手順は以下のとおりです。

  1. Walletアプリを起動
  2. 画面右上の「+」をタップ
  3. カードの種類で「PASMO」を選択
  4. 「お手持ちの交通系ICカードを追加」をタップ
  5. PASMOカードの裏面に記載されているPASMOのID番号の下4桁を入力
  6. 記名式PASMOやPASMO定期券を追加する人は生年月日を入力
  7. 「次へ」をタップ
  8. 利用規約を確認し「同意する」をタップ
  9. カードにiPhoneの上部を置いて残高の転送を行う
  10. 残額が転送されたら完了

新しくPASMOを作る場合

PASMOカードを持っていない場合は、Apple Payで新たに発行が可能です。

  1. Walletアプリを起動
  2. 画面右上の「+」をタップ
  3. カードの種類で「PASMO」を選択
  4. チャージする金額を選択し「追加」をタップ
  5. 生体認証を行う

ただし、PASMO定期券はApple Payでは発行できません。

PASMOアプリから操作を行ってください。

Apple PayでPASMOを使う方法|定期券の新規・継続・更新の手順も解説

Suicaの設定方法

次に、Suicaの設定方法を見ていきましょう。

Suicaカードを持っている場合

Suicaカードをすでに持っている場合は、カードから移行できます。

  1. Walletアプリを起動
  2. 画面右上の「+」をタップ
  3. カードの種類で「Suica」を選択
  4. 「お手持ちの交通系ICカードを追加」をタップ
  5. Suicaカードの裏面に帰しあされているカード番号の下4桁を入力
  6. My Suica(記名式)やSuica定期券などを追加するときは生年月日を入力
  7. 「次へ」をタップ
  8. SuicaカードにiPhoneの上側を重ねて残高の転送を行う
  9. 残額が転送されたら完了

新しくSuicaを作る場合

Suicaカードを新たに発行したい場合は、以下の手順で操作してください。

  1. Walletアプリを起動
  2. 画面右上の「+」をタップ
  3. カードの種類で「PASMO」を選択
  4. チャージする金額を選択し「追加」をタップ
  5. 生体認証を行う

ただし、Walletアプリで発行できるSuicaは、無記名式のみです。

記名式や定期券を発行したい場合は、Suicaアプリから手続きを行ってください。

Apple PayでSuicaを使う方法|チャージの仕方と登録できない時の対処法

Apple Payの注意点

注意点
ここでは、Apple Payの注意点について解説します。

Apple Payは、支払いや交通系ICカード、チケットなどの保管といった、幅広い用途に使える便利な決済サービスです。

しかし、利用できるサービスが多い分、注意が必要な点も多々あります。

Apple Payを快適に使うためにも、注意点をしっかり確認しておきましょう。

Apple Payの注意点
  • メインカードが優先される
  • 取り込んだ後の「Suicaカード」「PASMOカード」は使えない
  • iPhoneの充電が切れると使えなくなるかも
  • 楽天EdyやWAON、nanacoなど非対応の電子マネーが多数

メインカードが優先される

Apple Payに複数のカードを登録した場合、メインカードに設定したカードが優先されます。

別のカードを使用したいときは、画面を操作して変更しなければなりません。

別のカードで支払おうと思ったのに、うっかりメインカードで支払ってしまわないよう注意しましょう。

取り込んだ後の「Suicaカード」「PASMOカード」は使えない

Apple Payに取りこんだあとのSuicaカード・PASMOカードは利用できません。

また、Apple Payからカードに戻すこともできないので注意が必要です。

なお、カードを返却する必要はありません。自分で破棄・処分してください。

iPhoneの充電が切れると使えなくなるかも

iPhoneの充電がなくなってしまった場合、iPhone XS・iPhone XR以降の機種は、エクスプレスカード用の予備電力機能が使用可能です。

iPhoneの充電がなくなっても、エクスプレスカード機能をONにしていれば最大5時間まで使用できますよ。

たとえば、SuicaやPASMOは、エクスプレスカード機能対応です。

したがって、電車に乗っているときに充電がなくなっても、問題なく使えます。

ただし、予備電力がなくなってしまった場合は使うことができません。

Apple Payを使用する際は、iPhoneの電池がなくならないよう小まめに充電するようにしましょう。

楽天EdyやWAON、nanacoなど非対応の電子マネーが多数

Apple Payでは、楽天EdyやWAON、nanacoなどは使えません。

Apple Payに対応していない電子マネーは、カードで持ち歩く必要があります。

非対応の電子マネーをよく使う人は、Apple Payを利用するメリットがあまりないかもしれません。

Apple Payにおすすめのクレジットカード

クレジットカード
最後に、Apple Payを利用する人におすすめのクレジットカードをご紹介します。

クレジットカードの申し込みを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

Apple Payにおすすめのクレジットカード
  • 三井住友カード(NL)
  • JCB CARD W

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

画像引用元:三井住友カード ナンバーレス(NL)|三井住友VISAカード

三井住友カード(NL)は、年会費無料のクレジットカードです。

ネットからの申し込みなら最短5分で発行できるため、急いでクレジットカードを作りたい人にもおすすめですよ。

また、三井住友カードは、利用金額に応じてポイントがもらえます。

通常のポイント還元率は0.5%。

200円につき1ポイントがもらえます。

ただし、コンビニとマクドナルドで利用した場合は還元率が2.5%にアップし、ポイントが5倍になります。

さらに、Visaのタッチ決済またはMastercardコンタクトレスで支払うと、還元率2.5%を上乗せ。

合計で5%の還元となります。

Apple Payは、コンビニとマクドナルドで利用できますし、Visaのタッチ決済にも対応しています。

そのため、対象店でApple Payを利用すれば、たくさんポイントがもらえて非常にお得ですよ。

三井住友カード(NL)のポイント
  • 年会費無料
  • 最短5分で発行
  • 通常時のポイント還元率は0.5%
  • コンビニとマクドナルドでApple Payを利用すれば還元率5%!

JCB CARD W

JCB CARD W

画像引用元:高いポイント還元率、年会費無料のクレジットカード JCB CARD W

JCB CARD Wは、18歳~39歳までの方が入会できるクレジットカード。

年会費無料で使えて、いつでもポイントが2倍(1,000円につき1ポイント)なのが特徴です。

さらに、パートナー店で利用した場合は、ポイントが最大11倍までアップします。

Apple Payが利用できるセブンイレブンならポイント3倍、Amazonなら7倍にもなるのでお得ですよ。

たまったポイントは、カードの支払い(1ポイント=3円)やAmazon(1ポイント=3.5円分)で利用できますよ。

JCB CARD Wのポイント
  • 年会費無料
  • 18歳~39歳まで申し込み可能
  • いつでもポイントが2倍
  • Apple Payが使えるセブンイレブンやAmazonならさらにポイントが貰える

実店舗やネットショッピングの支払いはApple Payが便利!

iPhone
今回は、Apple Payの使い方やクレジットカードの設定方法などについて解説してきました。

Apple Payは、買い物の支払いや交通系IC、航空券やクーポンの管理など幅広い使い方ができます。

また、複数のカードを1ヶ所にまとめて管理できるのも魅力です。

Apple Pay対応のお店なら、iPhoneをかざすだけでスピーディーに支払いを完了させられます。

iPhoneをお使いの人は、ぜひApple Payを活用してみてはいかがでしょうか。

Apple Payのポイントまとめ
  • 実店舗やネットショッピングの支払いに使える
  • 航空券やクーポンの管理ができる
  • ポイントカードも登録可能
  • 電車やバスでも利用できる
  • 最大8枚or最大12枚のカードを登録できる
  • Apple Pay・Contactless・PASMO・Suica・iD・QUICPay対応のお店で使える
Apple Payが使えるお店|コンビニで支払う時の店員への伝え方

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
annacom14
宮城県出身の元キャリアショップ店員。ドコモ・au・ソフトバンクでの勤務経験があり、その知識を活かしウェブライターに転身。 契約中のキャリアはドコモ。スマホはiPhone、タブレットはiPadを使用。 漫画やアニメを観るのが毎日の楽しみ。ダイエッターでもあり、3ヶ月で10kgの減量に成功。美ボディを目指して奮闘中!