【30代ユーザーに聞いた】LINE Cameraのメリット・デメリット

  • 2018年6月14日
  • by.mayo

0067916f91930b5f4f474cfd665051e7_m

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

広告が少なく、ストレスフリーで利用できる!

  • 31歳
  • 女性
  • フリーランス
  • 使用スマホ:isai
  • LINE Cameraの満足度:4点(5点満点)
  • 利用頻度の多い被写体:フリマアプリで売るための商品

まずメリットは4点あります。

1点目:サイズの加工がしやすいこと

私のカメラアプリの用途で一番多いのはフリマアプリ(メルカリ)で売るための商品撮影です。

このとき、商品画像がアップロードされるサイズが縦横比率1対1のため、このサイズの写真を撮る必要があります。

LINE Cameraならば撮影前に、簡単に縦横比率を指定できます。1対1以外にもバリエーションが多くあります。

また撮影後の写真(他のカメラで撮った写真)でも、縦横比率の設定を出来る点が非常に助かります。

他のアプリの場合、写真の一部を指定した比率で切り取るだけ(余白を取れない)のケースが多いです。

しかしLINE Cameraは、上下左右に余白を残したりと、自分の好きな部分を的確に切り取れるのが便利です。

2点目:色合いや光の加減を調整する「フィルター」のメニューが豊富

5月末現在でその種類はなんと90種以上もあり、食べ物向き、花向き、など被写体に合わせて選べます。

自分では迷ってしまうときも、アプリでお勧めのフィルターに星印を付けてくるので、それを参考にしながら選ぶことができます。

3点目:文字やフレームの追加が簡単

フリマアプリ向けには、例えば商品の予約が入った際に「専用です」といった文字をすぐに入れた写真がほしい場合があります。

この時も、直感的な操作で既にアップロードした被写体の写真に文字やフレームを追加できます。

4点目:広告がほとんどない

無料アプリにもかかわらず、使用中に広告表示はほとんどありません

今まで使っていて目についたのは、加工後の写真をダウンロードする際にポップが出る程度です。

その広告も、画面の下部に出るだけのため、気になることや、間違えて押してしまうことはありません。

最後にデメリットを1つ挙げます。

デメリットは、豊富な種類のフィルターやフレームが、1行の横スクロールでしか見えない点です。より大きな画面での一覧表示があるとよいと思います。

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

フィルターやぼかし機能で、写真の雰囲気を一変!

  • 34歳
  • 女性
  • 会社員
  • 使用スマホ:iPhone 6s
  • LINE Cameraの満足度:4点(5点満点)
  • 利用頻度の多い被写体:風景、花、料理

なんといってもずばぬけてきれいな写真が素人でも撮影できてしまうところです。

LINE Cameraには「フィルタ」というものが選びきれないほどの数用意されています

フィルタでは何ができるのかというと、自分が撮影した写真の色味や雰囲気を、ワンボタンで一気に変えてしまうことができます。

普通に撮影しただけでは地味な色合いの写真を色鮮やかに変更することもできれば、セピア調に変更してノスタルジックな写真にしてしまうこともできます。

ピンクや淡いブルーといった雰囲気に統一できるフィルタもあるので、「夢かわ」な感じや、乙女な雰囲気のかわいい写真に一瞬で変えてしまえるんです。

写真を撮影してみてからいくらでも変えることができるので、どのフィルタにしようかな?と次々に切り替えて考える時間がとても楽しいです。

料理の写真は、赤みが強いと美味しく見えるのですが、赤や黄色を際立たせて食事を美味しく見せるフィルタも当然用意されています。

このフィルタを使用して、ランチや休日に食べに行くスペシャルな料理を撮影すると、とびきりおいしそうな料理に見えます。

フィルタとはまた別に、ぼかし機能がついているのですが、円形や、画面の両端をぼかすことができます

これによって写真に遠近感が生まれるので、なんとなく撮った写真なのに、一気にプロっぽい写真に仕上げることができるのがおすすめです。

撮影する写真のサイズは比率をいろいろ選ぶことができます。インスタに使うような正方形の写真撮影ももちろんOK!多様な用途に向けて撮影ができるカメラアプリです。

そうはいっても、LINE Cameraにも多少の悪い点があります。それはとてもスマホのバッテリーを食うところです。

ちょっと一枚写真の撮影をし、フィルタをあれこれ選んだわけではないのにたったそれだけで充電が数%一気に減る、といったことがままあります。

そのため、バッテリーが消耗してきた古いスマホを使用していると、いきなり充電が0に…ということになりかねません。

持ち歩き用の充電バッテリーを用意しておくか、十分にスマホを充電した状態で使用するように気をつける必要があります。

スマホのバッテリー交換の費用と寿命を延ばして長持ちさせる方法

シンプルな操作性でSNS投稿も簡単!

  • 35歳
  • 男性
  • 会社員
  • 使用スマホ:iPhone 7
  • LINE Cameraの満足度:5点(5点満点)
  • 利用頻度の多い被写体:風景、猫、料理

カメラアプリはiPhoneに変えてからその性能がとても良いので、これを活用したいなと思って色々なものを試しています。

とはいっても自分はカメラなどの撮影は素人なのでまずは使いやすいものをと探していたのですが、現在としてはLINE Cameraを通常使っています。

とにかく使いやすいという点ではLINE Cameraはかなり良いですし、LINE用に投稿したり友人用に画像を用意したりするなどにはうってつけのものだと思います。

LINE Cameraに関してはやはりシンプルな操作性がとても気に入っているのですが、スタンプやフレームなども多くて加工するのが楽しいですね。

LINEオリジナルのスタンプなども多くこの辺はアニメキャラクターなども多いので、この辺は友人などに投げるのに便利で面白いものが豊富なのは良いですね。

顔などの加工などもできるのですが、自分は男性なのでこの辺の加工に関してはあまり使っていません。

顔の加工などに関しては友人などはSNOWがやはり良いらしく、その点としてはLINE Cameraはやや負けているというそうです。

ですがLINE Cameraは手軽さや加工のしやすさと同時に、LINEへの投稿も簡単という点がわかりやいメリットでしょう。

自分は友人用のコミュニケーションとして変な風景や面白スポットなどを撮ったりするのですが、風景なども結構綺麗に撮れるので良いですね。

後は猫を飼っているのですがこちらもよくLINE Cameraで撮影をして投稿などをしています。

変顔系の猫なのですがこれを加工して友人などにコミュニケーションと一緒に投げたりするとウケが割と良いですし、癒やしを分けたい時にも便利に使えると思います。

LINE Cameraはこんな感じでLINE用の気楽なコミュニケーション用に、とにかく手軽で使いやすいアプリだと思います。

反面専門的な気合の入った写真などを撮るという方面だと、他の専門のカメラアプリには負けてしまうと感じました。

ですが1つはあるとLINEだけではなく他のSNSにも共有が簡単なので、便利さと気軽さから現在では最も使っているカメラアプリですね。

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

ペットを可愛く撮れる人気のおすすめカメラアプリ【Android/iPhone対応】

編集部まとめ

LINE Cameraは私も普段からよく利用していますが、今回レビューを読んで新たな魅力に気づくことができました。

特に写真に余白をつける機能は今すぐにでも使ってみたいです。

また同時に、画質やバッテリーなどの問題でまだまだ改善の余地があるようです。

シーンや目的に合わせてLINE Cameraを活用してみてください!

高画質を求めるならコレ!人気のおすすめカメラアプリ【Android/iPhone対応】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ