『けものフレンズ』×『東武動物公園』の異色コラボ

『けものフレンズ』×『東武動物公園』の異色コラボ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

みなさんは『けものフレンズ』をご存知でしょうか?

ボクは “ケモノ” だけど、これは知らないなぁ……。
ワタシには周りに “フレンズ” がいないから関係ないわ。。。

いやいや、ちょっと待ってください。
『けものフレンズ』はコンテンツのタイトル名で、スマホゲーム派生からアニメで大ヒットと遂げた注目作なんですね。
私にはケモノ(ネコ3匹)もフレンズもいるのですが、ニコニコ動画ユーザでなければ本作を知りませんでした(とはいえ、残念ながら一度も見たことはないのですが……)。
そして最近、注目を集めていたこの作品が『東武動物公園』とコラボしたことで、さらに話題になったようです。

『けものフレンズ』は動物たちをモチーフにしたキャラクターが登場するストーリーとなっており、テレビアニメの放映を開始した今年初頭から動物園へ足を運ぶ人が増えているとNHKニュースで伝えているほどです。そのぐらい動物園との親和性が高いコンテンツであり、こういったコラボ企画が立ち上がるのも、当然といえば当然の結果のようですね。

東武動物公園は割と頑張っている

2015年度版のランキングによると東武動物公園の来園者数123万人と、もはや別格である上野動物園と名古屋東山動植物園を相手に健闘しているようです。
<参照:総合ランキング.net『動物園入場者数ランキング』』>
このサイトにある一番古い数値である2001年度から最新の2015年度まで、絶えずアベレージ120万人前後をキープしています。つまり、そつのない企画と広告で運営しているということですかね。

『けものフレンズ』に登場するモチーフの動物たちは多岐にわたり、場合によってはなかなかのマニアックな動物も登場するようです。そしてそれらの動物たちを紹介する際に説明役がついており、これが東武動物公園の飼育担当が出演していたとのこと。
つまり、このコラボは他の動物園ではあり得ないわけなんですね。
<参照:毎日新聞『東武動物公園、けものフレンズと提携 出演飼育員がガイド』>
しかし、スマホゲームの配信終了後(2016年12月)に放映開始(2017年1月)されたアニメだっただけに、ここまでヒットすることは想像していなかったことでしょう。

今回のコラボ企画は地道な集客策の一つだったのかもしれません。ただ、その一つがブレークを果たしたという意味では、広報担当の大勝利と言っても過言ではないでしょう。広告費にしたら、恐らくとんでもない金額かと。ふっ、大人って汚い(笑)

なお、本コラボ企画の開催期間は4月22日(土)から6月25日(日)までの約二カ月間。
開催初日は開園前からすごい行列があったとのことで、東武動物公園としても異例のことだったようです。
下記サイトをご覧ください、本当に並んでる。「すごーい(某セリフ)」。
<参照:まとめまとめ『けものフレンズ×東武動物公園の初日の様子 4/22』(2ページ目)>

なお、スポニチによるとイベントのために用意されたオリジナル缶バッジ(全6種、1個300円)3600個が開園1時間半で完売したとのこと。
<参照:スポニチアネックス『「けものフレンズ」缶バッジ3600個 即完売!東武動物公園とコラボ初日』>
『けものフレンズ』のグッズには通常のキャラクターのみが描かれた缶バッチというのも存在するのですが、今回のオリジナル缶バッチはキャラクターとリアルな動物との2ショットが描かれており、それがウケたものと考えられます。

なぜ、このコラボは評判がいい?

前記のアニメ内と同じ “ホンモノ” の飼育担当のナレーションにより、アニメを忠実に再現してくれるということのが最大のポイントにはなりますが、どうやらそれ以外にもいくつかポイントが散りばめられているようです。

「キャラクター」と「リアル動物」の共存

まず、キャラクターのパネルをモチーフとなった動物の前に配置したのが1つのポイントのようです。
アニメキャラクターとリアル動物を同時にフレームに収める機会は中々ありません。そういった意味では、異様なまでの売れ方をしたオリジナル缶バッチも同じことなのでしょう。

これを実現しようとすると、ARアプリなどを用意する必要がありそうですね。昨年の “ポケモンGOフィーバー” 以降、なかなか話題に上がることのなかったAR技術ですが、コンテンツとタイミングを見計らえば、まだまだ使える技術であると言えそうですね。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

PS4で『Mod』が遊べる時代に こんにちは、ゲーマーのM氏です。 巷のゲーム業界では良くも悪くも、11月29日にリリースされた「ファイナルファンタジー15(以下、FF15)」の話題で真っ盛り。 制作発表から10年。タイトル改名や対応ゲームハードの変更などの紆余曲折...
株の売買のごとくゲームを低価格で遊ぶ方法... こんにちは、据え置きゲーマーのy-matsubara氏です。 去る9月16日、嫁にナイショでPlayStation4用ゲーム『ペルソナ5』を買いました。 意気揚々と自宅に戻ると、嫁からプレゼントを貰いました。 『ペルソナ5』でした...
PS4とiMacをつなげてリモートプレイしてみた... みなさんどうもエセプログラマーMです。 4月6日、PS4でシステムアップデートがありました。 ヴァージョンは3.50ですね。 気になる機能として、PS4リモートプレイがMACとWindowsPCでできるようになったそうです。 ...
リアル脱出ゲームって知ってますか?知ってますよね。... リアル脱出ゲームって知ってますか?エンジニアなら知ってますよね。 ここ数年で露出が多くなってきたリアル脱出ゲームについてです。 http://realdgame.jp/ リアル脱出ゲームとは イベントの主旨としては、一つ...