【GW直前企画①】主演“人工知能”賞はどのデストピア映画に輝く!?

【GW直前企画①】主演“人工知能”賞はどのデストピア映画に輝く!?

『デストピア』とは「ユートピア(=理想郷)」の反語である「ディストピア(=暗黒郷)」と「デス(=死)」を掛け合わせた造語であり、堕落した世界を指します。

小説であれコミックであれ、近未来のデストピアを描く際には、アンドロイド(人工知能と人間を模した機械の体を持つもの)の存在は必要不可欠だったりします。
アンドロイドは最先端技術の結晶であると同時に、血の通っていない思考回路を持つ “冷酷かつ残忍” な大衆イメージも兼ね備えているため、これほど退廃的な世界を描くのに好都合なシンボルもそうないのでしょう。

今回は『デストピア』の世界観を描く映画に着目してみました。
“デストピアの重要なポジション” として描かれ、かつ “人工知能を有するアンドロイド” たちが出演する映画を見ていきましょう。

2017年公開予定の『デストピア』なAIたち

2017年はデストピアな映画に限らず、リメイク作が非常に多いのがハリウッド映画界の特徴です。
「莫大な資金調達=確実にヒットが見込まれる企画=旧作のネームバリュー依存」といった公式は、中々抜け出せそうにもありません。

ただし、前作が10年以上も昔の作品ということもあり、元々の世界観を損なうことなく、新時代のエッセンス(時代考証など)を取り入れたものになっているのではないでしょうか。

今回の映画紹介における主役はあくまでも “アンドロイド”。
まだ未公開ということもあり主演アンドロイドの活躍ぶりはご紹介できませんが、前作での怪演っぷりも含めてご紹介していきます。

ノミネートNo.1『ブレードランナー 2049』

日本公開予定日:2017年10月27日
前作の主演アンドロイド名:レプリカント

言わずと知れた1982年公開の名作『ブレードランナー』の続編が本作になります。

前作で主人公が対峙したのは「レプリカント」と呼ばれるアンドロイドです。「擬似感情は感情か? 感情を持つものは人かモノか?」という今となってはベーシックなテーマを取り扱っていますが、日本公開当時はその革新的すぎる設定故に大コケし、すぐに打ち切りとなったという経緯があったりします。
しかし時代を経てその突出した内容が評価されるようになり、今ではSF映画の金字塔として語り継がれてるようになったほどです。

前作『ブレードランナー』の不良のレプリカントが徘徊する繁華街の雰囲気は、まさにデストピアそのもの。また、“自己を人間と思い込んだレプリカント” と “生身の人間” とを判定するための心理テストのシーンは哲学的でもあり、以降のアンドロイドSF映画の定番にもなりました。
なお、原作であるSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」も傑作です。

今作『ブレードランナー 2049』の詳細はまだ明らかにされていませんが、製作総指揮は前作監督であるリドリー・スコット、主演はこれまた同様にハリソン・フォードが演じるので、前作同様「人工知能の感情」と「命の定義と頽廃」がテーマになるのではないかと思われます。

ノミネートNo.2『ゴースト・イン・ザ・シェル』

日本公開予定日:2017年4月7日
アニメ映画版の主演アンドロイド名:タチコマ、オペ子など

士郎正宗のコミック『攻殻機動隊』を原作とし、テレビアニメやOVA、小説、ゲームなどメディアミックスされた名作シリーズです。メディアミックスの中にはアニメ映画版も何作かありますが、今作が初の実写映画化となります。

今作でもAIは登場しますが、テレビアニメ版と異なり自我を持つアンドロイドの登場は少ないようです。多くは「操り人形としてのアンドロイド(AI)」が基本となっています。
なお、日本語アニメ版では「タチコマ」や「オペ子」といった自我を持つキャラクターもいましたが、徐々にアンドロイドとバイオロイドの境界が曖昧になっており、今作のハリウッド版で “アンドロイド” として登場するか不明です。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

『Computex Taipei』に行ってみた<前編>... こんにちは、ノリ子です。 みなさんは『COMPUTEX TAIPEI』というイベントをご存知ですか? このイベントは台湾で開催されるIT見本市で、1981年から開催される歴史あるイベントなんですね。 「なんだよ~、台湾の話かよ」と...
スマホゲームアプリがなきゃ死ぬ!意地でも無課金で遊びつくす!... 星のドラゴンクエスト 画像引用元:「星のドラゴンクエスト」をApp Storeで 46歳 男性 会社員 Aquos ccystal y2 アプリ操作時間:4時間 アラフォー・アラフィフの人...
ロボカップサッカー|万国共通スポーツをロボットで... 「世界水泳」「世界陸上」と今夏も国際的スポーツイベントが目白押しでしたね。 白熱したスポーツは集中して視聴すると、どうしても身体が動いてしまい、つい運動した気分になってしまいます。 スポーツで汗をかけば健康にもいいですし、チームメイ...
Microsoftのディープラーニング|パックマンで前人未踏のフルスコア!?... これまで機械学習のサンプルとしてゲームが使用されることが多いとご紹介させていただいたことがあります。 <bitWave関連記事『DeepDrive|AIが “ゲームの達人” になる日も近い!?』> オープンプロジェクトチーム「Dee...