はじめてのAtom

  • 2015年5月11日
  • by 
はじめてのAtom

初めまして、この4月から心機一転転がり込んできたakです。
金融・損保系のSI屋さんからWeb屋さん一年生になりました。

Showcase-TVの開発環境はMacです

業界も違えばいろんなルールも違います。
大きく括れば「同じIT業界じゃん?」とよく言われますが・・・

まったく違うのです。

開発環境もWindowsからMacでさらには・・・

エディタ・・・
「なにつかってもいいよん( ´ ▽ ` )ノ」
って言われても・・・・

ちなみにエンジニアが言うエディタって、基本プログラムコードを書くためのものでコードの言語判定やカラーリング、スペル補完等を統合的に行ってくれるのが最近の主流です。

正直、サクラエディタ以外使ったことがない上に、他のエディタも知らない。。。
そこで先輩にススメられた

『Atom』をインストールするところからはじめてみたいと思います。
image09
出典 by All-free-download.com

まずは『Atom』とはなんぞや?

GitHub社が2014年にリリースしたエディタです。
HTML、CSS、JavaScriptでインターフェースが構成されているという次世代というか、珍しいというか・・・

Atomは、GitHub社が開発したテキストエディタである。ChromiumとNode.jsをベースとしたAtom Shellで動作するようにつくられており、JavaScript、HTML、CSSをインタフェースとして用いたデスクトップアプリケーションである。 -Wikipedia

まさに『Web技術によって作られたAtom』

※デフォルトの設定は英語ですが、『localization』というパッケージをインストールすると日本語になります。
日本語設定でも問題なく動きます。

参考書:http://gihyo.jp/magazine/wdpress/archive/2015/vol86
image06

適応してる環境は?

Mac(10.8以上)、 Windows 7 & 8、Linuxに対応しています。
Windowsでインストールするならセキュリティソフトがっちり入れてからダウンロードする事をオススメします。

入手先はココです→ https://atom.io/

image07
ロゴ可愛いですね(≧∇≦)

これがダウンロード画面です。
日本語の環境にしか慣れていない人はちょっとためらいます。勇気をもってダウンロードボタンをポチりましょう。
image03

入れてみました!

『localization』をインストールするとこんな感じになります!

image08

Macすらはじめて使った人がここまで来るのに・・・・
Google先生をたよって一時間。。。。

感想
・デフォルトは日本語じゃないのか・・・
・見やすいじゃ~~~ん

見やすいんですよ、本当に。

次回は
・設定はこうするの を紹介していきたいと思います。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

内線電話用の番号検索|Slack APPで作ってみた... ショーケース・ティービーではメール誤送信防止という観点から、社内連絡ではチャットツールを使用しています。 現在使用しているツールは「HipChat」。 <bitWave関連記事『情報漏えいしないための決定打!”Hip Chat”』>...
ぼくたちの失敗|ベテランエンジニア達の若き日の苦悩... 6月半ばを過ぎ、新人エンジニアのみなさんも仕事に慣れてきた頃合いではないでしょうか。 しかし慣れは油断を生み、油断はミスを招くものです。当然、ミスをすれば怒られることもありますよね。 世の中には理不尽なことで怒られてしまうケースもあ...
老後のはなし|66歳でプログラミングを始めた猟師... みなさんは自分の老後のことを考えていますか? 老後がハッキリしているのであれば、その老後のために財産をとっておくということも考えることでしょう。しかし、実際にはハッキリしていないため、なかなか老後のことを真剣に考えないというのが、ほと...
『アウトプット』の重要性|オープンソースを公開する!... プログラミングにまつわるスキルのみならず、正常な人間は常に成長したいと願うもの。 成長には「インプット」が重要です。 ただ、みなさんは自分への「インプット」だけを気にしていませんか? 自分の成長に見合ったキャリアを築くのであれば、...