カメラ性能で選ぶならどっち!?Xperia XZ2 PremiumとHuwei P20 Pro

  • 2018年6月2日
  • by.chibinon

phone-690091__340

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

カメラ性能が飛躍的に向上したスマホ「Xperia XZ2 Premium」「Huwei P20 Pro」が発表されました。

もうすでに、描写や色彩などにおいて高性能カメラの実力の高さが話題になっています。

どちらのスマホもコストパフォーマンスが高く、ユーザーにとって比較対象になることは間違いありません。

今回はこの2つの新機種の『カメラ性能』にクローズアップして徹底比較しました。

1 「Xperia XZ2 Premium」と「Huawei P20 Pro」のスペックを比較

昨今のSNSブームの中、高性能カメラを搭載するスマホの登場で、デジカメ離れを推し進めています。

スマホは日常の撮影にも特別なシーンの撮影にも活躍するため、少しでもカメラ性能が高いスマホを求める傾向があります。

しかし、スマホ本来の機能や便利さを損なうようでは、本末転倒となってしまいます。基本機能が必要充分であるかのチェックも怠ってはなりませんよね。

そこで、まずは基本機能をしっかり押さえておきましょう。

スペック/機種Xperia XZ2 premiumHUAWEI P20 Pro
サイズ高さ

厚さ
約158mm
約80mm
約11.9mm
155mm
73.9mm
7.8mm
質量約230g台180g
ディスプレイ種類トリルミナスディスプレイ® for mobile有機EL OLED
サイズ約5.8インチ約6.1インチ
解像度2160×3840 1080 x 2240
CPU4 x 2.8GHz+
4 x 1.8GHz
HUAWEI Kirin 970 octa-core +
micro core i7
4 x Cortex A73 2.36 GHz +
4 x Cortex A53 1.8 GHz
電池容量3400mAh4000 mAh
OSAndroid™ 8.0Android™ 8.1
EMUI 8.1
内蔵メモリRAM6GB
ROM64GB128GB
外部メモリーmicroSD
microSDHC
microSDXC
2GB
32GB
400GB
2GB
32GB
128GB
最大速度
受信時
PREMIUM 4G988Mbps
最大速度
送信時
75Mbps
VoLTE対応〇VoLTE(HD+)
セキュリティ指紋認証指紋認証
顔認識
HDR動画再生対応
HDRアップコンバートにも対応
ワンセグ
フルセグ

ハイレゾ
FLAC、DSEE HX、LDAC、aptX対応

FLAC対応
おサイフケータイ
テザリング
同時接続数
Wi-Fi10台8台
Bluetooth4台
USB1台
BluetoothBluetooth5.0Bluetooth4.2
防水IPX5/8IPX7
防塵IP6XIP6X
ワイヤレス充電
ケーブルUSB Type-C

それぞれで特徴はありますが、ヘビーユーザーにとって気になるバッテリー容量や通信速度、センサーの類はしっかり抑さえられているようです。

美しい写真や映像を映し出すディスプレーは、両者ともに方向は違えど超高画質で甲乙つけ難いといった印象ですね。

次の章では、「Xperia XZ2 Premium」と「Huwei P20 Pro」のカメラスペックについて比較してみます。

【早い者勝ち!枚数限定】ドコモの夏モデルで使えるオンラインショップ割引クーポン

2 「Xperia XZ2 Premium」と「Huwei P20 Pro」のカメラスペックを比較

さて、いよいよ本題のカメラ機能を徹底比較していきます。

まずは、画素数やレンズ性能などを数値で見ていきましょう。

いずれも、複数のレンズを搭載し、その数を増やすなどの技術革新が見受けられます。

スペック/機種Xperia XZ2 premiumHUAWEI P20 Pro
アウトカメラ画素数1920万画素
(RGBカラー)
4000万画素
(RGBカラー)
1220万画素
(モノクロ)
2000万画素
(モノクロ)
800万画素
(ズーム)
明るさ
(F値)
F1.8
(RGBカラー)
F1.6
(モノクロ)
F2.4(ズーム)
サイズ1/2.3型 1/1.7型
インカメラ画素数1320万画素2400万画素
明るさ
(F値)
f2.0
サイズ1/3.06
ズーム
ISO静止画ISO 51200IS0 102400
動画ISO 12800
スロー撮影撮影コマ数
(fps)
960fps
画質フルHD
1,440p
HD
720p

数値だけでは、写真や動画の描写や色彩の特徴は分かりません。画像処理エンジンの能力や、動画撮影機能などを詳しく見ていきます。

技術の革新に驚くことになりますが、今までのスマホでの撮影時に「これがあったら」「もうちょっと…」とお思いだったことを思い起こしながら、ご自身の理想と重ね合わせてみてくださいね。

3 「Xperia XZ2 Premium」のカメラ性能

画像引用元:Xperia(エクスペリア) XZ2 Premium(プレミアム) ドコモ SO-04K | ソニーモバイル公式サイト

「Xperia XZ2 Premium」のカメラを語るうえで最も注目は、何といってもXperiaシリーズ初となるデュアルカメラの搭載です。

他社からはすでに登場していますが、ソニーの技術を惜しみなく注いだカメラ技術の革新を見ていきます。

3-1 Xperia初の超高感度デュアルカメラ

画像引用元:Xperia(エクスペリア) XZ2 Premium(プレミアム) ドコモ SO-04K | ソニーモバイル公式サイト

ソニーの技術を結集したデュアルカメラをXperiaシリーズで初めて搭載することで、デジタル一眼レフレベルの超高感度撮影を実現しています。

レンズの明るさを示す値は、モノクロセンサー「f値:1.6」カラーセンサーが「f値:1.8」と前作までの「f値:2.0」に比べて、より明るい写真を撮る事が可能となりました。

静止画撮影時には最高「ISO感度51200」、動画撮影時は最高「ISO感度12800」の超高感度で撮影し、モノクロセンサーの輝度データとカラーセンサーの色データを画像融合処理プロセッサーAUBEで処理します。

ISO感度も前作の「ISO感度12800」に比べて飛躍的に性能アップしています。

新開発のレンズと2個の大型センサー、画像融合処理プロセッサーが処理する「Xperia XZ2 Premium」デュアルカメラは暗所撮影に圧倒的な強さをもたらします。

今までのスマホではうまく撮影できなかった暗い室内などで、微細な光を捕捉して高解像度のまま顔の表情や背景までもフラッシュなしの自然な色合いで撮影が可能になりました。

3-2 Xperia XZ2 Premium | 一眼レフカメラのような「ボケ味」と「白黒のグラデーション」

画像引用元:プロが教えるXperia撮影のテクニック | 撮影する | ソニーモバイル公式サイト

デュアルカメラの恩恵を受け、被写体の輪郭を浮き立たせて背景をぼかした写真を撮影することが可能です。

たとえ日常の1コマの写真であったとしても、まるで高価なデジタル一眼レフカメラで撮影したように巧みに描写された作品になります。

また、今までのシングルセンサーのスマホでは実現できなかった、白と黒の階調が美しいモノクロ写真の撮影も可能となっています。

これもデュアルカメラを搭載した「Xperia XZ2 Premium」のモノクロセンサーの恩恵です。

※ボケ、モノクロ撮影はソフトウェアアップデート(2018年8月以降提供予定)で対応。

3-3 Xperia XZ2 Premium |「瞬間」を逃さない先読み撮影

画像引用元:先読み撮影 | 撮影する | ソニーモバイル公式サイト

カメラが被写体の動きや笑顔を検知すると、自動的に最大3枚の画像を保存してくれます。

シャッターを切って撮影した写真と合わせて最大4枚の写真の中からベストショットを残すことができます。もちろん、すべてを残すことも可能です。

従来の連写機能と異なり、カメラを構えてからシャッターを切るまでの間の「瞬間」を逃すこともありません。

Xperia XZ2 Premiumレビュー|最高スペックの世界初4K HDR対応スマホ

次の章では、「Xperia XZ2 Premium」と「Huwei P20 Pro」のそれぞれのカメラ性能について紹介します。

3-4  Xperia XZ2 Premium | ピントを合わせ続ける「オートフォーカス連写」

画像引用元:オートフォーカス連写 | 撮影する | ソニーモバイル公式サイト

被写体の動きを予測して、常に自動でフォーカスを合わせるオートフォーカス機能が連写時にも動作する「オートフォーカス連写」で最大10枚の連写が可能です。

たとえ、連写でベストな笑顔やチャンスを捉えたとしても、フォーカスの合っていないいわゆる「ピンぼけ」では残念です。

「オートフォーカス連写」があれば、動きの速いお子様やペット、モータースポーツのシーンなどの撮影で活躍しそうですね。

3-5  Xperia XZ2 Premium | 世界初4K HDR動画撮影

画像引用元:Xperia(エクスペリア) XZ2 Premium(プレミアム) ドコモ SO-04K | ソニーモバイル公式サイト

スマホでは世界で初めて4K HDR撮影機能が搭載されています。

美しい色彩、光のまぶしさや瞬きまで鮮明に残すことが可能です。逆光時にも威力を発揮し、白とびや黒つぶれのない映像を残すことができるようになりました。

3-6 Xperia XZ2 Premium | スーパースローモーション

画像引用元:スーパースローモーション | 撮影する | ソニーモバイル公式サイト

プロ仕様のハイスピードカメラで撮影したかのような映像を、スマホで撮影することができます。1秒間に960コマのスーパースローモーション映像はフルHDの高画質で記録されます。

これからのシーズン、水辺や花火などの場面で飛び散る水しぶき、滴る水、瞬く光などをHD高画質のスーパースローモーションで残しておくのも面白いかもしれませんね。

3-7 Xperia XZ2 Premium | その他のカメラ機能

画像引用元:Xperia(エクスペリア) XZ2 Premium(プレミアム) ドコモ SO-04K | ソニーモバイル公式サイト

3Dクリエーター

アバターを作成する事が出来る「3Dクリエーター」ですが、インカメラでもスキャンが出来るようになったのも「Xperia XZ2 Premium」の特徴です。

スキャンした画像からSNSで使用できるようなスタンプを作成することもできます。

13段階のシャッタースピード、ピントコントロール

マニュアルモードでは、シャッタースピードを13段階に自由に選択可能です。

動きのある光を低速シャッターで撮影すれば、光の軌跡がネオンアートのように浮かび上がります。

また、ピント位置を画面上で簡単に設定できますので、手前の被写体から背景まで自由にコントロールできます。ガラス越しの風景でもターゲットとなる被写体にしっかりピントを合わせられます。

ARエフェクト」アプリ

「ARエフェクト」アプリを使えば、ARの世界観が広がります。静止画だけでなく動画でも、アプリによってエフェクトされた空間が超高精細なディスプレイいっぱいに表現されます。

クリエイティブな動画を撮影したり、仲間や家族と撮影を楽しんだりと今までにないスマホの利用体験が可能ですね。

クリエイティブエフェクト

「クリエイティブエフェクト」アプリは「オールドフィルム」「ミラー」「絵画風」「8㎜フィルム風」など多彩なエフェクトを全18種類もかけられます。

写真はもちろん、動画ではエフェクトをかけるだけでなく、効果を撮影中に変更できます。

全18種類もあるエフェクトの中から選べるので、今までにない雰囲気の作品を簡単に撮影できる楽しさが広がります。

4 「HUAWEI P20 Pro」のカメラ性能

画像引用元:HUAWEI P20 Pro スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan

「HUAWEI P20 Pro」では、HUAWEIのフラッグシップスマホ前作と同様にLeicaのカメラを搭載しています。

期待通りといったところですが、驚くのがトリプルカメラを搭載しているところです。

実は、HUAWEIのロゴやカメラ性能のプリントが横向きになっています。スマホを横に構えた撮影、つまりデジカメとして使用することを前提にしているところがHUAWEIの本気度を感じさせてくれます

4-1 HUAWEI P20 Pro | Leicaのトリプルカメラ

画像引用元:HUAWEI P20 Pro スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan

HUAWEI Pシリーズは、スマホカメラの世界を卓越した技術で常リードしてきました。

最新作「HUAWEI P20 Pro」は何といっても3つ異なるセンサーを搭載した世界初のトリプルカメラに注目です。

HUAWEIのフラッグシップスマホなので当然Leica製のカメラレンズです。

前作より大幅に高画質化しており、4,000万画素のカラーセンサー「f値:1.6」、2,000万画素のモノクロセンサー「f値:1.8」に加えて、800万画素のズームセンサー「f値:2.4」の構成になっています。

これらのイメージセンサーは7.76 mm x 5.82 mmとスマホとしては最大サイズクラスです。

デジタル一眼レフ相当の「ISO感度102400」は、夕暮れから夜間、室内など様々な環境においてスマホの常識を超えた「目に見えなかったものまで忠実に再現する」描写力を発揮します。

最新スマホが採用するデュアルカメラ・トリプルカメラのメリット

次の章では、引き続き「「Huwei P20 Pro」のカメラスペックを紹介します。

4-2 HUAWEI P20 Pro | よりクリアに、より美しく撮る

画像引用元:HUAWEI P20 Pro スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan

カラーセンサーは4,000万画素の超高解像度を誇り、レンズに捉える全ての被写体をよりシャープに、正確かつ最適なカラーバランスで再現します。

2,000万画素モノクロセンサーでとらえた輪郭と融合した高繊彩な写真撮影を実現します。

AIが被写体やシーンを自動で認識して、最適な撮影モードを選択します。

それぞれの撮影モードで最適な明るさや絞りなどの様々な調整を自動で行ってくれるので、写真の難しい知識やカメラの面倒な設定は不要です。

4-3 HUAWEI P20 Pro | AIアシスト機能

画像引用元:HUAWEI P20 Pro スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan

スマホが動作するため使用するプロセッサとは別に、AI機能を提供するための専用プロセッサを搭載しています。

AI専用プロセッサの恩恵を受け、リアルタイムAIアシスト機能が、よりクリエイティブでクオリティの高い撮影の手助けをしてくれます。

また、AI手振れ補正機能によって、強力に手振れを制御して撮影者をサポートしてくれます。日常のポートレートだけでなく、動く被写体を撮影する場合にもサポートしてくれます。

さらに、水平などの写真構図についてもリアルタイムに最適なアドバイスをしてくれますので、よくある「傾いた失敗写真」を撮ることはなくなるかもしれませんね。

同時に、4D予測フォーカス機能を実装しているので一瞬のシャッターチャンスも逃すこともありません

動く被写体を立体的に認識しながら、その動きを予測して速く、正確なフォーカスで動きのある写真を生み出します。

特筆すべきは、夜景モードでの夜景の撮影シーンです。夜景の撮影に三脚はもう必要ありません。コントラストや光のバランスをAIアシストが調整し手振れも強力に押さえます。

美しい夜景のパワフルなパフォーマンスを簡単に体験できます。

4-4 HUAWEI P20 Pro | 5倍ハイブリッドズーム

「HUAWEI P20 Pro」はLeicaのズーム専用レンズをプラスしました。

ズーム専用レンズを与えられた結果、画像荒れを抑えた5倍ハイブリッドズームが可能になりました。

従来よりも、より遠くの被写体を、より鮮明に捕えることができ、撮影できるシーンの幅が広がる楽しみも増えました。

お子様の運動会や発表会など、もう少しアップで表情を取りたい時などに活躍するかもしれません。

しっかりとズームしても表情を鮮明に残せる5倍ハイブリッドズームは秀逸な武器となりますね。

4-5 HUAWEI P20 Pro | キレイな自撮りを可能にするインカメラ

画像引用元:HUAWEI P20 Pro スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan

インスタグラムなど写真を中心としたSNSでも、自撮り写真をよりハイクォリティーな画像で楽しめます。

いままでのスマホのインカメラは解像度、レンズの明るさ共に満足のいくスペックではありませんでしたが、「HUAWEI P20 Pro」では、この不満を解消できるスペックを与えられています。

インカメラ最高峰の解像度、2,400万画素のイメージセンサーと「f値:2.0」の明るいレンズで、今までのスマホのインカメラとは一線を画するハイクオリティな自撮りを楽しむことができます。

4-6 HUAWEI P20 Pro | 3Dポートレートライティング

画像引用元:HUAWEI P20 Pro スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan

自撮りにクォリティーを与える機能が他にも追加されています。AIによる3Dモデリングが顔の特徴を正確に認識して表情までも繊細に描写してくれます。

さらに3Dポートレートライティングは、クオリティの高い陰影のライティング効果を発揮し、スタジオで撮影したかのようなポートレートを自撮りで撮影できます。

HUAWEI P20 Proレビュー|Androidの超新星!スマホの歴史を変える逸品

5 「Xperia XZ2 Premium」「HUAWEI P20 Pro」いずれも光る個性

「Xperia XZ2 Premium」はソニーの革新的な技術を盛り込み、ソニーらしさを意識させるクリエイティブでエンターテイメントな1台に仕上がっていると言えます。

各メーカーのデュアルカメラを追随する形勢の流れですが、カメラやビデオカメラで蓄積された技術は完成されたもので、他メーカーに追随するというよりも先頭に立ったと印象を受けます。

「HUAWEI P20 Pro」は業界で影響力を持つカメラ性能評価サイト「DxOMark」で、109点の高得点を取っています。

もちろん、すべての撮影場面で「HUAWEI P20 Pro」が他のスマホを凌駕する性能を発揮できるわけではありません。

しかし、Leicaと共に培った技術は秀逸で革新的です。今までのハイエンドスマホの革新幅を驚愕する革新を遂げた「HUAWEI P20 Pro」はフラッグシップとして君臨するスマホの1台です。

世界初のトリプルカメラ、スマホ最大クラスのセンサーの搭載、そして何よりもAI技術と融合したスマホの可能性の追求など最先端を走るスマホの1台と言えますね。

エンターテイメントなソニーらしさか、最先端装備のHUAWEIらしさか。いずれのスマホを選ぶも個性です。

どちらのスマホを選んでも驚きの連続でユーザーを楽しませてくれることには違いないですね。

ドコモオンラインショップで2018年夏モデルが予約キャンペーン開始

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ