キャリアと格安SIM(MVNO)の料金比較・お得乗り換え|まとめ

キャリアと格安SIM(MVNO)の料金比較・お得乗り換え|まとめ

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

不必要なオプションはつけずに必要最低限のプランを選ぶことが安く最新iPhoneを契約するコツです。キャリアであれば家族でデータシェアプランを契約することも検討してみましょう。

どんな人にどのキャリアが向いている?

3キャリアとMVNOの料金プラン詳細を紹介してきましたが、どのキャリアを選ぶのが最も安く契約できるのでしょうか。
もちろん家族形態やデータ・通話の使い方にもよりますがキャリアごとに向いている人やメリット、デメリットを紹介したいと思います。

ドコモ

向いている人

・通信・通話品質を重視する人
・家族で加入するつもり
・自宅のインターネットが「ドコモ光」、または乗り換え予定
・2年後に機種変更を考えている
・家族でシェアプランに加入する予定
・dカード(特にゴールド)を所有している

メリット

・NTT運営で安心感が高い
・キャンペーンが豊富
・ドコモ光と一緒に申し込むと毎月割引
・長期契約者向けの割引サービスを展開
・dカードで電話料金を支払うとポイント還元率が高い

デメリット

・最低月額料金が3キャリアの中でも高額
店頭申し込みの場合頭金がかかるケースがある
・最低通信量が2GBから

ソフトバンク

向いている人

・自宅のインターネットが「ソフトバンク光」、または乗り換え予定
・48回の分割払いを選択したい
・ヤフーショッピングやヤフーカードを利用している
・通話はかけ放題か5分間かけ放題を選択したい
・家族で大容量シェアプランに加入したい
・データ通信や通話の頻度が高い

メリット

・ギガモンスター、ウルトラギガモンスターは割引キャンペーンも豊富
・月月割引の金額が大きい
・分割支払いの回数が選べる
・ヤフーのポイントがもらえる
・ソフトバンク光と申し込むと毎月割引
・オンラインで予約ができるため、店頭での申し込みの時短ができる

デメリット

・通信トラブルやスタッフの対応など、評判がやや悪い
・48回払いの契約など、長期で縛りがある
・通話をほとんどしない人向けの安いプランがない(ホワイトプランはあるが、データ通信が多いとスマ放題ライトの月額料金を超える)

au

向いている人

・2年以内に機種変更がしたい
・auスマートバリューに加入予定
・データ使用量が少ない
・個人で安く契約したい

メリット

・一人暮らしで家族がいなくても割引額が大きい
・3キャリアの額面最安値で契約ができる
・自宅のネットをスマートバリューにすれば毎月割引

デメリット

・ドコモやソフトバンクのようにデータシェアができない(個人で2台以上所有の場合のみ可)
・家族全員で加入した場合に割高(データシェアプランがないため)
・最新iPhone購入時の値引きは「アップグレードプログラムEX」への加入が必要

結論

3キャリアの中では、家族向けのデータシェアプランを展開しているドコモとソフトバンクがファミリーにおすすめです。
auは個人での契約が最適で、機種変更を定期的に行う人が最もお得に契約できます。

またどのキャリアでもインターネット回線とのセットで大幅な割引を展開しているため、ネット回線にこだわりがない場合は合わせるのがお得になります。

各社のメリットやデメリットを確認した上で、自分に適したキャリアを選択しましょう。

格安SIM/MVNO

向いている人

・最新iPhoneを購入して長く使いたい(3~4年以上)
・端末代金を一括で支払って月額料金を抑えたい
・データや通話をほとんど使わない
・高速通信が必要ない
・通話はLINEやスカイプなどのアプリを使っている
・最新iPhoneではなく格安スマホが購入したい

メリット

・月額料金が安い
・データ通信のみの契約が可能
・SNSなどの利用が使い放題のサービスもある
・各業者で通話料半額や050発信などの割引サービスが展開されている
・5分、10分かけ放題サービスの料金が3キャリアより安い
・高速通信なしの低額プランも選択できる
・2年縛りなどのルールが少なく、解約金に悩まされない

デメリット

・通信品質にばらつきがある(高速通信で契約していても、つながりにくくなることがあります)
・かけ放題サービス(時間無制限)はほとんどなく、あっても高額
・iPhoneはSIMフリーの正規品を購入するため、割引がない
・短期間で機種変更する場合、端末料金の負担が大きい

結論

MVNO業者は各業者ごとに個性があるため、自分に合った会社を選択することも重要です。
高速通信なしの安いプランを求めているなら「DMMモバイル」「楽天モバイル」が適しています。

LINEやSNS利用が多い場合は「LINEモバイル」がぴったりです。

いずれau端末の利用を考えている場合には「mineo」「UQモバイル」で利用することができます。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ