スクラップブックのIoT|カットペンを試してみた

スクラップブックのIoT|カットペンを試してみた

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

みなさん、新しい発見をしていますか?

実体験から得られる発見は素晴らしいものですが、時間や場所、コストからいっても限界がありますよね。
そうなると他の人の体験談や考え方を知ることで、擬似的に実体験をしたのと同じような効果が得られます。

例えば、ウェブサイト。
玉石混交あるものの、とにかく情報量が多いですし、一つの切り口から深掘りして調べるのに向いています。
関心のある情報であればすぐにブックマークを貼れますし、メルマガ登録やRSSリーダーを駆使すれば、無尽蔵に情報が入ってきます。
ただ、情報量の多さが仇となって、見返すことが億劫になりがちです。

それではテレビの場合はどうでしょう。
鮮度ある情報は得られますし、ウェブサイトより信憑性のある情報が集まります。
ただし、番組の選定こそ個人に任されますが、情報は一方的。
しかも個人のペースで情報を得づらいのが玉にキズですね。視聴者に考える時間を与えてくれないこともしばしばです。

じゃあ、雑誌や新聞などの活字は?
テレビとは異なり自分のペースで読み進めることもでき、自分なりの考えを構築する時間も得られます。
ただし、掘り下げるには労力が。必ずしもバックナンバーが入手できるわけでもないですし、膨大な活字の海に埋もれて、心に残った一文を見返すこともままなりません。

人間は忘れる生き物。
忘れてしまう前に、新しい発見や情報を都度誰かに共有してまわるのも手です。
しかし、いつしか周囲はアナタのことを “面倒くさい人” と認識してしまうかもしれません。。。

そんなことを考えている最中、新たな発見をしたと思われるricemanさんが、自分が忘れてしまう前に面白いガジェットの情報を共有してくれました。
ricemanさん、アナタは面倒くさい人じゃないですよ!
<参照:ナカバヤシ株式会社『新聞に特化したAIスクラップペン CUTPEN公式サイト』>

「スクラップブック」が趣味の域を越える

スクラップブックは立派な個人データベースです。

今ほどインターネットが普及していない時代であれば、趣味として楽しんでいた方もいらっしゃることでしょう。
そして情報収集として業務で作成していた……、なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

気に入った文章や写真、イラストを切り抜く作業は、一種の儀式として趣味人の満足感を満たしてくれるものです。
<参照:趣味ちゃんねる『スクラップブック』>

極めてしまえば、みうらじゅん氏のように個展が開けるレベルのスクラップブック収集家にだってなりえます。
<参照:PRESIDENT Online『みうらじゅん「スクラップ・ブックで鍛える情報編集力」』>

しかし、面倒……。そんな声も聞こえてきます。
だからこそのIoT化だったんですね!

共有してくれたガジェット『カットペン』の動画を見ていると……

ほ、欲しい! 私も情報編集力を鍛えたい!!
ポチっとな。買ってしまいましたよ。なぜか2本もw

ボールペン専用のアプリがある時代

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

お葬式から供養まで|加速するIoT化 今年の秋彼岸は9月20日から26日まで。 みなさんはご先祖さまの供養、忘れずにされましたか? 国土の狭い日本の土地事情も相まって、昨今ではバーチャル墓地を取り入れている団体もあったりします。 特に墓不足が深刻な問題とされている都市...
多機能電球|光るアイデア、照らす未来... 今年の夏は台風の影響もあってか、日本全国で天気が不安定。 従来の夏のように暑い日もあれば、日中から暗い日も。 しかし、電気のおかげで暗い環境であっても、いつもと同じように生活を送ることができます。 そして震災後の「省エネ対策」が謳...
未来の社員証|キミはマイクロチップ埋め込みを許容できるか?... 私がApple Watchを使用するようになってから、まもなく1年を迎えようとしています。 Apple Pay機能が実装されたことでSuicaを持ち歩かなくなり、(中身がかろうじて入っている)財布を持っていないときも自動販売機で飲料を...
発明は必要の母|キミも発明家を目指してみないか?... あらゆるものがIoT化されつつあることで、世の中の “不便” とされる領域はかなり狭まってきました。 発明は必要の母   そんなことわざもありますが、必要性があって生まれた道具には、必ずといっていいほど発明が最初にあった...