スマホの強制終了・再起動の方法|iPhone/Androidの各機種ごとに解説

スマホの強制終了・再起動の方法|iPhone/Androidの各機種ごとに解説

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

スマホの画面が反応しない場合、再起動や強制終了することで、不具合を改善できる場合もあります。

ただ、スマホは機種によって強制終了の方法が異なるので、機種変更直後などはその仕様の違いに戸惑ってしまう人も少なくないはずです。

そこで、今回は代表的な機種の強制終了の方法をご紹介します。いざという時に備えて、しっかり確認しておいてくださいね。

1 スマホの再起動 基本的な方法は?

強制再起動の方法を知る前に、まずはいつでも利用可能な再起動の方法を説明しておきます。

「なんとなく画面が重くて操作しづらい」という場合や、動作パフォーマンスを維持するため定期的に再起動をする場合などは、通常の再起動を利用します。

ちょっとした動作の不具合が改善されることもありますので、もしもの際は利用してみてください!

1-1 iPhoneの再起動方法

iPhoneは、機種によって操作するボタンが変わってきます。

また、iOS11以降では、タッチパネルの操作でも電源を切ることが可能になりました。(iPhone5s以降の機種は、iOS11にアップデートすることができます。)

iPhone X

  1. iPhoneのサイドにあるスリープボタン音量調節ボタン(上下どちらでも可)を同時に押し続ける
  2. 「スライドで電源オフ」という項目が出てきたら、右にスライドさせて電源を完全に切る
  3. 電源が切れたら、Appleのロゴが表示されるまで、サイドボタンをもう一度押し続ける

iPhone 8以前の機種

  1. 上部のボタン(またはサイドボタン)を押し続ける
  2. 「スライドで電源オフ」という項目が出てきたら、右にスライドさせて電源を完全に切る
  3. 電源が切れたら、Appleのロゴが表示されるまで、もう一度上部のボタン(またはサイドボタン)を押し続ける

iOS11以降

iOS10まではボタンを操作することでしか電源を切れませんでしたが、iOS11以降は、タッチパネルの操作によっても電源を切ることができるようになりました。

  1. ホーム画面から「設定」(歯車マーク)をタップ
  2. 「一般」を選択
  3. 「システムの終了」をタップすれば、電源が切れる

起動方法は、他の機種と同じです。

電源OFF時にボタンを長押ししなくていい分、素早く再起動が可能です。一度試してみてくださいね。

1-2 Androidの再起動方法

Androidの場合、再起動の方法はどの機種でも同じです。

基本の3ステップを覚えてしまえばどの機種でも応用できるため、もし周りに困っている人がいたらぜひ教えてあげてください。

  1. 電源ボタンを長押し
  2. メニューが出てくるため、「電源を切る」もしくは「再起動」をタップ
  3. 「電源を切る」を選択した場合は、ロゴが出てくるまで、再度電源ボタンを長押し
    (「再起動」を選んだ場合は、放置していれば自動的に再起動が始まります)
iPhoneが突然落ちて勝手に再起動を繰り返し始めた…原因と対処法

次のページではスマホを強制終了する方法を解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ