スマホ・携帯が水没した時の修理の流れと直ぐにやるべき4つの対応

スマホ・携帯が水没した時の修理の流れと直ぐにやるべき4つの対応

普段の生活のなかで突然訪れる、スマホの水没…『スマホを水没させてしまった!』頭が真っ白になるかもしれません。

スマホは今やなくてはならないアイテムの1つですから、それなりに注意を払って取り扱っているはずですが、水没事故はいつ誰に発生するか分かりません。

そのような事態になったときに慌てず対処できるように、『スマホが水没した時の対処方法と修理』について解説します。

絶対にやってはいけないことはもちろん、対処方法や気になるスマホの修理の流れ、料金についても詳しく解説していますのでチェックしてみてください。

1 スマホを水没してしまった時に『やってはいけないこと』と『やるべきこと』

スマホが水没してしまった時の対処方法を正しく理解しておくことで、スマホが復旧する確率も上がりますし、スマホ内のデータを保全できる可能性も上がります。

慌てず適切に対応できるように、『絶対にやってはいけないこと』と『急いでやらなければならないこと』に分けてご紹介します。

1-1 絶対にやってはいけないこと

水没してしまったスマホをすぐにでも復旧させたいと思って、慌てて下記のような行動は厳禁です。被害を拡大させてしまう恐れがありますので絶対にやめましょう。

水没したスマホの電源を入れる

スマホは言うまでもなく、精密機器です。ショートしてしまうと完全に故障して復活の道を閉ざされてしまいます。

水没してしまったスマホは内部に水が浸入していて、電源を入れることでショートする恐れがあります。

ショートしてしまうと基板などの部品交換が必要になり、修理費用が高額になるばかりか内部のデータも破損して失う恐れがありますので、水没したスマホの電源をすぐに入れるのは絶対にやめましょう

もし、電源が入っている状態であれば一刻も早く電源を切っておきましょう。もちろん、充電するなんてもっての他です。

水没したスマホを振る

どのようなスマホでも、ある程度の防水機能が備わっています。ゴム製のパッキン(気密性を保つための詰め物)が隙間を塞ぐ構造になっていて、水の侵入を防いでいます。

スマホを振ることでパッキンについた水が内部に侵入してしまうと、ショートの原因となる恐れがあります。

濡れていない部分をあえて濡らす必要はありませんので、こちらも絶対にやってはいけないことの1つです。スマホを振って水を出そうとするのはやめましょう。

水没したスマホをドライヤーで乾かす

これは、乾燥させなくてはという思いから実行する方がいらっしゃるかもしれませんが、上記同様に、パッキンや溝に溜まっている水を風で内部に侵入させてしまう恐れがあります。

また、精密機器は熱に弱いので、ドライヤーを使って温風を当てることで高温になり、故障の原因の1つとなりかねません。

乾燥させる行動なので良さそうに思ってしまいがちですが、絶対にやってはいけない行動の1つです。

1-2 水没させてしまったら急いでやるべきこと

スマホを水没してしまった時の対処方法として、急いでやっておきたいことがいくつかあります。

データを保護したり、スマホを復旧するために重要なことですので迅速に対応しましょう。

水没したスマホのバッテリーを外す

スマホが水没してしまったら、本体内に侵入した水が原因で漏電・ショートを引き起こす可能性があります。

電源を切っていてもバッテリーに残った電気が漏電してショートしてしまう恐れがあります。

上記の電源を入れる行動と同じで再起不能に陥る可能性とともに、データの紛失の危険性がありますので速やかにバッテリーを外しましょう。

水没したスマホのSIMカード、SDカードを取り出す

SIMカードもSDカードも金属の端子が接触することで読み書きができる構造です。

この部分が水分で腐食したり、基板に残った微量な電気でショートしてしまうと、大事な情報やデータを失うことになります。

急いで取り出してタオルなどで水分を拭き取っておきましょう。

水没したスマホに水分は丁寧に拭き取る

バッテリー、SIMカードやSDカードを外したら内部に残った水分を丁寧に拭き取ります。

細かい隙間に残った水分は、綿棒やティッシュペーパーを細くしたもので吸い取れますので試してみてください。

ヘッドホンジャック、スピーカーの穴、USB端子もティッシュペーパーなどで丁寧に拭き取ることをお忘れなく。

水没したスマホを乾燥させる

ここまでできたら後は乾燥させるだけですが、ここでも1つ注意すべき点があります。

洗濯物のように天日に干せば早く乾燥しそうですが、前述にもあるように精密機器が熱を持って熱くなることは避けたほうが賢明です。

日陰の風通しの良いところで乾燥させましょう。3~4日ほど乾燥させれば大丈夫でしょう。

次のページでは乾燥するまでそんなに待てないよ!という方のための裏技を紹介します。

あなたにおすすめ

iPhoneの修理・故障はAppleCare+がお得?キャリアの保証サービスと比較... あなたはAppleCare+に加入していますか? iPhoneが故障してしまったとき、 保証無しでの修理はいくらかかるのか? 保証を付けた場合と付けなかった場合で、どちらの方がお得になるのか? Appleの保証は...
ソフトバンクのスマホの修理・故障は「あんしん保証パック」でOK?... かつては一家に1台だった電話も、スマホの普及により1人1台、さらには1人で2台持つ時代になりました。スマホがないと不安で仕方がないという人も多いことでしょう。 スマホは立派な家電製品です。内部には高性能で小型化された電子部品が所狭しと...
au「データお預かり」アプリでバックアップ!確実にデータ移行する方法... auが提供で用意している、「データお預かり」というデータバックアップアプリをご存知でしょうか。 このアプリを経由すれば、無料でアドレス帳や写真などをauのクラウド上に預けておくことができます。 今回はauユーザーならぜひ利用した...
AndroidからAndroidへデータを移行|google管理と端末固有に分けて解説... AndroidからAndroidへの電話帳や連絡先を含むデータ移行の方法についてまとめました。 クラウドサービスが主流となってきている今では、昔よりも簡単にデータ移行できるようになってきましたが、それでもデータの扱いに関していくつか注...