スマホ対応は必須!MFI(モバイルファーストインデックス)に向けて対策しよう

スマホ対応は必須!MFI(モバイルファーストインデックス)に向けて対策しよう

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2016年11月5日にGoogleが「モバイルファーストインデックス(MFI)」を発表したことで各Webサイトのスマホ対応は必須となりました。

モバイルファーストインデックスとは

現状GoogleのランキングシステムはPC版のコンテンツを評価しています。ですが、モバイルからの検索が主流となった事で将来的にGoogleのアルゴリズムはモバイル版のコンテンツを主として評価するようになります。既に実験は開始されており、そう遠くない将来実装されます。

対策が必要のないWebサイト

image05

PCとモバイルで同一のコンテンツを表示している場合は影響ありません。

レスポンシブサイトや動的配信(ユーザーエージェントに応じて同じURLで異なるHTML等を配信)をしているサイトは基本的に対策の必要はありません。ただし、コンテンツの内容や構造化データマークアップがPCとモバイルで同じ場合が影響ありません。

対策が必要のサイト

image04

コンテンツやマークアップがPCとモバイルで異なるサイトは対策が必要です。
例えばー
http://xxx.comにモバイルでアクセスしてhttp://mobile.xxx.comにリダイレクトさせているサイトは注意が必要です。今後の評価対象はhttp://mobile.xxx.comとなります。

1.モバイルページのコンテンツの内容やボリュームは十分か。モバイル用にコンテンツを極端に削減、絞っているサイトはランキングにマイナス影響を及ぼす可能性があります。

2.構造化データマークアップは対応しているか。モバイル用に省略しているサイトが見られます。この場合、検索エンジンへの適切な情報配信、リッチスニペットや今後導入予定のリッチカードが対応されません。

これらは多くの機会損失となります。

またPCページのみで、まだモバイルページを持たない場合はPC版のコンテンツが評価されます。MFIの恩恵を受けれないのとモバイルフレンドリーの観点から検索ランキングの優位性は保てていません。(ペナルティはないようです)

対策方法

方法はシンプルです。PCとモバイル両方で同じコンテンツを配信する事。これ以外に今のところありません。

モバイルファーストインデックスに対応するには?

レスポンシブサイトにコーディングし直すか、動的配信を行う変換サービスを利用するかのどちらかになるでしょう。

モバイルフレンドリーも同時にチェック

image01

モバイルフレンドリーに対応するようにしましょう。モバイルフレンドリーはモバイル検索において、ランキングに影響を与える重要な要因です。また、MFI導入後でもさらに評価が上がる可能性があるようです。

余談ですが、現在では”スマホラベル”と呼ばれていたモバイルフレンドリーの証はなくなっています。当時はこのラベルがある事でモバイルフレンドリーの確認ができましたが、今では検索結果で判別はできません。
モバイルフレンドリーは下のテストサイトでチェックできます。

モバイルフレンドリーテストページ
https://search.google.com/search-console/mobile-friendly?utm_medium=link&utm_campaign=mft-upgrade-banner&hl=ja-JP

SEOへの影響はある

これらの影響で、モバイルページを持たない、またはモバイル用に独自コンテンツを制作しているWebサイトは検索ランキングが下がる危険性があります。
それはつまり、検索流入数の減少に繋がります。資料請求や問い合わせ数の減少、ECサイトなら販売数の減少による売上の低下等、多くの問題が生まれるでしょう。

Googleはモバイルフレンドリーを始めとして、モバイルファーストの施策を続けてきました。それは世界の多くの人がモバイルで検索する時代になったからです。きっと今後もモバイルファーストの施策を進め、アップデートを重ねていくはずです。
PCページ主体のサイトは今後より厳しい状況になるでしょう。

トップページや主要ページ、トラフィックの多いページは最低限スマホ対応していく必要があります。

スマートフォン・コンバータの特徴とおすすめポイント

モバイルファーストインデックスに対応

スマートフォン・コンバータはPCページをスマホサイトに自動変換します。検索ユーザーへはPCページと同一コンテンツを提供する事になるのでPCとモバイルで差異がありません。
Googleからは適切な評価を受ける事ができます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

新型iPhoneで審査落ちした時の原因と対処方法|分割と一括購入の違い... 昨年のiPhone X発売以降、iPhoneは10万円を超えるのが当たり前の高級路線に本格的に入りました。それだけ高いテクノロジーを有しているということで、これは仕方のないことかもしれません。 しかしその弊害として、「新型iPhone...
HUAWEI nova 3レビュー|高いデザイン性と高コスパのSIMフリースマホ... SIMフリースマホを多くリリースし、格安SIM事業者での取り扱い機種も多くユーザー数も多いHUAWEI。 HUAWEIの人気から、「P」シリーズがキャリアでも取り扱われるようになりました。 その中でも「HUAWEI P20 Pr...
au「故障紛失サポート with AppleCare Services」契約を確認するには... iPhone購入時に多くの方が悩むAppleCareの加入ではありませんか。 今回はauで新しくリリースされる保証オプション「故障紛失サポート with AppleCare Services」の特徴について解説をしていきます。 ...
ソフトバンクのiPhone8とiPhoneXが値下げ|価格が安くなる時期がきた!... 2018年も例年通り9月~10月にかけて新型iPhoneが発表され、発売されました。 この時期になると新型iPhone(2018年はiPhoneXS/XS MaxおよびiPhoneXR)に注目が集まりますが、前年以前に発売された旧モデ...