ソフトバンクからドコモ・ahamoへ乗り換える(MNP)手順と注意点【2021年】

ソフトバンクからドコモに乗り換える手順を解説します。また、ソフトバンクよりドコモの方がお得かどうかも考察します。乗り換え時にはキャンペーンがあるためお得に感じます。しかし、ドコモを長期利用するならば、料金プランを比較してランニングコストを考慮すべきです。
  • 2021年5月25日
  • by.unishi

ドコモ

ahamoならスマホ料金が月額2,970円。さらにMNPなら最大7,000ptもらえるキャンペーンも実施中!ahamoで最新スマホを使うならお得なドコモオンラインショップで購入しましょう。

本記事ではソフトバンクからドコモ・ahamoへ乗り換える(MNP)手順と注意点について徹底解説していきます。

スマホの乗り換え時にはSIMロックの解除やMNP予約番号の発行、データ移行など注意すべき点がいくつかあります。

乗り換えてから後悔しないようにしっかりと理解しておきましょう。

またドコモやahamoへ乗り換えることで本当にお得になるのか比較しています。

お得に乗り換える方法も紹介しているので、ぜひともチェックしていただき、お得にドコモやahamoを楽しみましょう!

ソフトバンクからドコモ・ahamoへ乗り換え
  • 割引やキャンペーンを使うとお得に乗り換えられる
  • ドコモやahamoを利用するならdカードがあると更にお得
  • 乗り換える際はMNPを取得してオンラインショップで機種を購入する

※本記事中の価格は税込み表示

ソフトバンクからドコモへお得に乗り換えるコツ

ドコモオンラインショップ

画像引用元:ドコモオンラインショップ ホーム | NTTドコモ

まずは最初にソフトバンクからドコモへお得に乗り換える4つのコツを紹介していきます。

それでは早速ひとつずつ見ていきましょう。

お得にドコモに乗り換える4つのコツ
  • 割引・キャンペーンを使う
  • ドコモ光・dカード GOLDを契約する
  • ドコモオンラインショップを利用する
  • SIMのみ契約で機種をそのまま使う

コツ1:割引・キャンペーンを使う

ドコモに乗り換える際に新しいスマホを購入するなら、割引・キャンペーンは必ずチェックしましょう。

例えば「5G WELCOME割」をみると、最新のiPhone 12が22,000円も割引してもらえます。

他にも「はじめてスマホ割」や「はじめてスマホ購入サポート」などお得なキャンペーンは随時開催しています。

乗り換え前にキャンペーンをチェックして、自分に適応されるものがあるか確認しておくと非常にお得になりますよ。

コツ2:ドコモ光・dカード GOLDを契約する

ドコモに乗り換えるなら、ドコモ光とdカード GOLDはぜひ契約しましょう!

ドコモのスマホとドコモ光を一緒に利用することで、「ドコモ光セット割」が適用されます。

ドコモ光セット割では1回線あたりの料金が1,100円割引されるので、ドコモに乗り換えるならドコモ光は必須の光回線となります。

さらにdカード GOLDを契約すると、ドコモとドコモ光の利用料金1,100円ごとに対して10%分のdポイントを還元してくれます。

他の特典も活用することで年間5〜8万円お得になる方もいるほどに、dカード GOLDは非常に優秀なクレジットカードです。

ドコモに乗り換えるなら、ドコモ光とdカード GOLDを活用して毎月お得に使いましょう!

期間限定】今ならdカード GOLDで合計最大18,000ptもらえる!お得なキャンペーン続々のdカード・dカード GOLDの詳細はこちら。

コツ3:ドコモオンラインショップを利用する

ドコモに乗り換える際、ドコモショップや家電量販店で契約すると3,300円の契約事務手数料が発生します。

しかし、ドコモドコモオンラインショップなら契約事務手数料は0円です。

3,300円の違いがあれば、浮いたお金でスマホフィルムや安いケースなら買えます。

ソフトバンクからドコモに乗り換える際は、ドコモオンラインショップを利用して余計な手数料は削減しましょう!

コツ4:SIMのみ契約で機種をそのまま使う

ソフトバンクで購入したスマホは、SIMロックを解除すればドコモに乗り換えてもそのまま利用できます。

ソフトバンクのSIMロック解除は次の窓口で行います。

ソフトバンクのSIMロック解除窓口
  • My SoftBank:手数料無料
  • ソフトバンクショップ:3,300円

ソフトバンクショップではSIMロック解除の手数料がかかってしまうため、基本的にはMy SoftBankを利用しましょう。

なお、現在ドコモオンラインショップでは、SIMのみ契約で10,000円分のdポイント還元&初期費用無料キャンペーンを開催中です!

SIMのみ契約でドコモに乗り換えるなら、必ずドコモオンラインショップで手続きして30大量のdポイントをゲットしましょう。

ソフトバンクからドコモへ乗り換える(MNP)手順

SIMカードとスマホ
ではソフトバンクからドコモへ乗り換え(MNP)するときは、どのような手順に沿って進めば良いのでしょうか。

前述したように、基本的にはソフトバンク・ドコモどちらもオンラインでの手続きをすることで、手間や費用を抑えられます。

そこでここからは、ソフトバンクからドコモへ電話番号をそのままにして乗り換える(MNP)手順を解説します。

ソフトバンクからドコモに乗り換える手順
  • 携帯電話番号そのままに乗り換えるためにMNP予約番号を発行
  • ドコモオンラインショップで機種を選択する
  • SIMのみの契約もドコモオンラインショップから

①MNP予約番号を発行する

ソフトバンクで現在使っている携帯電話番号はそのままドコモに引き継げます。

電話番号をそのまま乗り換えることを「MNP(ナンバーポータビリティ)」といいます。

そのために「MNP予約番号」の取得をソフトバンクで行い、ドコモへ提示が必要です。

有効期限は15日間ですので、期限内に手続きできるように日程を調整しましょう。

MNP予約番号を取得する方法は「電話」「My SoftBank」「店頭」の3つです。

手続き方法問い合わせ先受付時間
電話ソフトバンク携帯電話から:
*5533
フリーコール:
0800-100-5533
午前9時から
午後8時まで
My SoftBankMy SoftBankへログイン24時間受付
店頭ソフトバンクショップ営業時間などは
要確認

店頭や電話での発行は待ち時間が発生する可能性が高いため、可能ならMy Softbankでの発行がおすすめです。

②ドコモオンラインショップから機種を選択

MNPの発行ができたらドコモオンラインショップから手続きを行います。

店頭からの申し込みも可能ですが、手数料がかかるので基本的にはドコモオンラインショップがおすすめです。

上記リンクからドコモオンラインショップへ行き、契約したい機種を選択し、購入方法を「のりかえ(MNP)」にして進めていきます。

次に機種代金の支払い回数を選択しますが、ドコモでは機種代金を36回払いにして「スマホおかえしプログラム」を利用するとお得です。

最大12回分の支払いが無くなりますので、実質3分の2の価格でスマホを購入できます。

機種と購入方法、支払回数を選択したらカートに入れて購入手続きに進みます。

この際にスマホカバーなどをアクセサリーも購入できますので、必要な方は忘れないようにしておきましょう。

またドコモオンラインショップでは機種を選択せずにSIMのみの購入も可能です。

ドコモ・ahamoでもソフトバンクの端末をそのまま使える?」で詳しく解説していますので、ぜひとも参考にしてください。

③必要事項を入力して注文

機種を選択したら、MNP予約番号の入力や名前や住所などの必要事項を入力して購入手続きを進めていきます。

本人確認書類などもアップロードする必要がありますので、手順が難しいと感じた方はドコモショップで申し込みをしましょう。

手数料はかかりますが確実に申し込みを進められますよ。

④開通手続きをして乗り換え(MNP)完了

注文後商品が届いたら電話かWEBサイトで開通手続きを行います。

開通手続きはWEBサイトで行う方法が簡単でおすすめです。

ドコモの開通手続き方法
  1. ドコモオンラインショップから「お申込み履歴」を開く
  2. 「受付番号」「電話番号」「暗証番号」を入力
  3. 「切り替え(開通)のお手続きへ」を選択
  4. 「受付確認メール」を設定
  5. 「ご注文を確定する」を選択して開通手続き完了

開通手続きが完了したら乗り換え(MNP)完了です。

ソフトバンクからahamoでお得に乗り換えるコツ

ドコモ ahamo

画像引用元:報道発表資料 : 新プラン「ahamo(アハモ)」を発表 | お知らせ | NTTドコモ

続いてソフトバンクからahamoへ乗り換えるコツを紹介していきます。

ahamoはNTTドコモが提供しているとはいえ、厳密にはドコモとは別のサービスです。

申し込みはオンラインのみで、シンプルなプランが魅力のサービスとなっています。

そのため基本的に誰にでもお得に利用できますが、お得に乗り換えるコツも少しだけあります。

それでは早速見ていきましょう。

お得にahamoに乗り換える2つのコツ
  • dカード GOLDを契約する
  • スマホのセット購入がお得

dカード GOLDを契約する

ahamoではドコモと同じように、dカード GOLDを契約することで様々な特典がついてきます。

契約することで最大13,000ポイントが進呈されますし、スマホ購入から3年間以内の場合は最大10万円分のケータイ補償もあります。

また2021年9月からはdカード GOLDを契約しているだけで、ahamoの利用可能データ量が5GBプラスされます。

とはいえdカード GOLDは年会費11,000円かかりますので、よく考えて契約をしましょう。

スマホのセット購入がお得

ahamoはスマホのセット購入がお得です。

2021年5月17日現在は「iPhone11」「Xperia 1 II」「Galaxy S20 5G」の3機種のみですが、非常に格安で購入できます

ただし、ドコモの「スマホおかえしプログラム」は利用できない点には注意しましょう。

一括払いで新品のスマホを安く購入したい方には非常におすすめです。

ahamoならスマホ料金が月額2,970円!5分以内の国内通話が無料で5Gにも対応。また、ahamoで最新スマホを使うならお得なドコモオンラインショップで購入しましょう。

ソフトバンクからahamoへ乗り換える(MNP)手順

ahamo

画像引用元:ahamo | アハモ

続いてソフトバンクからahamoへ乗り換える(MNP)手順について解説していきます。

前述したようにahamoとドコモは別なので手順は少しだけ変わってきます。

またahamoはオンライン申し込みのみ受付しているため、基本的にドコモショップなどでの申し込みはできません。

ドコモショップでahamoのサポートを受ける場合は、別途料金がかかりますので注意しましょう。

それでは早速見ていきましょう。

ソフトバンクからahamoへ乗り換える手順
  • 携帯電話番号そのままに乗り換えるためにMNP予約番号を発行
  • ドコモオンラインショップかahamoから機種を選択する
  • SIMのみの契約の場合はahamoから申し込み

①MNP予約番号を発行

まずはドコモの場合と同様に、ソフトバンクでMNP予約番号を発行します。

手順は前述した「MNP予約番号を発行する」を参照ください。

②ドコモオンラインショップかahamoにて機種を選ぶ

MNP番号を発行したらドコモオンラインショップかahamoウェブサイトから機種を選びます。

ドコモドコモオンラインショップで機種を選ぶ場合は、まずドコモへ乗り換えをして、その後ドコモからahamoへ乗り換えるという手順を踏みます。

少し手間ではありますが、スマホおかえしプログラムが適応されるのでお得に購入できますよ。

ahamo公式サイトで機種を購入する場合はahamoトップページの「申し込み」から手続きを進めていきましょう。

またahamoではドコモと同様にSIMのみの契約も可能です。

③必要事項を入力して申し込み

ahamoの申し込みにはdアカウントが必要になります。

dアカウントを持っていない場合はその場で作成してもらえますので、メールアドレスを入力して手続きを進めましょう。

MNP予約番号や名前、住所などなど必要事項を入力していけば申し込みは完了です。

本人確認書類が必要になりますので、事前に準備をしておくとスムーズに進められますよ。

④開通手続きをして乗り換え(MNP)完了

注文後商品が届いたらドコモと同様、電話かWEBサイトどちらかで開通手続きを行います。

ahamoもWEBでの開通手続きがおすすめです。

ahamoの開通手続き方法
  1. ahamo公式サイトから「受付番号でログイン」を選択
  2. 「受付番号」「電話番号」「暗証番号」を入力してログイン
  3. 「切り替え(開通)のお手続きへ」を選択
  4. 「受付確認メール」を設定
  5. 「開通する」を選択して開通手続き完了

以上でahamoへの乗り換え(MNP)手順は完了です。

期間限定!MNPで最大7,000ptもらえる

ソフトバンクから乗り換える際の注意点

スマホ乗り換え
ここからはドコモやahamoへ乗り換え手続きをする前に知っておきたい注意点を紹介します。

データ移行が発生するため、手順をしっかり確認してください。

ソフトバンクからドコモ・ahamoに乗り換える時の注意点
  • スマホを新しくするならデータ移行が必要
  • 電話帳や写真はもちろん、アプリのバックアップや引き継ぎ設定も忘れずに
  • ソフトバンクのメールアドレスは使えなくなる
  • 有料コンテンツは個別で解約する必要がある

スマホを新しくするならデータ移行が必要

乗り換えと同時に新たにスマホを購入するときは、データの移行が必要です。

まずは保存されているデータのバックアップから始めます。

使っているスマホによって、バックアップ方法は異なります。

本記事の「ソフトバンクからの乗り換えでおすすめのデータ移行方法は?」にて詳しく解説していますのでぜひとも参考にしてください。

アプリのバックアップ・引継ぎ設定も忘れずに

アプリごとのデータバックアップや引き継ぎ設定は移行できないケースがあります。

そのためLINEやおサイフケータイなどのアプリの設定が改めて必要です。

アプリ内データのバックアップ方法や引き継ぎ設定は、アプリによって違います。

それぞれのアプリで設定方法を確認して、設定してください。

ソフトバンクのメールアドレスは使えなくなる

ドコモに乗り換えすると、ソフトバンクの「@i.softbank.jp」が使えなくなり、「@docomo.ne.jp」を利用します。

携帯電話番号をそのまま移行して手続きしても、メールアドレスは変わってしまうので注意しましょう。

キャリアメールをメインの連絡手段にしている人には、早めに新しいアドレスを伝えましょう。

また、いろいろなサービスの会員登録でメールアドレスを利用している場合も、アドレス変更が必要です。

ahamoはメールアドレスなし

ソフトバンクからahamoに乗り換える場合は、ドコモのメールアドレスも発行されなくなります

この先もメールを中心に利用するなら、ahamoに乗り換える前にフリーメールや光回線のプロバイダメール等を用意しておきましょう。

有料コンテンツは個別で解約する必要がある

スマホで契約した有料コンテンツは、乗り換えをしたからといってすべて自動的に解約されるわけではありません。

キャリア決済のものは解約されますが、クレジットカードで契約している場合は乗り換えをしても継続になります。

乗り換えついでに月額課金のコンテンツなどをすべて解約しようと考えている方は、留意しておきましょう。

ドコモ・ahamoでもソフトバンクの端末をそのまま使える?

AQUOS sense5G SIM
現在ソフトバンクで使っている機種はSIMロック解除をすることで、ドコモやahamoでも使えるようになります

SIMロック解除の手続きをするにはいくつか条件があります。

事前に確認しておきましょう。

ソフトバンクのSIMロック解除の詳細について下記より解説します。

2021年5月12日以降にソフトバンクで機種を購入した場合は、すでにSIMロック解除がされている状態なので以下の手順は不要です。

SIMロック解除の条件
  • 2015年5月以降に発売した機種であること
  • 一括購入なら購入後すぐ手続き可能
  • 分割購入の場合は購入後101日目から解除できる
  • 端末代金をクレジットカードで支払うか一括精算すれば100日以内でもOK
  • ネットワーク利用制限がかかっていないこと

条件を満たしていれば問題なく手続きが可能です。

次のSIMロック解除の手順に進みましょう。

SIMロック解除の手順

SIMロック解除の手続きができるのは「店頭」か「My SoftBank」です。

店頭で手続き

最寄りのソフトバンクショップへ行って手続きします。

事前に営業時間や定休日、混み合う時間帯を確認しておくとスムーズです。

なお店頭での手続きには本人確認書類が必要です。

またSIMロック解除手数料は現金での支払いになります。

3,300円を忘れずに持参しましょう。

My SoftBankで手続き

My SoftBankでの手続きは、受付時間が午前9時から午後9時までです。

時間内にできるように余裕を持って行いましょう。

My SoftBankでSIMロック解除する手順
  1. SIMロック解除する端末から「My SoftBank」にログイン
  2. SIMロック解除手続き
  3. SIMロック解除をする端末の製造番号を入力し「次へ」
  4. 製造番号と機種名を確認し、「解除手続きをする」
  5. iPhone・Google Pixelの場合:「解除コードを発行する」
  6. Androidスマホ・ケータイの場合:表示された解除コードをメモする

手続きが終わったら、ソフトバンク以外のSIMカードを端末に入れて操作が必要です。

iPhoneとAndroidで操作が異なります。

iPhoneで行う操作
  1. 電源をOFF
  2. ソフトバンク以外のSIMカードを挿入し、電源ON
  3. 「了解」をタップ
  4. アクティベート開始
  5. Wi-Fiに接続する
  6. 起動したら完了
Androidで行う操作
  1. 電源をOFF
  2. ソフトバンク以外のSIMカードを挿入し、電源ON
  3. 解除コード入力画面が表示される
  4. メモしておいた解除コードを入力し、「ロック解除」
  5. 完了

なお、Google Pixelは手続き後の操作は不要です。

ソフトバンクからドコモ・ahamoの乗り換えでいくら安くなる?

ドコモ

画像引用元:コーポレートアイデンティティ | 企業情報 | NTTドコモ

ソフトバンクへ乗り換えする前に検討しておきたいのは料金面ですよね。

ソフトバンクからドコモやahamoにすると、いくら安くなるのか気になっている人もいるでしょう。

そこで、ドコモの大容量プランと小容量プラン、更にahamoへ乗り換えた際のの料金をそれぞれ比較してみました。

大容量プランで比較

ドコモの大容量プラン「ギガホ プレミア」「5Gギガホプレミア」と、ソフトバンクの大容量プラン「メリハリ無制限」を比較してみましょう。

項目ギガホ
プレミア
5Gギガホ
プレミア
メリハリ
無制限
データ量60GB無制限無制限
月額料金7,018円7,128円7,238円
月額料金
(3GB以下)
5,368円5,478円5,588円
家族割
(家族3人以上)
-1,100円-1,100円-1,210円
割引後の月額5,918円6,028円6,028円
テザリング制限なしなし30GBまで

ギガホ プレミアはデータ量60GBとなりますが、メリハリ無制限より110円安く使えます。

一方で5Gギガホ プレミアとメリハリ無制限は、データ量も無制限で料金も同額のプランです。

ただし、メリハリ無制限はテザリングで30GBを超えると128kbpsに速度制限されます。

4Gスマホかつ60GB以下で利用する方や、5Gスマホでテザリングをたっぷり利用する方なら、ドコモがお得です。

小容量プランで比較

プラン名ドコモ
ギガライト※
ドコモ
5Gギガライト
ソフトバンク
ミニフィットプラン+
データ量と月額料金~1GB:
3,278円
~1GB:
3,465円
~1GB:
3,278円
~3GB:
4,378円
~3GB:
4,565円
~2GB:
4,378円
~5GB:
5,478円
~5GB:
5,665円
~3GB:
5,478円
~7GB:
6,578円
~7GB:
6,765円
家族割(家族3人以上)-1,100円-1,100円
月額合計2,178円~
6,578円
2,178円~
6,765円
2,178円~
5,478円
※定期契約あり

ソフトバンクの「ミニフィットプラン+」には家族割引がなく、全体的に割高になることがわかりました。

基本的には多くの場合で、ドコモのギガライトや5Gギガライトの方がお得に使えます。

ただギガライトや5ギガライトの場合は勢い余って使いすぎてしまうと、6,000円を超えてしまいますので、その点は注意しましょう。

家族割ができるならドコモへの乗り換えがおすすめですが、家族割ができなくても基本的にはドコモがお得ですよ。

オンライン専用プランで比較

項目ahamoLINEMO
データ量20GB20GB
月額料金2,970円2,728円
5分かけ放題無料550円
完全かけ放題1,100円1,650円
その他海外82か国
で利用可能
LINEで
データ消費なし

オンライン専用プランでは、月額料金の単純比較ではソフトバンクのLINEMOの方が242円安くなります。

ただし、ドコモのahamoには標準で5分かけ放題が標準搭載し、LINEMOに通話オプションを付けることで308円安く利用できます。

通話は完全にLINEでまかなうならLINEMO、普通の電話アプリを利用するならahamoの方がお得になるということですね。

ドコモとソフトバンク比較
  • 大容量プランならドコモのギガホ プレミアが110円安い
  • 5Gギガホ プレミアはソフトバンクと同一料金
  • 小容量プランでは多くの場合でドコモがお得
  • オンライン専用プランは通話定額ありならahamoがお得
  • 通話定額なしならソフトバンクのLINEMOが安い

ソフトバンクからの乗り換えでおすすめのデータ移行方法は?

ソフトバンクから乗り換える際に、機種を新しく買った場合はデータ移行をする必要があります。

AndroidかiPhoneかでデータ移行手順は大きく変わっていきます。

ここからはそれぞれのデータ移行手順を解説していきます。

おすすめのデータ移行方法
  • iPhoneからiPhoneにデータ移行する場合は「クイックスタート」がおすすめ
  • AndroidからAndroidにデータ移行する場合は「Googleアカウントで同期」する
  • iPhoneとAndroid間のデータ移行は専用アプリやパソコンを使う

iPhoneからiPhoneへデータ移行する方法

iPhoneからiPhoneへデータ移行する方法は主に以下の通りです。

iPhoneからiPhoneにデータ移行
  • クイックスタート
  • iCloud
  • iTunes

「クイックスタート」は、iPhone同士をかざすことで直接データ移行できる機能です。

移行元、移行先のiPhoneはどちらもiOS 12.4以降が条件となっています。

クイックスタートはiCloudやiTunesに繋がなくても移行ができるので便利です。

ただし万が一移行ができない可能性を考えて、iCloudやiTunesと併用してバックアップしておくと良いでしょう。

iPhoneからiPhoneへ機種変更|バックアップなしでデータ移行する方法

AndroidからAndroidへデータ移行する方法

AndroidからAndroidへデータ移行する方法は主に以下の通りです。

AndroidからAndroidにデータ移行する方法
  • Googleアカウントで同期する
  • SDカードにバックアップ
  • バックアップ用アプリを利用する

Googleアカウントに写真や動画を同期するときは通信量がかかるため、Wi-Fi環境内で操作するようにしましょう。

バックアップ用アプリは「JSバックアップ」や「Yahoo!かんたんバックアップ」が便利です。

ですが、基本的にほとんどの移行はGoogleアカウントでまとめて行えます。

基本的にはGoogleアカウントを使ってバックアップを取り、移行できないものをSDカードや専用アプリでフォローする形がおすすめです。

AndroidからAndroidへ機種変更|バックアップを準備してデータ移行

AndroidとiPhone間でデータ移行する方法

AndroidとiPhone間でデータ移行する方法は主に以下の通りです。

Android・iPhone間でデータ移行する方法
  • Googleアカウントで同期する
  • バックアップ用アプリを利用する
  • パソコンを経由する

AndroidとiPhone間のデータ移行では、基本的には専用アプリやパソコンを使ってデータ移行を行いましょう。

AndroidからiPhoneへ移行する場合は「Move to iOS」というアプリがおすすめです。

iPhoneからAndroidへ移行する場合は、音楽はパソコンを経由して、他のデータは「Google ドライブ」を使うことをおすすめします。

ソフトバンクとドコモ・ahamoの違い

ソフトバンクにもドコモやahamoにも、良い部分と少し不足している部分があります。

乗り換える前にどんなところに違いがあるのか、それぞれ見てみましょう。

ドコモ・ahamoの乗り換えがおすすめな人
  • 60GBで足りる人
  • 小容量プランで月額料金をおさえたい人
  • 安定した高い通信品質を求める人
  • 電話することが多い人
  • dカードを使う予定の人

60GBで足りる人ならドコモがお得

ソフトバンクの「メリハリ無制限」では、名称通り容量無制限で使い放題になります。

そのためYouTubeやTikTokなど動画を頻繁に再生する人や、Instagramで画像・動画の投稿をよくする人におすすめです。

データ量を気にすることなく、いつでもどこでも楽しめますよ。

一方でドコモの「ギガホ プレミア」は60GBとメリハリプランより大容量ですが、無制限というわけではありません。

そのかわり月額料金は「メリハリ無制限」よりも安いです。

とはいえ「5Gギガホ プレミア」ならデータ量無制限で「メリハリ無制限」と同額で利用可能です。

またテザリングを比較しても「5Gギガホ プレミア」は使い放題ですが「メリハリ無制限」は30GBまでの制限があります。

このように単純な比較でいえばドコモの方がお得です。

小容量プランの家族割があるのはドコモだけ

ソフトバンクで家族割が使えるのはメリハリ無制限のみです。

小容量で通信したい方向けのミニフィットプラン+には家族割が使えないため、割高になってしまいます。

ドコモの家族割なら、ギガホプレミア・ギガライトともに使えます。

ドコモは小容量プランでも割引されるためお得です。

通信エリア

主要都市部で利用する人はあまり問題ないですが、地方の郊外で使う人は通信エリアも検討しておきましょう。

平成30年度携帯電話・全国BWAに係る電波の利用状況調査によると、ソフトバンクとドコモの基地局数には大きな差があります。

ソフトバンクとドコモのLTE/4G基地局数
  • ソフトバンク:126,500
  • ドコモ:202,400

基地局数が多いということは、利用できるエリアが広く、電波が途切れにくいのです。

地方の山間部や海沿いで、ドコモの電波しか入らないこともあります。

日本全国どこでも安定した通信品質を求めるなら、ドコモがおすすめです。

ahamoは電話することが多い人におすすめ

オンライン申し込み専用プランで比較すると、決定的な違いは「5分間の無料通話」です。

ahamoは「5分間の無料通話」がついて2,980円、LINEMOは「5分間の無料通話」が無しで2,728円です。

単純の比較すると242円LINEMOが安いので、毎月通話は5分以内で通話料に242円以上かかっているならahamoを選ぶと良いですよ。

反対に毎月の通話料が242円未満で収まっているならLINEMOがおすすめです。

dカード込みならドコモがお得

ドコモはdカードを使うことで非常にお得になります。

dカードを使う予定があるならドコモがおすすめです。

特にdカードGOLDは年会費はかかりますが、ポイント進呈やスマホの補償など非常に多くのサービスを受けられますよ。

ソフトバンクからドコモやahamoへお得に乗り換えよう

本記事で紹介したように、ソフトバンク・ドコモ・ahamoそれぞれにメリットとデメリットがあります。

一見するとドコモの方がお得に見えることが多いですが、それだけで判断してしまうと損をする可能性があります。

光回線の比較、5分間の無料通話、基地局数などなど料金以外にもしっかりと比較をして自分に合ったほうを選びましょう

もしドコモやahamoへ乗り換えるなら本記事で紹介したコツを、もう一度思い出して乗り換えてくださいね。

ソフトバンクからドコモ・ahamoへ乗り換え
  • 割引やキャンペーンを使うとお得に乗り換えられる
  • ドコモやahamoを利用するならdカードがあると更にお得
  • 乗り換える際はMNPを取得してオンラインショップで機種を購入する
  • スマホを変えるならデータのバックアップをする
  • ソフトバンクのキャリアメールは使えなくなる
  • 有料コンテンツは個別で解約する
  • スマホをそのまま使うならSIMロック解除が必要
  • 料金以外の面も比較して乗り換える
他社からahamoに乗り換え(MNP)で『損しない』方法と手続きの流れ

ahamoならスマホ料金が月額2,970円!5分以内の国内通話が無料で5Gにも対応。また、dカード GOLDとセットなら月のデータ容量が+5GB増量でお得。

ドコモ・ahamoは
「dカード GOLD」と
セットで!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
ahamo×dカード GOLDの特典
  • 利用料金の税込100円につき10%還元(最大300pt)
  • 毎月+5GBもらえる(計25GB、2021年9月~)
年会費
11,000円(税込)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,100円

※ドコモ利用料金の還元は1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。

※ahamoはオンライン限定サービス(有償の店頭サポートあり)です。
※キャリアメールは非対応。
※dカードボーナスパケット特典は2021年9月開始予定です。
ahamo申し込み時の注意点についてはこちら

この記事を書いた人
unishi
愛知県出身、平成7年生まれ。ライター歴2年。スマホやキャリアはそのときの気持ち次第で変化。現在はRakuten Miniのデザインに惹かれて楽天モバイルを契約中。タブレットはAmazon Fire HD 8。電子書籍はAmazon Kindle Paperwhite。スマートスピーカーはAmazon Alexa。身の回りはだいたいAmazonで固められています。趣味は旅行・バイク・漫画・ゲーム。FP3級保持。