ソフトバンクの下取りプログラムの対象機種・条件・価格をまとめてみた

  • 2019年2月13日
  • by 
ソフトバンクの下取りプログラムの対象機種・条件・価格をまとめてみた

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今回はソフトバンクの下取りプログラムについて詳しくまとめました。ソフトバンクのスマホを長く使っていると、機種変更したくなりますよね。

ですが最近のスマホはかなり高性能になった分お値段もそれなりに高額でためらう人が多いのも事実です。

以前のように、乗り換え(MNP)で一括0円も規制でできなくなっています。その代わりに、ソフトバンクでは旧機種を下取りに出すことで通信料の負担を軽くしてくれます。

この記事では下取りに出せる条件や下取り価格、下取りの流れをまとめました。機種変更やソフトバンクへの乗り換えを考えている方はぜひ参考にしてください。

ソフトバンクの機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

トップ画像引用元:下取りプログラム(のりかえ) | モバイル | ソフトバンク

1 ソフトバンクの下取りプログラムについて

ソフトバンク下取り

画像引用元:下取りプログラム(機種変更) | モバイル | ソフトバンク

下取りに出すとは、現在利用しているスマホをソフトバンクに買い取ってもらい、その買取金額を次に購入するスマホの通信料にあてることをいいます。

街のショップでもスマホの買取はありますが、ソフトバンクは機種変更や乗り換え時にまとめて申し込みできるほか、セキュリティ面でも安心なので利用する方は多いしょう。

ソフトバンクの下取りプログラムは、以下の還元が用意されています。

ソフトバンクの下取り特典

  • 通信料金から割引(24回の分割割引)

以前はポイントでの還元など数種類が存在しましたが、現在は機種変更・乗り換え共に通信料金から24回に分けて割り引かれます。

下取りの価格はどのくらい?

ソフトバンクの下取り価格は、機種変更と乗り換えによって金額が変わります。

  • ソフトバンクのスマホを下取りした場合:最大63,600円
  • ソフトバンク以外のスマホを下取りした場合:最大54,000円

以前はMNP優位でしたが、現在では機種変更の方がやや高額になっている状況です。

下取りのは機種変更やMNP時に申し込み!

ソフトバンクの下取りは機種変更やMNPを申し込む時に同時に行います。

ただし機種自体は以下の期間までにソフトバンクへ渡せばOK。

また申し込み時の下取り価格を一定期間保証してくれます。

  • 店舗で下取り:30日間
  • 郵送で下取り:下取りキット到着から14日間

この間に下取り価格が安く変更されても、期間内に下取り完了なら機種変更や乗り換えの時の下取り金額が反映されます。

つまり、機種購入当日にデータ移行などが終わっていなくても、後から損することがないので安心です!

2 ソフトバンクの下取りプログラムの条件

それでは、ソフトバンクの下取りプログラムの利用条件を確認しましょう。

機種変更と乗り換えの手続きで下取りプログラムが使え、それぞれ微妙に条件が異なります。

2-1 ソフトバンクの下取りプログラム:機種変更時の条件

並んだスマホ

  • 下取りプログラム対象機種を購入すること
  • 下取りに出すスマホがソフトバンクで購入したスマホであること
  • 故障や改造がないこと
  • 各種ロックが解除済み、初期化可能であること
  • スマホデビュー割適の申し込みではないこと

機種変更の時は、下取りに出すスマホもソフトバンクで購入したスマホであることが条件です。

つまり、白ロムやSIMフリースマホなど、他社販売のスマホは下取りに出せません。

また、スマホデビュー割を受けた場合、今回の機種変更では下取りプログラムは使えません。

スマホデビュー割とは?

  • ガラケーから初めてスマホを購入する方が対象で、毎月2,420円の割引されるキャンペーンです。2019年1月現在は終了しています。

2-2 ソフトバンクの下取りプログラム:のりかえの下取り条件

乗り換えるスマホ

  • 下取りプログラム対象機種を購入すること
  • データ定額系のプランに加入すること
  • 乗り換えの翌月末までに下取りの申し込みが必要
  • 故障や改造がないこと
  • 各種ロックが解除済み、初期化可能であること
  • 下取り機種が正規ルートでの購入であること

他社からソフトバンクへ乗り換えの場合はかなり多くのスマホが下取り対象になります。

ただし、データ定額系のプランに加入する必要があるので注意してください。

例えば、家族の誰かがウルトラギガモンスター(50GB)を契約して、そのデータをシェアしてもらう契約では下取りできません。あくまで、自回線でデータ定額を契約しないと下取りにならないということです。

2-3 ソフトバンクの下取りプログラム:下取り条件の詳細

ソフトバンク下取り条件

画像引用元:下取りプログラム(のりかえ) | モバイル | ソフトバンク

ここからは前述の下取り条件をもう少し詳しく解説します。下取りの各条件がよくわからない方はしっかりチェックしましょう。

下取りプログラム対象機種を購入すること

ソフトバンクの下取りプログラムは、新たに購入するスマホもソフトバンクが指定するスマホである必要があります。

とはいえ、ほとんどのスマホが下取りプログラムの対象なので安心してください。

購入機種による下取りプログラムの利用可否

購入する機種機種変更乗り換え
iPhone XS /XS Max
iPhone XR
iPhone 8/8 Plus
iPhone 7/7 Plus
iPhone 6s/6s Plus
iPhone 6/6 Plus
iPhone SE
iPhone 5s×
iPhone 5c×
iPhone 5×
4G スマートフォン
ケータイ×

この一覧に掲載されているスマホを購入する方は、ソフトバンクの下取りプログラムが利用できます。

機種変更でガラケーを買う方は下取りが使えないと考えておけば問題ないですね!

ソフトバンクの下取りプログラムの条件:故障や改造がないこと

当然のことながら、故障しているスマホは下取りができません。

  • 画面や筐体が割れている
  • 電源が入らない・充電できない
  • 浸水している・水濡れシールが反応している
  • 画面浮き
  • 湾曲・歪み

こうした症状がある場合、普通に使えたとしても下取り査定を通過することはありません。

もし、各キャリアの保証サービスを利用しているなら、スマホを交換してもらってから下取りに出した方がお得かもしれませんね。

スマホの画面が割れた!反応しない端末の修理と応急処置の方法

また、改造しているスマホも下取り対象外です。

  • Androidのroot化
  • iPhoneの脱獄
  • 非正規の修理店で修理したことがある

root化や脱獄は一定以上の知識がある方がやることなので割愛しますが、画面割れなどで街中の修理屋さんに持っていった経験がある方は要注意です。

非正規の修理店で修理したスマホは、以下の理由で下取り査定で下取り不可と判定されます。

  • 封印シールが破れている
  • 非正規の部品が使われている

つまり、キャリアやメーカー以外に修理を依頼したことのあるスマホは、下取りできません。

比較的新しいスマホなら、中古買取店に持ち込むという方法もあります。非正規修理をしたことがある方は、下取りに出すのは時間の無駄なので、はじめから他の方法を考えてくださいね!

ソフトバンクの下取りプログラムの条件:各種ロックが解除済み、初期化可能であること

ソフトバンクの下取りプログラムでは、初期化をせずに下取りに出しても問題ありません。

ただし、画面ロックやiPhoneを探すなど、初期化の障害になるものは全て解除する必要があります

何かロックがかかっている状態では、全て下取り不可として処理されてしまうのです。

  • 画面ロック・暗証番号が有効
  • iPhoneを探すが有効
  • iPhoneをiTunesで初期化
  • AndroidをGoogleアカウントでロックしている

こうした状態では下取りに出せません。

何かロック状態になっているといけないので、ご自身で初期化してから下取りに出した方がいいでしょう。

ソフトバンクの下取りプログラムの条件:下取り機種が正規ルートでの購入であること

ソフトバンクで下取りできるスマホは、正規ルートで購入したスマホに限られます。

  • ソフトバンクで購入したスマートフォン
  • 各キャリアの契約で購入したスマートフォン
  • Apple Storeなど、正規の販売店で購入したスマートフォン

つまり、オークションや中古販売店で購入したスマホは下取り対象外ということです。

機種変更の下取りでは、購入履歴が確認されますが、乗り換えでの下取りではソフトバンクで確認するすべはありません。

実は対象外のスマホでも下取りできてしまいますが、不正取得したスマホの下取りを避けるためにこうした条件になっているのでしょう。

次のページではソフトバンクの下取り価格をチェックします。

新型iPhoneが出たら旧モデルの下取り価格はどうなる、Apple Storeでも下取りあるって知ってた?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ソフトバンクからドコモへMNP|お得に最新スマホへ乗り換える手順... 今回はソフトバンクからドコモへのMNPを最もお得にするポイントや乗り換え手順を解説します。 iPhone XSやXperia XZ3など、最新スマホをお得に購入するならMNPが1番お得です。 例えば、電話をほぼ利用せずに毎月3〜...
auのiPhone 8に乗り換え(MNP)とキャリアそのままはどっちが得する?... 今回は、auを利用中の方がiPhone 8を購入する場合、乗り換え(MNP)とキャリアそのまま機種変更のどちらがお得かを解説します。 結論から先にお伝えすると、今auを利用しているならドコモに乗り換えする方がお得です。 iPho...
+メッセージ(プラスメッセージ)が話題!使い方とメリット紹介... 電話番号でメッセージのやり取りができるSMSには、140文字(全角なら70文字)の字数制限があるものの、短文でのやり取りなど簡単な連絡をするのにはとても便利なサービスですよね。 ところで、このSMSが進化して、「+メッセージ」というサ...
ソフトバンク「学割放題」の割引料金・条件・対象者・期間【2019年】... もはや冬の風物詩でもある、ソフトバンクの学割サービス。今年の学割である「学割放題」は、2018年12月21日からスタートします。 本記事では、学割放題の詳細な内容や、学割放題を申し込むと月々の支払いがどれくらいになるのかについて、具体...