ソフトバンクの新学割と春キャンペーンはここまで安くなる!料金プランを解説

ソフトバンクの新学割と春キャンペーンはここまで安くなる!料金プランを解説

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナー

今年も新しい出会いの季節、春がやってきます。特に学生さんは新しい出会いが盛り沢山です。
入学したりクラスが変わったり、様々な出会いに対する期待で胸いっぱいでしょう。
例年のごとく、携帯大手キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)はそろってこの春向けの新学割サービスを開始しました。
その中でも、ソフトバンクの新学割は従来の学割や他社の新学割とは大きく異なる点があり、注目を集めています。
ソフトバンクの新学割サービスの名前は「学割先生」です。

えっ?学割なのに先生?どういうこと?既にテレビのCMで放送されているので、概要を知っている人は多いと思いますが、ここではソフトバンクの新学割サービスである「学割先生」について詳しく解説いたします。

SoftBank学割でいくら安くなる?適用条件・対象者・期間を解説

トップ画像引用元:ソフトバンクの学割「学割先生」| ソフトバンク

画像引用元:ソフトバンクの学割「学割先生」| ソフトバンク

ソフトバンクの学割先生って何が違うの?

学割先生が授業をして勉強を教えてくれる…なんてことはありません。
最近は、なんでも携帯で調べて学ぶことができるので、携帯電話が先生!というのもあながち外れとは言えない気もしますね。
では、なぜ学割先生というネーミングで学割対象にならないはずの「先生」がついているのでしょうか?
その理由は、割引対象者の範囲にあります。

学割先生を適用対象者(詳細は後述するので概要のみ)は以下の条件を満たす人です。

  • 25歳以下の若者
  • 学校の先生など教育に携わる方(教員免許所得者)

そう、学割は学生の特典という概念を覆し、「学生とかかわりのある教育者」にも割引を適用してくれるのが学割先生です。これで気分をよくした先生が学校活動をさらに充実させてくれると学生への教育という点でもとっても非常に良いことです。教育がよくなると家族も喜ぶ。みんながWINWINの関係になれるすばらしいサービスであることは疑いようがありません。

学割先生がこれまでの学割と異なる点がわかったところで、割引内容や同時に行われている春キャンペーンについてみていきましょう。

ソフトバンクの学割先生の割引内容

学割先生の割引内容は、毎月の月額料金が1,020円割引されることです。

1年間(12ヶ月)が対象になるので、合計で12,240円お得になります。キャンペーン受付期間は、2018年5月31日までです。受付した次の請求月から1年間割引が適用されます。

さらに学割先生加入者の家族(家族の対象は後述)がソフトバンクに新規契約した場合は、毎月の月額料金から1,000円割引されます。こちらも1年間(12ヶ月)が対象になるので、合計で12,000円お得になります。

まとめると、25歳以下の方もしくは教育に携わる方が学割先生と契約し、さらに自分の家族をソフトバンクに誘って新規契約すると誘った本人が割引を受けることができ、学割先生と合わせて毎月2,020円もお得になるということになります。

今回の学割先生の売りは、格安スマホに迫る安さです!家族割などすべての割引きを適用した場合、データ通信定額で50GBも使えて、月額料金が3,980円と低価格の設定になっています。

必要な料金と割引をまとめると下記のようになります。

項目金額
スマ放題ライト2,000円
ウルトラギガモンスター7,000円
学割先生の通信量割引-1,020円
学割先生の家族新規割引-1,000円
おうち割光セット(※)-1,000円
みんな家族割-2,000円
合計3,980円

※おうち割 光セットは指定された固定通信サービスとセットで利用することで携帯電話の利用料金が割引となるサービスです。固定通信サービスとして別途料金が発生します。Yahoo!BBバリュープラン、ホワイトBBを利用している場合は、割引期間が2年間、それ以外の場合は永年割引となります。

ソフトバンクの学割先生が適用できる対象者

学割先生の大きな売りは適用される対象者の範囲の広さです。
学割と言いながら25歳以下であれば対象となります。ストレートにいくと22歳で大学を卒業するので、そこからさらに3年間は学生気分を味わうことができます。あっ日常では学生気分から早く抜け出して社会人として活躍できるようにがんばりましょうね。
対象者は下記になります。

  • 25歳以下の若者
  • 学校の先生など教育に携わる方(教員免許所得者)

対象者①:25歳以下の若者

学割といっても学生だけの特典ではありません。会社員ではあっても、25歳以下であれば、学割先生の対象となります。年齢制限があるキャンペーンであるため、申し込み時には契約時の年齢がわかる以下の書類をいずれか提出しなければなりません。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
ドコモキャンペーンバナー

対象者②:教育に携わる方

「学割先生」の字の通り、先生も対象になります。小・中・高校の先生だけでなく、教育に携わる方であれば、だれでも対象になります。では、教育に携わっているかどうかをどうやって判断するのでしょうか?契約時に下記の証明証のいずれかを提出する必要があります。この証明証をもっていれば、対象者と言えます。

  • 公立学校共済組合組合員証
  • 文部科学省共済組合組合員証
  • 私立学校教職員共済加入者証
  • 地方公共団体が運営する教育委員会が事業所名称に記載されている健康保険証

ソフトバンクの学割先生を適用できる契約条件

25歳以下もしくは教育に携わっていたらソフトバンクすべてのプランで学割をうけることができるのでしょうか?すがにそこまで世の中は甘くないようです。

お得なキャンペーンである学割先生を適用するには、年齢条件の他に、対象となる契約形態やプランに加入することが条件となります。以下に記載する条件以外では、学割先生の適用とならないので注意しましょう。

  • データ定額50GB(ウルトラギガモンスター)への加入
  • ソフトバンクにMNP・新規契約を行うこと(既存会員の場合は、機種変更)
  • 指定のプランに契約すること
  • 2年契約への加入

契約条件①:データ定額50GB(ウルトラギガモンスター)への加入

画像引用元:ソフトバンクの学割「学割先生」| ソフトバンク

通信プランとして、データ定額50GB(ウルトラギガモンスター)への加入が必須条件になります。Wi-Fiを使わずに動画配信などを頻繁に視聴するヘビーユーザー向けのプランです。

逆にほとんど動画を見ない、ライトユーザーにとっては不向きなプランともいえます。

毎月、何GB以上使う人に向いている?

ヘビーユーザーでもないけど、そこそこ使う人にとっては、学割先生がお得かどうか悩むところです。一体、何GB以上使う場合は、学割先生の方がお得になるのでしょうか?

ソフトバンクからはデータ定額プランが1~50GBまでで5種類用意されています。

プラン金額(税抜き)
1GB2,900円
2GB3,500円
5GB5,000円
20GB6,000円
50GB
ウルトラギガモンスター
7,000円

50GB(ウルトラギガモンスター)は7,000円なので、そこから1,020円を引いた5,980円以上のプランならば、学割先生の方がお得です。えっそしたら20GB以上しか該当しないの?いえいえ、この50GB(ウルトラギガモンスター)限定で、「みんな家族割」と呼ばれる割引があります。

家族加入者数
(自分を含む)
1人あたりの割引額
2人1,500円
3人1,800円
4~10人2,000円

改めて「みんな家族割」と「学割先生」を含めて、1人当たりのデータ通信料金を計算すると

2人の場合4,480円、3人の場合4,180円、4人以上の場合3,980円となります。

5GB以上使うユーザにとってはお得になることがわかります。
キャリアのスタンダードプランではデータ通信量が7GB程度です。
5GB以上使えばお得になる、すなわち、スタンダードプランを適用できるような人にとっても十分メリットがあることがわかります。

「みんな家族割」ってなに?

画像引用元:ソフトバンクの学割「学割先生」| ソフトバンク

「みんな家族割」は一緒にに加入する家族がいれば割引をうけることができるサービスです。加入者が多いほど一人当たりの割引額が多くなります。この「みんな家族割」の良いところは、適用される家族の範囲が広いことです。同じ屋根の下で暮らす仲間や友人など血がつながっていなくても同じ場所に住んでいれば「みんな家族割」の家族扱いになります。もちろん、おじいちゃんなど血がつながった本当の意味での家族であれば、離れて暮らしていても家族扱いになります。ただし、「家族」側に条件が必要です。

  • 「学割先生の家族」に申し込み
  • 学割先生の対象となる学生もしくは先生と同じ家族割引グループへの加入、学生もしくは先生を指定
  • 端末購入を伴う新規契約(MNP含む)
  • データ容量50GB(ウルトラギガモンスター)への加入
  • 2年契約あるいは2年契約(フリープラン)のスマ放題あるいはスマ放題ライトへの加入

契約するプラン(期間や料金)の条件は「学割先生」対象者と同じです。

重要なポイント!:端末購入をして新規契約が必要です。
すでにソフトバンクユーザーである家族は機種変更をしても「家族」の特典をうけることはできません。家族でデータを分け合うデータシェアは対象外ですが、スマホを2台使ってデータ容量を分け合うデータシェアプラスは対象となります。

さらにお得な「みんな家族」紹介キャンペーン(2018年3月31日まで)

画像引用元:ソフトバンクの学割「学割先生」| ソフトバンク

ウルトラギガモンスターに加入する家族を紹介すると、1人につき10,000円のキャッシュバックをうけることができます。紹介できる人数は最大5人までなので最大50,000円となります。

キャッシュバック金額は毎月の通信料金と相殺されます。ひと月あたりの割引額は通信料金以上にならないように計算され、相殺しきれなかったキャッシュバック分は翌月に繰り越しされます。

契約条件②:ソフトバンクに乗り換え(MNP)・新規契約もしくは機種変更

学割先生を申し込むためには、ソフトバンクへの新規契約・乗り換えもしくは機種変更が必須です。
現在どこの通信会社とも契約をしていない場合は新規契約として、通信契約している他業者から電話番号を変えずにそのまま移転できる乗り換えを利用した場合も対象になります。

では、既存のソフトバンクユーザーは学割先生を申し込むことができないのでしょうか?
既存ユーザーの場合も、機種変更を行えば学割先生を申し込むことができます
新しいスマホをゲットしてさらに学割先生も申し込める、なんともありがたいキャンペーンです。
既存のソフトバンクユーザーは機種変更を行わす、プラン変更のみ行う場合は対象外となるので注意が必要です。

契約条件③:ソフトバンクの学割先生が適用される指定プラン

では、ソフトバンクへの新規契約・乗り換え・機種変更を行えば料金プランはなんでもいいのでしょうか?
答えは「ノー」です。指定された料金プランのみが対象となるので注意が必要です。
ソフトバンクの料金プランは、基本料金とデータ料金の2種類の合計になります。
基本料金については「スマ放題」もしくは「スマ放題ライト」への加入が条件になります。

スマ放題
時間制限なく国内向け音声通話料金が無料となる基本プランで月額料金2,700円です。
何時間でも通話できるので、音声通話利用が多いユーザー向けのプランです。

スマ放題ライト
5分以内の国内向け音声通話料金がが無料となる低価格プランで月額料金1,700円とスマ放題に比べてお得です。1回あたりの通話時間が短いユーザー向けのプランです。

契約条件④:2年契約

学割先生は短期的ではなく、長期的にソフトバンクと契約してくれるユーザーが対象となっています。そのため、他社と同様、契約期間のしばりもあります。

学割先生の対象となるには「2年契約」もしくは「2年契約(フリープラン)」で契約しなければなりません。名称が似ている「2年契約」と「2年契約(フリープラン)」は何が違うのでしょうか?

「2年契約」は2年ごとに契約が自動で更新されます。契約もしくは、契約更新日から25ヶ月目と26ヶ月目は更新月として、解約手数料なしで契約を解除できます。それ以外の月に解約すると解約手数料を支払わなければなりません。解約手数料は9,500円です。縛りが厳しい分、割り引き率が高くなります。

「2年契約(フリープラン)」は、2年間の契約期間が設定されているという点では、「2年契約」と同じです。そして、2年間利用した後は自動更新されず、いつでも解約手数料なしで契約を解除できます。ただし、毎月の月額料金は「2年契約」に比べて約300円高くなります。32ヶ月以上使う予定があるならば、2年契約で解約時に手数料を支払った方がお得になります。

ドコモ・au・ソフトバンクの学割|どこが安いか徹底比較【2018年】

 半額サポート for iPhone

画像引用元:ソフトバンクの学割「学割先生」| ソフトバンク

iPhoneは高性能端末のため、本体代金が10万円を超えるなどかなり高額になります。
iPhoneを使いたい。でも初期費用は抑えたい人のために、「半額サポート for iPhone」 とよばれる割引制度があります。半額サポート for iPhoneを利用すれば、48回分に分割した金額を24回支払うだけで良いので実質半額になります。

ただし、条件があります。48回払いで購入し、iPhone利用をはじめて25ヶ月目に新しいスマホへ機種変更を行わなければなりません。そのタイミングで残っている24回分の分割金を支払う必要がなくなるという仕組みです。機種変更時にスマホを返却することが前提になります。2年ごとに最新のiPhoneに乗り換えをしたい人にとっては毎月2,000円程度の支払いで最新のiPhoneが使えてお得です。

でもやっぱり50GBもいらないから初めてのスマホをとにかく安く使いたいという方はこれからご紹介する「スマホデビュー割」がおすすめです。すでにソフトバンクでスマホデビューしている方にはごめんなさい!

スマホデビュー割

画像引用元:ソフトバンクの学割「学割先生」| ソフトバンク

ソフトバンクのスマホを初めて契約すると次の機種変更までずっと2,420円(税込2,613円)で使うことができます。ドコモやauでスマホを使っていてもソフトバンクでスマホを使っていなければスマホデビュー割を受けることができます。

スマホデビュー割は固定回線とセットにすれば、最安で月額料金1,980円(定額1GBプラン)でスマホを使うことができます。ライトユーザー向けの「データ定額1GB」を含めすべてのデータ定額プランで平等に特典を受けられるのがこのキャンペーンの特徴です。スマホデビュー割は次回の機種変更まで割引が続くため、あまりスマホを変えない方やWi-Fiを使うなどして、日常的にスマホのデータ通信をする機会が少ない方には最適なキャンペーンといえます。

適用の対象者や条件は?

「スマホデビュー割」の対象となる方は以下の通りです。

  • 各キャリア(ソフトバンクを含む)のガラケーを利用中でソフトバンクのスマホに乗り換え
  • ソフトバンクのスマホに新規契約(6歳以上~18歳以下)
  • 基本料金プラン「スマ放題」、「スマ放題ライト」、「ホワイトプラン」のいずれかを契約
  • データ(パケット)定額プランを契約
  • 「2年契約」もしくは「2年契約フリープラン」に加入

学割先生ほど話題沸騰していませんが、お得なプランをお見逃し無く!

まとめ

2018年のソフトバンクが提供する学割サービスはこれまでと大きく変化しています。

適用範囲が広がり、これまでは「学生」というしばりがありましたが、「学生」だけでなく「先生」も対象になりました。これで学校生活もちつもたれつ仲良くお得になれます。

データ通信を50GBも使えて諸条件を満たせば月額料金が3,980円とこれまでに比べてかなりお得に使えます!

さらに最新のiPhoneを半額以下で使うことができるので、これはもうソフトバンクの学割先生に契約しにいくしかありません!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ