ソフトバンクの長期継続特典が改定。デメリットが目立つけど解約できるの?

  • 2018年5月2日
  • by 
ソフトバンクの長期継続特典が改定。デメリットが目立つけど解約できるの?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

“スマートフォンをお得に使うなら「乗り換え」”という考え方が定着しつつある昨今。

同じキャリアを使い続けると、契約更新のタイミングで通信料金や機種代金が高くなってしまうなど、トータル的に損をしてしまうというのが今までの定説でした。

しかし、最近ではドコモをはじめとした大手キャリアでは、長期間利用しているユーザーに対して手厚い特典を実施しています。

ソフトバンクも同様で、長期間利用している方向けの特典を設けているため、契約更新の度に乗り換えを繰り返さなくても、メリットが生まれるようになりました。

ソフトバンクの長期継続特典への申し込みを検討されている方や、すでに長期継続特典に申し込んだけど、そのまま続けるべきか悩んでいる方は、ここで紹介する内容を是非参考にしてみてください。

1 長期継続特典とは

ソフトバンクの長期継続特典の内容が改訂されたことに伴い、特典の面で見劣りする部分も出てきました。

メリットが薄れてきた長期継続特典に申込むべきなのか、あるいは申込んだのに解約した場合にペナルティが発生するのかなと、申込みを躊躇している方も多いようです。

ソフトバンクでは、新規契約から有期契約の2年が経過し、契約更新をした方に対しては利用期間や利用金額に応じて特典を提供しています。このとき、長期継続特典を受け取るためには、事前の申し込みが必須です。

ソフトバンクの長期継続特典は2017年12月以降に内容が改訂されているため、次の項では何が変わったのかについて紹介していきましょう。

2 改訂前後でどこが変わったのか

前述の通り、ソフトバンクの長期継続特典は2017年12月前後で改訂されています。2017年11月以前に申込んだ方と、12月以降に申込んだ方とでは、異なる部分があるのです。

以下はその比較になります。

2-1 2回目以降の更新特典が変わった


画像引用元:ソフトバンク

新規契約から2年経過後の初回の更新時の特典は、3,000円相当のTポイントとなります。
この点は、2017年11月以前と12月以降でどちらも同じですが、2回目以降の更新で違いが出てきます。

2017年11月申込分については、2回目以降の更新でも3,000円相当のTポイントが獲得できるのに対して、2017年12月以降申込分については、1,000円相当のTポイントとなります。

2回目以降も継続してソフトバンクを利用していこうと考えていても、2017年12月以降申込の方は、少し損をすることになってしまいます。

2-2 毎月獲得できる特典が変わった


画像引用元:ソフトバンク

ソフトバンクの長期継続特典は、更新時にTポイントを獲得できるばかりではありません。更新以降は、毎月継続して特典を受け取ることができます

毎月獲得できる特典は、「Tポイント」と「割引」のどちらかを選択可能です。

Tポイントを選択した場合

2017年11月までの申込分では一律500円相当のポイントの獲得となっていたものが、2017年12月以降では1,000円利用につき20ポイントに変更されています。

また、利用期間によってもポイントが変わってくるため、単純には比較ができません。2017年12月以降の長期継続特典の毎月の獲得ポイントの一覧を、以下に貼っておきます。

2017年12月以降で500ポイントを超えるのは、11年目以降かつ7,000円以上利用した場合か、15年目以降かつ5,000円以上利用した場合となります。

毎月の獲得ポイントを2017年11月以前の水準まで持って行こうとすると、最低でも11年間利用する必要があることから、毎月の特典の面で見ても、今回の内容の改訂はデメリットであると言えます。

次のページでは割引を選択した場合について説明します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ソフトバンクのHUAWEI Mate20 Proに機種変更|お得に購入する完全ガイド... 注目のHUAWEIの最新モデルHUAWEI Mate 20 Pro。 前機種のHUAWEI Mate 10 Proに引き続きソフトバンクからの発売が決定されました。そこで気になるのが価格です。 HUAWEIスマホのフラッグシップ...
Pixel 3は超ハイスペック!リアルユーザーによるメリットデメリット... 画像引用元:Google Pixel 3・Google Pixel 3 XL | 製品 | NTTドコモ 付属イヤホンとFelica対応が嬉しいポイント 女性 37歳・会社員 現在使用している機種:Pixe...
ソフトバンクAQUOS R2に機種変更|お得に購入する完全ガイド... このところSHARPのフラッグシップモデルへの注目が高まってきています。 もともとSHARPは大手国産電機メーカーでしたが、2016年に台湾・鴻海精密工業の傘下に入りました。 その影響もあってか、現在はどことなく攻めた姿勢も感じ...
ソフトバンクオンラインショップがおすすめされる理由|使わないと損する?... 「新しいスマホが欲しい!」、「機種変更がしたい!」そんな時、皆さんはどこで機種を購入しますか。 ショップや家電量販店などの店頭で購入する方法もありますが、おすすめはソフトバンクオンラインショップです。 今回は使わないと損するかも...