ソフトバンクの長期継続特典が改定|スマホ使いはPayPayボーナスに変更

ソフトバンクの長期継続特典が改定|スマホ使いはPayPayボーナスに変更

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナー

ソフトバンクの長期継続特典は2019年8月29日より改定されました。

今回は改定後のソフトバンクの長期継続特典の特長・受け取り方法について解説します。

PayPayボーナス対象者の場合、もしかしたら現時点でもらい損ねている可能性もあるので、本記事をよくチェックしてみてください。

改定後のソフトバンクの長期継続特典の特長
  • 2019年8月29日からTポイント付与からPayPayボーナスへ変更
  • 2019年8月28日以前に長期継続特典を申込んだユーザーは、自動で切り替わり
  • 2年契約や2年以上利用の個人ユーザーは基本的に特典付与対象
  • PayPayアプリ対応機種ならPayPayボーナス、非対応機種やUSIM単体契約は月額料金割引
  • 月額料金割引対象ユーザーは、特典を受ける為に必要な操作は無い
  • PayPayボーナス付与を受けるにはPayPayアプリの設定が必要

トップ画像引用元:長くご利用いただいているお客さまに感謝をこめて 長期継続特典 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンクの長期継続特典は2019年8月29日から改定された

ソフトバンクの長期継続特典

画像引用元:長くご利用いただいているお客さまに感謝をこめて 長期継続特典 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

2020年1月時点のソフトバンク長期継続特典は2種類あります。

ソフトバンク長期継続特典は2種類
  • 契約更新、または2年ごとにPayPayボーナスか料金割引
  • 利用年数や利用金額に応じて毎月PayPayボーナス付与、料金割引

元々はPayPayボーナス付与ではなく、期間限定のTポイント付与で還元する長期継続特典でしたが2019年8月29日に内容が改定されました。

PayPayボーナスと料金割引のどちらが適用されるかは、使用する携帯電話によって異なりユーザー自身では選べない点がポイントです。

特典1:契約更新ごとにPayPayボーナスか料金割引

長期継続特典の1つ目が「契約更新ごとにPayPayボーナス付与、または1,000円分の通信量割引」です。

PayPayアプリ対応・非対応契約更新・2年経過時の特典
対応機種3,000円相当のPayPayボーナス
(2回目以降は1,000円相当分)
非対応機種1,000円分の通信量割引

PayPayアプリ対応の携帯電話を使っている場合、初回は3,000円相当分のPayPayボーナスですが2回目以降は1,000円相当分になります。

PayPayアプリ非対応の携帯電話だと、2年毎に1,000円分の料金割引が受けることができます。

ドコモキャンペーンバナー

特典2:利用年数・利用金額に応じたPayPayボーナスか料金割引を毎月適用

長期継続特典の2つ目が「利用年数・利用金額に応じたPayPayボーナスか料金割引が毎月適用」という内容です。

PayPayアプリ対応・非対応毎月の特典
対応機種PayPayボーナス
(利用年数・金額に応じて変動)
非対応機種料金割引
(利用年数・金額に応じて変動)

毎月適用が受けられるので最終的なPayPayボーナス付与の合計ポイント、料金割引の総額は特典1よりも上回るでしょう。

契約期間が長ければ長い程、毎月の特典は大きくなるので長期契約ユーザーにはお得な特典です。

契約年数が15年以上なら毎月5%還元されるのは大きい

毎月どれだけ特典が受けられるのか、契約年数と通信費が10,000円かかった時のシミュレーション結果が下記となります。

契約年数還元率通信料金が10,000円時の還元額
3年目~1%100円
5年目~2%200円
7年目~3%300円
11年目~4%400円
15年目~5%500円

契約年数が15年を超えると最大還元率の5%になるので、仮に毎月1万円払っても500円バックされて実質毎月9,500円の計算になります。

還元されたPayPayボーナスは月額料金の充当にも使えますし、PayPayに使うのももちろん可能なので是非後述の手順を実行して、毎月受け取っておきましょう。

契約年数・利用金額の確認はMy Softbankから行う

My Softbank

画像引用元:ログイン | My SoftBank | ソフトバンク

「自分がソフトバンクと契約して今の契約年数は何年?」「毎月の利用金額はいくら?」を確認したい時はMy Softbankから確認しましょう。

My Softbankは手持ちのソフトバンク携帯電話からアクセスする他、パソコンやスマホでログイン出来ます。

長期継続特典を受ける5つの条件とは?

ソフトバンクの長期継続特典は誰でも受けられる訳では無く、下記5つの条件を全て満たしたユーザーが対象です。

ソフトバンクの長期継続特典を受ける条件
  • 個人契約である
  • 2年・3年契約に加入して2年以上利用
  • ハートフレンド割引または基本プラン(音声)加入
  • USIM単体契約を含むソフトバンクの携帯電話を利用
  • 対象のデータ(パケット)定額サービスを利用

「条件が5つも?」と思うかもしれませんが、個人でソフトバンクの携帯電話を契約しているユーザーなら基本的に全て対象だと見て差し支えありません。

個人契約である(法人契約は対象外)

ソフトバンクの長期継続特典は個人契約のユーザーのみ対象で、法人契約は長期継続特典の対象外になっています。

その為、長期継続特典を受けるにはソフトバンクを個人契約している必要があります。

2年・3年契約に加入して2年以上利用

長期継続特典という名前の性質上、特典を受ける為には最低でもソフトバンクを契約して2年以上利用する必要があります。

また2年、または3年契約の料金プランに加入している事も条件の1つです。

ハートフレンド割引または基本プラン(音声)加入

ソフトバンクの契約で何らかの障がいを持った方が適用できる割引「ハートフレンド割引」適用、または通常の基本プラン(音声)に加入している必要があります。

通常の基本プラン(音声)は、ソフトバンクの携帯電話で電話回線を使った通話をする為に加入必須なので、多くのユーザーは特に気にする事無く条件を満たしています。

USIM単体契約を含むソフトバンクの携帯電話を利用

ソフトバンクの長期継続特典ですから、ソフトバンクで契約した携帯電話を解約せずに利用しているか、USIM単体契約を継続している必要があります。

ソフトバンクで携帯電話を購入せず、SIMフリースマホ等を持ち込んでUSIM単体契約をしたユーザーも長期継続特典の対象です。

対象のデータ(パケット)定額サービスを利用

最後に長期継続特典を受ける条件として、指定のデータ(パケット)定額サービスに加入している必要があります。

現在ソフトバンクでスマホを契約する時の主なデータ定額サービス、ウルトラギガモンスター+やミニモンスターも対象なので、基本的に個人の一般ユーザーは対象と見て差し支えありません。

使用中の携帯電話によって長期継続特典は変わる

ソフトバンクの長期継続特典がPayPayボーナスになるか、料金割引になるかの決め手は、現在使っている携帯電話が

  • PayPayアプリ対応機種か
  • USIM単体契約か否か

になります。

iPhone・Android等のPayPayアプリ対応ならPayPayボーナス

今使っているソフトバンクの携帯電話がiPhoneやAndroid、シンプルスマホ等のPayPayアプリ対応なら、長期継続特典はPayPayボーナス付与になります。

PayPayボーナスを受ける為にはiOSは11.0.Android OSは5.0以上にバージョンアップしておき、後述のPayPayアプリの連携が必要です。

PayPayアプリ非対応のガラケー等は料金割引になる

ガラケーやかなり古いスマホ等PayPayアプリ非対応の携帯電話を使っているユーザーは、PayPayボーナスを付与されても携帯電話から操作できません。

その為、PayPayアプリ非対応の携帯電話を使っているユーザーは、月額料金割引の長期継続特典になります。

USIM単体契約且つソフトバンクで直近購入が無い場合も料金割引扱い

PayPayアプリ対応機種でも、ソフトバンクで購入せず持ち込みでUSIM単体契約をした場合も料金割引になります。

どの長期継続特典になるかまとめると下記のようになります。

ソフトバンクでの契約適用種類
PayPayアプリ対応機種PayPayボーナス付与
PayPayアプリ非対応機種
(ガラケーなど)
月額料金割引
他社から持ち込んだスマホ・携帯電話でUSIM単体契約

ソフトバンクの長期継続特典の付与・利用時の注意点

長期継続特典の付与や利用する時には主に3つの注意点があります。

長期継続特典の注意点(PayPayボーナスのみ)
  • 付与は締め日によって異なる
  • PayPayアプリの設定が必要
  • 譲渡不可能

PayPayボーナスの付与は締め日によって異なる

長期継続特典のPayPayボーナス付与日は、ユーザーの締め日によって3パターンに分けられます。

締め日付与日
10日締め毎月20日~31日頃
20日締め毎月30日~翌月11日頃
月末締め毎月10日~21日頃
正確な付与日は決まっていないので「今月のPayPayボーナス付与が遅いなあ」と感じる時もありえますが、気長に待ちましょう。

PayPayボーナス付与にはPayPayアプリの設定が必要

PayPayボーナス付与対象のユーザーは、後述の手順を実行しないとPayPayボーナスが付与されず無駄になってしまいます。

PayPayアプリ対応機種を使用しているなら、必ずPayPayアプリと連携しておいて長期継続特典を受けられるように設定しましょう。

2019年8月29日以前に長期継続特典を申込んだPayPayボーナス付与対象ユーザーは、特典が自動で切り替わっているので、連携しないと特典が無駄になることも考えられます。

なお料金割引は自動適用されるので操作等は必要ありません。

付与されたPayPayボーナスは譲渡不可能

付与されたPayPayボーナスは他人に譲渡出来ないので、別の人にPayPay残高を送ったり、わりかん機能で使用することは出来ません。

付与されたPayPayボーナスは残高に反映されますが、あくまで使えるのは自分自身のみ…と考えておきましょう。

PayPayボーナスを受ける為のアプリ設定方法

paypayのアイコン

画像引用元:「PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)」をApp Storeで

長期継続特典のPayPayボーナスを受ける為には、以下の3ステップで完了します。

  1. Yahoo!JAPAN IDとPayPayアプリをインストール(既にID有&アプリインストール済なら省略)
  2. PayPayアプリとYahoo!JAPAN IDを連携
  3. PayPayアプリとソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを連携

では実際に3ステップの詳細を解説します。

必要な物2つ「Yahoo!JAPAN ID」と「PayPayアプリ」を用意しよう

まず無料で作成できるYahoo!JAPAN IDをYahoo!トップページ等から作成して、IDとパスワードを控えておきましょう。

Yahoo!JAPAN IDの作成後、iPhoneならApp Storeから、Android・シンプルスマホならPlayストアからPayPayアプリをインストールして初期設定を行います。

PayPayアプリも下記バナーから無料でインストールできるので、事前準備の段階でお金が発生することはありません。

アップルストア グーグルプレイ

PayPayアプリの設定|Yahoo!JAPAN IDとの連携編

PayPayアプリをインストールしたら、下記手順で所持しているYahoo!JAPAN IDとPayPayアプリを連携させましょう。

1PayPayアプリを起動して画面右下「アカウント」→「外部サービス連携」の順にタップ

PayPayアプリの設定

2「Yahoo!JAPAN ID」をタップ

PayPayアプリの設定

3 「上記に同意して連携する」をタップ

4Yahoo!JAPAN IDを入力して「次へ」をタップ

5Yahoo!JAPAN IDのパスワードを入力して「ログイン」をタップ

6Yahoo!JAPAN ID連携が完了しましたと表示されたら「閉じる」をタップして完了

これでYahoo!JAPAN IDとPayPayアプリが連携できましたが、ソフトバンクの長期継続特典の付与の対象にはなっていません。

続いてソフトバンクの契約をPayPayアプリに連携させましょう。

PayPayアプリの設定|ソフトバンクとの連携編

現在のソフトバンクの契約をPayPayアプリに反映させる方法が以下手順です。

1PayPayアプリを起動して画面右下「アカウント」→「外部サービス連携」の順にタップ

PayPayアプリの設定

2「ソフトバンク・ワイモバイル」をタップ

PayPayアプリの設定

3「上記に同意して連携する」をタップ

4画面指示に従い「ソフトバンクまとめて支払い」に進む

5電話番号を確認して「設定する」をタップ

ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを設定しましたと表示されたら完了

これでソフトバンクの契約とPayPayアプリが連携できたので、契約更新時・毎月のPayPayボーナス発生時にPayPayアプリに反映されるようになります。

PayPayボーナス付与を受けるならPayPayアプリ連携を忘れずに登録しておこう

PayPay残高にチャージする手順①

画像引用元:PayPay残高にチャージする – PayPay

ソフトバンクの長期継続特典は他の通信事業者と比較して「自分で特典を受けられるように操作・設定する」点で大きく違っています(月額料金割引のユーザーは除く)。

「アプリ連携を忘れてしまい受け取れるはずだった特典が消失してしまった…」と、なるのは必ず避けたいものです。

改定後のソフトバンクの長期継続特典の特長
  • 2019年8月29日からTポイント付与からPayPayボーナスへ変更
  • 2019年8月28日以前に長期継続特典を申込んだユーザーは、自動で切り替わり
  • 2年契約や2年以上利用の個人ユーザーは基本的に特典付与対象
  • PayPayアプリ対応機種ならPayPayボーナス、非対応機種やUSIM単体契約は月額料金割引
  • 月額料金割引対象ユーザーは、特典を受ける為に必要な操作は無い
  • PayPayボーナス付与を受けるにはPayPayアプリの設定が必要

PayPayボーナスは一般的な個人のスマホを契約したユーザーの大多数が対象なので、必ずPayPayアプリと連携を行っておきましょう。

PayPayとは|使い方・他のスマホ決済との違い・メリット・注意点

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー
この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ