ソフトバンクから乗り換えを止めた理由は「メリットが減ったから」

ソフトバンクから乗り換えを止めた理由は「メリットが減ったから」

一時期とは違い乗り換えで大きなキャッシュバックはない

  • 44歳
  • 男性
  • 会社員
  • ソフトバンク歴:5年
  • 実際に特典を受けた日付:2018年3月

5年前から家族全員ソフトバンクを利用しております。2年の契約更新月の度に他社への乗り換えを考えてはおりましたが、使用中のiPhoneが古くなってきたことや、併用して契約中のソフトバンクAirの調子が悪い為、今年こそはと乗り換えを考えておりました。

2年契約中だった為契約解除料が発生いたしますが、iPhoneの機種変更やAirから光への変更手続き費用を考えると他社へ乗り換えた方がキャッシュバックもあるし安価だろうと考えておりました。

乗り換えの際、ケータイショップより大型量販店の方がキャッシュバック率が高いというイメージがあり様々な量販店を巡りました。

ところが一時期とは違いどの店舗も金額が一律で大きなキャッシュバックは見られませんでした。理由を聞いたところ、どうやら2017年始に総務省からのメスが入り、多額のキャッシュバックで勧誘する事が出来なくなったとの事。

この動きは量販店もショップも一緒で、キャッシュバックでは無く毎月の利用料金から割引する流れになっているとの事でした。

月々の利用料が安くなり、更には新しいiPhoneを手にする事を期待したので落胆しておりました。するとスタッフから「ショップ窓口に相談してみたらどうですか?何か特典があるかもしれませんよ?」との声かけを頂きました。

こちらから「どういった特典なのか」と尋ねましたが、お答えできないとの事なので後日ショップに足を運びました。

ショップのお姉さんに事情を説明したところ、機種変更時に利用出来る特別ポイントを15,000円分進呈するとの事。

また調子の悪いソフトバンクAirについても相談したところ、カスタマーセンターへ掛け合って頂き、Airの料金のままソフトバンク光に切り替え出来る様務めてくれました。

ソフトバンクAirより光サービスの方が速度が安定している為、願ってもない結果となりました。

また機種変更の際、現行機種の下取りも行っているとの事で、他社へ乗り換えた際の費用と大差のない結果に落ち着きました。

正直乗り換えの際、乗り換え手数料の発生・現行機種の残債負担や口座登録の再設定、家族確認書類の準備等面倒な事が多く感じておりました。

またTポイントも継続利用できるので、結果には非常に満足しております。

ただ今回の乗り換え引き留めポイントは、公式に行われているものの大々的な宣伝をしてはいない様です。該当者と非該当者の見極めが難しい為でしょうか?

MNPキャッシュバックで大儲けは過去の話!今できる最高の割引額を教えます

以前と比べ乗り換え特典少ない

  • 30歳
  • 男性
  • 営業職
  • ソフトバンク歴:3年
  • 実際に特典を受けた日付:2017年3月

私は現在ソフトバンクを3年ほど利用していますが、今までは2年毎にau、docomoと家族の利用回線によって、会社を乗り換えていました。

毎年、2年毎の年度末に家電量販店に行き、乗り換えの相談をしていましたので、2017年の年度末も同様に相談に行きました。

その時に、今までと違った点でいえば、住所は元から違いましたが、家族回線が各々支払いが別になり、スマートフォンの買い換えのタイミングも各々別になっていたことです。

相談内容としては、複数のスマートフォンの乗り換えではなく、単体のスマートフォンと固定の回線を切り替えるかどうかという話でした。

私自身は乗り換えの経験もあり、特に違和感なく乗り換えに前向きでしたが、当時は総務省が乗り換えの規制に走っているというニュースが多く、私自身も過去のような特典は難しいだろうという前提で伺いました。

ただ、現状のソフトバンク回線自体はスマートフォンと光回線の2つの契約のみで、2年前の乗り換え特典が無くなれば、計15,000円程度の金額になる予想でした。

長期特典に関しても、ポイント還元や利用料金割引がありましたが、利用料金割引は割引額が少なく、ポイント還元は利用先や対象サービス、期間などが限られたものとなっていた為、機種変更時のメリットとしては、とても考えられるものではなかったので、乗り換えを主体に考えていました。

結果的に、機種変更という選択を選んだのですが、その理由としては、以前の乗り換え特典と比べた場合の、乗り換え特典の少なさが挙げられます。

ドコモに関しては、スマートフォン自体はオフィシャルな割引内容しかなく、店舗に相談に行ってからのサプライズがなかった事。

ドコモ光に関しても、キャッシュバックキャンペーンは満足のいく金額で行っていましたが、条件とする必須サービスのテレビサービスがネックでした。

付与される特典と最低利用期間のテレビサービス月額利用料金を考えると、テレビサービスを必要としていない人にとっては、若干マイナスになるという私にとっては何もメリットが無いものでした。

auは総務省の規制の中、かなり大体な乗り換え特典を打ち出していましたので、私が乗り換えるとしたらauだと考えていました。

auの場合、光回線も切り替えないと割引額が小さいというソフトバンクと同じようなシステムで、NTT回線からKDDI回線への変更というのが私の中でネックとなったため、予約番号の発行でソフトバンクに連絡しました。

思い留まった理由は、前項がほとんどの理由ですが、更に、オペレーターから端末値引きの話があり、私が検討していた端末はiPhoneではなく、通信会社が介入しやすいアンドロイドであったためです。

乗り換えのような一括0円とはいきませんが、実質負担額はほとんどなくなるような特典で、元々光回線も合わせていた私は、更にセット割も従来の割引額で適用なので、乗り換えとの差額も月額1,500円程度でした。

面倒か楽かで楽さを取り、乗り換えせずにソフトバンクに残りました

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

編集部まとめ

今回の事例は引き止めポイントで思いとどまったのではなく、乗り換えのメリットが小さくなったためにとどまったという事例です。

昔と比べれば確かにキャッシュバックなどの派手さはナリをひそめました。2人目の方が語ったように、総務省からのお達しが出たからです。

乗り換えの手間とメリットを天秤に掛けて、メリットの方が勝っていないと乗り換え好きにはならないでしょう。今は手間が勝っているようです。

ソフトバンクMNP引き止めポイント|ウロウロポイントとの違いと貰い方

あなたにおすすめ

「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Premium」を徹底比較|どちらが買いか?... 大人気のAndroidスマホXperiaシリーズの最新モデルが各キャリアから発表されましたね! 今回もスタンダードなXperia XZ2と、映像美を追求したXperia XZ2 Premiumが発売されます。 Xperia XZ...
AQUOS R2レビュー|動画専用カメラを搭載した高スペックスマホの評価... 各キャリアから2018年夏モデルとしてAQUOS R2が発表されました! 高性能なAndroidというとXperiaやGalaxyを思い浮かべる方もいますが、AQUOS R2はこの2大機種に全く引けを取らない高性能機種です。 A...
ソフトバンクの「あんしんバックアップ」アプリでトラブルを回避!... 機種変更などでスマホを変えるときは、電話帳や写真などのデータの移し変えをしなければなりません。今後もスマホを使っていく上で必要なこととはいえ、なかなか面倒な作業ではあります。手違いでデータを消してしまったら…という不安もありますよね。 ...
ソフトバンクからの乗り換えを止めた理由は「Tポイントが貯まる・使える」... ソフトバンクにはお得な「継続特典」がある! 女性 事務職 ソフトバンク歴:1年半 実際に特典を受けた日付:2017年11月 節約を心がけた暮らしを送っており、定期的にキャリアやプランの見直しを...