ソフトバンク2018年夏モデル6機種の発売時期とスペックのまとめ【新型Android】

ソフトバンク2018年夏モデル6機種の発売時期とスペックのまとめ【新型Android】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2018年5月10日にソフトバンクの2018年夏モデルの新機種が発表されました。Androidスマホ6機種が新しくラインナップされました。

今回の目玉はカメラメーカー「Leica(ライカ)」のレンズカメラを搭載した、ソフトバンクでは初の取り扱いとなる「HUAWEI Mate 10 Pro」ではないでしょうか。

また、SONYのフラッグシップモデル「Xperia XZ1」の後継機「Xperia XZ2」の取り扱いもあります。これは4K解像度のHDRに対応した映像の撮影が可能となっています。

それではソフトバンク2018年夏モデルの新機種を紹介します!

トップ画像引用元:製品情報 | モバイル | ソフトバンク

ソフトバンク 2018年夏モデル6機種の発売時期

一覧にまとめましたのでご覧ください。

機種名発売時期
Xperia XZ22018年
5月下旬以降
AQUOS R22018年
6月上旬以降
HUAWEI Mate 10 Pro2018年
5月18日
DIGNO J2018年
7月上旬以降
HUAWEI nova lite 22018年
7月上旬以降
シンプルスマホ42018年
7月下旬以降

データ参考元:スマートフォン | 製品情報 | モバイル | ソフトバンク

確実に判明しているのは「HUAWEI Mate 10 Pro」のみです。他のスマホの詳細な発売日はまだ判明していません。予約はできるので、しっかりスペックを比べて自分に最適なスマホを選びましょう。

ソフトバンク 2018年夏モデル6機種のスペック

次に各新機種のスペックを見てみましょう。まだ暫定のスコアがありますのでご注意ください。

Xperia XZ2

画像引用元:Xperia XZ2 | スマートフォン | 製品情報 | モバイル | ソフトバンク

項目/詳細スペック詳細
メーカーソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社
本体サイズ約高さ153 × 幅72 × 厚さ11.1 mm
重さ約198g
CPUSDM845(オクタコア)
2.8GHz + 1.8GHz
OSAndroid 8.0
ストレージ(ROM)64GB
メモリ(RAM)4GB
画面サイズ約5.7インチ
TFT液晶
解像度2,160×1,080(Full HD+)
カメラ画素数メイン:約1,920万画素
サブ: 約500万画素
カラーリキッドシルバー、リキッドブラック、
ディープグリーン

Xperia XZ1がそうだったように、Xperia XZ2もソフトバンク・ドコモ・auの3キャリア全てで取り扱われます。流石はAndroidの王様です。これを欠かすことはできないのでしょう。

ただし、Xperia XZ2 Premiumはドコモ・auのみ。Xperia XZ2 Compactはドコモのみの取り扱いです。

Xperia特有の角ばったデザインが影をひそめ、やや丸みを帯びたデザインとなりました。ソニーらしさが若干薄れましたが、手にフィットしやすい持ちやすい形です。

また、ワイヤレス充電に対応しています。

Xperia XZ2レビュー|最高のAndroidの名に恥じぬ評価とスペック

AQUOS R2

画像引用元:AQUOS R2 | スマートフォン | 製品情報 | モバイル | ソフトバンク

項目/詳細スペック詳細
メーカーシャープ株式会社
本体サイズ約高さ156 × 幅74 × 厚さ9.0mm
重さ約181g
CPUSDM845(オクタコア)
2.6GHz + 1.7GHz
OSAndroid 8.0
ストレージ(ROM)64GB
メモリ(RAM)4GB
画面サイズ約6.0インチ
IGZO
解像度3,040×1,440(ワイドクアッドHD+)
カメラ画素数メイン:
標準カメラ: 約2,260万画素
動画専用カメラ: 約1,630万画素
サブ: 約1,630万画素
カラーローズレッド、プレミアムブラック、
プラチナホワイト

AQUOS R2もXperia XZ2と同じく3キャリアで展開しています。違いはカラーです。それぞれでオリジナルカラーがあります。ソフトバンクではプラチナホワイト、プレミアムブラックに加えて、ローズレッドカラーを取り扱っています。

ドコモはコーラルピンク、auはアクアマリンと淡い色をそれぞれ取り扱っています。そんな中でソフトバンクのローズレッドは少々異色です。

他社商品にない特徴としては動画専用のカメラがあることです。これにより動画を撮りながら、写真を撮ることが可能となりました。

AQUOS R2レビュー|動画専用カメラを搭載した高スペックスマホの評価

HUAWEI Mate 10 Pro

画像引用元:HUAWEI Mate 10 Pro | スマートフォン | 製品情報 | モバイル | ソフトバンク

項目/詳細スペック詳細
メーカーHUAWEI TECHNOLOGIES CO., LTD.
本体サイズ約高さ154.2 × 幅75 × 厚さ7.9mm
重さ約178g
CPUKirin 970(オクタコア)
2.36GHz + 1.8GHz
OSAndroid 8.0
ストレージ(ROM)128GB
メモリ(RAM)6GB
画面サイズ約6.0インチ
OLED
解像度2,160×1,080(フルHD+)
カメラ画素数メイン:
カラーセンサー:1,200万画素
モノクロセンサー:2,000万画素
サブ: 800万画素
カラーミッドナイトブルー、チタニウムグレー

キャリアではソフトバンクのみの取り扱いです。ドコモ・auでもHUAWEIの取り扱いはありますがモデルが違います。

HUAWEIのスマホはカメラ性能が群を抜いています。LEICAと共同開発したカメラで背面はデュアルレンズとなっています。1つをカラー、もう1つをモノクロのセンサーとすることで鮮明な写真を撮ることを可能にしています。

HUAWEI Mate 10 ProはすでにSIMフリースマホとして国内でも使用されており、高評価をえているスマホです。

次のページではDIGNO J、HUAWEI nova lite 2、シンプルスマホ4について説明します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ソフトバンク 2018夏|AQUOS R2に最安値でお得に機種変更する方法... 現在のスマホ市場は、Apple社のiPhoneシリーズをはじめ、中国、台湾メーカーが隆盛。 ガラケー時代から日本の携帯電話を支えてきたメーカーは影を潜めています。 しかし、ジワジワとシャープ製のAQUOSシリーズが人気を博してき...
【2018夏モデル】最新Androidスマホのスクリーンショットの撮り方... 「大切なLINEトークをいつでも見られるようにしたい」 「調べた内容を忘れないようにしたい」 スマホを使っていると、こうした場面で便利なのが「スクリーンショット」ですよね。 しかし、スクリーンショットの撮影方法は使う機種によっ...
Androidスマホのロックを設定・解除|指紋/虹彩/顔認証3つの方法... 「家族が勝手にスマホを見た」 「仕事場にスマホを持ち込めない」 LINEやアプリで今や生活必需品のスマートフォンですが、個人情報がたっぷり詰まっているので他人に見られたら困りますよね。 従来の暗証番号やパターンロックもあります...
【iPhone 8 VS HTC U12+】4インチ台機種と6インチのSIMフリースマホを比較... 2018年夏の注目機種として、HTC U12+がリリースされました!最新CPUと高性能カメラで人気の高いSIMフリーモデルですね。 しかし、国内シェア1位のiPhoneとどちらにするか悩む方も多いようです。 そこで今回はiPho...