ソフトバンク2018年夏モデル6機種の発売時期とスペックのまとめ【新型Android】

ソフトバンク2018年夏モデル6機種の発売時期とスペックのまとめ【新型Android】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2018年5月10日にソフトバンクの2018年夏モデルの新機種が発表されました。Androidスマホ6機種が新しくラインナップされました。

今回の目玉はカメラメーカー「Leica(ライカ)」のレンズカメラを搭載した、ソフトバンクでは初の取り扱いとなる「HUAWEI Mate 10 Pro」ではないでしょうか。

また、SONYのフラッグシップモデル「Xperia XZ1」の後継機「Xperia XZ2」の取り扱いもあります。これは4K解像度のHDRに対応した映像の撮影が可能となっています。

それではソフトバンク2018年夏モデルの新機種を紹介します!

トップ画像引用元:製品情報 | モバイル | ソフトバンク

ソフトバンク 2018年夏モデル6機種の発売時期

一覧にまとめましたのでご覧ください。

機種名発売時期
Xperia XZ22018年
5月下旬以降
AQUOS R22018年
6月上旬以降
HUAWEI Mate 10 Pro2018年
5月18日
DIGNO J2018年
7月上旬以降
HUAWEI nova lite 22018年
7月上旬以降
シンプルスマホ42018年
7月下旬以降

データ参考元:スマートフォン | 製品情報 | モバイル | ソフトバンク

確実に判明しているのは「HUAWEI Mate 10 Pro」のみです。他のスマホの詳細な発売日はまだ判明していません。予約はできるので、しっかりスペックを比べて自分に最適なスマホを選びましょう。

ソフトバンク 2018年夏モデル6機種のスペック

次に各新機種のスペックを見てみましょう。まだ暫定のスコアがありますのでご注意ください。

Xperia XZ2

画像引用元:Xperia XZ2 | スマートフォン | 製品情報 | モバイル | ソフトバンク

項目/詳細スペック詳細
メーカーソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社
本体サイズ約高さ153 × 幅72 × 厚さ11.1 mm
重さ約198g
CPUSDM845(オクタコア)
2.8GHz + 1.8GHz
OSAndroid 8.0
ストレージ(ROM)64GB
メモリ(RAM)4GB
画面サイズ約5.7インチ
TFT液晶
解像度2,160×1,080(Full HD+)
カメラ画素数メイン:約1,920万画素
サブ: 約500万画素
カラーリキッドシルバー、リキッドブラック、
ディープグリーン

Xperia XZ1がそうだったように、Xperia XZ2もソフトバンク・ドコモ・auの3キャリア全てで取り扱われます。流石はAndroidの王様です。これを欠かすことはできないのでしょう。

ただし、Xperia XZ2 Premiumはドコモ・auのみ。Xperia XZ2 Compactはドコモのみの取り扱いです。

Xperia特有の角ばったデザインが影をひそめ、やや丸みを帯びたデザインとなりました。ソニーらしさが若干薄れましたが、手にフィットしやすい持ちやすい形です。

また、ワイヤレス充電に対応しています。

Xperia XZ2レビュー|最高のAndroidの名に恥じぬ評価とスペック

AQUOS R2

画像引用元:AQUOS R2 | スマートフォン | 製品情報 | モバイル | ソフトバンク

項目/詳細スペック詳細
メーカーシャープ株式会社
本体サイズ約高さ156 × 幅74 × 厚さ9.0mm
重さ約181g
CPUSDM845(オクタコア)
2.6GHz + 1.7GHz
OSAndroid 8.0
ストレージ(ROM)64GB
メモリ(RAM)4GB
画面サイズ約6.0インチ
IGZO
解像度3,040×1,440(ワイドクアッドHD+)
カメラ画素数メイン:
標準カメラ: 約2,260万画素
動画専用カメラ: 約1,630万画素
サブ: 約1,630万画素
カラーローズレッド、プレミアムブラック、
プラチナホワイト

AQUOS R2もXperia XZ2と同じく3キャリアで展開しています。違いはカラーです。それぞれでオリジナルカラーがあります。ソフトバンクではプラチナホワイト、プレミアムブラックに加えて、ローズレッドカラーを取り扱っています。

ドコモはコーラルピンク、auはアクアマリンと淡い色をそれぞれ取り扱っています。そんな中でソフトバンクのローズレッドは少々異色です。

他社商品にない特徴としては動画専用のカメラがあることです。これにより動画を撮りながら、写真を撮ることが可能となりました。

AQUOS R2レビュー|動画専用カメラを搭載した高スペックスマホの評価

HUAWEI Mate 10 Pro

画像引用元:HUAWEI Mate 10 Pro | スマートフォン | 製品情報 | モバイル | ソフトバンク

項目/詳細スペック詳細
メーカーHUAWEI TECHNOLOGIES CO., LTD.
本体サイズ約高さ154.2 × 幅75 × 厚さ7.9mm
重さ約178g
CPUKirin 970(オクタコア)
2.36GHz + 1.8GHz
OSAndroid 8.0
ストレージ(ROM)128GB
メモリ(RAM)6GB
画面サイズ約6.0インチ
OLED
解像度2,160×1,080(フルHD+)
カメラ画素数メイン:
カラーセンサー:1,200万画素
モノクロセンサー:2,000万画素
サブ: 800万画素
カラーミッドナイトブルー、チタニウムグレー

キャリアではソフトバンクのみの取り扱いです。ドコモ・auでもHUAWEIの取り扱いはありますがモデルが違います。

HUAWEIのスマホはカメラ性能が群を抜いています。LEICAと共同開発したカメラで背面はデュアルレンズとなっています。1つをカラー、もう1つをモノクロのセンサーとすることで鮮明な写真を撮ることを可能にしています。

HUAWEI Mate 10 ProはすでにSIMフリースマホとして国内でも使用されており、高評価をえているスマホです。

次の章ではDIGNO J、HUAWEI nova lite 2、シンプルスマホ4について説明します。

ソフトバンクの機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

DIGNO J

画像引用元:DIGNO® J | スマートフォン | 製品情報 | モバイル | ソフトバンク

項目/詳細スペック詳細
メーカー京セラ株式会社
本体サイズ約高さ145 × 幅72 × 厚さ8.4 mm
重さ約130g
CPUMSM8937(オクタコア)
1.4GHz + 1.1GHz
OSAndroid 8.1
ストレージ(ROM)32GB
メモリ(RAM)3GB
画面サイズ約5.0インチ
TFT
解像度1,920×1,080(フル HD)
カメラ画素数メイン:約1,300万画素
サブ: 約500万画素
カラーアクアブルー、チャコールブラック、
パールホワイト

キャリアではソフトバンクのみの取り扱いです。スマホを初めて持つ方にはうってつけの1台です。ホーム画面には「かんたんビギナーホーム」と呼ばれるものがあり、よく使う機能が大きく表示されています。

また、耐画面割れ・耐衝撃・防水・防塵の性能が高く、よくスマホを落としてしまうという方にも向いています。また、タッチパネルディスプレイを搭載しているため、濡れた手で操作することも可能です。料理中にレシピを見たい時など、手を拭かずとも操作できます。

HUAWEI nova lite 2

画像引用元:HUAWEI nova lite 2 | スマートフォン | 製品情報 | モバイル | ソフトバンク

項目/詳細スペック詳細
メーカーHUAWEI TECHNOLOGIES CO.LTD.
本体サイズ約高さ150 × 幅72 × 厚さ7.5mm
重さ約143g
CPUKirin 659(オクタコア)
2.36GHz + 1.7GHz
OSAndroid 8.0
ストレージ(ROM)32GB
メモリ(RAM)3GB
画面サイズ約5.7インチ
TFT
解像度2,160×1,080(フルHD+)
カメラ画素数メイン:
デュアルカメラ:約1,300万画素 + 約200万画素
サブ: 約800万画素
カラーゴールド、ブルー、ブラック

HUAWEI Mate 10 Proと比べると低スペックモデルですが、機能としては必要十分です。メインカメラは約1,300万画素と約200万画素のダブルレンズで、簡単な設定でデジタルカメラで撮ったような写真を撮ることができます。

加えてF値も0.95から16まで調整できるため、背景をぼかして、メインの被写体を目立たせるような写真の撮影も可能です。

スマホ初心者でもかんたんに操作できるように「シンプルモード」という機能を搭載しています。これは普段使うアプリだけを表示させたり、アイコンや文字を大きくする機能です。これによってホーム画面がシンプルになり見やすくなります。

シンプルスマホ4

画像引用元:シンプルスマホ4 | スマートフォン | 製品情報 | モバイル | ソフトバンク

項目/詳細スペック詳細
メーカーシャープ株式会社
本体サイズ約高さ143 × 幅71 × 厚さ9.4mm
重さ約150g
CPUMSM8937
1.4GHz + 1.1GHz(オクタコア)
OSAndroid 8.0
ストレージ(ROM)32GB
メモリ(RAM)3GB
画面サイズ約5.0インチ
IGZO
解像度1,280×720(HD)
カメラ画素数メイン:約1,310万画素
サブ: 約500万画素
カラーシャンパンシルバー、ネイビー、ピンク

シャープといえば液晶です。このスマホも当然自慢の液晶ディスプレイが搭載されています。屋外でも使いやすい工夫がされていて、光の反射により画面が見えにくくなる状況を防ぐ構造になっています。

さらに画面の明るさなどを調整し、目に負担をかけないようにし、疲労感を低減する「はっきりビュー」に対応しています。

電話を簡単にかける機能もあります。よく連絡する相手を最大3人まで登録しておくことができ、ワンタッチで電話をかけたり、メールをすることができます。

ソフトバンク2018年夏モデル!筆者が注目するスマホ

Xperia XZ2などを新スマホはもちろん注目すべきですが、すでに国内で使用している人もいるHUAWEIの2機種にも注目です。

人気・実績ともにある2機種がソフトバンクから販売されることで、Androidの勢力図が変わるかもしれません。

今まで格安スマホに乗り換えるのが面倒でHUAWEIのスマホを使えなかった方も、これで使えるようになります。新スマホと違って既に評価も定まっているため、安心して購入することができます。

夏モデルの特徴
  • 定番はおさえている
  • HUAWEIスマホを2機種販売
  • どのスマホもカメラ機能に注力

ソフトバンクおすすめ最新スマホランキング【2018春モデル】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
よし松
よし松
山形出身。ゆとり第一世代に属し、大学4年の時は就職氷河期を味わう。ろくすっぽ就活をせずに麻雀に明けくれ新卒採用を逃す。中学3年生で初めて携帯を持ち、23歳でiPhone 4を購入。以後iPhone 6→iPhone XS。AirPodsとMacを持ってスタバにいくズブズブスタイル。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ