トイレワーキングで得られるウソのような4つのメリット

トイレワーキングで得られるウソのような4つのメリット

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

俺の名前はIT本部の、通称「酒怪物(アルコールモンスター)」。
場所を選ばず、どんな場所でも仕事が出来るキレ者だ。シャキーン(効果音)

仕事をするのに「場所」は関係ない。

情熱と愛情と意欲さえあればどんな場所でも仕事は出来るのだ。

ときには自席でスピーディーに仕事してる風・・・
ときには会議室で静かに仕事してる風・・・
ときにはくつろぎスペースでのんびりと仕事してる風・・・

ならば出来るばずだ。

トイレでもっ!!

ということで、トイレで仕事をすることで得られる4つのメリットを紹介します。

image03

トイレで仕事をする4つのメリット

1.姿勢がよくなる

膝をつけるとズボンが汚れるので膝はつけません。自然と姿勢が良くなります。
一ヶ月もすると下半身がマッチョになるので、発汗作用も望めます。

【参考】トイレ座り 運動効果(ヒット件数:約 471,000 件 )

※もちろん、便座はめっちゃキレイに除菌してから使いましょう♪

image10

2.時間効率がアップ

途中で用を足しながら仕事が出来るので、時間効率が飛躍的にアップします。

世界トイレ機関(WTO)が行った「トイレに関する調査」

なんと私たちが一生のうち、トイレで過ごす時間は、約3年!

http://news.livedoor.com/article/detail/8282578/
であることが判ってます。時短の効果は言うまでもありませんね。

3.ノートが節約できる

メモ帳(ロールタイプ / 水に溶ける)がたくさんあるので、ノートの節約が出来ます。
機密情報はその場で流せるので、セキュリティ的にも安心。

ただし総務部からはお呼出しが来ると思います。
image05

4.集中力がアップ

完全個室のため、とても静かで集中力がアップします。

image11

時間的にも、経費的にも節約が出来て非常に効率よく仕事が出来ます。
恐らく業務効率は30%ほどアップします。

しかし良い事尽くめに見えるトイレワーキングにも、一つだけデメリットがあります・・・。

image07

他の人がトイレに行けずに、怒られます・・・orz

まとめ

次に該当する人は是非トイレワーキングを実践してみて下さい。

  • 屈強な下半身を作り上げたい
  • 少しでも効率よく、早く仕事を終わらせたい
  • 節約して買いたいものがある
  • 周りから白い目で見られても気にしない強靭な精神力を身につけたい

あくまで、トイレがたくさんあって他の人の迷惑にならずにトイレワークできる環境をお持ちの方、ぜひ挑戦ください。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

雑学を見える化すると、3倍知った気になれる!... 怠惰な生活になってしまう気だるい土曜日の朝 ―― 3度寝くらいでようやく目覚め、キッチンに降りてくるとテーブルになんと、とんでもない書籍が放り出されていた。 『図でわかる!妹に教えたい世界のしくみ』 お兄ちゃんと妹(著)笠倉出版社...
話題の質屋アプリ「CASH」を使ってみた... こんにちは。 マイルを貯めこみ「どこ行こっかな~♡」と先の予定にニヤニヤが止まらない、みつです。 「CASH」ってご存知ですよね? 約2か月前、話題になった質屋アプリ「CASH」 キャッチコピーは「目の前のアイテムが一瞬でキ...
ペーパードライバー講習を受けに『MEGA WEB』の「ライドワン」に行ってきた... 初めまして、「AIヒューマノイドITおじさん」です! すごい長い名前ですが、SEO効果を期待してのことはでありません。 これは本名です(編集部注:んなわけない!)。 今回ご紹介させていただくのはトヨタが運営するクルマのテーマパーク...
【LINEスタンプ|めんトリ】“面倒だがとりあえず夏休みの宿題を”!?... 地域差もあることでしょうが、もう夏休みが終わってしまいますね。 早いところ(主に東日本)では8月20日に、そして遅いところ(主に西日本)では8月31日で夏休みが終わってしまう学校も多いようです。 お子さんがいらっしゃる読者の方であれ...