ドコモの新プラン「ベーシックシェアパック」と「ベーシックパック」を徹底分析

ドコモの新プラン「ベーシックシェアパック」と「ベーシックパック」を徹底分析

ドコモが利用データ量に応じて4段階の定額制料金が適用となる「ベーシックシェアパック」「ベーシックパック」を、2018年5月25日(金曜)より提供するというリリースがありました。

この新しいプラン、内容をよくよく見ると「どこかの携帯会社の大ヒットプラン」にそっくりです。そうauのピタットプラン。パケット使用量で価格が変わり無駄なく使えるとなれば、これしかないですよね。

「ベーシックシェアパック」と「ベーシックパック」の概要

まずは発表された料金テーブルを見ていきましょう。
ベーシックシェアパック

パケット
パック名
データ量料金プラン3人分+シェアパック+シンプル
ベーシック
シェアパック
<ステップ4>
~30GB
15,000円
<ステップ3>
~15GB
12,000円
<ステップ2>
~10GB
9,000円
<ステップ1>
~5GB
6,500円

ベーシックパック

パケット
パック名
データ量料金
ベーシックパック<ステップ4>
~20GB
7,000円
<ステップ3>
~5GB
5,000円
<ステップ2>
~3GB
4,000円
<ステップ1>
~1GB
2,900円

本プランのスタートに伴い「シェアパック®5/10/15」「ビジネスシェアパック®5/10/15」「データSパック®」「データMパック®」は、2018年5月24日(木曜)をもって新規申し込み受付を終了となります。(既契約ユーザーはそのまま)

既存の「データSパック®」「データMパック®」との比較は以下となります。

新プラン
ベーシックパック
料金旧プラン名料金
<ステップ4>
~20GB
7,000円ウルトラデータ
Lパック(20GB)
6,000円
<ステップ3>
~5GB
5,000円データMパック
(標準)(5GB)
5,000円
<ステップ2>
~3GB
4,000円
データSパック
(小容量)(2GB)
3,500円
<ステップ1>
~1GB
2,900円

若干上がっておりますが、「データSパック®」「データMパック®」が固定定額制なのに対し、新しいベーシックパックは変動価格制なので、高いか安いかは利用形態次第となります。

「データSパック®」と「データMパック®」の間をうろうろできるのがメリットと言えるでしょう。この辺りもピタットプランそっくりですね。

「データLパック®」はベーシックパック~20GBと比較しても1,000円安く、なおかつ余った分を持ち越せるので、シングルの場合5GBを常時超えるようなら「データLパック®」の方が得となります。

この辺りも、ピタットプランとフラットプランの関係性にそっくりです。

次のページではベーシックパック vs auピッタトプランで比較してみます。

あなたにおすすめ

iPhoneの修理・故障はAppleCare+がお得?キャリアの保証サービスと比較... あなたはAppleCare+に加入していますか? iPhoneが故障してしまったとき、 保証無しでの修理はいくらかかるのか? 保証を付けた場合と付けなかった場合で、どちらの方がお得になるのか? Appleの保証は...
新旧Xperiaのレビューを比較|XZ2のイヤホンジャック廃止には不満... Xperia XZ2利用者レビュー 画像引用元:新しく生まれ変わった3つのXperia | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ 30歳 男性 会社員 購入日:2018/6/1 評価:...
話題のスマホXperia XZ2やP20 Proなどがランクイン|枚数限定割引クーポンも配布... 2018年夏モデル発表から1ヶ月経ちましたが、携帯の売り上げランキングにも大きな変化があったようです。 トップ画像引用元:docomo Collection 2018 スマホ・タブレットの最新機種特集 | 製品 | NTTドコモ ...
arrows Beレビュー|落としても画面が割れにくいタフネススマホ... 落としても画面が割れにくいタフネスさと、タフネススマホらしからぬスタイリッシュなデザインで人気のarrows Beです。 そのarrows Beの後継機がついにドコモから発売になりました。arrows Beのユーザーには、どのように進...