ドコモの下取りプログラムの対象機種・条件・価格をまとめてみた

  • 2018年11月27日
  • by 
ドコモの下取りプログラムの対象機種・条件・価格をまとめてみた

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナー

同じスマホを使って2年経つと、そろそろ機種変更しようかと考え始めますよね。

でも、スマホはどんどん高機能になって価格も高額になっています。

以前のような大幅な割引が難しくなってきたこともあり、スマホキャリア各社には旧スマホを下取りすることで機種代金を安く抑える施策があります。

もちろん、ドコモも下取りをしていて、最大60,000円と大幅な割引をしてくれます。

そこで今回はドコモの下取りプログラムの条件や下取り価格、注意点を詳しくまとめました

この記事を参考に、ぜひ機種変更の時に下取りに出してしまいましょう!

ドコモの下取りプログラムのポイント
  • 最新の下取り価格をチェック
  • 下取り条件をチェック
  • 下取りの申し込み方法をチェック
  • 下取りの注意点は?

トップ画像引用元:下取りプログラム | キャンペーン | NTTドコモ

1 ドコモの下取りプログラムの対象機種と下取り価格一覧【2018年12月最新版】

ここからは、ドコモの下取りプログラムの対象機種と下取り金額を一覧で掲載します。なお、掲載する情報は2018年12月版の主要な機種のみにとどめています。

※表の金額はすべて税込です。

iPhoneの下取り価格

機種(2019年4月1日以降)下取り価格
iPhone X54,000円
iPhone 8 Plus44,000円
iPhone 832,000円
iPhone 7 Plus27,000円
iPhone 720,000円
iPhone 6s Plus10,000円
iPhone 6s9,000円
iPhone 6 Plus10,000円
iPhone SE7,000円

iPhoneは今までの全てのスマホが下取り対象です。金額もかなり高く下取りしてくれるので、機種変更時には積極的に下取りに出しましょう!

Androidの下取り価格

機種(2019年3月1日以降)下取り価格
arrows NX F-01K24,000円
ARROWS Tab F-02F10,368円
HUAWEI P20 Pro HW-01K30,000円
Disney Mobile on docomo DM-01K17,000円
V30+ L-01K20,000円
Galaxy Note8 SC-01K24,000円
Galaxy S9 SC-02K28,000円
Galaxy S9+ SC-03K32,000円
Galaxy S8+ SC-03J22,000円
AQUOS R2 SH-03K28,000円
XperiaTM XZ2 SO-03K30,000円
XperiaTM XZ2 Premium SO-04K35,000円
XperiaTM XZ2 Compact SO-05K30,000円
JOJO L-02K18,000円

Androidの下取り価格が下がったもの

機種(2018年12月1日以降)下取り価格
ARROWS NX F-04G3,000円
ARROWS NX F-05F2,000円
Disney Mobile on docomo SH-05F1,000円
らくらくスマートフォン3 F-06F0円
AQUOS PHONE ZETA SH-01F0円
Disney Mobile on docomo F-03F0円
Optimus it L-05E0円
ARROWS NX F-06E0円

お使いのスマホが掲載されていない、またはドコモ以外の製品を利用中の方はドコモのサイトで全スマホを確認してください。

下取り価格は日々変動しており、時期が経つにつれて下取り価格は下がりますので早めに決断するのが得策です。

次の章ではドコモで下取りしてもらう条件をチェックします。

ドコモオンラインショップで機種変更時に旧スマホを下取りしてもらう方法

2 ドコモの下取りプログラムで下取りしてもらう条件をチェック!

まずはドコモの下取りプログラムで下取りしてもらうための条件を確認しましょう。

特にオンラインストアで機種変更を行う場合、下取りに出してから査定が入ります。

万が一、査定結果が下取り不可の場合、スマホは返却されずに破棄されてしまうので、事前に下取り可能かの確認がとても大切です。

  • 契約時に下取りを申し込む
  • ドコモのスマホは、同じ電話番号の購入履歴に記載されたスマホのみ
  • 他社スマホは新規契約・乗り換えの契約のみ
  • 所有者の承諾が必要
  • スマホに未払い・未払いによる通信制限がないこと
  • スマホに故障がない状態
  • スマホの初期化ができる状態
  • 改造(脱獄、ルート化)していないこと
  • 下取り対象の機種であること

それぞれの項目を詳しく見ていきましょう。

2-1 ドコモの下取りプログラムは契約時に下取りを申し込む

2017年6月以前のドコモの下取りプログラムは、スマホの契約した後からでも申し込みができました。

他社スマホであっても下取りを積極的に行っていて、ドコモ・au・ソフトバンクの中ではかなり下取りを優遇していました

しかし、総務省の規制が強まったことで2017年6月以降はスマホの契約と同時にしか下取りができなくなってしまったのです。

さらに、ドコモ製品と他社製品それぞれに下取りの条件が異なるようになりました。

ドコモのスマホは、同じ電話番号の購入履歴に記載されたスマホのみ

ドコモのスマホを下取りしてもらうためには、購入手続きを行う電話番号に購入履歴のあるスマホである必要があります。

つまり、家族のスマホや、他の電話番号で使っていたスマホは下取りできないので気をつけてください。

特に注意したいのが、ネットや中古屋で購入したドコモスマホを利用している方です。

白ロムは電話番号に紐づいた購入履歴に残らず、他社スマホでもないので完全に下取りできない機種となっています。

場合によっては中古買取などに出して現金化するしかないでしょう。

他社スマホは新規契約・乗り換えの契約のみ

ドコモ以外のスマホは、新規契約と乗り換えの時しか下取りに出せません。

auやソフトバンク、SIMフリースマホなどは、ドコモに乗り換えと同時に申し込めばOKです。

しかし、過去に乗り換えが済んでいて、前のキャリアのスマホが不要になったという方はドコモで下取りしてもらうことはできなくなっています。

ドコモキャンペーンバナー

2-2 ドコモの下取りプログラムは所有者の承諾が必要

ドコモショップや家電量販店での手続きでは、下取りに出すために所有者の承諾が必要になります。

機種変更の場合、契約者が来店できない時は家族が委任状を持ってショップに行けば手続きできます(機種代金を分割する場合は免許や保険証の原本が必要)。

参考:委任状(日本語)|NTTドコモ

実は委任状に「下取りプログラムに申し込む」という項目がありますが、小さく「対象機種・カラー」と書かれているので見落とされがちです。

ここを正確に記入しないと、下取りについては委任されていないと判断されて下取りプログラムが利用できません。

委任状で機種変更を行う方は十分に注意してください。

2-3 ドコモの下取りプログラムを利用するにはスマホ未払い・未払いによる通信制限がないこと

ドコモのスマホも、その他のキャリアのスマホも、本体代金の支払いが滞ると「ネットワーク利用制限」をかけます。

この制限がかかると、制限のかかったスマホはネットに繋いでも強制的に通信できなくなってしまうのです。

この通信制限がかかった状態では、下取りに出すこともできません。

  • 中古で購入したスマホ
  • 解約したスマホの支払いを忘れた場合

特に中古スマホは元の所有者が機種代金の未払いでネットワーク利用制限がかかりやすいので、下取りできないことがあります。

ドコモに乗り換え検討中の方で、下取りに出したいスマホを最近使っていない方はあらかじめチェックした方がいいでしょう。

2-4 ドコモの下取りプログラムを利用するにはスマホに故障がない状態でないとダメ

当然のことですが、スマホに故障部位があると下取りできないか、大幅な減額を受けます。ですが、どの程度で故障と判定されるか判断に困る人も多いようです。

ドコモの下取りプログラムでは、次のいずれかに該当すると故障と判定される可能性が高くなります。

  • 画面や筐体が割れている
  • スマホを横から見て歪みや画面の浮きがある
  • 充電口など接続端子がグラグラする
  • 反応しないボタンがある

仮にスマホ本体が傷だらけでも、細かな傷は全く気にする必要はありません。

逆に落下などで筐体に大きなひび割れがあったらアウトですが、画面割れのみであれば減額されますが下取りしてくれます。

また、スマホ本体が歪んでいる状態は、普通に使えたとしても「基盤破損」と判定されます。

これは、本体の歪み=基盤も歪んでいると判断されるからでしょう。もちろん、電源ボタンや音量ボタンが反応しなくなっている状態もアウトです。

もしこうした故障箇所があるなら、先に修理をしてから下取りに出したほうがいい場合もあります。

特にケータイ補償サービスに加入中の方は、補償金額より下取り価格の方が高くなりやすい状態です。

なお、dカードGOLD加入中の方は、補償を使ってスマホをリフレッシュしてから下取りに出せば大幅にお得になります。

画面割れスマホの下取り価格|買取に出すのとどっちがお得か検証

ドコモのケータイ補償サービス利用料金

  • Androidのケータイ補償サービス利用料金:7,500円 ※1年間に2回まで
  • iPhone 6s以降のケータイ補償サービス利用料金:11,000円 ※1年間に2回まで
  • dカードGOLDの補償利用料金:0円

dカードGOLDだけはドコモショップの店頭在庫との交換なので、上手くいくと機種変更が不要になることもあります。

家族でドコモなら毎月のランニングコストも最安になるので、まだ持っていない方はケータイ補償サービスの代わりにdカードGOLDを契約した方がいいでしょう。

スマホの画面が割れた!反応しない端末の修理と応急処置の方法」でdカードGOLDと他の補償との詳細な比較を行なっています。今dカードGOLDを持っていない方は大きく損している可能性が高いので、必ず読んでください!

2-5 ドコモの下取りプログラムを利用するにはスマホの初期化ができる状態でないとダメ

ドコモの下取りに出すスマホは、確実に初期化ができる状態でなければいけません。

店頭で下取りの場合は、ドコモショップや家電量販店の店員さんの目の前で初期化をかければ問題ありません。

郵送で下取りに出すなら、あらかじめ初期化をかけてから送ればいいでしょう。でも、初期化を忘れて郵送した場合はドコモの下取りセンターで初期化をかけます。

もし初期化がかけられない状態だと、下取り不能と判定されてしまうのです。

  • 画面ロックがかかっている
  • Androidの場合Googleアカウントからログアウトしていない
  • iPhoneの場合iCloudからログアウトしていない

Androidの場合、多くの機種は画面ロックがかかっていても強制初期化ができます。

しかし、最近のスマホはセキュリティ向上の一環として、強制初期化時にログインしていたGoogleアカウントの情報がないと利用できなくなっています。

また、iPhoneは初期化時に「iPhoneを探す」がONになっているとiCloudのパスワードが必要になります。

さらに初期化後のアクティベーション時にも最後にログインしていたApple IDの情報を入力する必要があります。

つまり、初期化を忘れて郵送してしまうと、十中八九「初期化不能」という理由で下取りが成立しません

郵送で下取りに出す場合は初期化が完了していることをしっかり確認してから送るようにしましょう。

2-6 ドコモの下取りプログラムを利用するには改造(脱獄、ルート化)していないこと

ドコモの下取りプログラムに限らず、スマホの改造があると一切下取りに応じてくれません。

「改造なんてしていない」と思う人も多いのですが、意外と改造に該当することをやっている人が多いので必ずチェックしてください。

主要なスマホの「改造」

  • iPhoneの脱獄
  • Androidのルート化
  • 外装や部品の交換
  • 本体にシール類を貼り付ける

最初の2項目は該当する人は少ないはずです。しかし3つ目の項目は該当する人がある程度いますし、4つ目の項目はほとんどの方が該当するでしょう。

外装や部品の交換は、画面割れなどの故障で街中の修理屋さんに持っていった方はアウトです。

こうした修理屋さんは、非正規の部品を使うので下取り後の査定で100%引っかかります。

本体にシールなどを貼り付けているのは、剥がせばいいと思っている方も多いと思います。

しかし、シールの剥がし忘れや粘着力が強力で剥がせないものをそのまま下取りに出すと、間違いなく査定に落ちます。

たまにショップに下取り不可と言われたというクレームが入り、話を聞くとほとんどが改造と判定されたものでした。

意外と見落とされるポイントなので、下取りを考えている方はご自身のスマホに改造がないかよくチェックしてください。

3 ドコモの下取りプログラム申し込み方法

ドコモの下取りプログラムは、機種変更と同時に申し込む必要があり、スマホの受け渡し方法が2通りあります。

  • 店頭で回収してもらう「店頭方式」
  • 郵送で回収してもらう「郵送方式」

3-1  店頭で回収してもらう「店頭方式」

店頭で下取りスマホを回収してもらう店頭方式では、下取りの可否の簡単な査定をスタッフが手伝ってくれます

初期化も店頭で預ける時に必須なので、うっかり初期化を忘れてしまう心配もありません。

また、下取りの還元もその場で受けられるので、購入する機種代金を直接値引きしてもらうこともできます

iPhone Xなど高額下取りしてくれるスマホがあればかなり安くなりますね!

ちなみに、下取り不可になる症状があっても軽微な場合、店頭回収だと下取りしてくれることがあります。

例えばボタンの反応が悪くなっている状態では、郵送下取りでは1回押して反応がなければ「下取り不可」となります。

しかし、店頭では何度も試して1回でも反応してくれればボタンの反応ありと申し添えて送ってくれます。

つまり、輸送中に破損した可能性があると考えられるので、下取りセンターではボタンの反応が見られなくても下取りしてくれる可能性が高まるのです。

もし故障と判定されそうな症状があるなら、ショップで下取りに出したほうがいいでしょう。

店頭方式のメリット

  • その場で下取りの還元が受けられる
  • 還元されたポイントをスマホ代金の値引きに使える
  • 軽微な故障なら下取りできる可能性がある

店頭方式のデメリット

  • 機種変更・新規契約に事務手数料がかかる
  • お店によって頭金(5,000円〜10,000円)がかかる
  • その場でスマホが回収される

店頭方式での下取りは、手続きが完了した段階で下取りするスマホを初期化・回収されてしまいます。

スマホ内のデータ移行を全く準備していない状態で回収されると困ってしまいますよね。

下取りありきで手続きする場合は、ショップや家電量販店に行く前にデータ移行の準備は終わらせるか、郵送方式での回収を依頼しましょう。

3-2  郵送で回収してもらう「郵送方式」

ドコモの下取りプログラムは、郵送で下取り機種を回収してもらう方法もあります。

データ移行などが終わらずに店頭方式で回収できない状態の方や、オンラインショップで購入する方は、この郵送方式を使うことになります。

【郵送方式の流れ】

  1. 機種購入から約2週間後、「送付キット」が本人限定受取郵便で届く
  2. データ移行や初期化を済ませる
  3. 下取り申込書を記入
  4. 機種購入の翌月末までに返信用封筒に入れて郵送

郵送方式では、機種購入から約1ヶ月かけてゆっくりデータ移行ができるメリットがあります。

郵送方式のメリット

  • ゆっくりデータ移行ができる
  • 好きなタイミングで郵送可能

郵送方式のデメリット

  • 故障・初期化忘れがないかなどセルフチェックが必要

3-3  ドコモオンラインショップ購入+郵送方式がお得!

下取りする時、ドコモオンラインショップでの購入なら事務手数料と頭金がかかりません。

ドコモショップや家電量販店での機種変更事務手数料は2,000円、スマホ本体の頭金は5,000円〜10,000円かかるので、オンラインショップ購入+郵送方式の下取りのほうがお得になるのです!

さらにドコモショップなどの店頭受付は、平日でも1時間以上待ちます。土日は3〜5時間待ちも当たり前。

そう考えると、ドコモオンラインショップで購入し、郵送方式で下取りしてもらう方がいいですよね。

ドコモオンラインショップで機種変更時に旧スマホを下取りしてもらう方法

3-4 郵送方式での下取りの注意点

オンラインショップで新規契約・機種変更を行なって郵送方式で下取りした方がお得と解説しましたが、郵送方式では下取り可能な状態か自分でチェックする必要があります。

  • 画面破損のみなら画面割れ価格で下取り可能
  • 画面の浮きはないか?
  • 本体の湾曲・歪みはないか?
  • 各種ボタンは1発で反応するか?
  • 筐体にヒビはないか?
  • 充電端子がグラグラしていないか?
  • 液晶保護シートなどシール類は全て剥がしたか?
  • 初期化を忘れていないか?

もし下取り不可となった場合、下取りに出したスマホはそのまま破棄されて帰ってきません。

郵送方式で下取りに出す方は、上記の項目は必ずチェックして問題ないことを確認してから下取りに出してくださいね!

4 ドコモの下取りプログラムを上手に使おう

今回はドコモの下取りプログラムの対象機種と価格、条件について解説しました。

ドコモの下取りプログラムまとめ
  • ドコモ端末は同じ電話番号で購入履歴があるスマホのみ下取り可能
  • 他社端末は新規・乗り換えのみ下取り可能
  • 故障や改造、ネットワーク制限がないこと
  • 郵送方式は減額なし、店舗で事務手数料をかけると損

最近のスマホはどんどん高額になっているので、下取りを上手に使って割引を受けることがとても大切です。

この記事を参考に、ぜひ機種購入時に下取りプログラムを使ってお得にしてください!

新型iPhoneが出たら旧モデルの下取り価格はどうなる、Apple Storeでも下取りあるって知ってた?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー
この記事を書いた人
kou
kou
脚本・演出家。時にライター・WEBディレクター。アベンジャーズよりもX-MENが好き。X-MENで欲しい能力はミスティークのそれ。用途はもちろんあれ。ジョジョで欲しい能力はパールジャムで理由は肩こりが激しく胃腸が弱いから。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ