ドコモの機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

ドコモの機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ステップ3:ドコモの機種変更で使えるクーポン

続いてドコモの機種変更で使えるクーポンについて説明します。

MNP引き止めポイントの代わりに機種限定のクーポンが配布されている!?

従来は、機種変更のお得なポイントと言えば「引き止めポイント」でしたが、現在では対象機種限定クーポンが主流になっているようです。

ただし、このクーポンはドコモショップや家電量販店でしか利用できません。つまり、「頭金」や「事務手数料」を考慮する必要があるということですね。

おおよその目安ですが、クーポンによる割引額が15,000円を超えるのであれば、そのクーポンを使って機種変更した方が、お得になる可能性が高いです。

ドコモMNPクーポンや機種変更クーポンは健在!

クーポンの定番ともいえる、MNPクーポンや機種変更クーポン。2019年9月時点の割引額は、MNPクーポンが10,800円、機種変更クーポンが5,400円です。

これらのクーポンはドコモオンラインショップでも使うことができます。

なお、クーポンの対象機種は以下のとおり。

MNPクーポン・機種変更クーポン対象機種

  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR※
  • Galaxy Note 9
  • Xperia XZ3
  • Google Pixel 3 XL

※:64GBを除く

基本的に人気の高い機種は対応しています。

ドコモMNPクーポン・機種変更クーポンのもらい方と使い方

ドコモのMNPクーポンと機種変更クーポンは、専用サイトから簡単に発行できます。

機種変更する方は、必ず電話番号が紐づいているdアカウントでログインしてくださいね。

  1. 専用サイトにアクセス
    MNPクーポンはこちら
    機種変更クーポンはこちら
  2. クーポン発行ボタンをタップ
  3. dアカウントでログイン
  4. 表示されたクーポンコード、バーコードをスクリーンショットで保存する

あとはスマホの購入手続き中にクーポンコードを入力すれば、割引を受けることができます。

ドコモMNP引き止めポイント|151に電話でもらえたら機種変更がお得に

ドコモの新料金プランは本当に安くなるの?

ギガホギガライト

ドコモは2019年6月1日から新料金プランの提供を開始しています。

「従来よりも4割安くなる」といわれている新料金プランですが、実際はどうなのでしょうか?

ドコモの新料金プランは2つだけでシンプル!

従来の料金プランはとても複雑でしたが、新料金プランには次の2つしかありません。

プラン名月に使える
データ量
月額料金内容
ギガホ30GB6,980円データを30GBまで使用できる定額制プラン
30GB超えた後も通信速度は最大1Mbps。
ギガライト~7GB5,980円データを使った分だけ料金が加算される従量課金制プラン
~5GB4,980円
~3GB3,980円
~1GB2,980円

※2年定期契約(自動更新・解約金あり)の場合

新料金プランは

  • データ大容量のプラン
  • データを使用した分だけ料金がかかる従量課金制プラン

の2つだけです。

スマホのヘビーユーザーはギガホ、それ以外のユーザーはギガライトと、プラン選択が非常に簡単になりました。

ギガホの特徴

まずは、ギガホの料金を見てみましょう。

プラン名月に使える
データ量
月額料金内容
ギガホ30GB6,980円データを30GBまで使用できる定額制。
30GB超えた後も通信速度は最大1Mbps。

※2年定期契約(自動更新・解約金あり)の場合

ギガホで使えるデータ量は30GBですが、これを超えた場合でも最大通信速度が1Mbpsと高めです。これだけの速度があれば、Webサイトの閲覧やSNSは問題なく利用できます。

ギガライトの特徴

次は、ギガライトについてです。

プラン名月に使える
データ量
月額料金内容
ギガライト~7GB5,980円データを使った分だけ料金が加算される従量課金制。
~5GB4,980円
~3GB3,980円
~1GB2,980円

※2年定期契約(自動更新・解約金あり)の場合

ギガライトは従来の「ベーシックパック」をより安くしたもので、料金は2GB刻みで1,000円ずつ加算されていきます。

通話プランは「オプション」に変更

ドコモの新料金プランでは、通話プランは「オプション」という扱いになりました。通話サービスの内容は同じですが、料金が大幅に安くなっています。

オプション名オプション料金内容
なし0円家族間国内通話:無料
上記以外の国内通話:30秒につき20円
5分通話無料オプション700円1回5分以内の国内通話:無料
1回5分以上の家族間国内通話:無料
1回5分以上の家族以外への国内通話:30秒につき20円
かけ放題オプション1,700円国内通話無料

従来の通話プランに比べると、各オプションでおよそ1,000円も安くなりました。

家族向けプランは「みんなドコモ割」に!

従来のドコモの料金プランは、家族向けと単体向けに分かれていましたが、新料金プランでは家族・個人向けの分割は廃止となりました。

その代わりとして、割引サービス「みんなドコモ割」が登場。みんなドコモ割では、ファミリー割引グループの人数に応じて月額料金が割引されます。

割引額は下の表のとおりです。

ファミリー割引
グループの人数
割引額
1回線0円
2回線500円
3回線以上1,000円

みんなドコモ割は、ギガホ・ギガライトの両方に適用できます。

3回線以上で月額1,000円が割引きされるので、非常に節約効果の高いサービスです。

従来プランとの料金を比較!

新料金プランの料金体系はわかったものの、結局のところ重要なのは、「従来と比べてどれほど安くなったか」ですよね。

そこで、家族でドコモを利用した場合の新・旧プランの月額料金をシミュレーションしてみました。

家族向けの月額料金を比較シミュレーション

本シミュレーションの家族構成や条件は以下のとおりです。

  • 家族構成は4人、プランは全員共通
  • 通話プラン:従来プランはシンプルプラン、新料金プランはオプションなし
  • 従来プラン:家族向けプラン、新料金プラン:みんなドコモ割を使用

1人あたりのデータ使用量が1GB未満の場合

採用するプランは次のとおりです。

  • 従来プラン:ベーシックシェアパック(5GB未満)
  • 新料金プラン:ギガライト(1GB未満)

上の条件で計算してみたところ、なんと新料金プランは旧プランに比べて、月額で5,200円、年額では62,400円も安くなりました!

項目従来プラン新料金プラン新・旧プラン
の差額
データプラン料金6,500円1,980円×4
=7,920円
-
通話プラン料金980円×4
=3,920円
0円-
オプション料金500円×3
=1,500円
0円-
インターネット
接続サービス
300円×4
=1,200円
0円-
月額合計13,120円7,920円-5,200円
年額合計157,440円95,040円-62,400円

※2年定期契約(自動更新・解約金あり)の場合

ちなみに、家族利用したときに限らず、1人利用の場合も新料金プランの方が安くなります。

ドコモの「ギガホ」「ギガライト」の全て|最大4割引きだけど実際は?

ドコモの機種変更でお得になるタイミング

ドコモロゴ

画像引用元:NTTドコモ ホーム

ドコモの機種変更がもっともお得になるタイミングは一体いつなのでしょうか。

タイミングを間違えると大きく損する可能性もあるので、しっかりチェックしてくださいね。

2年以上使っていれば機種変更で大きく損することはない

まず大前提として、前の機種を購入してから2年以上経っていれば、機種変更で大きく損をすることはありません。

これは、機種代金が大きく割引される月々サポートと端末購入サポートが関係しています。

ドコモの割引サービスの違い

  • 月々サポート:端末購入翌月から24ヶ月間の利用料金を割引する
  • 端末購入サポート:同じ端末を12ヶ月間利用することを条件に、端末価格を大幅に割引する

これらの割引サービスは、割引額が高い分、途中解約したときのペナルティも重いので注意してください。

とはいえ、2年以上使っている=違約金が発生する期間は過ぎているということですから、堂々と機種変更して大丈夫です。

機種変更のタイミングは月初がベスト!

月内のタイミングについても確認しておきましょう。

まず、機種変更を行う際にプランの変更をしない場合は、いつ機種変更しても問題ありません。

反対に、機種変更と同時にプランも変更する場合は、時期によっては損をする可能性があるので気を付けてください。

なぜなら、ドコモでプラン変更した場合、そのプランの料金は変更した日の当月から適用されるからです。

具体例を見てみましょう。

ドコモのガラケーからスマホに機種変更する際、下の表のようにプラン変更が発生したとします。

項目プラン名月額料金
ガラケーケータイプラン1,200円
スマホギガホ6,980円

※2年契約(解約金・自動更新あり)の場合

仮に機種変更とプラン変更を1月30日に行った場合、1月に請求されるのはギガホの料金(6,980円)です。

このように、安いプランから高いプランへ変更する場合、タイミングによっては損をしてしまうことになります。

特に理由がない場合は、月初に機種&プラン変更を行いましょう。

ドコモの機種変更の手続きで必要なもの

ドコモの機種変更手続きに必要なものを確認しておきましょう。

なお、ここでは1番お得に手続きできるドコモオンラインショップで必要となるものを解説します。

機種変更に必要なもの

機種変更に必要なもの

ドコモオンラインショップでの機種変更に必要なのは、次の2つです。

機種変更に必要なもの

  • dアカウント
  • クレジットカード or 銀行口座の情報

dアカウントはログインに、クレジットカードや銀行口座の情報は料金の支払いに利用します。

ドコモの機種変更でかかる時間を短縮|必要なものと事務手数料の料金

次のページでは、機種変更時のデータ移行とバックアップについて解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ