ドコモの機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

ドコモの機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモ機種変更時のデータ移行とバックアップ

パソコンとiPhone

最後は、機種変更で必須となるデータ移行やバックアップについてです。

iPhoneのデータ移行とバックアップ

iPhoneのデータ移行・バックアップでは、以下のアプリを使用します。

iPhoneのデータ移行・バックアップで必要なアプリ
  • iTunes
  • iCloud

アプリはどちらか1つあれば十分ですが、よりおすすめなのはiTunesの方です。iTunesではゲームアカウントやLINEのトーク履歴など、すべてのデータをバックアップすることができます。

今回はiTunesでのデータ移行・バックアップ方法について見ていきましょう。

iTunesでのデータ移行手順

1iPhoneをiTunesが入ったパソコンに接続する。

iPhoneからパソコンのアクセスを許可する

このポップアップが出た場合は、「信頼」を選択してください。

2「新しいiPhoneとして設定」を選び、「続ける」をクリック。

「新しいiPhoneとして設定」を選び「続ける」をクリック

3「開始」をクリック。

「開始」をクリック

4「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れる。

「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れる

5パスワードを決めて「パスワードを設定」をクリック。

パスワードを決めて「パスワードを設定」をクリック

6バックアップ(自動的にスタート)が終了するのを待つ。

自動的に開始されるバックアップが終了するのを待つ

7パソコンと新しいiPhoneを接続。

iPhoneからパソコンのアクセスを許可する

このポップアップが出た場合は、「信頼」を選択してください。

8「このバックアップから復元」から復元するデータを選び、「続ける」をクリック。

「このバックアップから復元」から復元するデータを選び「続ける」をクリック

9バックアップを暗号化した時のパスワードを入力して「OK」をクリック。

バックアップを暗号化した時のパスワードを入力して「OK」をクリック

10復元が完了するまで待つ。

復元が完了するまで待つ

これでiPhoneの復元操作は完了です。

あとは、画面の指示に従って初期設定を行いましょう。

iPhoneデータをバックアップして復元する方法とできない時の対処法【iCloud/iTunes】

Androidのデータ移行とバックアップ

次に、Googleアカウントとの同期を利用してデータ移行する方法をご紹介します。

Googleアカウントの同期で電話帳を移行する手順

Googleアカウントの同期機能を利用すると、電話帳やGmail・カレンダーなど基本的なデータの同期が行われます。

※この章の画像は全て以下のページから引用しています。
【Android】Google連絡先を同期する | よくあるご質問 | サポート | au

1設定を開く。

2「アカウント」をタップ。

機種によっては「アカウント」ではなく「アカウントと同期」など、表示が異なる場合があります。

3Gmailアドレスをタップ。

本体にGoogleアカウントが設定されていない場合は、「アカウントを追加」からGoogleアカウントの取得または設定を行ってください。

4「アカウントの同期」をタップ。

5必要な同期項目ががオンになっているかチェック。

データ移行したい項目がオンになっているか確認しましょう。

基本的に次の項目にチェックが入っていれば問題ありません。

  • 連絡先
  • カレンダー
  • Gmail
  • Chrome

これでデータ移行元の設定は完了です。

続いて新しいスマホでデータを受け取る設定を行います。

6新しいスマホの「設定」を開く。

7「アカウント」をタップ。

8「アカウント追加」をタップ。

9「Google」をタップ。

10Gmailアドレスを入力して「次へ」をタップ。

11パスワードを入力して「次へ」をタップ。

12「同意する」をタップ。

13「バックアップとストレージ」はチェックしたままの状態で「次へ」をタップ。

この項目をオンにしておくことで、Googleドライブにバックアップを作成してくれます。

14もう1度「Google」をタップ。

15データ移行元で同期をオンにした項目を「オン」にする。

データ移行元のスマホから受け取りたい項目は、全てオンにしましょう。

なお、機種変更済みの場合は、データ移行元のスマホをWi-Fiに接続しないとデータが入ってきません。注意してください。

Googleフォトで写真・動画を移行する手順

Googleアカウントの同期では扱えない写真・動画の移行方法です。

写真・動画はGoogleフォトを利用して移行します。

1Googleフォトのアクセス許可

このポップアップが出た場合は、必ず「OK」「許可」をタップしましょう。

2Googleアカウントでログイン。

iPhoneで他のGoogleアプリを利用している場合は、ログイン済みの状態で表示されます。

この画面になる場合は、「バックアップと同期」と「高画質(無料、容量無制限)」をオンにして、「確認」をタップすれば設定完了です。

3メニューアイコンをタップ。

4歯車アイコンをタップ。

5「バックアップと同期」をタップ。

6同期を「オン」、アップロードサイズを「高画質」に設定する。

Googleフォトでは、高画質に設定することで、容量無制限でアップロードできるようになります。

通常は15GBまでですが、画像データがこの数値を超える場合は必ず「高画質」に設定しましょう。

7Wi-Fiに接続してアップロードが終わるのを待つ。

これでバックアップの準備は終了です。写真や動画が多い方はバックアップに1日かかることもあるので、気長に待ちましょう。

8新しいスマホでGoogleフォトにログイン。

新しいスマホでは、Googleフォトをインストール・ログインするだけです。

バックアップしたデータは、サムネイル一覧に表示されます。写真を選べばダウンロードできますよ。

スマホ機種変更時のアプリのデータ移行・引継ぎ完全ガイド!バックアップの準備と復元方法

LINE引継ぎ -トーク履歴は要注意!

‎「LINE」をApp Storeで

画像引用元:‎「LINE」をApp Storeで

LINEのデータ、特にトーク履歴を移行する際は注意すべきことがあります。

LINE引き継ぎはメールアドレス登録が必要

LINEアカウントの引き継ぎには、メールアドレスの登録が必要です。

この登録は、機種変更前の機種で行います。

LINEのメールアドレス確認・登録手順

  1. LINEを開いて「その他」→「設定(歯車マーク)」をタップ
  2. 「アカウント」→「メールアドレス」をタップ
  3. メールアドレスとパスワードを入力
  4. メールで届く認証番号を入力

メールアドレスの登録はこれで終了です。

電話番号が変わる場合は、アカウント引き継ぎ設定が必要

以下の場合は、メールアドレスの登録に加えて「アカウント引き継ぎ設定」が必要となります。

アカウント引き継ぎ設定が必要なケース
  • 電話番号が変わる場合
  • Facebook連携のみでLINEを利用している場合

アカウント引き継ぎ設定の手順は以下のとおりです。

アカウントの引き継ぎ設定手順

  1. LINEを開き「その他」→「設定(歯車マーク)」をタップ
  2. 「アカウント引き継ぎ設定」をタップ
  3. 「アカウントを引き継ぐ」をONにする
  4. 確認画面が表示されたら「OK」をタップ

なお、アカウント引き継ぎ設定には36時間の有効期限があるので、この間に新機種への移行を完了させる必要があります。

よって、タイミングには十分注意してください。

LINEトーク履歴のデータ移行方法

LINE引き継ぎの設定が完了したら、次はトーク履歴のデータ移行です。

なお、iPhoneとAndroid間ではトーク履歴の引き継ぎができないので注意してください。

まずはiPhoneのバックアップ手順です。

iPhoneのLINEトーク履歴をバックアップする手順

  1. LINEを開き、「その他」→「設定(歯車マーク)」をタップ
  2. 「トーク」をタップ
  3. 「トークのバックアップ」をタップ
  4. 「今すぐバックアップ」をタップ

これでバックアップがスタートします。

次はAndroidの手順です。

AndroidのLINEトーク履歴をバックアップする手順

  1. LINEを開いて「その他(…)」→「設定(歯車マーク)」をタップ
  2. 「トーク・通話」をタップ
  3. 「トーク履歴のバックアップ&復元」をタップ
  4. 「Googleアカウント」をタップ
  5. バックアップ先のGoogleアカウントを選んで「OK」をタップ
  6. 「LINEによるリクエスト」を「許可」
  7. 「Googleドライブにバックアップする」をタップ

これで作業は終了です。

新しいスマホで同様の手順で復元操作を行えば、トーク履歴を移行することができます。

スマホ機種変更でLINEのトークを引き継ぐ方法【iPhone/Android対応】

ドコモの機種変更で3万円どころか…

スマホを操作する男女

今回はドコモのキャンペーンや機種変更タイミング、データ移行など、機種変更に必要な全てをお伝えしました。

ドコモの機種変更のお得ポイント

  • スマホおかえしプログラム:機種代金を大幅値引き
  • 下取りプログラム:最大65,000円分の値引き
  • ドコモオンラインショップ:頭金や事務手数料が無料に
  • dカード GOLD:年間で50,000円以上お得になる場合も
  • 機種変更クーポン:対象機種が5,400円割引に

抽選などの運の要素も含んだ理論値ではありますが、iPhone XS(64GB)に機種変更する場合は、最大で160,000円以上のお得になります。

また、ドコモユーザーはdカード GOLDで受けられる恩恵が非常に大きいので、dカード GOLD未契約の方は必ずチェックしておきましょう!

dカード GOLDを最大限利用したら年間5万円以上もお得になる話

次に、2019年6月1日にスタートしたドコモの新料金プランについて、ポイントをおさらいします。

ドコモの新料金プランのポイント

  • 新料金プランはデータ大容量の「ギガホ」と従量課金制の「ギガライト」のみ
  • ギガホ:月に使えるデータ量は30GBで、通信制限時でも最大1Mbpsで通信可能
  • ギガライト:従来プランに似た従量課金制プランだが、料金は安い
  • 家族利用・1人利用に限らず、新料金プランの月額料金は従来プランよりも安くなる
ドコモの「ギガホ」「ギガライト」の全て|最大4割引きだけど実際は?

最後は、データ移行のまとめです。

データ移行・バックアップまとめ

  • iPhone:iTunesで簡単・便利にデータ移行できる
  • Android:GoogleアカウントとGoogleフォトが便利
  • iTunes以外のデータ移行では、LINEのアカウント引継ぎとトーク履歴のデータ移行が必要

今回お伝えした内容さえ押さえておけば、ドコモの機種変更で困ることはないでしょう。

利用できるものはフル活用して、新しいスマホをお得にゲットしてくださいね!

ドコモおすすめ最新スマホ機種ランキング【2019夏モデル】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ