ドコモの機種変更|最新iPhone・Android スマホをお得にゲットする方法

ドコモの機種変更|最新iPhone・Android スマホをお得にゲットする方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナー

ドコモを2年以上の利用する場合は最新スマホへの機種変更をおすすめします。

特にドコモの場合、長期ユーザほどお得になる機種変更の特典も豊富にあるので、ぜひ利用しましょう。

機種変更には様々なメリットがあります。ドコモで機種変更を行うメリットは、どのようなものがあるのでしょうか。

ドコモの機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

ドコモで機種変更|最新スマホにするメリット

ドコモで機種変更|最新スマホにするメリット

  • 定評あるドコモの繋がりやすさ
  • 最新のiPhoneやAndroidスマホに機種変更が可能
  • MNPでの機種変更を選択すると料金がお得
  • ドコモオンラインショップのキャンペーンが利用可能
  • スマホの下取りプログラムが利用できる
  • dポイントが利用できる

定評あるドコモの繋がりやすさ

まず最初に挙げられるのが回線の品質と繋がりやすさでしょう。「若干高くてもドコモから離れられない」、「結局ドコモに帰ってきた」などのユーザの多くは、他社キャリアの回線品質の低さや繋がりにくさを知っている人たちです。

機種変更でスペックがあがれば、回線品質の高さ、繋がりやすさはメリットが高まるケースが多いです。

ドコモキャンペーンバナー

最新のiPhoneやAndroidスマホに機種変更が可能

機種変更を行う最大のメリットは、新しいスマホが手に入ることです。機種変更をしようと考えているなら、1年~数年ほど昔のスマホを使っていることが多いのではないでしょうか。その間にスマホは進化しています。

新しいスマホに機種変更することにより、スペックも格段にアップします。それだけではなく電池も新しいものに変わるため、長く使っていたスマホに比べて長時間使うことができるようになります。

特にドコモは、年に2回、最新のiPhoneやAndroidスマホが多数発表されます。発表されるスマホの種類が多いのもドコモならではです。また、最新機種に変更する場合は多くのお得な特典が用意されています。格安で最新のスマホへ変更できるチャンスも多いのが特徴です。

月々サポート、端末購入サポート、docomo with(ドコモ・ウイズ)など端末や機種変更の方法に合わせた割引を使用しましょう。

その他にもキャンペーンやお得なドコモだけの料金プランが用意されています。
結果的に端末代金が半額程度に抑えられるものも多く、自前でSIMフリーのスマホを購入するよりもお得に、かつ最新機種を利用できるケースが多いです。

MNPでの機種変更を選択すると料金がお得

現在ドコモを使っていない場合は、MNP(乗り換え)で機種変更を行うことができます。「ドコモは料金が高いから、MNPは損なんじゃないの?」と思いがちですが、それは利用形態によって大きく変わります。

MNP(乗り換え)を利用することで、同キャリアでの機種変更よりもお得に最新機種を手に入れることも可能ですし、docomo withのように格安スマホより安い月額料金で利用できる場合もあります。

総務省から0円携帯の訴求をやめるように通達は出ているものの、ドコモの場合、ソフトバンクに負けず劣らず、実質0円で手に入れられるキャンペーンが増えています。そのくらい、今、ドコモは安くなっています。

ドコモオンラインショップのキャンペーンが利用可能

機種変更を行う場合、多くのキャンペーンが対象になります。たとえば最新機種を購入する場合の割引キャンペーンや、家族と一緒に機種変更を行うことで料金プランや端末料金の値引きなどを受けられます。

特にドコモオンラインショップでは月極めのキャンペーンなども多くありますし、ポイントバックもあるので利用価値も大。

キャンペーンの内容は不定期に変わるため、定期的にホームページをチェックしておくと、お得に機種変更ができます。

下取りプログラムが利用できる(MNPでもキャリア内機種変更でも可能)

ドコモで機種変更を行う場合、今使っているスマホの下取りが可能です。
もちろん必ず利用しなければならないわけではありませんが、スマホの機種によっては数万円の割引が受けられるため、よりお得に機種変更できます。

「機種変更応援プログラム」は使っているスマホを解約や機種変更時にドコモに返却することが条件になります。しかし、下取り金額よりはるかに条件の良い割引が受けられる場合が多いので、このプログラムはおすすめです。

古いスマホが必要ない方にとってはお得なサービスのため活用しましょう。

dポイントが利用できる(ドコモからドコモで機種変更のみ利用可能)

ドコモの機種変更ではdポイントを使用することができます。ポイントを使う機会が少ない方は大きな値引きを受けることができます。今までドコモを使ってきたのであればポイントがたくさん貯まっていることも考えられます。

dポイントはdカードで貯めることもできるので、買い物はdカード、携帯料金の支払いは貯まったdポイントで割引といった使い方もできます。

それ以外にも、dポイントを獲得できるキャンペーンは以外に多いです。特にdカード GOLD加入のdポイントプレゼント、総計20000ポイント(20000円相当)など、結果としてドコモを格安で利用できるチャンスがあります。

また、dポイントは機種変更で使う以外にも買い物など様々に利用できます。

少しでもお得に機種変更をしたいのであれば、dポイントのポイントバックキャンペーンを利用してみましょう。

SIMフリースマホを購入するよりもお得に最新機種を利用できるケースが目立ちます。

【1章のポイント】

  • ドコモは繋がりやすく、高いスペックのマシンでもストレスなく扱える
  • 最新のiPhoneやAndroidに乗り換えられる
  • 様々なドコモならではのキャンペーンでお得になる
  • dポイントとdカードでポイントバックを活用できる

MNPせずに長期でドコモを使い続けるメリット

ドコモを使い続けるメリット

ドコモは機種変更をするしないに関わらず、使い続けることでいくつかのメリットを得ることができます。では、ドコモを使い続けるメリットを見ていきましょう。

  • ドコモを使い続けることで料金値引きが受けられる
  • dポイントがもらえる
  • カケホーダイプランではコースが選択可能
  • dポイントが貯まりやすくなる
  • dポイントクラブのクーポンが利用可能
  • シェアプランが使える

ドコモを使い続けることで料金値引きが受けられる

→ドコモを使い続けるメリットは、料金の値引きを受けられることです。「ずっとドコモ割」はデータ通信料から一定額の割引を受けることが可能です。2018年1月時点では下記の表に対応した値引きを受けられます。

シェアパックの割引

利用年数4年~8年~10年~15年~
ウルトラシェアパック1001000円引き1200円引き1800円引き2500円引き
ウルトラシェアパック50800円引き1000円引き1200円引き1800円引き
ウルトラシェアパック30600円引き800円引き1000円引き1200円引き
シェアパック15600円引き600円引き1000円引き1200円引き
シェアパック10400円引き600円引き800円引き1000円引き
シェアパック5100円引き200円引き600円引き800円引き

データパックの割引

利用年数4年~8年~10年~15年~
ウルトラデータLLパック200円引き400円引き600円引き800円引き
ウルトラデータLパック100円引き200円引き600円引き800円引き
ウルトラデータMパック100円引き200円引き600円引き800円引き
ウルトラデータSパック割引なし割引なし割引なし600円引き

また2018年5月からは、会員プログラムの一新も予定されています。新しい会員プログラムでは「ずっとドコモ割」が料金割引とポイント進呈の2種類から選択できるようになります。また割引額も現在の内容よりお得な割引に変更予定です。

dポイントがもらえる

カケホーダイプラン、カケホーダイライトプラン、シンプルプラン、データプランを契約し、2年契約プランを選択した場合に、ずっとドコモ割コース限定ですが、2年ごとに更新ありがとうポイントが3000ポイントもらえます。機種変更や周辺機器などに利用可能です。

カケホーダイプランではコースが選択可能

ずっとドコモ割コースとフリーコースの2種類から料金プランが選択できます。2年縛りをなくしたい場合でも加入することができ、短期から長期まで都合に合わせて利用することが可能です。

dポイントが貯まりやすくなる

ドコモのスマートフォンや携帯電話を利用していることで、dポイントが貯まりやすくなります。ドコモの利用料金はdポイントの還元対象です。1000円につき10ポイントから100ポイントが貯まる仕組みで、2018年5月の会員プログラム変更後もdポイントは貯まります。

特にdカード GOLDを持っている場合は1000円利用ごとに100ポイントが貯まるため、ドコモを使い続けることで還元を多く受けることができます。

dポイントクラブのクーポンが利用可能

dポイントクラブ自体はドコモ利用者以外も使えますが、ステージごとに使えるクーポンが異なります。
ステージはdポイントを貯めるだけでなく、ドコモの継続利用期間でも上がっていきます。

ドコモを長期間利用すればするほどステージが上がり、特別なクーポンを利用することが可能です。

2018年5月からはステージ判定のリニューアルが行われますが、どちらにしても長期利用者にお得なシステムなのは変わりません。

シェアプランが使える

シェアプランが使える

キャリアでシェアプランが用意されているのはドコモとソフトバンクです。
ドコモの場合シェアプランでシンプルプランに加入すると、シニアはじめてスマホ割やdocomo withでの基本料金が数百円になることが魅力です。
低価格で利用できるため、毎月の通信料を抑えたい方にも最適です。

その他ドコモならでは最新機種のメリット(bitWave)

ドコモの新機種Galaxy Note8
Galaxy Note8はやや大きめの端末でメモ代わりに使用できる点が魅力ですが、使い勝手も良くスマホをノートのように使いたい方に適しています。
Galaxy Note8のおすすめポイントであるSペンの詳細や端末の大きさ、価格など、Galaxy Note8の購入検討をする際に役立つ内容です。
その他同型機種のGalaxy S8との比較も行われており、価格を重視する場合はGalaxy S8が適していることが特徴です。
Galaxy Note8は価格が高めに設定されているため、お得に購入したい場合はMNPがおすすめです。

ドコモのiPhone Xと8
iPhone8やXでは機種変更応援プログラムプラスが利用可能で、機種変更時期に応じてポイント還元も受けられます。そのため実際の端末価格よりも安く最新機種を運用することができます。
ドコモを現在利用している方向けに、他キャリアへのMNP情報や料金もまとめられています。iPhone X、8に乗り換えを考えているのであれば、お得な機種変更方法が見つかるでしょう。

ドコモ Galaxy Note 8に安く機種変更する方法
Galaxy Note8 SC-01Kのスペックや機種変更時の機種代金が記載され、MNPを行った際の値引き額とも比較できます。
ドコモを既に利用している場合に最安値で機種変更する方法は多数ありますが、状況によって選択することが可能です。MNPひきとめクーポンの利用や格安SIMへ一度MNPするなど、値引きを受ける方法は多彩です。

ドコモで最新iPhoneを契約する場合のプラン
ドコモのプラン内容自体はソフトバンクと同様の料金設定ですが、月々のサポート額が異なります。
各プランの特徴や、お得に機種変更するためにはどのプランを選択すれば良いのかが分かります。
ドコモでiPhoneを契約する際には機種変更応援プログラムプラスや光セット割引を利用することで値引きが受けられます。また購入時には手数料無料かつスムーズに手続き可能なドコモオンラインショップでの手続きがおすすめです。

その他ドコモならでは最新端末のメリット(スマホの教科書)

ドコモならでは最新端末のメリット

ドコモGalaxy Note8にお得に機種変更する方法
Galaxy Note8の特徴は、カメラや音源の質が高いだけではありません。大きな画面を活かし、メモ代わりとして活用することもできます。
ドコモがお得な理由は、安心感が高いことが挙げられます。また格安のシンプルプランがあること、dポイントが貯まりやすいことも魅力です。
加えてGalaxy Note8とiPhone8、Xとの比較も行われており、サイズやカメラ、料金面から自分におすすめの機種が分かります。

ドコモで機種変更する時にお得な方法
安く機種変更したいならドコモオンラインショップを利用することがおすすめです。
ドコモオンラインショップを使うことで多数のメリットが得られるため、ドコモを利用しているなら積極的に利用しましょう。
頭金もなく事務手数料も無料でお得にスマホを購入できるため、結果的に3万円お得になります。またキャンペーン利用などの裏技も。

ドコモへ機種変更を考えている方は必見のドコモおすすめ新機種
2018年春モデルの最新機種が網羅されており、主に11機種の比較が行えます。最新11機種だけでなく計36機種の紹介もあり、多数のスマホのスペックや特徴が分かります。
AQUOS sense SH-01KやMONO MO-01Kなどのdocomo with対象機種も含まれており、各機種の特徴やスペックが確認可能です。
またスマホを機種変更する場合は、時間を気にせず手数料もかからないドコモオンラインショップがおすすめです。

Xperia XZ1 Compactのスペック、機種変更時の手続き方法
コンパクトな機種を探しているのであれば、スペックや購入方法などをチェックしてみましょう。
またXperia XZ1 Compactに機種変更する方法として、ドコモオンラインショップがおすすめされています。ドコモオンラインショップを利用することで最適なプランを自分で選択することができます。

ドコモのiPhone Xについて
特徴や疑問、機種変更時のキャンペーン内容など最新iPhone情報などの他、ドコモで機種変更をする際のポイントを確認しましょう。
ドコモオンラインショップを使うメリットや、ドコモのサービスなどiPhone Xだけでなくスマホをお得に機種変更できるサービスも紹介しています。

【2章のポイント】

  • ドコモの長期利用者限定の割引がある
  • 電話料金分のdポイントが貯まる(dカードやdカード GOLD所持の場合更にお得)
  • 2018年5月から更に長期利用者がお得なプログラムに変わる
  • 更新ありがとうポイントなど、継続でdポイントがもらえる
  • dポイントクラブのお得なクーポンが使える
  • docomo withなど長期利用に最適なプランが用意されている

ドコモの機種変更手順

ドコモの機種変更手順

ドコモで機種変更を行う場合は準備が必要です。タイミングによっては費用が変わるため、事前確認も行いましょう。

  • 機種変更の手順
  • 機種変更の際に用意するもの
  • 機種変更のタイミング
  • ドコモで機種変更するための注意点
  • ドコモの公式ショップはオンラインショップだけ
  • ドコモオンラインショップで使える裏技

機種変更の手順

スマホを決める

まずは好みのスマホを探しましょう。ドコモオンラインショップで現在発売中のスマホがチェックできます。価格もドコモオンラインショップで発表されているため、機種変更前に検討することが可能です。

機種変更を行う場所を決める

ドコモショップ(店舗)で機種変更するか、ドコモオンラインショップで機種変更するかを決めます。
店舗で機種変更を行う場合には頭金や事務手数料がかかるため、費用を抑えたい場合にはドコモオンラインショップがおすすめです。

ドコモオンラインショップでは2018年9月1日より全てのオーダーで事務手数料が無料になりました。

店舗とドコモオンラインショップで手続きをする場合では必要なものも異なります。
必要なものに関しては後述してありますのでご覧ください。

データ移行の準備をする

機種変更するスマホが決まったら、データ移行の準備をしておきます。
ドコモオンラインショップの場合、自分でデータ移行の処理を行う必要がありますが、さほど難しくありません。

スマホのデータ移行を失敗しない方法
スマホを大きく「iPhone」と「Android」に分け、「iPhone同士」「Android同士」「iPhoneからAndroid」「AndroidからiPhone」の4パターンに分けて、データ移行の手順を紹介します。

iPhone(iOS)とAndroidではバックアップの仕方が異なりますが、今はクラウド上にデータをバックアップして簡単に復帰させるのが主流です。

また、SDカードやパソコンなどにデータをバックアップ保存しておくこともできます。

新しいスマホが来た時にスムーズにデータ移行ができるよう準備しておくと便利です。
データ移行にはドコモの専用端末やオンラインストレージなどやり方がたくさんあります。

移行するデータが少ない場合や大切なデータをバックアップ済の場合は、新しいスマホを手に入れてから行っても問題はありません。

実際に機種変更を行う

店舗で機種変更する場合
店舗で機種変更する際には、相談予約ができるケースがあります。
日時を予約しておくことで、待ち時間を少なくすることが可能です。予約はインターネットや電話で行えるため、店舗ごとのホームページを確認しておきましょう。

店舗に訪れると、スタッフがスマホや料金プランの案内をしてくれます。
データ移行の説明も受けることができ、自分でしなければならないことはそれほどありません。スマホを選び、スタッフの案内どおりに手続きを済ませましょう。

ドコモオンラインショップで機種変更する場合
ドコモオンラインショップで機種変更をする場合、手続きは全て自分が行います。店舗に行く手間が無いので、楽で簡単です。
ドコモオンラインショップにログインし、スマホや料金プランを選択します。オプションが必要な場合は別途選択が必要です。携帯保障やサポートサービスなど、忘れないように選択しておきましょう。

必要事項を入力して、手続きを進めます。商品の受取方法は宅配便の他にコンビニエンスストア、店舗受取が選択できます。

2018年8月22日よりコンビニ受け取りは廃止になりました。

料金プラン、支払いを一括、分割のどちらにするか選択し、利用可能なキャンペーンを確認し、手続きは完了です。

ドコモオンラインショップで注文したスマホは、指定した住所に配送されます。受け取った後は開封し、端末の起動に問題がないか、UIMカードは入っているかどうか確認しましょう。

端末ごとの起動設定が始まりますので、その設定に向けてWifiのSSIDなどは事前にチェックしておきましょう。Wifi経由でのデータ移行が可能になるので、以後の作業が楽になります。

データ移行が終わったら利用開始の手続きを行います。利用開始手続きはスマホと一緒に届くUIMカードをスマホにセットするか、以前使っていたスマホからUIMカードを抜き取り新しいスマホに差し替えるだけです。

FOMAからXiなど通信形態が異なる端末間以外は開通手続きの必要はなく、UIMカードの差し替えのみで手続きが完了します。

ドコモオンラインショップで手続きする場合に必要なもの

ドコモオンラインショップで手続きする場合に必要なもの

ドコモオンラインショップで機種変更の手続きを行う場合は本人確認書類が不要です。また一部手数料も無料に設定されているため、手続き費用も軽減されます。

  • dアカウント
  • クレジットカードまたは金融機関口座

dアカウント

ドコモオンラインショップを利用するためには、dアカウントの取得が必要です。
既に持っている場合はIDとパスワードの確認をしておき、まだ取得していない場合はアカウントを作成しましょう。

クレジットカードまたは金融機関口座

ドコモオンラインショップで購入したスマホの代金支払いや、電話料金の支払いに利用するクレジットカードか金融機関の口座が必要です。電話料金は継続して引き落としが行われるため、引き落とし金額に応じて使えそうなクレジットカードか口座を選択しましょう。

機種変更のタイミングは”2年”がカギ

機種変更には、最適なタイミングがあります。自分がどのくらい現在のスマホを使っていて、どの料金プランに加入しているのかチェックしておくことが大切です。

機種変更応援プログラムを活用する(2年より早く機種変更したい方におすすめ)

ドコモの機種変更を行う場合、機種変更応援プログラムを利用することでお得にスマホを乗り換えることができます。機種変更応援プログラムまたは機種変更応援プログラムプラスはスマホ購入時にプログラム加入が必要です。

2年より早く機種変更を行いたい方に適したプログラムのため、早く機種変更を行いたいと考えている方の中には加入している方もいるでしょう。

機種変更応援プログラムを利用することでポイント還元を受けることができます。ポイント還元は機種変更のタイミングによって異なるため、下記の表で確認の上お得な時期を選択すると良いでしょう。

機種変更応援プログラムプラスの割引(ポイント進呈)額

【表の金額はすべて税込】

期間/機種iPhone 8 , iPhone8 Plus
13ヶ月40000円
14ヶ月38000円
15ヶ月36000円
16ヶ月34000円
17ヶ月32000円
18ヶ月30000円
19ヶ月27000円
20ヶ月23000円
21ヶ月19000円
22ヶ月15000円
23ヶ月11000円
24ヶ月9000円
25ヶ月9000円

【表の金額はすべて税込】

期間/機種iPhone X
13ヶ月60000円
14ヶ月56000円
15ヶ月52000円
16ヶ月48000円
17ヶ月44000円
18ヶ月40000円
19ヶ月36000円
20ヶ月32000円
21ヶ月28000円
22ヶ月24000円
23ヶ月20000円
24ヶ月16000円
25ヶ月12000円

機種変更応援プログラム(iPhone最新機種以外)の割引(ポイント進呈)額

【表の金額はすべて税込】

カテゴリABC
13~18ヶ月27000円21000円18000円
19ヶ月27000円21000円18000円
20ヶ月23000円18000円15500円
21ヶ月19000円15000円13000円
22ヶ月15000円12000円10500円
23ヶ月11000円9000円9000円
24ヶ月9000円9000円9000円
25ヶ月9000円9000円9000円

※カテゴリーA、B、Cの詳細につきましてはこちらをご覧ください。

機種変更応援プログラムを契約していない場合(2年経過してからがおすすめ)

機種変更応援プログラムを契約していない方で分割払いを選択し、月々サポートを受けている方は2年以降経過してから機種変更を行うことが最もお得です。ドコモでは月々サポートが実質の端末割引に相当するため24ヶ月間月々サポートを受けることでスマホ代金が安くなります。

ドコモでは月々サポートが残っているうちに機種変更を行った場合、受けられる割引を放棄することにもなるため、なるべく避けておきましょう。
ただしMNPや解約とは異なり、プランの変更がなければ違約金はかかりません。

端末購入サポートを受けている場合は、12ヶ月間同端末の使用と指定のパケットパックかシェアオプション加入が必要です。実質14ヶ月分の料金を支払ったところで規定の利用期間が過ぎるため、プラン変更を伴う機種変更を行う場合は注意しておきましょう。

端末購入サポートと月々サポート

ドコモには、端末購入サポートと月々サポートがあります。
機種変更を行う場合、どちらを利用するのがお得なのでしょうか。それぞれのサポートの特徴やお得に利用する方法を紹介します。

端末購入サポート
端末購入サポートは対象のスマホを購入することで、一括割引が適用されるシステムです。
例えばMONO MO-01Jなら割引額は31752円です。ただしスマホによって新規契約・MNPのみが対象のもの、FOMAからXiに契約変更する場合のみが対象のものもあります。

Android端末は機種変更も対象になっている事が多いですが、iPhoneは原則新規契約やMNP、FOMAからの契約変更が条件です。
購入したいスマホが機種変更に対応しているか確認することが大切です。

端末購入サポートの特徴は、購入した当月に一括で値引きが行われることです。
そのため毎月の割引はなく、2年間同じスマホを使い続ける必要がありません。

ただし12ヶ月(実質支払いが終わるのは契約から14ヶ月目)は最低同端末を使用する必要があり、途中で解約した場合や機種変更を行う場合は解除料がかかります。
MONO MO-01Jの解除料は15876円です。
なお指定のパケットパックまたはシェアオプションの加入も14ヶ月目まで必須です。

端末購入サポートは、分割払いが利用できない場合や2年未満で機種変更を考えている場合に有利な値引き方法となっています。

ただし端末購入サポートと2年契約プランは別のサービスです。ドコモ解約を考えた時にプランの契約期間と同じ月々サポートに比べて違約金発生の可能性が高くなります。
ドコモを使い続ける前提であれば、端末購入サポートは不利な条件にはなりません。

月々サポート
月々サポートは毎月の基本料金から一定額を値引きするシステムです。
月々サポートは24ヶ月間続くため、割引を最大限受けようと考えている場合は2年間同端末を使い続ける必要があります。

基本料金からの割引のため、基本料金が月々サポートの額に満たない場合は割引が最大に受けられません。

月々サポートを利用している場合でも機種変更応援プログラムを契約しておけば、2年未満の機種変更時にポイントが還元されるため端末購入サポートに比べて不利な面はありません。

端末購入サポートも月々サポートも割引額は同じ
結果的な割引額は端末購入サポートも月々サポートも同じです。
単に最低利用期間と割引が続く期間が異なるだけなので、都合の良い方を選択して問題はありません。

ドコモで機種変更するための注意点

ドコモで機種変更するための注意点

ドコモで機種変更を行う場合、いくつかの注意点を確認しておく必要があります。機種変更前に自分があてはまっていないか確認しておきましょう。

端末利用から6ヶ月以内に機種変更しようとしている

ドコモでは端末利用から6ヶ月以内に機種変更を行う場合、次の契約端末が月々サポートの対象外になってしまいます。以前は0円スマホなどもあり、ほぼ使用せずに売却するなど一般的な使用以外の使い方をする方も多かったためです。

たまたまスマホが早く壊れてしまった場合などには厄介な出費になるため、最低限6ヶ月間は端末保障サービスをセットしておくことをおすすめします。端末保障サービスはスマホ購入時のみセットできますが、状況によって解約は可能です。

dカードまたはdカード GOLDを所持している場合は、別途ケータイ補償がつけられるため状況が変わります。

端末分割払いの残額が残っている

もし分割払いを選択していた場合、12回または24回の支払い回数が設定されます。その期間よりも前に機種変更を行う場合は、現在使用中のスマホ代金を一括で支払うか機種変更後も分割で支払い続けることになります。

どちらにしても分割払いの期間を満了して機種変更するよりも費用の負担が大きくなります。

月々サポートの期間が満了していない

ドコモでは、一定の料金プランに加入することと引き換えに毎月料金割引を受けることができます。月々サポートは一般的にスマホの分割支払いが終了する24ヶ月続きます。機種変更を行った場合は、月々サポートも途中で終了するため注意が必要です。

機種変更応援プログラムなど、2年より早く機種変更を行う方が損をしないようなサービスに加入していない場合は2年を待って機種変更を行った方がお得です。

端末購入サポートの最低期間が満了していない

月々サポートではなく端末購入サポートを利用して機種を購入した方は、最低12ヶ月間同じ機種を使い続ける必要があります。新しい機種の購入を行うと、端末購入サポートの対象外になるため、割引された金額を返還する必要が出てきます。またパケットパック、シェアオプション、基本使用料割引サービスの廃止、廃止予約をした場合も対象外です。

端末購入サポートは月々サポートと異なり一括値引きされることが魅力ですが、機種変更前に満了期間を確認しておくことが大切です。

店舗での機種変更時に頭金が必要

ドコモでは、店舗で機種変更を行う際に頭金が発生する可能性があります。頭金は機種代金と別に請求されるため、費用が余計にかかってしまいます。もし店舗での機種変更を考えている場合は、頭金がないショップを選ぶなど事前の確認作業が必要になるでしょう。

店舗では有料オプション加入が必須の場合がある

店舗で機種変更を行う場合、頭金をなくす名目や割引の条件として有料オプションの加入が義務付けられていることがあります。有料オプションは1ヶ月~2ヶ月程度契約し、その後は外して問題ないことも多いですが、必要のないオプションが複数セットされると手間がかかります。

オプションの解除は自分で行うか、ショップに行って手続きをしてもらう必要があるため機種変更時に手間をかけたくない方は、ドコモオンラインショップでの機種変更を選択しましょう。

MNPと機種変更でスマホの価格が異なる場合がある

ドコモを利用している方がドコモで機種変更をしようとした場合、MNPで加入した方に比べて機種代金が高く設定されていることがあります。

スマホによってMNPがお得なスマホとそうでないスマホがありますが、機種変更時にはスマホの価格設定にも目を向けておきましょう。

割引クーポンなどを使える場合がある

機種変更時にはdポイントや割引クーポンを使えることがあります。店舗で手続きをする際はスタッフに利用の旨を伝えるだけで問題ありませんが、ドコモオンラインショップで手続きの場合は自分でポイントやクーポンの使用を入力しなければなりません。忘れないように手続きしておきましょう。

また割引クーポンは場合によってドコモからもらうことができます。2年契約の終了が近づくと郵送でクーポンが送られてくることもありますし、MNPを考えていることを電話で相談すれば引き止めポイントがもらえることもあります。機種変更前には使えるポイントやクーポンがないか確認しておくことが大切です。

またクーポンによってはドコモオンラインショップではなく店頭のみで利用できるものもあります。条件を確認しておきましょう。

データ移行ではバックアップを取っておく

データ移行ではバックアップを取っておく

電話帳などの基本的なデータは店舗でも移行ができますが、アプリやおサイフケータイ、LINE履歴などは自分でバックアップを取っておくことが大切です。

特に店舗へ出向かずドコモオンラインショップだけで機種変更を行う場合は、事前に準備が必要です。

下取りプログラムや機種変更応援プログラムを利用する場合は、古いスマホを返却しなければなりませんし、旧機種が使えなくなってからではバックアップできないデータもあります。

データ移行アプリやドコモのストレージなどを活用して、必要なデータはバックアップと移行処理を行っておきましょう。

iPhoneとAndroidではデータ移行方法も異なるため、それぞれに合った方法を調べる必要があります。

ドコモで機種変更する関連記事まとめ(スマホの教科書)

機種変更前に行っておきたいバックアップ方法を紹介
LINEなどを始めとしたSNSのバックアップを行うためには、SNSごとに必要な作業が異なります。
基本的にはユーザーIDやパスワードを控えておくことが大切ですが、LINEの場合はやや作業が複雑です。
ゲームデータの引継ぎも、SNSと同様にゲームごとの手続きが存在します。
またキャリアごとのバックアップ方法もまとめられており、メールやメッセージ履歴、キャリア固有のサービスを移行するための手続き方法も記載されています。
iPhoneとAndroidではゲームやアプリの移行方法も異なるため、それぞれに必要な作業を行っておきましょう。

ドコモ・au・ソフトバンクの各キャリアへのMNP、機種変更する方法や料金
またMNPを行う際に損をしないよう、注意点の確認も可能です。
重要なポイントはMNP時に発生する金額の把握と、機種変更時のバックアップです。MNP時のバックアップ手順などが確認できます。
MNPには事務手数料もかかるため、各社のキャンペーンやお得な料金プランを選択することも大切です。

iPhone Xに機種変更、MNPしたい時にどのキャリアを使えばお得なのかのまとめ
料金の安さやメリット・デメリットを総合したランキングでは1位はau、2位がソフトバンク、3位がドコモです。
またMVNOを利用してiPhone XのSIMフリー版を利用した方が良いケースもあります。
SIMフリースマホは割引を受けることができません。そのため向いている方と向いていない方がはっきりしていることも特徴です。端末割引を意識する場合は、キャリアの中から自分に合う会社を探すことも必要でしょう。

ドコモで機種変更する関連記事まとめ(bitWave)

ドコモで機種変更する関連記事まとめ

ドコモで機種変更する時に気をつけたいポイント
機種変更前にはデータバックアップが重要になり、機種変更後の設定も大切です。
またデータ自体のバックアップだけでなく、自分の契約情報を確認しておくことも必要になります。
ドコモの場合はFOMAからXiに変更する場合、カケホーダイプランの加入が必須になるためです。
ドコモオンラインショップを利用すれば手数料は割安or無料になりますが、スタッフと直接話せないなどの注意点もいくつかあります。

機種変更時のアプリの引継ぎ方法の紹介
LINEやその他SNS、ゲームアプリなどはそれぞれ引き継ぎ方法が異なります。
有名ゲームアプリのパズドラや、チェインクロニクルなどのゲームアプリを引き継ぎする詳細情報などもまとめられているため、確実に引き継ぎしたい時に役立ちます。
旧端末のうちに使い切った方が良いアイテムもあるため、機種変更前に確認しておきましょう。

iPhone⇔Android間の機種変更・乗り換えの際に欠かせないデータバックアップや移行方法のまとめ
データ移行アプリを使った簡単なやり方を知ることができます。データ移行アプリはMove to iOSやJSバックアップなど、異なるOS間でも利用できるものが多数あります。
またiPhoneからAndroidに機種変更する際にはGoogle ドライブなども利用可能です。
それぞれに合ったデータ移行アプリを利用することで、スムーズにバックアップや以降ができます。

ドコモの公式ショップはオンラインショップだけ

ドコモは「ドコモオンラインショップ」を運営しています。他キャリアの場合、代理店が運営されていることもありますがドコモの公式ショップはドコモオンラインショップだけです。

【関連記事】
ドコモGalaxy Note 8を例に、MNPを行った際の値引き額とも比較
ドコモを既に利用している場合に最安値で機種変更する方法は多数ありますが、状況によって選択することが可能です。
MNPひきとめクーポンの利用や格安SIMへ一度MNPするなど、値引きを受ける方法は多彩です。

ドコモオンラインショップで使える裏技

お得に機種変更したい方におすすめしたいのが知ら無いと損する、裏技的情報です。店舗ではできない、ドコモオンラインショップのみの裏技がいくつか存在します。どのような裏技があるのか見てみましょう。

事務手数料が無料または割引

店舗ではどうしてもかかってくる事務手数料ですが、ドコモオンラインショップの場合はXi→Xi、FOMA→FOMAの機種変更の場合、事務手数料は無料です。またXiとFOMA間の機種変更でも、ドコモオンラインショップのみ格安の2000円の事務手数料に設定されています。

dカードならポイントが2倍貯まる

dカードを所持している場合、機種変更時の決済をdカードまたはDCMXにするとポイントが2%還元になります。機種変更時は端末料金を支払うこともあり、高額なポイント付与の対象になるケースも多いでしょう。通常であれば1%しかつかないポイントが倍付けになるのでお得です。

ドコモオンラインショップでは予約もできる

ドコモオンラインショップでは、まだ未発売の機種を予約できることがあります。人気の機種の場合、発売からすぐに予定数が売り切れてしまいすぐに手に入らなくなることがあります。

しかし事前に予約しておくことによって、ドコモの最新機種をスムーズに手に入れることができます。

売り切れ必至の人気端末などはドコモオンラインショップで予約しましょう。

ドコモキャンペーンを利用する

ドコモオンラインショップでは、さまざまな独自キャンペーンが行われています。店舗では利用できないキャンペーンもあり、エントリーすることでお得に機種変更が可能です。

【関連記事】
ドコモで利用できるキャンペーンのまとめ
またドコモの料金プランやiPhone Xの機種代金などがまとめられています。
最新iPhoneのりかえを検討している場合に使えるキャンペーンには、家族まとめて割や下取りプログラム、機種変更応援プログラムプラスなどお得に使えるものがたくさんあります。2017年~2018年にかけてのキャンペーン情報がまとまっているため、今現在使える割引キャンペーンがチェックできます。

【3章のポイント】

  • ドコモの機種変更はドコモオンラインショップでするのがおすすめ
  • 最新機種の事前予約ができるのはドコモオンラインショップだけ
  • 機種変更のタイミングは最低1年間端末を利用してから
  • 急な故障で大幅な出費にならないよう1年程度の端末補償は必ずつける
  • ドコモオンラインショップ限定のキャンペーンをうまく活用する

今使えるドコモのキャンペーン

今使えるドコモのキャンペーン

  • 2018年1月現在で使用できるキャンペーン
  • 〜4月ごろまでのキャンペーン
  • その他得する裏技

2018年1月現在で使用できるキャンペーン

ドコモでは、機種変更時に使えるキャンペーンが複数用意されています。不定期にキャンペーン内容が変更されるため、2018年1月現在で使用できるキャンペーンをまとめました。

現在機種変更や新規契約、MNP時に使えるキャンペーンは下記の内容です。

ドコモの学割(~2018年5月末まで)
25歳以下で、所定のプランに新規加入することが条件です。

家族まとめて割(~2018年1月末まで)
家族でまとめて対象スマホを購入するとスマホ代金が割引になります。

ドコモのご家族紹介キャンペーン(~2018年3月末まで)
他社や新規契約の家族を紹介すると、dポイントがもらえます。

ドコモオンラインショップ9周年感謝祭(~2018年1月末まで)
ドコモオンラインショップでスマホ購入するとdポイントが当たります。

シニアはじめてスマホ割(~2018年2月末まで)
60歳以上で初めてスマホを使う方が対象です。家族と一緒の場合は更にお得なプランが使えます。

エンジョイ♪15ギガキャンペーン(~2018年1月末まで)
「シェアパック15」「ウルトラシェアパック30・50・100」のどれかを契約した場合、dポイントがもらえます。

下取りプログラム(終了日未定)
現在使っている機種を下取りに出すことで、スマホ代金が割り引かれます。機種ごとに下取り金額が異なるため確認しておきましょう。

端末購入サポート(終了日未定)
対象機種を購入し所定のプランを契約することで、スマホ代金が割り引かれるキャンペーンです。

〜4月ごろまでのキャンペーン

4月ごろまでのキャンペーン

ドコモのご家族紹介キャンペーン

ドコモでは2017年12月から2018年3月末まで、「ドコモのご家族紹介キャンペーン」を展開しています。このキャンペーンは、他社からMNPまたは新規契約でドコモ契約する家族がいる時に利用できます。一人紹介するごとに1万ポイントをもらうことができます。

キャンペーンの対象になるためには、店頭またはdポイントクラブアンケートからキャンペーンにエントリーします。その後家族が対象機種を購入した上で、カケホーダイ、カケホーダイライト、シンプルプランのどれかを契約すればOKです。

現在ドコモ利用中の紹介者と同じシェアグループに加入することが条件です。ポイントはスマホ購入の翌々月に進呈されます。

【関連記事】
ドコモで利用できるキャンペーンのまとめ
またドコモの料金プランやiPhone Xの機種代金などがまとめられています。
最新iPhoneのりかえを検討している場合に使えるキャンペーンには、家族まとめて割や下取りプログラム、機種変更応援プログラムプラスなどお得に使えるものがたくさんあります。
2017年~2018年にかけてのキャンペーン情報がまとまっているため、今現在使える割引キャンペーンがチェックできます。

ドコモの学割

ドコモの学割は2017年12月27日~2018年5月31日まで展開されているキャンペーンです。キャンペーン利用の条件は25歳以下であることに加えて、新規契約、MNP、FOMA→Xiへの契約変更、「カケホーダイ&パケあえる」の新規契約の条件をどれか1つでも満たしていることです。

すでにカケホーダイ&パケあえるに加入中の方は対象外となるため、現在ケータイを利用しているか他社を利用している方の機種変更のみドコモの学割キャンペーンを利用することができます。

機種変更でドコモの学割の利用を考えている場合は、対象になるかを確認しておきましょう。もし現在ドコモのXiを利用していて学割をどうしても利用したい場合には、新規契約することになるため注意が必要です。

ドコモの学割キャンペーンでは、1年間毎月1500円割引を受けられるだけでなく、同じシェアグループに属する家族全員に3000ポイントが付与されます。

また、ドコモの学割と他社の学割を比較したいと考える方もいらっしゃると思います。その時の注意点ですが、今の学割は対象者が家族にまで及ぶ場合があるということです。つまり、対象者1人の月額料金だけを見るだけでは不十分で、家族全体の月額料金がいくらになるかを考えねばなりません。それが月額料金を抑えることに繋がります。

【関連記事】
ドコモの学割の内容や期間、対象者などについてのまとめ
ドコモの学割は1年間毎月1500円割引になるお得なキャンペーンですが、それ以外にもおすすめできるポイントや併用できるキャンペーンが存在します。
「ドコモのご家族紹介キャンペーン」や「家族まとめて割」など、それぞれのキャンペーン対象機種や期間が紹介されています。
実際にドコモの学割を使用した場合の料金プランや家族で使った場合の支払いイメージなど、学割でどれだけお得になるのか検証した記事です。
またドコモの学割以外に似たキャンペーンとしてdocomo Withがありますが、こちらの割引との比較も行われています。
docomo Withとドコモの学割の最大の違いは選べる機種と割引の期間です。年齢や選択したい機種によって、最適な方を選択しましょう。

2018年のドコモの学割に関する詳細記事
実施内容やお得な使い方を知りたい時に役立つ内容の記事です。
ドコモの学割ではシンプルプランを利用した際の実際の月額料金が最安で280円になるなどお得で、家族も特典を受けられます。
また他社からのMNP時の方法やドコモでの新規契約方法など、学割が使える25歳以下の方向けにドコモの学割を契約する方法が紹介されています。

ドコモオンラインショップ限定キャンペーン

ドコモオンラインショップ限定キャンペーン

ドコモオンラインショップでは、対象のスマホを購入することでポイントや景品がもらえるキャンペーンが不定期に開催されています。現在利用できるキャンペーンを紹介しておきましょう。

AQUOS sense SH-01K 購入キャンペーン
対象のスマホを購入することで家電が当たるキャンペーンです。期間はスマホ販売開始から2018年2月28日までです。

M Z-01K 購入キャンペーン
対象のスマホを購入し応募することで、dポイント1万ポイントが当たるキャンペーンです。購入期間は販売開始日~2018年3月31日までですが、応募期間は販売開始日~2018年4月30日までとなっています。

その他にも、ドコモオンラインショップ9周年感謝祭は2018年1月31日まで行われています。
こちらのキャンペーンはドコモオンラインショップで対象のスマホを購入し、開通手続きを行うことで応募可能です。当選者には最大9万ポイントが当たります。

【関連記事】
ドコモで利用できるキャンペーンのまとめ
またドコモの料金プランやiPhone Xの機種代金などがまとめられています。
最新iPhoneのりかえを検討している場合に使えるキャンペーンには、家族まとめて割や下取りプログラム、機種変更応援プログラムプラスなどお得に使えるものがたくさんあります。
2017年~2018年にかけてのキャンペーン情報がまとまっているため、今現在使える割引キャンペーンがチェックできます。

その他得する裏技

ドコモでは、dカード GOLDの所有者にお得な特典が用意されています。ドコモ電話料金のポイント還元も10%と大きく、持っているだけでもお得です。
更にカードを作成するだけでも最大15,000円相当額が還元されます。dカード GOLDを一定額利用するだけで、機種変更時に使えるポイントが2年ごとにもらえることも魅力です。

機種変更をするしないに関わらず、ドコモを継続して利用するつもりならdカード GOLDを作っておきましょう。

ドコモのキャンペーンに関連する記事まとめ(スマホの教科書)

ドコモで貯まるdポイントのお得な使い方
使える場所や貯まる場所、その他のポイントについても知ることができる記事です。
dポイントはドコモ運営サービスの通販サイトだけでなく、コンビニや各種チェーン店でも利用できる便利なポイントです。
dポイントカードを持っているだけでもポイントが貯まりますが、dカードやdカード GOLDを使えば更にポイント還元率が高くなります。

ドコモを契約しているのであれば、dカード GOLDを持っておくと便利
dカードには通常のクレジットカードやポイントカードの他、プリペイドカードなども存在します。
その中で一番ポイント還元率が高く、ドコモユーザーにお得なカードがdカード GOLDです。

ドコモで利用できるキャンペーンのまとめ
またドコモの料金プランやiPhone Xの機種代金などがまとめられています。
最新iPhoneのりかえを検討している場合に使えるキャンペーンには、家族まとめて割や下取りプログラム、機種変更応援プログラムプラスなどお得に使えるものがたくさんあります。
2017年~2018年にかけてのキャンペーン情報がまとまっているため、今現在使える割引キャンペーンがチェックできます。

ドコモのキャンペーンに関連する記事まとめ(bitWave)

ドコモの学割の内容や期間、対象者などについてのまとめ
ドコモの学割は1年間毎月1500円割引になるお得なキャンペーンですが、それ以外にもおすすめできるポイントや併用できるキャンペーンが存在します。
「ドコモのご家族紹介キャンペーン」や「家族まとめて割」など、それぞれのキャンペーン対象機種や期間が紹介されています。
実際にドコモの学割を使用した場合の料金プランや家族で使った場合の支払いイメージなど、学割でどれだけお得になるのか検証した記事です。
またドコモの学割以外に似たキャンペーンとしてdocomo Withがありますが、こちらの割引との比較も行われています。
docomo Withとドコモの学割の最大の違いは選べる機種と割引の期間です。年齢や選択したい機種によって、最適な方を選択しましょう。

【4章のポイント】

  • ドコモキャンペーンには期間限定のものや、ドコモオンラインショップ限定のものがある
  • ドコモを継続して使うならdカード GOLDの所有がおすすめ

docomo withに機種変更すればさらにお得

docomo withに機種変更すればさらにお得

2017年から新しく発表されたdocomo withはどのようなサービスなのでしょうか。ドコモを長期間使う方や、同じ機種を長く使いたい方に内容になっています。

docomo withを利用するためには、対象機種の購入が必須です。対象機種はドコモホームページやドコモオンラインショップでも確認することができます。

現在、docomo withの対象機種は5種類です。

  • AQUOS sense SH-01K
  • MONO MO-01K
  • Galaxy Feel SC-04J
  • arrows Be F-05J
  • らくらくスマートフォン me

キャンペーン対象機種

キャンペーン対象機種

AQUOS sense SH-01K
2017年11月発売の新機種です。カラーはChampagne Gold、Silky White、Velvet Blac、Frost Lavenderの4種類から選択が可能です。
防水機能完備で、電池持ちを良くする機能も付属しています。
現時点での価格は新規、機種変更、MNP全ての場合で月々サポートを適用すると30456円です。docomo withは月々サポートが適用されないため、69336円となります。
月々サポートは24ヶ月毎月1620円引きのため、若干docomo with加入時より2年間の割引総額が大きくなりますが、2年を超えて同じスマホを使うった場合はdocomo withがお得です。

AQUOS はdocomo withのみならず、ドコモ全体でも上位に入る人気機種です。

MONO MO-01
バッテリー2800mAhで長持ちタイプ、更に防水機能もついています。RAM3GB、ROM32GBで高スペックのため操作もスムーズに行えます。
コンパクトで持ちやすく、専用機能が充実していることも特徴です。
現在の価格は新規、機種変更、MNP全ての場合で月々サポートを適用すると25272円です。docomo withの場合は64152円になります。
月々サポートは24ヶ月毎月1620円割引です。

MOMO はdocomo withのみならず、ドコモ全体でも上位に入る人気機種です。

Galaxy Feel SC-04J
2017年6月発売の機種です。
スリムなボディとメタルの質感が特徴のスマホです。防水防塵機能がセットされ、指紋認証やおサイフケータイなども利用可能です。
バッテリーは3000mAhと大容量で長時間利用できます。現在の価格は新規、機種変更、MNP全ての場合で月々サポートを適用すると36288円です。
docomo withの場合は75168円になります。月々サポートは24ヶ月毎月1620円割引です。

らくらくスマートフォン me F-03K
2018年2月発売予定の機種です。価格は未決定のため発売後に確認を行いましょう。
らくらくスマートフォンmeは誰でも使いやすいボタンや機能、文字入力にこだわったスマホです。
アドバイザーがついて操作方法を教えてくれるなど、独自の機能も魅力です。

上記の5種類の中に、利用したい機種がある場合docomo withの加入を検討してみましょう。docomo withは月々1500円割引がずっと続くプランです。購入した機種を使い続ける必要があるため、同じ機種を使えば使うほどお得になる仕組みです。

月々サポートは対象外になっているので、毎月の料金から端末補助はありません。その代わり2年を過ぎても1500円割引が続くため、2年以上同じ機種を使うつもりがあれば実質安くスマホを利用することができます。

毎月割引はされますが、ドコモのサービスは全て受けることができます。ドコモオンラインショップでも申し込むことができるので、時間がない方でもスムーズに機種変更が可能です。

docomo withはどの程度利用するとお得になるのか

docomo withは毎月1500円割引がずっと続くシステムです。docomo with対象機種の月々サポートは毎月1620円ですから、ちょうど2年使った時点では月々サポートの方がお得になります。

docomo withの割引総額は25ヶ月目で37500円、26ヶ月目で39000円です。
対して月々サポートの割引総額は38880円ですから、26ヶ月目でdocomo withが上回ります。
とは言え一般的には2年契約プランを選択している方が多いため、もし2年と少しでドコモを解約する場合は違約金がかかってきます。

もしいずれ解約を考えている場合は、4年間同じスマホを使用するかSIMフリースマホを追加購入するなどの対処が必要です。

【5章のポイント】

  • docomo withの対象機種は4種類。2台持ちや家族用に最適
  • ガラケーをずっと使いたい人にもお得なプラン
  • 2年以上同じ機種を使う場合にもお得。待ち受け専用としても最適

ドコモの付属サービスでポイントキャッシュバック

ドコモの付属サービスでポイントキャッシュバック

機種変更に使えるポイントを貯めるのであれば、ドコモの付属サービスを利用するのが最適です。dカードまたはdカード GOLDを作ればポイント還元率も高くなります。

もちろん無料のdポイントカードを持っているだけでも、提携の店舗でポイントを貯めることが可能です。

ポイントキャッシュバックをもらえるカードやキャンペーン一覧

  • dカード
  • 期間限定ポイントキャッシュバック(d系サービス)
  • 機種メーカーのキャンペーン(今~で~買うと)

dカード

dカードは作るだけでもポイントがもらえます。時期によってもらえるポイントや特典は異なりますが、カード作成時と利用金額に応じたポイントキャッシュバックが受けられるため、お得です。その他期間限定キャンペーンや、メーカーのキャンペーンも活用しましょう。

また通常のクレジットカード使用だけでなく、提携店で利用することで更にポイントが貯まりやすくなります。オンラインならdショッピングやドコモオンラインショップを使えばポイント還元率が高くなります。

またローソンや高島屋、マクドナルドなどリアル店舗でもポイントを貯めることができます。イオンシネマやタワーレコードもdポイント提携店です。

ドコモの電話料金やドコモ光の料金でもポイントが貯まっていきます。
通常のdカードの場合はポイント還元率が1%ですが、dカード GOLDは10%です。このポイント還元は、dカードを所持しているだけで得られます。もしdカード GOLDを持っていて他のクレジットカードでドコモ料金を支払った場合でもポイントが貯まるので便利です。

もしdカード GOLDの年間利用料金を上げたいなどの目的がなければ、ドコモ料金自体は他のクレジットカードで支払う方がお得になります。dカードではクラブ会員特典としてポイント還元が行われているため、クレジットカード決済でポイント付与が行われないからです。

dカードでスマホ購入を行うと、ケータイ補償もセットされます。スマホの紛失や破損時に一定額が補償されます。
機種変更の際に使えるので、安く新しいスマホを手に入れることができるでしょう。

dカードの場合は補償期間は1年間で、1万円の補償がセットされます。dカード GOLDの場合は補償期間が3年間で補償金額も10万円のため、更に使い勝手が良くなっています。
10万円以下の機種であれば無料で交換できるため、破損などの可能性があればdカードを使った機種変更を行うのもおすすめです。

期間限定ポイントキャッシュバック(d系サービス)

dポイントがもらえるキャンペーンは、dポイントクラブやドコモのホームページでチェックできます。
dサービス系の期間限定キャンペーンを利用すると、機種変更に使えるdポイントが効率よく貯まります。
現在利用できる期間限定キャンペーンをまとめておきましょう。

dデリバリーのキャンペーン

dデリバリー新春キャンペーン(キャンペーン期間:2018年1月1日~31日)

dデリバリーで2ヶ月連続5000円以上注文した場合に500ポイントがもらえます。

その他同様の期間中にdデリバリーのエントリー&初めての注文で、全員1000ポイントがもらえるキャンペーンも行われています。

dブックのキャンペーン

期間限定ポイントキャッシュバック

初めての利用でポイント50倍キャンペーン(キャンペーン期間:2018年1月15日~31日)
dブックを初めて利用する方に限り、電子書籍どれでも何冊買っても50倍のポイントが付与されます。

dミュージックのキャンペーン

dミュージック全員もれなく100ポイントプレゼント(キャンペーン期間:2018年1月1日~2月1日)
期間中にdミュージックへGOのボタンから対象商品を購入すると、全員もれなく100ポイントがもらえるキャンペーンです。

dアニメストアのキャンペーン

dアニメストアで冬アニメを見て2000ポイントが当たるキャンペーン(キャンペーン期間:2018年1月10日~31日)
dアニメストアで新番を3作品以上見て応募すると、1000人に2000ポイントが当たるキャンペーンです。

dグルメのキャンペーン

dグルメのWeb入会で最大2000ポイントもらえるキャンペーン(キャンペーン期間:2018年1月1日~31日)
Web入会でdグルメを契約した方が最大2000ポイントもらえます。毎月400ポイントが5回で最大2000ポイントです。

d fashionのキャンペーン

d fashion初めての利用で最大1000ポイントもらえるキャンペーン(キャンペーン期間:2018年1月1日~31日)
期間中にエントリーを行った上で、初めて3000円以上の買い物をした場合にポイントがもらえます。
もらえるポイントは購入金額によって変わり、最大で1000ポイント付与されます。

その他のキャンペーン

dケータイ払い+で5倍キャンペーン
(キャンペーン期間:2018年1月10日~27日)

金・土曜日にエントリーしてdケータイ払いプラスで買い物をすると、ポイント5倍になります。

スピードモードお試しキャンペーン
(キャンペーン期間:2017年10月1日~2018年3月31日)

スピードモードは利用可能なデータ量を超えた場合に速度低下が起こらないサービスです。
請求額は1GB1000円なので、契約のパケットが少なくても快適に利用できます。

スピードモードをお試しすると、最大で3000ポイントがもらえます。
対象者はスピードモード新規契約を行い、契約月、翌月、翌々月に1GB追加オプションを利用した方です。

ポイン友ふやそうキャンペーン
(キャンペーン期間:2018年1月12日~2月15日)
お友達を紹介することで、ポイントが貯まりやすくなるキャンペーンです。家族・友人ともに紹介が可能です。
LINEやメールで紹介URLを発行し、紹介者がエントリーすることが条件となります。dポイントカードを使うと、紹介者と紹介された方両方が5倍ポイント対象です。

タカシマヤ再来店キャンペーン
(キャンペーン期間:2018年1月2日~2月28日)
タカシマヤに1月2日~9日に来店した方が1月10日~2月28日に再来店し、期間中2回以上かつ合計5000円以上の買い物をすることで500ポイントがもらえるキャンペーンです。

アンケート回答でポイントが当たる
(キャンペーン期間:2018年1月1日~30日)
dポイントクラブアンケートの「dポイントクラブ基礎アンケート」に答えることでポイントが当たります。
抽選で1万人に500ポイントが当たるキャンペーンのため、当選確率も高くなっています。

機種メーカーのキャンペーン(今〜で〜買うと)

ドコモでは、スマホによって利用できるキャンペーンが異なることがあります。また購入手段もチェックしておきましょう。

ドコモオンラインショップ9周年キャンペーン

2018年1月31日までにドコモオンラインショップでスマホの購入をすると、900ポイント~9万ポイントが当たるキャンペーンに参加できます。エントリーも不要です。

また対象機種も多く、5400円以上のドコモ端末であればiPhone、iPad、Android、ケータイ、らくらくホン、キッズ、Nexusなど機種を問わずにキャンペーン対象です。

また2月末までAQUOS sense SH-01Kをドコモオンラインショップで購入すると、家電が当たるキャンペーンに参加できます。
その他ドコモオンラインショップでは3月末までM Z-01Kを購入した方にdポイントが当たるキャンペーンも行っています。

【6章のポイント】

  • dカードは所有していれば使わなくてもポイントがたまる
  • ドコモのオンラインショップだけではなく、リアル店舗でもポイントがたまる
  • 通常のdカードのポイント還元率は1%、dカード GOLDは10%
  • キャンペーンも豊富でポイントも貯まりやすい

まとめ

ドコモ機種変更まとめ

ドコモで機種変更を行うメリットまとめておきましょう。

  • 最新のiPhoneやAndroidに機種変更できる
  • 古いスマホを持っておく or 下取りに出すか選べる
  • dポイントが使える

ドコモを継続するメリットをまとめておきましょう。

  • 長期利用者限定の割引がある
  • 電話料金分のdポイントが貯まる(dカードやdカード所持の場合更にお得)
  • 2018年5月から更に長期利用者がお得なプログラムに変わる
  • 更新ありがとうポイントなど、継続でdポイントがもらえる
  • dポイントクラブのお得なクーポンが使える
  • docomo withなど長期利用に最適なプランが用意されている

ドコモで機種変更する時の手順とお得な方法

ドコモで機種変更する際は、店舗とドコモオンラインショップの2種類から手続きが行えます。
ドコモオンラインショップの方が手続きが簡単なだけでなく24時間利用できます。また、事務手数料が無料または軽減されるためお得です。

店舗で手続きする場合には、本人確認書類など必要なものを揃えておきましょう。

ドコモのキャンペーンやdocomo withなどのプランを併用することで、更にお得に機種変更が可能です。

いかがでしたでしょうか?
ドコモで機種変更を行うためには、注意点やメリットを知っておくことが大切です。
最近ではdocomo withやドコモの学割などお得にドコモを使えるプランも用意されています。
長期利用者向けのポイント割引制度もあり、継続のメリットも大きいキャリアです。

スマホの購入方法ではドコモオンラインショップを利用することで、手数料や時間も節約できます。
ドコモで機種変更を行う際にはぜひ検討してみて下さい。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー
この記事を書いた人
よし松
よし松
山形出身。ゆとり第一世代に属し、大学4年の時は就職氷河期を味わう。ろくすっぽ就活をせずに麻雀に明けくれ新卒採用を逃す。中学3年生で初めて携帯を持ち、23歳でiPhone 4を購入。以後iPhone 6→iPhone XS。AirPodsとMacを持ってスタバにいくズブズブスタイル。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ