ドコモの機種変更|最新iPhone・Android スマホをお得にゲットする方法

ドコモの機種変更|最新iPhone・Android スマホをお得にゲットする方法
ChromecasrキャンペーンバナーPC ChromecasrキャンペーンバナーSP

3 ドコモの機種変更手順

ドコモの機種変更手順

ドコモで機種変更を行う場合は準備が必要です。タイミングによっては費用が変わるため、事前確認も行いましょう。

  • 機種変更の手順
  • 機種変更の際に用意するもの
  • 機種変更のタイミング
  • ドコモで機種変更するための注意点
  • ドコモの公式ショップはオンラインショップだけ
  • ドコモオンラインショップで使える裏技

3-1 機種変更の手順

3-1-1 スマホを決める

まずは好みのスマホを探しましょう。ドコモオンラインショップで現在発売中のスマホがチェックできます。価格もドコモオンラインショップで発表されているため、機種変更前に検討することが可能です。

3-1-2 機種変更を行う場所を決める

ドコモショップ(店舗)で機種変更するか、ドコモオンラインショップで機種変更するかを決めます。
店舗で機種変更を行う場合には頭金や事務手数料がかかるため、費用を抑えたい場合にはドコモオンラインショップがおすすめです。

店舗とドコモオンラインショップで手続きをする場合では必要なものも異なります。
必要なものに関しては後述してありますのでご覧ください。

3-1-3 データ移行の準備をする

機種変更するスマホが決まったら、データ移行の準備をしておきます。
ドコモオンラインショップの場合、自分でデータ移行の処理を行う必要がありますが、さほど難しくありません。

スマホのデータ移行を失敗しない方法
スマホを大きく「iPhone」と「Android」に分け、「iPhone同士」「Android同士」「iPhoneからAndroid」「AndroidからiPhone」の4パターンに分けて、データ移行の手順を紹介します。

iPhone(iOS)とAndroidではバックアップの仕方が異なりますが、今はクラウド上にデータをバックアップして簡単に復帰させるのが主流です。

また、SDカードやパソコンなどにデータをバックアップ保存しておくこともできます。

新しいスマホが来た時にスムーズにデータ移行ができるよう準備しておくと便利です。
データ移行にはドコモの専用端末やオンラインストレージなどやり方がたくさんあります。

移行するデータが少ない場合や大切なデータをバックアップ済の場合は、新しいスマホを手に入れてから行っても問題はありません。

【iPhone X・8へ機種変更】事前準備で簡単・確実にデータ移行する方法

3-1-4 実際に機種変更を行う

店舗で機種変更する場合
店舗で機種変更する際には、相談予約ができるケースがあります。
日時を予約しておくことで、待ち時間を少なくすることが可能です。予約はインターネットや電話で行えるため、店舗ごとのホームページを確認しておきましょう。

店舗に訪れると、スタッフがスマホや料金プランの案内をしてくれます。
データ移行の説明も受けることができ、自分でしなければならないことはそれほどありません。スマホを選び、スタッフの案内どおりに手続きを済ませましょう。

ドコモオンラインショップで機種変更する場合
ドコモオンラインショップで機種変更をする場合、手続きは全て自分が行います。店舗に行く手間が無いので、楽で簡単です。
ドコモオンラインショップにログインし、スマホや料金プランを選択します。オプションが必要な場合は別途選択が必要です。携帯保障やサポートサービスなど、忘れないように選択しておきましょう。

必要事項を入力して、手続きを進めます。商品の受取方法は宅配便の他にコンビニエンスストア、店舗受取が選択できます。

料金プラン、支払いを一括、分割のどちらにするか選択し、利用可能なキャンペーンを確認し、手続きは完了です。

ドコモオンラインショップで注文したスマホは、指定した住所に配送されます。受け取った後は開封し、端末の起動に問題がないか、UIMカードは入っているかどうか確認しましょう。

端末ごとの起動設定が始まりますので、その設定に向けてWifiのSSIDなどは事前にチェックしておきましょう。Wifi経由でのデータ移行が可能になるので、以後の作業が楽になります。

データ移行が終わったら利用開始の手続きを行います。利用開始手続きはスマホと一緒に届くUIMカードをスマホにセットするか、以前使っていたスマホからUIMカードを抜き取り新しいスマホに差し替えるだけです。

FOMAからXiなど通信形態が異なる端末間以外は開通手続きの必要はなく、UIMカードの差し替えのみで手続きが完了します。

3-2 ドコモオンラインショップで手続きする場合に必要なもの

ドコモオンラインショップで手続きする場合に必要なもの

ドコモオンラインショップで機種変更の手続きを行う場合は本人確認書類が不要です。また一部手数料も無料に設定されているため、手続き費用も軽減されます。

  • dアカウント
  • クレジットカードまたは金融機関口座

3-2−1 dアカウント

ドコモオンラインショップを利用するためには、dアカウントの取得が必要です。
既に持っている場合はIDとパスワードの確認をしておき、まだ取得していない場合はアカウントを作成しましょう。

3-2−2 クレジットカードまたは金融機関口座

ドコモオンラインショップで購入したスマホの代金支払いや、電話料金の支払いに利用するクレジットカードか金融機関の口座が必要です。電話料金は継続して引き落としが行われるため、引き落とし金額に応じて使えそうなクレジットカードか口座を選択しましょう。

3-3 機種変更のタイミングは”2年”がカギ

機種変更のタイミングは

機種変更には、最適なタイミングがあります。自分がどのくらい現在のスマホを使っていて、どの料金プランに加入しているのかチェックしておくことが大切です。

3-3-1 機種変更応援プログラムを活用する(2年より早く機種変更したい方におすすめ)

ドコモの機種変更を行う場合、機種変更応援プログラムを利用することでお得にスマホを乗り換えることができます。機種変更応援プログラムまたは機種変更応援プログラムプラスはスマホ購入時にプログラム加入が必要です。

2年より早く機種変更を行いたい方に適したプログラムのため、早く機種変更を行いたいと考えている方の中には加入している方もいるでしょう。

機種変更応援プログラムを利用することでポイント還元を受けることができます。ポイント還元は機種変更のタイミングによって異なるため、下記の表で確認の上お得な時期を選択すると良いでしょう。

機種変更応援プログラムプラスの割引(ポイント進呈)額

【表の金額はすべて税込】

期間/機種iPhone 8 , iPhone8 Plus
13ヶ月40000円
14ヶ月38000円
15ヶ月36000円
16ヶ月34000円
17ヶ月32000円
18ヶ月30000円
19ヶ月27000円
20ヶ月23000円
21ヶ月19000円
22ヶ月15000円
23ヶ月11000円
24ヶ月9000円
25ヶ月9000円

【表の金額はすべて税込】

期間/機種iPhone X
13ヶ月60000円
14ヶ月56000円
15ヶ月52000円
16ヶ月48000円
17ヶ月44000円
18ヶ月40000円
19ヶ月36000円
20ヶ月32000円
21ヶ月28000円
22ヶ月24000円
23ヶ月20000円
24ヶ月16000円
25ヶ月12000円

機種変更応援プログラム(iPhone最新機種以外)の割引(ポイント進呈)額

【表の金額はすべて税込】

カテゴリABC
13~18ヶ月27000円21000円18000円
19ヶ月27000円21000円18000円
20ヶ月23000円18000円15500円
21ヶ月19000円15000円13000円
22ヶ月15000円12000円10500円
23ヶ月11000円9000円9000円
24ヶ月9000円9000円9000円
25ヶ月9000円9000円9000円

※カテゴリーA、B、Cの詳細につきましてはこちらをご覧ください。

3-3-2 機種変更応援プログラムを契約していない場合(2年経過してからがおすすめ)

機種変更応援プログラムを契約していない方で分割払いを選択し、月々サポートを受けている方は2年以降経過してから機種変更を行うことが最もお得です。ドコモでは月々サポートが実質の端末割引に相当するため24ヶ月間月々サポートを受けることでスマホ代金が安くなります。

ドコモでは月々サポートが残っているうちに機種変更を行った場合、受けられる割引を放棄することにもなるため、なるべく避けておきましょう。
ただしMNPや解約とは異なり、プランの変更がなければ違約金はかかりません。

端末購入サポートを受けている場合は、12ヶ月間同端末の使用と指定のパケットパックかシェアオプション加入が必要です。実質14ヶ月分の料金を支払ったところで規定の利用期間が過ぎるため、プラン変更を伴う機種変更を行う場合は注意しておきましょう。

3-3-3 端末購入サポートと月々サポート

ドコモには、端末購入サポートと月々サポートがあります。
機種変更を行う場合、どちらを利用するのがお得なのでしょうか。それぞれのサポートの特徴やお得に利用する方法を紹介します。

端末購入サポート
端末購入サポートは対象のスマホを購入することで、一括割引が適用されるシステムです。
例えばMONO MO-01Jなら割引額は31752円です。ただしスマホによって新規契約・MNPのみが対象のもの、FOMAからXiに契約変更する場合のみが対象のものもあります。

Android端末は機種変更も対象になっている事が多いですが、iPhoneは原則新規契約やMNP、FOMAからの契約変更が条件です。
購入したいスマホが機種変更に対応しているか確認することが大切です。

端末購入サポートの特徴は、購入した当月に一括で値引きが行われることです。
そのため毎月の割引はなく、2年間同じスマホを使い続ける必要がありません。

ただし12ヶ月(実質支払いが終わるのは契約から14ヶ月目)は最低同端末を使用する必要があり、途中で解約した場合や機種変更を行う場合は解除料がかかります。
MONO MO-01Jの解除料は15876円です。
なお指定のパケットパックまたはシェアオプションの加入も14ヶ月目まで必須です。

端末購入サポートは、分割払いが利用できない場合や2年未満で機種変更を考えている場合に有利な値引き方法となっています。

ただし端末購入サポートと2年契約プランは別のサービスです。ドコモ解約を考えた時にプランの契約期間と同じ月々サポートに比べて違約金発生の可能性が高くなります。
ドコモを使い続ける前提であれば、端末購入サポートは不利な条件にはなりません。

月々サポート
月々サポートは毎月の基本料金から一定額を値引きするシステムです。
月々サポートは24ヶ月間続くため、割引を最大限受けようと考えている場合は2年間同端末を使い続ける必要があります。

基本料金からの割引のため、基本料金が月々サポートの額に満たない場合は割引が最大に受けられません。

月々サポートを利用している場合でも機種変更応援プログラムを契約しておけば、2年未満の機種変更時にポイントが還元されるため端末購入サポートに比べて不利な面はありません。

端末購入サポートも月々サポートも割引額は同じ
結果的な割引額は端末購入サポートも月々サポートも同じです。
単に最低利用期間と割引が続く期間が異なるだけなので、都合の良い方を選択して問題はありません。

3-4 ドコモで機種変更するための注意点

ドコモで機種変更するための注意点

ドコモで機種変更を行う場合、いくつかの注意点を確認しておく必要があります。機種変更前に自分があてはまっていないか確認しておきましょう。

3-4-1 端末利用から6ヶ月以内に機種変更しようとしている

ドコモでは端末利用から6ヶ月以内に機種変更を行う場合、次の契約端末が月々サポートの対象外になってしまいます。以前は0円スマホなどもあり、ほぼ使用せずに売却するなど一般的な使用以外の使い方をする方も多かったためです。

たまたまスマホが早く壊れてしまった場合などには厄介な出費になるため、最低限6ヶ月間は端末保障サービスをセットしておくことをおすすめします。端末保障サービスはスマホ購入時のみセットできますが、状況によって解約は可能です。

dカードまたはdカードGOLDを所持している場合は、別途ケータイ補償がつけられるため状況が変わります。

3-4-2 端末分割払いの残額が残っている

もし分割払いを選択していた場合、12回または24回の支払い回数が設定されます。その期間よりも前に機種変更を行う場合は、現在使用中のスマホ代金を一括で支払うか機種変更後も分割で支払い続けることになります。

どちらにしても分割払いの期間を満了して機種変更するよりも費用の負担が大きくなります。

3-4-3 月々サポートの期間が満了していない

ドコモでは、一定の料金プランに加入することと引き換えに毎月料金割引を受けることができます。月々サポートは一般的にスマホの分割支払いが終了する24ヶ月続きます。機種変更を行った場合は、月々サポートも途中で終了するため注意が必要です。

機種変更応援プログラムなど、2年より早く機種変更を行う方が損をしないようなサービスに加入していない場合は2年を待って機種変更を行った方がお得です。

3-4-4 端末購入サポートの最低期間が満了していない

月々サポートではなく端末購入サポートを利用して機種を購入した方は、最低12ヶ月間同じ機種を使い続ける必要があります。新しい機種の購入を行うと、端末購入サポートの対象外になるため、割引された金額を返還する必要が出てきます。またパケットパック、シェアオプション、基本使用料割引サービスの廃止、廃止予約をした場合も対象外です。

端末購入サポートは月々サポートと異なり一括値引きされることが魅力ですが、機種変更前に満了期間を確認しておくことが大切です。

3-4-5 店舗での機種変更時に頭金が必要

ドコモでは、店舗で機種変更を行う際に頭金が発生する可能性があります。頭金は機種代金と別に請求されるため、費用が余計にかかってしまいます。もし店舗での機種変更を考えている場合は、頭金がないショップを選ぶなど事前の確認作業が必要になるでしょう。

3-4-6 店舗では有料オプション加入が必須の場合がある

店舗で機種変更を行う場合、頭金をなくす名目や割引の条件として有料オプションの加入が義務付けられていることがあります。有料オプションは1ヶ月~2ヶ月程度契約し、その後は外して問題ないことも多いですが、必要のないオプションが複数セットされると手間がかかります。

オプションの解除は自分で行うか、ショップに行って手続きをしてもらう必要があるため機種変更時に手間をかけたくない方は、ドコモオンラインショップでの機種変更を選択しましょう。

3-4-7 MNPと機種変更でスマホの価格が異なる場合がある

ドコモを利用している方がドコモで機種変更をしようとした場合、MNPで加入した方に比べて機種代金が高く設定されていることがあります。

スマホによってMNPがお得なスマホとそうでないスマホがありますが、機種変更時にはスマホの価格設定にも目を向けておきましょう。

3-4-8 割引クーポンなどを使える場合がある

機種変更時にはdポイントや割引クーポンを使えることがあります。店舗で手続きをする際はスタッフに利用の旨を伝えるだけで問題ありませんが、ドコモオンラインショップで手続きの場合は自分でポイントやクーポンの使用を入力しなければなりません。忘れないように手続きしておきましょう。

また割引クーポンは場合によってドコモからもらうことができます。2年契約の終了が近づくと郵送でクーポンが送られてくることもありますし、MNPを考えていることを電話で相談すれば引き止めポイントがもらえることもあります。機種変更前には使えるポイントやクーポンがないか確認しておくことが大切です。

またクーポンによってはドコモオンラインショップではなく店頭のみで利用できるものもあります。条件を確認しておきましょう。

3-4-9 データ移行ではバックアップを取っておく

データ移行ではバックアップを取っておく

電話帳などの基本的なデータは店舗でも移行ができますが、アプリやおサイフケータイ、LINE履歴などは自分でバックアップを取っておくことが大切です。

データ移行のバックアップの取り方を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

失敗できない!人気アプリの機種変更時データ移行方法【iPhone/Android】

特に店舗へ出向かずドコモオンラインショップだけで機種変更を行う場合は、事前に準備が必要です。

下取りプログラムや機種変更応援プログラムを利用する場合は、古いスマホを返却しなければなりませんし、旧機種が使えなくなってからではバックアップできないデータもあります。

データ移行アプリやドコモのストレージなどを活用して、必要なデータはバックアップと移行処理を行っておきましょう。

iPhoneとAndroidではデータ移行方法も異なるため、それぞれに合った方法を調べる必要があります。

こちらの記事ではiPhone XとiPhone 8のデータ移行について詳しく説明しています。
【機種変更】新 iPhone X / iPhone 8の失敗しないデータ移行方法

3-4-10 ドコモで機種変更する関連記事まとめ(スマホの教科書)

機種変更前に行っておきたいバックアップ方法を紹介
LINEなどを始めとしたSNSのバックアップを行うためには、SNSごとに必要な作業が異なります。
基本的にはユーザーIDやパスワードを控えておくことが大切ですが、LINEの場合はやや作業が複雑です。
ゲームデータの引継ぎも、SNSと同様にゲームごとの手続きが存在します。
またキャリアごとのバックアップ方法もまとめられており、メールやメッセージ履歴、キャリア固有のサービスを移行するための手続き方法も記載されています。
iPhoneとAndroidではゲームやアプリの移行方法も異なるため、それぞれに必要な作業を行っておきましょう。詳細は以下から確認できます。
機種変更前に必ず!必読のアプリ別バックアップと復元方法

ドコモ・au・ソフトバンクの各キャリアへのMNP、機種変更する方法や料金
またMNPを行う際に損をしないよう、注意点の確認も可能です。
重要なポイントはMNP時に発生する金額の把握と、機種変更時のバックアップです。MNP時のバックアップ手順などが確認できます。
MNPには事務手数料もかかるため、各社のキャンペーンやお得な料金プランを選択することも大切です。
3大キャリアでMNP・機種変更|料金割引の基本を徹底ガイド

iPhone Xに機種変更、MNPしたい時にどのキャリアを使えばお得なのかのまとめ
料金の安さやメリット・デメリットを総合したランキングでは1位はau、2位がソフトバンク、3位がドコモです。
またMVNOを利用してiPhone XのSIMフリー版を利用した方が良いケースもあります。
SIMフリースマホは割引を受けることができません。そのため向いている方と向いていない方がはっきりしていることも特徴です。端末割引を意識する場合は、キャリアの中から自分に合う会社を探すことも必要でしょう。
iPhone X|どのキャリアで機種変更・乗り換えするのが安いか?

3-4-11 ドコモで機種変更する関連記事まとめ(bitWave)

ドコモで機種変更する関連記事まとめ

ドコモで機種変更する時に気をつけたいポイント
機種変更前にはデータバックアップが重要になり、機種変更後の設定も大切です。
またデータ自体のバックアップだけでなく、自分の契約情報を確認しておくことも必要になります。
ドコモの場合はFOMAからXiに変更する場合、カケホーダイプランの加入が必須になるためです。
ドコモオンラインショップを利用すれば手数料は割安or無料になりますが、スタッフと直接話せないなどの注意点もいくつかあります。
このように機種変更時にはその他機種変更時には多くの注意点があるため、詳細は以下から確認できます。
ドコモで機種変更する時に注意すべき5つのポイント

機種変更時のアプリの引継ぎ方法の紹介
LINEやその他SNS、ゲームアプリなどはそれぞれ引き継ぎ方法が異なります。
有名ゲームアプリのパズドラや、チェインクロニクルなどのゲームアプリを引き継ぎする詳細情報などもまとめられているため、確実に引き継ぎしたい時に役立ちます。
旧端末のうちに使い切った方が良いアイテムもあるため、機種変更前に確認しておきましょう。
スマホ機種変更でアプリを確実に引き継ぐための2ステップ【iPhone・Android対応】

iPhone⇔Android間の機種変更・乗り換えの際に欠かせないデータバックアップや移行方法のまとめ
データ移行アプリを使った簡単なやり方を知ることができます。データ移行アプリはMove to iOSやJSバックアップなど、異なるOS間でも利用できるものが多数あります。
またiPhoneからAndroidに機種変更する際にはGoogle ドライブなども利用可能です。
それぞれに合ったデータ移行アプリを利用することで、スムーズにバックアップや以降ができます。
スマホの乗り換えで役立つアプリとは?手順を徹底解説!

3-5 ドコモの公式ショップはオンラインショップだけ

ドコモは「ドコモオンラインショップ」を運営しています。他キャリアの場合、代理店が運営されていることもありますがドコモの公式ショップはドコモオンラインショップだけです。

【関連記事】
ドコモGalaxy Note 8を例に、MNPを行った際の値引き額とも比較
ドコモを既に利用している場合に最安値で機種変更する方法は多数ありますが、状況によって選択することが可能です。
MNPひきとめクーポンの利用や格安SIMへ一度MNPするなど、値引きを受ける方法は多彩です。MNP以外で安く機種変更する裏技を知りたい場合は、以下から確認が可能です。
ドコモ Galaxy Note 8に最安値で購入・機種変更する方法

3-6 ドコモオンラインショップで使える裏技

お得に機種変更したい方におすすめしたいのが知ら無いと損する、裏技的情報です。店舗ではできない、ドコモオンラインショップのみの裏技がいくつか存在します。どのような裏技があるのか見てみましょう。

3-6-1 事務手数料が無料または割引

店舗ではどうしてもかかってくる事務手数料ですが、ドコモオンラインショップの場合はXi→Xi、FOMA→FOMAの機種変更の場合、事務手数料は無料です。またXiとFOMA間の機種変更でも、ドコモオンラインショップのみ格安の2000円の事務手数料に設定されています。

3-6-2 dカードならポイントが2倍貯まる

dカードを所持している場合、機種変更時の決済をdカードまたはDCMXにするとポイントが2%還元になります。機種変更時は端末料金を支払うこともあり、高額なポイント付与の対象になるケースも多いでしょう。通常であれば1%しかつかないポイントが倍付けになるのでお得です。

3-6-3 ドコモオンラインショップでは予約もできる

ドコモオンラインショップでは、まだ未発売の機種を予約できることがあります。人気の機種の場合、発売からすぐに予定数が売り切れてしまいすぐに手に入らなくなることがあります。

しかし事前に予約しておくことによって、ドコモの最新機種をスムーズに手に入れることができます。

売り切れ必至の人気端末などはドコモオンラインショップで予約しましょう。

3-6-4 ドコモキャンペーンを利用する

ドコモオンラインショップでは、さまざまな独自キャンペーンが行われています。店舗では利用できないキャンペーンもあり、エントリーすることでお得に機種変更が可能です。

【関連記事】
ドコモで利用できるキャンペーンのまとめ
またドコモの料金プランやiPhone Xの機種代金などがまとめられています。
最新iPhoneのりかえを検討している場合に使えるキャンペーンには、家族まとめて割や下取りプログラム、機種変更応援プログラムプラスなどお得に使えるものがたくさんあります。2017年~2018年にかけてのキャンペーン情報がまとまっているため、今現在使える割引キャンペーンがチェックできます。
iPhone Xでも使える|ドコモで得するキャンペーン網羅(2017-2018)

【3章のポイント】

  • ドコモの機種変更はドコモオンラインショップでするのがおすすめ
  • 最新機種の事前予約ができるのはドコモオンラインショップだけ
  • 機種変更のタイミングは最低1年間端末を利用してから
  • 急な故障で大幅な出費にならないよう1年程度の端末補償は必ずつける
  • ドコモオンラインショップ限定のキャンペーンをうまく活用する

頭金9,500円は必要!?
オンラインショップなら0

  • 頭金なし
  • 営業トークなし
  • 待ち時間なし
  • 不要オプションなし
ドコモ公式ショップau公式ショップソフトバンク公式ショップおとくケータイ.netケータイ乗り換え.comSMARTPHONE STORE

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

【iPhone 8 VS HTC U12+】4インチ台機種と6インチのSIMフリースマホを比較... 2018年夏の注目機種として、HTC U12+がリリースされました!最新CPUと高性能カメラで人気の高いSIMフリーモデルですね。 しかし、国内シェア1位のiPhoneとどちらにするか悩む方も多いようです。 そこで今回はiPho...
【iPhone 8 VS AQUOS R2】徹底比較|あなたに合ったスマホを診断... 各キャリアの2018年夏モデルが出揃いましたね。今までシャープのスマホを利用していた方は、AQUOS R2が有力な選択肢になりますよね。 しかし、国内ではiPhoneのシェアが高いことで、iPhone 8とどちらがいいのか悩む方も多い...
【iPhone X VS AQUOS R2】徹底比較|あなたに合ったスマホを診断... 2018年夏モデルが各キャリアから発売されています。 どのモデルもベゼルを狭めて、ほぼ全画面と言えるラインナップになりましたね。 Androidで人気のAQUOSシリーズも、今期の「AQUOS R2」はベゼルが狭く6.0インチの...
【Xperia XZ2 VS iPhone X】徹底比較|あなたに合ったスマホを診断... 2018年夏モデルにXperia XZ2が発売されましたね! Android最高峰シリーズの最新モデルなので、当然スペックも最高峰です。 この時期に機種変更を考えていると、昨年秋に発売されて話題になったiPhone Xと悩む人も...