ドコモのiPhone X/ 8 機種変更と乗り換え(MNP)はどっちが得する?

  • 2019年3月10日
  • by.sekai

ec_phonex20170900

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモでは旧機種であるiPhone X/8 が大幅に値下げされました。

ドコモのiPhoneを買い替える場合、「新規契約」「機種変更」「乗り換え(MNP)」の3つの契約方法があります。

各キャリア・契約内容によって、機種代金や適応されるキャンペーンは異なり、購入する機種が同じでも金額が変わってきます。

そこでこの記事では、ドコモのiPhone X・iPhone 8を機種変更または乗り換え(MNP)で購入した時に、どちらがお得なのか紹介・解説していきます。

ドコモで値下げが敢行されたiPhone X・iPhone 8の購入を考えている方は、必見な内容となっていますので、参考にしてみてください!

ドコモのiPhoneX/8の機種変更と乗り換え
  • ドコモのiPhone販売価格(ドコモオンラインショップ)でどっちがお得か?
  • 「ドコモオンラインショップ」の特徴
  • ドコモの料金プランを合計した実質負担額
  • ドコモの料金プランの特徴
  • 他社に乗り換え(MNP)して「iPhone 8・iPhone X」を利用する場合
  • iPhoneのデータ移行ステップ
【2020年12月】ドコモ機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

トップ画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

1 ドコモのiPhone販売価格(ドコモオンラインショップ)は機種変更とMNPどっちがお得?

まず初めに、各iPhone機種の実質負担額を理解していきましょう。

「iPhone 8(64GB)」「iPhone 8(256GB)」「iPhone X(64GB)」 の3機種になります。

iPhone 8(64GB)の実質負担額

iPhone 8

画像引用元:iPhone 8またはiPhone 8 Plusを購入する – Apple(日本)

iPhone 8(64GB)の実質負担額をみていきましょう。

iPhone 8(64GB)新規契約・機種変更乗り換え(MNP)
機種代金88,776円
(3,699円×24回)
88,776円
(3,699円×24回)
月々サポート(24回)−2,889円×24回
(総額最大−69,336円)
端末購入サポート−78,408円
実質負担額810円×24回
(総額 19,440円)
432円×24回
(総額 10,368円)
購入ドコモ公式ショップ

iPhone 8(256GB)の実質負担額

iPhone 8

画像引用元:iPhone 8またはiPhone 8 Plusを購入する – Apple(日本)

iPhone 8(256GB)の実質負担額をみていきましょう。

iPhone 8(256GB)新規契約・機種変更乗り換え(MNP)
機種代金106,920円
(4,455円×24回)
106,920円
(4,455円×24回)
月々サポート(24回)−2,862円×24回
(総額最大−68,688円)
端末購入サポート−78,408円
実質負担額1,593円×24回
(総額 38,232円)
1,188円×24回
(総額 28,512円)
購入ドコモ公式ショップ

iPhone X(64GB)」の実質負担額

iPhone X

画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

iPhone X(64GB)の実質負担額をみていきましょう。

iPhone X(64GB)新規契約・機種変更乗り換え(MNP)
機種代金125,064円
(5,211円×24回)
125,064円
(5,211円×24回)
月々サポート(24回)−3,105円×24回
(総額最大 −74,520円)
端末購入サポート−104,328円
オンラインショップSPECIAL特典−5,184円−5,184円
実質負担額1,890円×24回
(総額 45,360円)
648円×24回
(総額 15,552円)
購入ドコモ公式ショップ

どの機種も契約内容で割引されている項目が異なっています。

機種変更・新規契約の場合は「月々サポート」、乗り換え(MNP)の場合は「端末購入サポート」となっています。

「実質負担額」を見てもらえば分かりますが「乗り換え(MNP)」の方がお得にiPhoneを購入することができます。

結果から結論を言ってしまうと、機種変更よりも乗り換え(MNP)の方がお得になります!

機種変更より乗り換え(MNP)のほうがドコモはお得なキャンペーン・割引を行っているためですね。

また、「月々サポート」と「端末購入サポート」の仕様が少し異なりますので、理解しておきましょう。

「端末購入サポート」が適応されている機種は基本的にミドルレンジ(中級)機種となりますが、内容的にも金額的にもお得ということがわかります。

ドコモの端末購入サポートと月々サポートは終了。解除料や契約期間を確認
月サポと端サポの違い
  • 月々サポート:24回に分けて割引を行います。ですので、2年間の利用を目的とするので機種変更を頻繁にする方にはオススメできません
  • 端末購入サポート:1年間の利用を条件に高額割引を受けることができます

2 ドコモオンラインショップの特徴

special_campaign

画像引用元:ドコモオンラインショップ ホーム | NTTドコモ

「ドコモオンラインショップ」とは、ドコモが公式で提供しているオンラインショップになります。

iPhone X(64GB)の割引欄に「オンラインショップSPECIAL特典」とあります。

この「オンラインショップSPECIAL特典」は、ドコモオンラインショップを利用することで受けることができる特典になっています。

残念ながらiPhone 8は対象外になっていますが、iPhone Xは対象になっています。

  • 「ドコモオンラインショップ」を利用して購入する
  • 「オンラインショップSPECIAL特典」対処の機種を購入する

この2つ条件さえクリアできていれば、5,184円割引が可能になります。

また、ドコモオンラインショップ限定のキャンペーンも用意されているので、利用するメリットはかなりある印象です。

ドコモオンラインショップSPECIAL特典
  • 対象機種であるiPhoneXなら5,184円割引
ドコモオンラインショップで機種変更|メリット・デメリットや手続きの流れ

3 ドコモの料金プランを合計した実質負担額

ドコモロゴ

画像引用元:NTTドコモ ホーム

iPhoneを含むスマートフォンの契約基本体系は、「基本プラン+SPモード+パケットパック」です。

初めにどんな料金プランがあるのか見ていき、その後、1人で使用する場合と複数人で使用する場合に分けて、実際にかかる月額料金シミュレーションしてみます。

3-1 ドコモiPhoneで利用できる基本プラン

基本プラン

ドコモiPhoneで利用できる基本プラン一覧は、以下のようになります。

基本プラン月額基本使用料
カケホーダイ2,700円
カケホーダイライト1,700円
シンプルプラン980円

機種端末によって契約するプランが変わってきますが、内容は大きく異なることはありません。

3-2 ドコモiPhoneで利用できるパケットパック

パケットプラン

ドコモiPhoneで利用できるパケットパック一覧は、以下のようになります。

また、パケットパックについては「1人」で利用する場合と、「家族(シェアパック)」で利用する場合の2通りあります。

必要に応じて、参考にしてみてください。

ドコモiPhoneを「1人」で利用する方向けデータパック

以下は、ドコモiPhoneを「1人」で利用する方向けのデータパック一覧になります。
契約の際は、毎月のデータ使用量を把握しておくことをオススメします。

パケットパック名称月額定額料
ウルトラデータLLパック(30GB)8,000円
ウルトラデータLパック(20GB)6,000円
ベーシックパック2,900円〜

ドコモiPhoneを「家族」でご利用する方向けシェアパック

以下は、ドコモiPhoneを「家族」で利用する方向けのデータパック一覧になります。

「家族」でデータ容量を分け合うデータパックを「シェアパック」と言い、比較的お得にiPhoneを使用することができるのでオススメです。

パケットパック名称月額定額料
ウルトラシェアパック100(100GB)25,000円
ウルトラシェアパック50(50GB)16,000円
ウルトラシェアパック30(30GB)13,500円
ベーシックシェアパック6,500円〜

家族でドコモを利用する場合はシェアパックがおすすめです。

これはまず親回線の方がシェアパック(6,500円~25,000円)を契約し、子回線となる方がシェアオプションに加することで、1つのグループになります。

そのグループを「シェアグループ」と呼びます。

シェアグループの中で契約したシェアパックのパケットを共有することができるため、無駄なくパケットを使うことができます。

他社は対抗できるシェアプランがないため、家族が全員ドコモの場合は、かなりお得になります。

シェアオプションである「子回線」の月額料金は500円です。

また、ドコモを利用する際に必ず支払わなくてはいけない「インターネット接続サービス」の料金は300円となっております。

料金プランについては以上です。それでは具体例を挙げながら月額料金がいくらになるかシミュレーションしてみましょう。

3-3 「iPhone 8 (64GB)」を1人で利用した場合の月額料金イメージ

1人

以下は、「iPhone 8 (64GB)」を1人で利用した場合の月額料金イメージになります。

iPhone 8(64GB)新規契約・機種変更の場合乗り換えMNPの場合
カケホーダイライトプラン1,700円1,700円
ベーシックパック2,900円2,900円
spモード
(インターネット接続サービス)
300円300円
機種代金3,699円3,699円
月々サポート−2,889円
端末購入サポート−6,534円
実質月額負担額月額5,710円(税抜き)月額2,065円(税抜き)

3-4 「iPhone 8 (64GB)」を家族(3人)で利用した場合の月額料金イメージ

家族

iPhone 8(64GB)新規契約・機種変更の場合乗り換えMNPの場合
カケホーダイライトプラン1,700円1,700円
ベーシックシェアパック6,500円6,500円
シェアオプション(子回線)×21,000円1,000円
spモード
(インターネット接続サービス)
300円300円
機種代金3,699円3,699円
月々サポート−2,889円
端末購入サポート−6,534円
実質月額負担額月額10,310円(税抜き)月額6,665円(税抜き)

どちらの容量を選んでも乗り換え(MNP)がお得になっていることが分かります。

次の章では、ドコモからau・ソフトバンクに乗り換え(MNP)してiPhone 8・iPhone Xを利用する場合について解説していきます。

4 ドコモからau・ソフトバンクに乗り換え(MNP)して「iPhone 8・iPhone X」を利用する場合

ドコモから乗り換え(MNP)

ここまで、他社からドコモに乗り換え(MNP)した場合を解説してきました。

ここからは、「au」「ソフトバンク」に乗り換え(MNP)をした場合について紹介・解説していきます。

4-1 ドコモからauに乗り換え(MNP)しての「iPhone 8・iPhone X」を利用する場合

au

画像引用元:au

項目iPhone 8(64GB) iPhone X(64GB)
auピタットプラン(~1GB)3,480円
auスマートバリュー※-500円
スマホ応援割-1,000円
機種代金1,905円×24回
(総額45,720円)
2,670円×24回
(総額64,080円)
プログラム料390円
実質負担額4,275円5,040円

※auピタッとプランの割引き額は利用料によって異なります。具体的には以下のようになっています。

  • 0~1GBご利用時 500円(ただし、通話プランがシンプルの場合は割引なし)
  • 1~2GBご利用時 500円
  • 2GB以上ご利用時 1,000円

機種変更、乗り換え(MNP)どちらも上記の金額になります。

auを利用する場合、アップグレードプログラムEX(24回払い)に加入すると機種代金が割引されます。

ただし25ヶ月後に機種を変更した場合、最大で機種代金が半額になるシステムのため25ヶ月目に機種変更を行わなければ割引を最大限に活かせません。

さらに、2年後の機種変更後もauを継続して利用することになります。

アップグレードプログラムEXを契約した場合は機種代金が2,295円(アップグレードプログラム加入料含む)まで下がることから、月額料金はアップグレードプログラムEXの390円を追加した7,823円になります。

2年以上iPhoneを利用することが前提であればアップグレードプログラムEXは不必要ですが、機種代金は全額請求になります。

なおかつデータ通信量を1GB以上使用するつもりであれば、結果として月額プランも割高になってしまうため注意が必要です。

4-2 ドコモからソフトバンクに乗り換え(MNP)して「iPhone 8・iPhone X」を利用する場合

ソフトバンクロゴ

画像引用元:ソフトバンク

ドコモからソフトバンクに乗り換え(MNP)してiPhone 8、iPhone Xを利用する場合は以下のようになります。

項目iPhone 8(64GB)iPhone X(64GB)
ウルトラギガモンスター+(2年契約)7,480円
1年おトク割(12ヵ月間)−1,000円
おうち割 光セット-1,000円
みんな家族割+-2,000円
ユニバーサルサービス料2円
機種代金3,600円×24回
(総額86,400円)
4,560円×24回
(総額109,440円)
半額サポート−43,200円
(−1,800円×24回)
-54,720円
(-2,280円×24回)
実質負担額5,282円5,762円

機種変更、乗り換え(MNP)どちらも上記の金額になります。

ソフトバンクのiPhone 8 (64GB)の機種代金は86,400円に設定されています。
機種の価格設定自体が割高ですが、その分割引は豊富です。

ソフトバンクの機種変更先取りプログラムは月額300円で、13ヶ月目以降18ヶ月目までは前倒し手数料が2,000円かかります。

このプログラムは特典利用がない場合最大48ヶ月分が返金されるため、機種変更の予定が決まっていなくても付加しておくことができます。

ソフトバンクの場合48ヶ月の分割を選択した場合4年間ソフトバンクと契約を続けなければ「半額サポート」を活かすことができません。

24ヶ月タイプもあるため、状況によってプラン選択を間違わないようにしましょう。

またソフトバンクではiPhone購入キャンペーンを2017年9月から行っており、データ通信1GBプラン加入者のみ月額料金が1,980円になるプランが用意されています。

安くiPhoneを購入したい方にとってはお得なキャンペーンです。

iPhoneの機種は最新機種であればどれでも対象になっています。乗り換え、機種変更は不問で利用できます。

5 ドコモでiPhone 8・iPhone Xの機種変更、乗り換え(MNP)を考えている場合にお得なのは?

ドコモ お得

ドコモで機種変更、乗り換え(MNP)を行なった場合と、他社キャリアに乗り換え(MNP)または、機種変更を行なった場合の実質負担額をみてきました。

上記のことを踏まえて、1番お得になるキャリアを確認していきましょう。
ポイントになってくるのは、分割による「支払い期間」になります。

auの場合アップグレードプログラムEXを利用して25ヶ月目に機種変更した場合の機種代金は45,720円ですが、通信料金の最安値が1,980円に設定されていることから通信料金1GBまでの場合は安く利用できます。

ですが、契約上は48回払いとなっていますので、4年間はauを利用しなくてはいけません。また、ソフトバンクも同様です。

ドコモは48ヶ月の分割払いが用意されていない代わりに、25ヶ月目に機種変更をしない場合は機種代金が清算される点が魅力です。

2年契約で最新iPhoneを利用したいと考えており、その後の自由なキャリア変更を考えているなら、ドコモでの乗り換えは比較的お得と言えます。

1年後~2年後に機種変更を考えているかがポイント

au(アップグレードプログラムEX)・ソフトバンク(半額サポート)は、機種代金が半額に割引されるが、契約上は48回払い(4年契約)となっています。

ですので、au(アップグレードプログラムEX)・ソフトバンク(半額サポート)を利用した場合、4年間「乗り換え(MNP)」を行うことはできなくなります。

前述しましたが、ドコモには48回払い(4年契約)という契約は存在しておらず、金額も他社と同額ぐらいに設定されています。

乗り換え(MNP)でiPhone 8を購入する場合、「ドコモ」が1番内容・金額的にもお得になります。

また、機種変更でiPhone 8を購入する場合、金額的には「au(4年契約)」が1番安く購入できますが、契約年数は「ドコモ(2契約)」の方が都合が良いでしょう。

コストパフォーマンスを重視するか、契約内容を重視するかでキャリアを選ぶことがポイントになります。

次の章では、ドコモ・au・ソフトバンク共通のiPhoneのデータ移行ステップについて解説していきます。

6 ドコモ・au・ソフトバンク共通のiPhoneのデータ移行ステップ

iCloudでスマホのコンテンツを同期

乗り換えでもキャリアを変えない機種変更でも、今まで使っていた古いiPhoneのデータを新しいiPhoneへ移行したいですよね。

あるいはこれを機に人間関係の断捨離を決行する、という方もいると思います。ここではデータ移行の方法を紹介します。手順は以下の通りです。

  1. 古いiPhoneをWi-Fiに接続する
  2. iCloudにバックアップを作成する
  3. 新しいiPhoneでバックアップから復元する

6-1 古いiPhoneをWi-Fiに接続する

スマホのデータ移行

大前提としてWi-Fi環境でなければiCloudにバックアップを作成することはできません。

「もう契約解除したからネットにつなげることはできないんじゃないの?」と思う方もいらっしゃると思いますが安心してください。

契約を解除するとキャリアの回線が使えなくなるだけで、Wi-Fiに繋ぐ機能がなくなるわけではありません。

よくわからないという方はとにかく契約を解除してもWi-Fiには繋げるということだけ覚えておけば大丈夫です。

バックアップ作成はWi-Fi環境下であれば、カフェなどでも行なえます。

ただし、カフェなどの公共のWi-Fiに接続して作業すると物凄く時間がかかることがあるので時間に余裕がある時に行いましょう。

加えて、初めてiCloudに接続しバックアップを作成するときもかなりの時間がかかります。

  • バックアップ作成の目安時間は、1分~1時間くらい
  • 公共のWi-Fi環境のようなネットの接続速度が遅い環境では、1時間以上かかることもある
  • iCloudのバックアップで復旧できるデータは、アドレス帳や写真データなど、基本的にはiPhone上に保存されているもの。アプリ内のデータの引き継ぎをiCloudで行うことはできない

6-2 iCloudにバックアップを作成する

バックアップ

  1. ホーム画面から設定画面を開く
  2. 設定画面内上部のユーザー名をタップ。
    ※大体は自分の名前が表示されているはずです。
  3. 「支払いと配送先」下部の「iCloud」をタップ
  4. アプリの一覧のような画面になるのでスクロールし「iCloudバックアップ」をタップ
  5. 「今すぐバックアップを作成」をタップ
    すぐ上にトグルボタンがあるので[オフ]になっていたら[オン]に切り替えましょう。

    「今すぐバックアップを作成」をタップするとバックアップの作成が始まります。
    ちなみに「iCloudバックアップ」が[オン]の状態になっていればiCloud上にバックアップが既に作成されているはずです。

以上でiCloud上にバックアップが作成されます。次に今iCloudに作成したバックアップから新しいiPhoneにデータを移行しましょう。

iPhoneのバックアップを取得して復元する方法【iCloud/iTunes】

6-3 新しいiPhoneでバックアップを復元する

復元

新しいiPhoneを起動するところから説明します。

  1. simカードを差して新しいiPhoneを起動
  2. 国や言語などの設定を行う
  3. 利用するWi-Fiを選択しパスワードを入力
    バックアップからの復元もWi-Fi環境にないとできないため、スキップせずに入力しましょう。
  4. 「位置情報サービス」や「Touch ID」を設定
    この辺はスキップしてもバックアップの復元に影響はありませんので後ででもOKです。
  5. パスワードを設定
  6. 「iCloudバックアップから復元」をタップしてデータを取り込む
  7. Apple IDとパスワードを入力
  8. 利用規約画面を一読し画面下部の「同意」をタップ
  9. 画面が切り替わったら復元したいバックアップデータをタップ
  10. バックアップデータが復元されるまで待機
    早いもので数10分、遅いものだと1〜2時間かかります。
  11. 復元が完了すると”こんにちは”と表示されるので、認証画面に遷移
  12. 認証完了

これで新しいiPhoneにバックアップデータが復元されます。データが正常に復元されていれば、ホーム画面の背景まで機種変更前のiPhoneと同様になりますので確認してみてください。

※iOSによって操作方法が異なる場合も出てくるので、その時々で毎回最新情報を確認しましょう。

7 ドコモのiPhone X/8 機種変更と乗り換え(MNP)はどっちが得するか

iPhone X

画像引用元:iPhone X | iPhone | NTTドコモ

「ドコモのiPhone X/ 8 機種変更と乗り換え(MNP)はどっちが得する?のまとめ」と題して、どちらの方がお得か契約内容を比較してきました。

以下は、今回の内容をまとめたものになります。

ドコモの「iPhone X/8」まとめ
  • ドコモのiPhone X/8を購入する場合、乗り換え(MNP)契約が1番お得
  • 大手3大キャリアで1番お得なのは「ドコモ」
  • ドコモオンラインショップの限定キャンペーンをフル活用
  • iPhoneのデータ移行ステップはキャリア共通で行える

今iPhone X・iPhone 8を購入するのであれば、ドコモの乗り換え(MNP)を利用することが1番お得になります。

iPhone 8は端末購入サポートが適応になったことで、当時よりもかなりお得な機種となりました。

この記事を機に、ドコモでiPhone X・iPhone 8を購入してみてはどうでしょうか?

ドコモのおすすめスマホ機種ランキング【2020年最新版】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ