ドコモ光にフレッツ光からの乗り換えは簡単だしdポイントもたまる

  • 2018年4月22日
  • by.よし松

gifbanner?sid=3366649&

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモ光のメリットはdポイントがたまること

画像引用元:ポインコマーケット | NTTドコモ

  • 35歳
  • 女性
  • ショップ店員
  • ドコモ光歴:1年

私がドコモ光に乗り換えた理由はドコモショップの店員さんに勧められたからです。以前はNTTコミュニケーションズのフレッツ光を契約していました。フレッツ光も問題はありませんでした。しかし携帯の調子が悪くドコモショップを訪れた際に店員さんからドコモ光への変更の提案をされました。

フレッツ光よりも500円程度ですが月々の支払いが安いということでした。500円でも年間にすれば6000円も違います。しかもプレゼントとして1万円キャッシュバックしてくれるという話もされた記憶があります。新しく契約しただけなのに1万円もくれるのかとびっくりしたことは覚えています。それで思い切ってドコモ光へ乗り換えることにしました。

ドコモ光のメリットはdポイントが結構溜まることです。今までは携帯の使用量に対してのdポイントしかつきませんでした。しかしドコモ光の使用量にもdポイントが加算されるので、今でよりもかなり多くのdポイントがつくようになりました。たまったdポイントでマクドナルドでご飯を食べたりできるので気に入っています。

また他のプロバイダーからの変更にも関わらず面倒な手続きもなく工事もなくスムーズに変更できました。速度も今までとほとんど変わりなく使用できました。デメリットを探すのは難しいくらいいいことづくしでした。

デメリットを感じたことはありませんが、中には速度がフレッツ光よりも遅くなった人もいるようです。特に夜になると速度がかなり落ちてしまうという人もいます。

また当たり前ですがドコモ光という名前だけあり、ソフトバンクやauの携帯電話を使用している人にはほとんど魅力がありません。万が一解約したいと思ってもよく耳にする2年縛りという制度があります。これは2年間は解約できないという制度です。

もし解約するとなると違約金を払わなくてはなりません。違約金は結構高額で戸建てですと13,000円払わなくてはなりません。これではせっかく契約時にいただいた1万円がチャラになってしまいます。

このようにわずかながらデメリットもあります。しかし実際には契約して見ないとわかりません。とりあえず2年間は続けなくてはいけないので、それが可能な人はぜひドコモ光の契約をして欲しいです。

工事不要、プロバイダの変更不要で簡単乗り換え

  • 35歳
  • 男性
  • 営業職
  • ドコモ光歴:1年

ドコモスマホユーザーです。ドコモショップで機種変更した際にフレッツ光からドコモ光に乗り換えました。ドコモユーザーならスマホ代もお得になるとのことです。

再度、光回線の工事が必要かと思っていましたが工事不要で解約金も不要でした。さらにプロバイダはOCNを使っていましたが、変更は必要ないとのことでしたので契約しました。工事もなく、~日から自動的に切り替わるということで、気づいたらドコモ光に切り替わっていました。

スマホ料金の割引はデータシェアパックを組んでいることが条件でした。我が家は家族でデータシェアパックを契約していましたので、問題なく割引が受けられました。今まで光の料金と支払いも別々になっていて面倒でしたので、一括で請求されるのは簡単で良いです。

乗り換えの際に面倒だったのは転用番号の取得です。フレッツ光でのお客さま番号など必要な項目が多かったので、NTTの契約書類を用意しなければいけませんでした。

インターネットで転用番号を取得しようとしましたが、何かの入力情報が違っていたらしく、取得できません。そこで、NTTの専用番号に電話してやっと取得できました。一切面倒なことはないと言われましたが、少し面倒でした。

また、フレッツ光で契約していたウイルスクリアとリモートサポートのオプションは自分で電話して解約しないといけないとのことでした。後日解約しましたが、電話が繋がりづらかったです。

あとで気づきましたが、ドコモから他社に乗り換えるのが非常に難しくなっています。携帯のキャリア乗り換えを検討している方はよく考えたほうが良いと思います。

プロバイダですがOCNをそのまま移行しました。しかし急にインターネットの速度が遅くなり、全く使い物にならなくなってしまいました。そこで詳しい友人に聞いて違うプロバイダに変更したところ、速度の問題は解決しました。

聞いていたよりも面倒くさいことは多々ありましたが、ドコモ光に乗り換えて毎月1,000円以上の通信費削減に成功したので手間はしょうがないかという感想です。

携帯各社スマホと光はまとめることを推奨してますが、確かに安くなり、請求も分かりやすく支払いも簡単です。少々手間はかかりますが、携帯会社を乗り換える気がないドコモユーザーはまとめたほうがお得だと思います。

ドコモ光でメリットを受けるなら「家族全員ドコモ」

  • 男性
  • 会社員
  • ドコモ光歴:1年

今までドコモのスマホを自分ひとりで契約していました。子供が中学に上がる時にスマホを持たせるときにショップの方に勧められました。

最初は切り替えるのがめんどくさかったのですが、今の家がフレッツ光だったので回線工事の必要もありませんということと、ドコモ光にすると通信料も割引になるということだったのと、あと商品券とポイントをたくさんもらえるということで思わず加入してしまいました。

ただ月々の通信料の割引やポイントの付与にはいろいろ考えないといけませんでした。ドコモ光でメリットを受けようとすると基本的に携帯は「家族全員ドコモ」これが大前提だと思います。そうするとドコモ光とスマホのセットで毎月の料金が安くなり、さらにdカード GOLDを所有すれば10%ポイントがもらえます。(ただし年会費が10,000円程かかるがスマホとドコモ光で利用額が月10,000円ぐらいあればポイントで相殺できる。)

これで月に¥2,000~3,000ぐらい、年間20,000~30,000ぐらい安くなりました。月々にするとそんなに大きい割引でもないなと思っていましたが、ちりも積もればではないですが年間にすると、結構な金額になります。

来年は下の子供もスマホがいるので、シェアプランの容量を増やすのでもう少し割引も増えるそうです。あとプロバイダーがたくさんある中から選べたのが意外でした。支払いもドコモからのスマホの請求と一緒にきてのでまとまるので便利でした。

デメリットは回線が少し遅く不安定なような気がします。フレッツ光の時はもう少しサクサク、動画やネットが見れたように思います。

あとパケットパックに割引がされるので家族にどれだけデータ通信をするか分からない人がいる場合はめんどうだと思います。パケットパックには「家族全体で毎月これくらい通信をするだろう」ということを予想して入ります。そのため、通信量がわからないと「どのプランに入っていいのか分からない」という事態になるので、自分や家族が毎月どれだけ通信をするかわからない人には不向きなプランです。

パケットパックのデータ量が月の途中で無くなるとパケットパックに入っている家族全員のスマホの通信速度が低速になってしまいます。私はこれを子供にやられました。入っているパケットパックが小さい場合は、途中で利用できるデータの量が無くなって、低速モードになる危険性があります。なので、月に家族がどのくらいスマホでデータ通信するかが分からない人とドコモ光は相性が悪いです。

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

編集部まとめ

3人ともがフレッツ光からの乗り換えでした。そして全員がドコモショップで勧められたようです。もちろんショップの方もお客様自身にメリットがあるからという理由もあるのでしょうが、1番は会社からのお達しでしょう。中には結構強引に勧められるという話も耳にします。

さて、今回フレッツ光からドコモ光への乗り換えで3人共が速度が遅くなったとのことでした。公式に出ている速度ではドコモ光もフレッツ光と同じで、最大下り1Gbpsの通信速度です。それで調べてみたところ、通信速度が遅くなる原因は以下の3つとのことです。

  • パソコンのスペックと状態
  • 通信機器(ルーターやモデム)の状態
  • 使っているプロバイダの問題

この中のプロバイダの問題に関しては2番目のユーザーレビューでも触れられています。プロバイダを変更したら速度が改善した、と。これは多くの人が同時に集中して使っていたからと推測できます。最大下り1Gbpsといっても、大勢の人が同時使用すると速度は1/4程度に落ちます。当然もっと多くの人が使用すればもっと遅くなります。

今はIPv6という新しい通信の規格があり、自動的に混雑していないネット回線に繋いでくれます。これを利用すれば通信速度が速くなります。対応しているプロバイダはまだ少ないですが、プロバイダで悩んでいる人はこれを基準にしてみてはいかがでしょうか。

ドコモ光のプロバイダでおすすめ6社を比較!料金・速度共に優れているのは

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
この記事を書いた人
よし松
よし松
山形出身。ゆとり第一世代に属し、大学4年の時は就職氷河期を味わう。ろくすっぽ就活をせずに麻雀に明けくれ新卒採用を逃す。中学3年生で初めて携帯を持ち、23歳でiPhone 4を購入。以後iPhone 6→iPhone XS。AirPodsとMacを持ってスタバにいくズブズブスタイル。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ