ドコモ光の料金プランを徹底ガイド|本当にお得に使うためのポイント

ドコモ光の料金プランを徹底ガイド|本当にお得に使うためのポイント

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

フレッツ光の光回線の卸売りが始まったことにより、モバイル回線を提供していたドコモでもご自宅向けの光回線サービスである「ドコモ光」の提供を開始することが可能となりました。

光回線にドコモ光を導入するのであれば、毎月発生する月額料金や初期費用等の料金に関する点が最大の悩みどころです。

せっかく利用するのなら、よりお得な料金でドコモ光を利用したいところですが、サービスの内容が複雑でわかりにくいという方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、ドコモ光の料金はどのようなものかを紹介しつつ、よりお得に使うためのポイントについて解説していきます。

ドコモ光をお得に使うポイント5つ

まずはドコモ光をお得に使うためのポイント5つを紹介します。

ポイント
  • ドコモのスマホを使う
  • 家族みんなでドコモを使う
  • dポイントを活用する
  • dカードGOLDで還元率アップ
  • 各種キャンペーンの活用

ドコモのスマホを使う

ドコモ光と”ドコモ”を冠しているだけあって、ドコモのスマホを使っているとお得になります。

よく、ネット回線と携帯はまとめた方が良いといいますが、ドコモもまさにその通りです。

ドコモ光セット割

画像引用元:ドコモ光 | NTTドコモ

ギガホ・ギガライト

プラン名称データ容量割引額
ギガホ30GB-1,000円
ギガライト〜7GB-1,000円
〜5GB-1,000円
〜3GB-500円
〜1GB-

カケホーダイ&パケあえる

プラン名称データ容量割引額
ウルトラデータLLパック30GB-1,600円
ウルトラデータLパック20GB-1,400円
ベーシックパック~20GB-800円
~5GB-800円
~3GB-200円
~1GB-100円

ドコモのスマホで「ギガホ・ギガライト」と「カケホーダイ&パケあえる」を選択している方がドコモ光をセットで使った場合の割引額は上記のようになっています。

ドコモ光を利用する時、戸建タイプを利用する場合もマンションタイプのどちらかを利用することになります。

ドコモではどちらを選択する場合でも、ドコモのスマホと併用することで料金がお得になるドコモ光セット割という割引制度を展開しています。

ドコモのスマホを利用している方がドコモ光を利用することで、ドコモスマホの月々の料金がお得になるという訳です。

すでにドコモのスマホを利用されている方は、固定回線もドコモ光にすることでお得になりますし、ドコモ光を検討している方はスマホもドコモに乗り換えることでお得さが増します。

家族みんなでドコモを使う


ドコモ光を利用する場合、ドコモのスマホを利用することでセット割が適応になることがわかりましたが、それだけではありません。

みんなドコモ割

画像引用元:割引情報 | 料金・割引 | NTTドコモ

契約数割引額
1回線割引なし
2回線-500円
3回線-1,000円

ドコモの新プランである「ギガホ」や「ギガライト」を契約の場合には、みんなドコモ割が適応となり契約回線数に応じて上記の割引が受けられます。

2回線で1契約につき500円の割引となり、3回線以上では1契約につき1,000円の割引を受けることができます。

パケあえる

画像引用元:報道発表資料 : 「カケホーダイ&パケあえる」に新プラン、新パケットパックを追加

プラン名称データ容量割引額副回線
ウルトラシェアパック100100GB25,000円500円
ウルトラシェアパック5050GB16,000円500円
ウルトラシェアパック3030GB13,500円500円
ベーシックシェアパック~30GB15,000円500円
~15GB12,000円500円
~10GB9,000円500円
~5GB6,500円500円

従来のドコモのカケホーダイプランの場合には、パケット部分を家族で共有することが可能で、副回線は1契約につき500円でパケットを使用することが可能になります。

パケあえるの場合には、家族の人数が多いほどお得になりますのでご夫婦だけではなくお子さんもスマホを利用しているという方の場合には一緒にドコモを利用することでお得さが増します。

dポイントを活用する

画像引用元:dポイントクラブ[dPOINT CLUB/dポイントカード]| NTTドコモ

ドコモでは「dポイント」というポイントサービスを展開しており、ドコモのスマホやドコモ光の請求に充てることも可能です。

以前まではドコモポイントというものでしたが、dポイントになってからは上記のドコモサービス以外の店舗でも会計時にdポイントカードを提示することでポイントが貯まるようになりました。

ローソン等のdポイント加盟店でのお会計時にdポイントカードを提示することで、会計額に応じたdポイントが貯まります。

普段からdポイントカードを携帯し、dポイント加盟店でお買い物をすることでドコモ光をお得にするチャンスが増えるという訳です。

dカードGOLDで還元率アップ

画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介

dカード GOLD利用のメリット
  • dカードGOLDで還元率10%

dカードとはドコモが提供しているゴールドカードで海外旅行時の保険がついていたり、空港のラウンジが使えたりとなにかとメリットのあるカードです。

ドコモのスマホ利用者やドコモ光を契約している方にとって大きなメリットと言えるのが、還元率10%の部分です。

先ほどの項目で紹介したdポイントですが、通常の利用では100円についき1ポイントの獲得となるため実質1%程度となります。

しかしdカードGOLDでドコモのスマホやドコモ光の利用料金を支払うことで、利用額の10%が還元されます。

GOLDカードなので年会費として10,000円が発生しますが、還元率アップや各種保険などのメリットを考えると是非合わせて利用したいサービスと言えます。

次の章ではドコモ光で使えるお得なキャンペーンを紹介します。

dカード GOLDを最大限利用したら年間8万円以上もお得になる話

各種キャンペーンの活用

ドコモでは様々なキャンペーンを実施しているので、キャンペーン実施のタイミングに合わせて契約することでお得さはアップします。

現在行われているキャンペーンは以下のようなものがあります。

ドコモ光dポイントプレゼント

画像引用元:ドコモ光dポイントプレゼント特典 | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

ドコモ光dポイントプレゼントの内容は、新規でドコモ光に申し込みをし7ヶ月以内に開通することで20,000ポイントもらえるというものです。

取得した20,000ポイントは1ポイント1円としてドコモサービス他、dポイントの加盟店で利用することができます。

受け取ることができるポイントについてはキャンペーンの期間により変動する可能性があるため、申し込みをする際にはキャンペーン内容を確認することをおすすめします。

ドコモ光新規工事料無料特典

画像引用元:ドコモ光新規工事料無料特典 | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

ドコモ光に限らずですが、光回線を使ったインターネットを新規で始める場合、ケーブルを家の中に引き込む工事が発生します。

戸建とマンションで違いがあり、付随する工事が発生するかどうかで金額に違いが出る可能性がありますが10,000円から20,000円程度の工事費用が発生します。

通常であれば、一括または分割で支払う必要があるのですが、今ドコモ光を始める方はこの工事費用が無料になります。

キャンペーンの実施期間は変更になる可能性があるため、申し込みのタイミングで実施しているかを確認してから契約をすると良いでしょう。

ドコモ光のキャンペーン比較|どこにいつ申し込めば1番お得なの?

ドコモ光はどのようなサービスなのか

ここまでドコモ光をお得に使うためのポイント5つを紹介してきましたが、そもそもドコモ光はどのようなサービスなのかが気になるという方もいらっしゃるかもしれません。

そのため、ここの項目ではドコモ光がどのようなサービスであるのかを少し詳しく紹介してきたいと思います。

ドコモ光のサービス提供の仕組み

ドコモ光は、光コラボレーションモデルのひとつとしてユーザーにインターネット環境を提供しています。

光コラボレーションモデルとは、NTT東日本・西日本のフレッツ光を他の事業者がそのまま流用して独自のサービスやキャンペーンとして展開する光回線サービスのことを言います。

既に整備されたインフラをそのまま使うため、理論上はフレッツ光の通信品質をそのまま使うことができます。

また、インフラの設置や整備にコストをかける必要がないため、月額料金を抑えてユーザーに通信サービス提供することが可能となっています。

こうした光コラボレーションモデルの事業者は数多く存在しますが、その中でもドコモ光は信頼できる事業者と言えます。

何故なら、ドコモ光を提供しているドコモの親会社はフレッツ光を提供しているNTT東日本・西日本であるため、フレッツ光との親和性が高いからです。

ドコモ光の提供エリアはどこか

ドコモ光の提供エリアは、東日本・西日本を合わせて26都道府県となっています。しかし、マンションタイプに関しては東日本エリアのみの提供となっています。

ドコモ光を使うことが出来るエリアについて、東日本と西日本に分けてそれぞれ一覧にすると以下になります。

ドコモ光・東日本の対象エリア
  • 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県・新潟県・福島県・北海道

ドコモ光・東日本の提供エリアは、上記エリアの一部とされています。

ドコモ光・西日本の対象エリア
  • 大阪府・和歌山県・京都府・奈良県・滋賀県・兵庫県・愛知県・静岡県・岐阜県・三重県・広島県・岡山県・香川県・徳島県・福岡県・佐賀県

西日本では、以上の一部エリアでドコモ光の利用が可能となっています。

なお、ドコモ光の申し込みは日本全国に設置されているドコモショップやドコモの公式Webサイト、ドコモ光申し込み電話などから行うことができます。

高品質な固定電話もお得に使える

ドコモ光では、従来の一般加入電話をより高品質にした光電話をオプションで利用することが出来ます。

電話回線ではなく光回線を利用することで音質は向上し、電話代はお得になるというメリットの多いサービスです。

これまで使っていた一般加入電話の電話番号をそのまま使うことができ、さらに電話機を新しく購入する必要もありません。

ドコモ光電話への切り替えも、ドコモ光のお申し込み時と同じように簡単に行うことが出来ます。

ドコモ光電話は、月額500円で利用することができ、国内の固定電話との通話であれば3分あたり8円で利用することが出来ます。

しかし、ドコモ光を契約するのであれば、ドコモ光電話も一緒にお申し込みをした方が圧倒的にお得であると言えます。

次の章ではドコモ光の通信費を紹介します。

ドコモ光の料金プランを徹底ガイド|本当にお得に使うためのポイント

ドコモ光の通信料金


従来の光回線の通信料金はプロバイダと光回線の利用料の2段構造になっていましたが、ドコモ光の月額料金はプロバイダと光回線利用料がセットになった料金で提供されています。

プロバイダは多くの種類から選ぶことができ、タイプAに分類されるプロバイダとタイプBに分類されるプロバイダに分けられています。

また、プロバイダがセットになっていない単独タイプも選択することが出来ます。

その際は自分で別途プロバイダを契約する必要があり、契約するプロバイダによってプロバイダの月額料金が異なります。

ここでは、ドコモ光の料金プランについてやドコモ光を開通するにあたっての工事費等を含めた初期費用、ドコモ光が提供しているドコモ光電話の料金についてもご案内します。

ドコモ光の月額料金

タイプ戸建タイプマンションタイプ
タイプA5,200円4,000円
タイプB5,400円4,200円
単独タイプ5,000円3,800円

このように、ドコモ光は住宅タイプによって料金が異なり、さらにAタイプとBタイプの2種類にプロバイダタイプが分けられます。

タイプA対応プロバイダ(全12種類)

ドコモnet・plala・So-net・GMOとくとくBB・DTI・Tigers-net.com・BIGLOBE・excite・andline・ic-net・U-Pa!・@nifty

以上の12のプロバイダは下記に紹介するタイプBに比べて月額料金が200円ほど安くなっています。

タイプB対応プロバイダ(全6種類)

@TCOM・OCN・TNC・AsahiNet・WAKWAK・@ちゃんぷるネット

プロバイダにこだわりがあったり、すでにタイプBのプロバイダでメールアドレスを取得していて変更をしたくない場合を除いてはタイプAのプロバイダを選んだ方が良いでしょう。

ドコモ光の初期費用

初期費用に関しては、既に利用しているフレッツ光からドコモ光に転用する場合と引越し先で新しく契約する等の理由でドコモ光を新規契約する場合によって工事費が異なります。

こちらについても少々内訳が異なるため、それぞれに分けて代表的な工事費を例に初期費用をご案内します。

ドコモを新規で申し込む場合

画像引用元:キャンペーン・特典 | NTTドコモ

ドコモ光を新規でお申し込みする場合は、ホームタイプかマンションタイプかによって工事費が異なります

ホームタイプの場合
  • 契約事務手数料3,000円+工事費18,000円=21,000円
マンションタイプの場合
  • 契約事務手数料3,000円+工事費15,000円=18,000円

このように、ホームタイプの方がマンションタイプに比べて工事費が高くなります

新規お申し込みの場合は、打ち合わせをした工事日に担当者がご自宅に訪問して開通工事をすることが多いです。

フレッツ光からドコモ光に転用する場合

画像引用元:フレッツ光公式 | NTT東日本 | 光回線のインターネット接続ならFLET’S光

既に利用しているフレッツ光から転用する場合、現在利用している通信速度を変更するかしないかで工事費が異なります

通信速度をそのままで利用する場合
  • 契約事務手数料3,000円+工事費0円=3,000円
通信速度を変更する場合(例100Mbpsから1Gbpsへ変更等)
  • 契約事務手数料3,000円+工事費7,600円=10,600円

このように、ドコモ光に乗り換えるにあたってフレッツ光時代の通信速度からより速い通信速度へ変更する場合、工事費が発生します。

既に以前からドコモ光の最大通信速度である1Gbpsを利用している場合は、工事費0円でスムーズにドコモ光を開通することが出来ます。

また、通信速度を変更する場合も一般的には訪問工事ではなくドコモ光の開通担当者と打ち合わせをした日に自動的に切り替わります。

お得に使えばドコモ光の料金は高くない

ここまで、ドコモ光をお得に使うための方法やドコモのサービスの詳細や料金などを紹介してきましたが、まとめると以下のようになります。

ドコモ光をお得に使うためのポイント5つ
  • ドコモのスマホを使う
  • 家族みんなでドコモを使う
  • dポイントを活用する
  • dカードGOLDで還元率アップ
  • 各種キャンペーンの活用
ドコモ光とは
  • ドコモが提供する光コラボレーションモデル
  • 26都道府県で利用可能
  • 高品質でお得な光電話が使える
ドコモ光の料金
  • 戸建タイプ:5,000円〜5,400円
  • マンションタイプ:3,800円〜4,200円

いかがでしょうか、固定回線は費用がかかってしまうという観念から利用をためらっていた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ドコモのスマホとセットで使い各種キャンペーンを使うことでとてもお得になることがお分かりいただけたと思います。

ドコモ光を検討中の方や、固定回線をお得に使いたいとお考えの方は是非ここで紹介した内容を参考にしていただけたらと思います。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
この記事を書いた人
pnatsu
pnatsu
pnatsuと申します。 iPhone好きで、便利機能やアプリの情報を集めることが好きです。 趣味や経験を活かして、スマホ関連全般の記事を主に作成しています。 みなさんの快適なスマホライフのお役に立てる情報をお届けすることが最大のミッションです。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ