ドコモ光を引越し先で利用する場合の費用と事前準備から当日までの流れ

ドコモ光を引越し先で利用する場合の費用と事前準備から当日までの流れ

引越しをする際、うっかり忘れていると後々面倒なことになってしまう「インターネット回線」の問題。

手続きをいつ始めたかによっては、引越し先での利用状況が大きく変わってくることもあります。

今回は、ドコモ光を引越し先で利用するために必要な手続きや費用などをくわしく・わかりやすく解説していきます!

1 ドコモ光を引越し先で利用するためには「移転」が必要

「移転」とは、現在契約しているドコモ光の設置場所を変更することです。

移転の場合、現在の契約内容をそのまま引き継いで利用することになるため、解約扱いにはなりません。

新住所が決まり次第、早めに移転の手続きをするようにしましょう。そうすれば、工事日も早めに予約ができます。

1-1 ドコモ光を移転する際の注意点

移転の手続きは難しくありませんが、申し込みをする前に確認しておかなければいけない注意点が2つあります。

引っ越し先によって工事費や利用料金などが変わる

注意すべきは、西日本エリア内・東日本エリア内で引っ越しをする”エリア内の移転”と、東西エリアをまたいで引っ越しをする”エリアまたぎの移転”では、工事費などが変わってくる点です。

また、引越し先が一戸建てなのかマンションなのか、さらに建物の設備によっても利用料金・利用環境は変わってきます。

電話番号が変わってしまう

固定の電話番号やドコモ光電話番号、NTTのひかり電話番号も、引越し先の状況に応じて変わってくるので、よく確認しておきましょう。

下4桁の番号に変更がなかったとしても、電話番号の先頭部分は引越し先の地域のものに変わるので、改めて周囲に伝えておく必要があります。

ドコモインフォメーションセンターかドコモショップで事前に確認しておきましょう。

ドコモインフォメーションセンターへの連絡先

ドコモケータイから151 もしくは 一般電話・他社ケータイから0120-800-000
午前9時~午後8時

1-2 ドコモ光の移転にかかる費用は?

移転の手続きにかかる費用は、”エリア内の移転”か”エリアまたぎの移転”かによって変わってきます。

エリア内の移転の場合

手数料2,000円
移転先の利用タイプ戸建てタイプ9,000円
マンションタイプ7,500円

エリアまたぎの移転の場合

手数料2,000円
新規事務手数料2,000円
移転先の利用タイプ戸建てタイプ18,000円
マンションタイプ15,000円

工事日が土日の場合は+3,000円がかかります。
また、利用している現住所での撤去料金などは、派遣工事でも基本無料です。

引越し先にNTTの光回線が既に導入済みだった場合は、工事が不要となる場合もあります(無派遣工事)。

ただし、ほとんどの場合は工事が発生すると思っていた方がいいでしょう。

次のページではドコモ光の移転と、解約→新規契約ではどちらがお得になるのか検証します。

ドコモ光の料金を徹底ガイド|本当にお得に使うためのポイントを解説

あなたにおすすめ

「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Premium」を徹底比較|どちらが買いか?... 大人気のAndroidスマホXperiaシリーズの最新モデルが各キャリアから発表されましたね! 今回もスタンダードなXperia XZ2と、映像美を追求したXperia XZ2 Premiumが発売されます。 Xperia XZ...
40代女性がXperiaを使う理由は「手のひらに合うサイズがある」... トップ画像引用元:Xperia(エクスペリア) X Compact ドコモ SO-02J | ソニーモバイル公式サイト iPhoneから乗り換えた理由は「防水機能」 画像引用元:Xperia™ Z3 SO-0...
ドコモ dポイントを詳しく理解すれば貯める・使うが楽しくなる... 機種変更以外にも使える用途はたくさんある|ドコモユーザーレビュー 48歳 女性 会社員 以前はキャリアからポイントを付与されても、利用するのは機種交換の際の充当程度でした。しかし現在では、様々な方法でポ...
ドコモオンラインショップでiPhoneに機種変更した時の初期設定の方法... 「日本人は世界一のApple好き」なんて言われるほど、iPhoneのシェア率が高い日本。 iPhoneⅩも、ホームボタンがない、イヤホンジャックがないなど、今までと仕様が大幅に変わり、売れないなんて声もありましたが、順調に売り上げを伸...