バックエンドを構成変更してサーバレスへ

バックエンドを構成変更してサーバレスへ

サーバの運用というものは生産性がないけど行っていかなければならないものです。

そこにはハードの維持管理や状況を監視しておくための運用コストというものが関わってきます。

これらを抑えつつ、でもサービス状況に応じて迅速にスケーリングできる状態というものは必要だと思うのでクラウド利用という選択があるのだと思います。

現在、あくまで検討段階で技術調査も必要なのですが実現できればと思っている構成の紹介になります。

概要

AWS(Amazon Web Services)で且つインスタンスを用いずに構築する。

使用サービス

  • API/GW
  • Lambda
  • dymamoDB
  • RDS

現状構成図

image04

※諸事情により物理サーバに送信してます。

問題点

EC2やEMRで組んでおり、物理サーバよりもスケーリングしやすいが、管理においては物理サーバとあまり変わらない。

予定構図

image05

改善点

それぞれ課金の仕方は異なりますが、概ね実際に使用した分となり、スケーリングもし易い構成だと思います。

費用

現行のリクエスト数をベースにした金額
現状構成
・1ヶ月:約$1165(リザーブド有)
予定構成
・1ヶ月:約$610.262

約半分となるが、MAXを想定しているので実際にはこれよりも下がる見通しです。

まとめ

まだ、検討段階ではありますが、この対応により費用を落とし、スケーリングしやすくなりそうです。
ただ、どんな形であれ移行作業はしんどいですが。。。

あなたにおすすめ

仮想環境で『Ansible』を使ってサーバ構築... 最近、サーバ構築を実施する必要がありました。 まずは仮想環境を作り、サーバ構築を……と思ったのですが、私はインフラ周りの経験が浅く、色々困ったことが頻出してしまいました。 今回の記事では、私と同じような “サーバ構築ビギナー” ...
G Suiteの「Googleサイト」が意外にも使えるツールであった?... 今回ご紹介するのはGoogleの『G Suite』です。 えっ、いまさら『G Suite』!? なんて思われるかもしれません。 それもそのはず、『G Suite』は本日8月28日で、ベータ版提供開始から11年になるんですね。 ...
内線電話用の番号検索|Slack APPで作ってみた... ショーケース・ティービーではメール誤送信防止という観点から、社内連絡ではチャットツールを使用しています。 現在使用しているツールは「HipChat」。 <bitWave関連記事『情報漏えいしないための決定打!”Hip Chat”』>...
Amazon EC2|Red Hat Linux 7.3で“Muninインストール“や“パッケージ導... ナマステ~! 私はナラヤンです! 今回が初投稿になるのですが、実はこれまで何度か本bitWave上でも登場していました。 <bitWave関連記事『おもてなしの企業の社員が、ネパール人をおもてなししてみた!』> <bitWave関...