バーチャル恋愛の未来 人はどこまで“非現実”に“現実”を求めるか

バーチャル恋愛の未来 人はどこまで“非現実”に“現実”を求めるか

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

どこかにモテモテになれる媚薬が売っていないかなぁ。。。
あっ、お恥ずかしい所をお見せしました、約みつるです。

みなさんだってモテたいですよね?
でも、理想の相手と自分の容姿やステータスで釣り合いを考え、それなりのところに落ち着いたりするものです。自分を磨いたところで、石っころはやっぱり石です。

理想の相手との生じたギャップを気にしないで済む方法、それはバーチャルアイドルを理想の相手とすることです。私自身、生まれた年がちょっと早すぎたばかりにその恩恵には授かりませんでしたが、まだ若ければお世話になっていた可能性があったかもしれません。

メディアの進化とともに歩む
バーチャルアイドル先進国の日本

かつての日本はマンガやアニメなどサブカルチャー先進国でしたし、当然ながら人間の嗜好性はそう変わるものではなく、その時代に合わせたバーチャルアイドルが生まれては消えを繰り返してきました。

ITの話でいえば芸能事務所ホリプロに所属する「伊達杏子 DK-96」が走りだったような気がします。伊達杏子はテレビやラジオで活躍し、人気を博する予定でしたが、同時期に発売された恋愛シミュレーションゲームのキャラクターとのバーチャルキャラ戦争に敗れ、ひっそりと姿を消しました。ちなみに当時はデジタルアイドルと呼ばれていました。

image04
96年デビューの“元祖デジタルアイドル”伊達杏子 DK-96
©ホリプロ

伊達杏子の登場から数年後、弊社副社長がかつてプロデュースした「テライユキ」が登場。初めて3DCGのバーチャルアイドルとしてクロスメディアで活躍した好例を作りました。バーチャルアイドルという通称は生まれたのもこの頃が最初になります。

image06
青年漫画誌のグラビアやゲームなど活動の幅が広かったテライユキ
©くつぎけんいち

そして、昨今では活動域を世界に広げた初音ミク、ターゲット層をアイドルファンに定めて、実在するアイドルグループに所属させた江口愛実など、バーチャルアイドルが誕生してから20年近くたった今も第一線で活躍しています。これはバーチャルアイドルがいかにパブリシティ効果が強いかを証明しています。

アプリ発信によるバーチャルアイドルの可能性、
双方向性による“究極のアイドル”から“究極のパートナーへの転換

メディアを介したバーチャルアイドルをおさらいしてきましたが、メディアの枠を越え、アプリケーションから派生するケースも生まれています。

LINEの人工知能型アカウント「りんな」が代表例です。見た目こそアカウント画像の女子高生の後ろ姿しか公開していませんが、何よりも新しいのが会話のキャッチボールができること。

これまでのバーチャルアイドルたちはアイドルの枠から出ることのない、あくまでも画面の向こうにいるキャラクターでした。りんなは双方向性を実現したことにより、擬似恋愛に近い“バーチャルパートナー”の体をなしてきたと言えるのではないでしょうか。

image01
たまにトンチンカンな会話にもなるりんな

Line bot 関連記事:
LINE BOT APIで「こわい猫」返信ボットを作ってみた
LINE BOT API はLINEの大いなる野望への第一手である

また、昨年末には数多くのキャラクターを抱えるサンリオが「サンリオ男子」という新企画を打ち出しました。

サンリオ男子はかっこいい男子キャラクターがTwitterでツイートを適宜行い、それに対してファンがリツイートやリプライを行うというもの。日常生活で利用されているサービスを用いたことにより、キャラクターとのライブ感を楽しむことができます。

双方向性という3DCGだけでは成し得なかった武器を持ったことで、もうアプリケーションはメディアであると考えてもいいのではないでしょうか。

断言しよう。「あえてモテる必要はない!」
最強3DCGが見せてくれた未来

直近ではとんでもないクオリティの3DCG美女「Saya」が公開されました。もうキャラクターに生気を感じてしまい、目を合わせるのも照れるレベルです。

スクリーンショット 2016-04-14 13.24.54

ITの力を持ってすれば、握手会で制限時間を気にしながらアイドルとの会話を楽しむ必要もなく、本当のパートナー以上に絆を深めることができるかもしれません。
気に入ったアイドルがスキャンダルで…、といった心配もないのがイマドキです。

もう、新聞紙を丸めて作った人型を相手にしている場合ではありません。
かつて劇作家の寺山修司が『書を捨てよ、町へ出よう』という評論集を執筆していましたが、約みつる的にはもう「新聞紙人形を捨てよ、バーチャルに希望を持とう」です。執筆はしませんが。

とはいえ、所詮は自分も生身の人間。
現実と非現実との折り合いを上手につけないと、いつの日か高機能AIを実装したバーチャルのキャラクターにも嫌われてしまうかもしれませんね。

もう手遅れかもしれせんが。。。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

AIがプロ並の彩色を|『PaintsChainer』の実力検証... みなさんは自分の画力に自信がありますか? ハイ、この書き出しは三回目です……。 <bitWave関連記事『Can a neural network learn to recognize doodles?』> <bitWave関連記...
デザインとUX/UIのウィークリーまとめ #1(9月4週)... こんにちは UI/UXスペシャリストのフランクです。 最近、投稿してなかったので、お久しぶりです! 今回から毎週UI/UX関係の情報を纏めて紹介していきます。 比較的新しい情報をピックアップしてサクッと紹介していきます。...
じぶん銀行が声優の鬼頭明里がCVを担当する2.5次元銀行員をカードローン広告担当に!... 株式会社じぶん銀行(本社:東京都中央区、代表取締役社長:柏木英一、以下「じぶん銀行」)は、「2次元に見えるけどホントは実在している?」をコンセプトとした 2.5次元の銀行員「小鳥遊(たかなし)つぐみ」の『羽ばたけ入社2年目! “つぐみ...
AI自動記事作成Articooloのアルゴリズムは日本語を学習できるか?... (注:本原稿は、ShowcaseCapitalが投資を行うイスラエルのAIスタートアップArticooloに関する記事です。ShowcaseCapitalの本投資については、こちらのリリースを御覧ください) AI自動記事作成Artic...