ブラウザシェアは好ましくない状況に陥りつつある

ブラウザシェアは好ましくない状況に陥りつつある

IEが一強時代。何もかもがIEベースとなり、IEでしか見れないページが増大し、競争者が虐げられる時代。そんな時代がありました。多くの人は好ましくない状況と思い、サイバー攻撃はIE脆弱性1点に絞って攻撃をしてきました。

あれから◯年。世紀末覇者が陥落した後の世界のお話。

さて、今のブラウザシェアは?

2017年のブラウザシェアを見てみましょう。

—引用元:http://gs.statcounter.com/

WoW。気がついたらChromeが53.72%に。かつてのIEのポジションに迫りつつあります。
IEは風前の灯です。

これはAndroid版Chromeの普及による影響が非常に多いと言えます。それを証拠に、iPhoneシェアが多い日本国内で見ると以下のようになります。

日本は比較的競争が成立している状況です。IEやFirefoxも健闘していますね。さすが、かつてのガラケーの国。

しかし、グローバルだと、このままChromeが75%を超えそうな勢いです。

75%がなぜいけない?

競争原理の一つにランチェスターのクープマンモデル*というのがあります。市場の75%を占有するといかなる競争原理も働かなくなり、1強の市場になるという理論です。
*「クープマンモデル」:http://www.jmrlsi.co.jp/knowledge/yougo/my05/my0528.html

これは多くの市場モデルで実証されており、IEが過去10年に渡り占有していたことも、こうした市場浸透の要因によるものです。

IEのようなクローズモデルと異なり、Chromeはオープンソース前提なので、多少なりとも公平性は担保されるものの、それでもGoogle寡占状態というのは好ましい状況とはいえません。

現にChrome以降、新しいブラウザはスマホ市場でもPC市場でも出てきておらず、寡占状態は当面続くと思われます。

激しい競争はあったほうがいい


ブラウザの市場は競争があったほうがいいです。
なぜならブラウザの発展=Web技術の発展に繋がっているからです。かつてChromeが登場した時もHTML5+Canvas+CSS+レスポンシブに沸きましたよね。

ということでライバルの登場を熱く期待する次第です!

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ショーケース・ティービー初のユーザ会を実施しました。... 拝啓 弊社クライアント、ならびにクライアントになっていただくかもしれない皆さまへ このブログまで到達していただき、ありがとうございます。bitWave編集部の澤田です。 本日は、ショーケース・ティービー初のユーザ会開催のご報告です。...
【アンケート結果】iPhoneX / 8|Softbankとauの半額負担は成功するか?... iPhone X/8を発表した日にソフトバンクとauが実質半額キャリア負担の乗り換えを発表し、iPhone機種変更のハードルがググッと下がりましたね。 そんなわけで半額負担を発表する前と発表した直後で200名アンケートを取ってみました...
社内開催の『統計勉強会』に参加してみた⑦... 3回連続の「検定」についてのお話になります。 <前回のおさらい『社内開催の「統計勉強会」に参加してみた⑥』> 今回は “母平均の差” の「検定」についてご紹介いたします。 早速例題 突然ですが問題です。 ...
まかないこすめ|美肌のGOLDAYSで有名な金箔屋のおもてなしを体感!... こんにちは!暑すぎて溶ける~と思っていたら毎日雨! 気まぐれな都内の天気に振り回されて夏バテ気味のふじこです! 早速ですが、先日弊社お客様「まかないこすめ」様の新商品発表会に参加させていただきました。 金箔と美容?とお考えの方もい...