マグロの激突動画から考える視点の変え方

マグロの激突動画から考える視点の変え方

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

拝啓 Webマーケターの方へ
このブログまで到達していただき、ありがとうございます。こっそり情報収集家の澤田がこの記事をご担当させていただきます。今回は「視点を変える」ということについてお話しさせていただきます。

記憶に新しい美ら海水族館でのマグロ激突動画

私は海が好きです。
見てるだけでもいいし、海の中にいるだけでもいい。とにかく海が好きなんです。

4月下旬、私のFacebookのタイムライン上に、とある水族館の動画が掲載されていました。
ジンベエザメが映っていて、とても目立っていたので何気なくポチっと。
マグロの衝突

もうご存じの方も多いのかとは思われますが、この動画は水槽内のマグロが猛スピードでガラスに突進し、そのまま死んでしまうという、かなりショッキングな映像でした。

その動画に付随する記事では、このようなテキストが付け加えられています。

「観客がフラッシュをたいたために、マグロが驚いてこのような結果になった。こうした悲劇を繰り返さないためにも、撮影する時にはフラッシュをたかないことがマナーだよね」と。

しかし後日、Yahooニュースではそれが誤報であると伝える記事が掲載されました。

当水族館では、フラッシュは禁止をしていないので観客がフラッシュ撮影をすることはマナー違反ではない、マグロはフラッシュぐらいの光では驚きません。(記事抜粋)

その理由は視点によって変わるもの

海洋生物専門でも何でもない私が、このbitWave上で真偽を言及するつもりはありません。
ここで伝えたいことは「見る人の視点によって解釈が違う」ということ。

では、「視点A」さんを例にとりましょう。

<事実>マグロが猛スピードで水槽のガラスにぶつかって死んだ
 ↓ なぜぶつかった?
1.猛スピードで泳いだから
 ↓ なぜ?
2.驚いたから
 ↓ なぜ?
3.★カメラのフラッシュに驚いたから
★に注目!

「視点A」さんは驚いた理由を “カメラのフラッシュ” であるとしました。
この仮説を立ち上げる前提として、「フラッシュは被写体を驚かしてしまい、良くない印象がある」という先入観がそう思い込ませたのかもしれません。美術館や博物館などでフラッシュ禁止としている施設も多いですから、こういった先入観が生まれるのも不思議ではありません。

次に「視点B」さんの場合はどうでしょう。

<事実>マグロが猛スピードで水槽のガラスにぶつかって死んだ
 ↓ なぜぶつかった?
1.猛スピードで泳いだから
 ↓ なぜ?
2.驚いたから
 ↓ なぜ?
3.★他の魚とぶつかったから
★に注目!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

【2018年】重低音重視派におすすめ!高音質の人気イヤホンランキング... Bluetoothが普及したことで、イヤホンのワイヤレス化が進み、従来よりもストレスなく音楽を楽しめるようになりました。 また同時に、外出時の音楽鑑賞用としても、ワイヤレスイヤホンが必須のものとなりつつあります。 それに合わせて...
THEO+ docomoの評判|dポイントがたまるって本当?... THEOはAIを活用した資産運用サービスで、投資戦略の立案から実際の運用までを自動で行ってくれる投資一任運用サービスです。 そんなTHEOは忙しい毎日を送りながらも資産運用に参加できる手段として多くの人に注目されています。 そこ...
楽天カード・楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカード比較まとめ... サービスが豊富な楽天カードには、ゴールド・プレミアムという上位ランクのカードがあります。 旅行などで心強い旅行傷害保険や、空港ラウンジの利用、手厚い保険などの付帯サービスに加え、さらにポイントが貯まりやすくなる、お得すぎる特典も豊富!...
新iPad Proや新Macbook Air、新Mac miniが登場!アップル発表会を最速チェック... 10月30日の午後11時(日本時間)から、アップルのスペシャルイベントが開催されました。 このスペシャルイベントの会場はニューヨークの「Bam Howard Gilman Opera House」。 「Bam Howard Gi...