不動産サイトのミカタ|『仲介名人』で簡単サイト作成!

  • 2017年6月26日
  • by 
不動産サイトのミカタ|『仲介名人』で簡単サイト作成!

みなさんはどのような方法で住まいをお探しでしょうか?

実際に足を運んで不動産屋を巡ってみることも多いでしょう。
時間が限られている時や遠方の物件をお探しの場合は、ウェブサイト活用することもあるのではないでしょうか?
しかし、中には粗悪な不動産サイトもチラホラ。そしてだんだんイライラ。

不動産屋もスピーディに契約を成立させたいでしょうから、色んな工夫はされているのかもしれません。
しかし、見たい物件画像がうまく表示されていなかったり、決め手となる重要な情報がどこに掲載されているのか分かりづらかったり……。
決して安い契約ではないですから、確実に情報を調べておきたいですよねぇ。

しかし、不動産屋もイジワルでこんなサイトにしたわけではないんです。
彼らは不動産関連のプロフェッショナルかもしれませんが、ホームページ制作のプロフェッショナルではありません。
分単位で契約が成立したり、新たな物件が生まれたりと多忙を極める不動産業界ですから、どうしてもホームページの制作・運用が後回しになりがちなんですね。結果、少しばかり “残念” なサイトが溢れかえっているのです。

What’s 仲介名人

みなさんは『仲介名人』をご存知ですか?

仲介……、売り手と買い手の間に立ち、話をまとめて契約を成立させること。
そしてその名人とは……。はて、何のことでしょう。。。

今回ご紹介させていただくのは、ショーケース・ティービーのサービス『仲介名人』です。
そのものズバリ、不動産屋ホームページのCMSサービスになります。

でも、サイト制作ってそれなりのウェブサイトの知識が必要でしょ?
いやいや、『仲介名人』であれば、専用管理画面でいとも簡単にホームページを作成することができるんです。
管理画面から物件情報を載せたり下げたりはもちろんのこと、「オススメ物件」といったように、特に見てもらいたい物件をピックアップして紹介することもできます。つまり、閲覧者に見せたい物件や伝えたいメッセージを漏れなく掲載することができるんですね。

たくさんの不動産屋に永くご愛用いただいているサービスですから、機能はこれだけに留まりません。
仲介名人』にどんな機能があるのかをカンタンにご紹介いたします。

サイト基本機能設定


上の画像はホームページの表示管理を画面になります。サイト内のどこに何を表示させるのかをこの画面で設定することになります。
例えば、「どんな物件を表示させたいのか」といった基本情報を始め、新着物件管理や会社の情報などを自由に設定することができます。

新規登録・変更機能


仲介名人』では不動産業界で使われている、物件に関する詳細情報のほとんどを入力・掲載させることができます。「交通」「費用」「部屋」といったように種類ごとにカテゴライズがされているため、情報の抜け漏れも発生しづらく、ミスがなく登録することができるんですね。

また、「Home’s」や 「SUUMO」、「アットホーム」といったポータルサイトとも連動させることがカンタン。連動させたい場合は [ポータルサイトに掲載する] ボタンをワンクリックすることで、ポータルサイトに掲載されるようになるのです。

ブログ機能


閲覧者は何も物件のスペックだけを見ているわけではありません。『仲介名人』には「ブログ機能」も実装しており、物件の周辺の情報を共有したり、「物件担当者の声」として特別にオススメしたりすることも可能です。SNS機能もあるので、ブログを書いてSNSで拡散……といったようなアピールもできます。これなら集客方法にも幅が広がりますね。

あなたにおすすめ

まかないこすめ|美肌のGOLDAYSで有名な金箔屋のおもてなしを体感!... こんにちは!暑すぎて溶ける~と思っていたら毎日雨! 気まぐれな都内の天気に振り回されて夏バテ気味のふじこです! 早速ですが、先日弊社お客様「まかないこすめ」様の新商品発表会に参加させていただきました。 金箔と美容?とお考えの方もい...
セミナーレポート「商品・サービスの認知、集客、CVに繋げるスマホ&SNSマーケティング活用... 去る7月19日、アライドアーキテクツ株式会社のセミナールームにて、爆発的に増加し続けているスマートフォンユーザへの効果的なアプローチ方法に関するセミナーが開催されました。 本セミナーは三社共催セミナーとなっており、そしてその1社に我々...
ショーケース・ティービー初のユーザ会を実施しました。... 拝啓 弊社クライアント、ならびにクライアントになっていただくかもしれない皆さまへ このブログまで到達していただき、ありがとうございます。bitWave編集部の澤田です。 本日は、ショーケース・ティービー初のユーザ会開催のご報告です。...
『うんこ漢字ドリル』って?ヒット商品はどこから生まれるか分からない... 少し前の話にはなりますが、電車に乗っていた時、目を疑うような広告が掲示されていたので何度も読み返してしまいました。  『うんこ漢字ドリル』   それって普通は「う○こ」とか「うん○」とかって濁すものでしょ? しかし、堂...