今 iPhone 8 へ乗り換え・機種変更すると2年後一番得してる契約方法は?

  • 2019年6月2日
  • by 
今 iPhone 8 へ乗り換え・機種変更すると2年後一番得してる契約方法は?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今回は、これからiPhone 8を乗り換え・機種変更で購入する場合に、2年後1番お得になる契約について解説します。

最新のiPhone XSやiPhone XRが発売されていますが、ホームボタンが欲しい方にとって、iPhone 8はまだまだ現役機種です。

しかし、キャリアのプランも発売当初から変わった部分もあり、どこで契約するのがお得か分かりにくくなりました。

結論からお伝えすると、今iPhone 8を購入するならドコモが最安値です。

iPhone 8のランニングコスト比較※

項目ドコモauソフトバンク
通話プラン980円5,980円1,200円
ネット接続300円300円
データ定額5,000円5,980円
機種代金810円2,295円1,800円
端末補償750円790円830円
月額7,840円9,065円10,110円

※通話定額なし、3〜5GBで契約する場合の比較

これから詳しく解説するので、この記事を読めば、現時点でiPhone 8を最安値で契約できるようになりますよ!

iPhone 8で1番得する契約方法
  • 各キャリアのiPhone 8の機種代金比較
  • ドコモ・au・ソフトバンクの料金プラン
  • 2年後1番お得なのはドコモ!ランニングコスト比較
  • ドコモは2019年6月から機種代金の割引がなくなる!?

トップ画像引用元:iPhone 8またはiPhone 8 Plusを購入する – Apple(日本)

1 各キャリアのiPhone 8の機種代金比較

アイフォンエイト

画像引用元:iPhone 8またはiPhone 8 Plusを購入する – Apple(日本)

まず各キャリアのiPhone 8の機種代金を確認しましょう。先にお伝えすると、端末購入サポートと月々サポートのあるドコモが現状最安値になります。

iPhone 8 64GBの機種代金

契約種別ドコモau※ソフトバンク
MNP432円 × 24回
総額10,368円
2,295円 × 24回
総額55,080円
1,800円 × 24回
総額43,200円
新規契約810円 × 24回
総額19,440円
機種変更
購入ドコモ公式ショップau公式ショップソフトバンク公式ショップ

※アップグレードプログラムEX(月額390円)込み

こうして比較すると、ドコモの機種代金の安さは圧倒的ですね。

なお、auとソフトバンクはiPhone 8 256GBの取り扱いがありますが、ドコモは64GBのみとなっています。

そのため今回はiPhone 8 64GBに絞って見ていきます。

1-1 ドコモのiPhone 8は端末購入サポートで大幅割引されている

ドコモロゴ

画像引用元:NTTドコモ ホーム

ドコモのiPhone 8の機種代金は、機種購入補助の割引が適用されています。

MNPでは端末購入サポート、新規・機種変更は月々サポートのことですね。

端末購入サポートと月々サポートの違い
  • 端末購入サポート:iPhone代金を直接値引き。12ヶ月縛り
  • 月々サポート:24ヶ月間、毎月の利用料金から割引

2年使うならどちらの割引もデメリットはありませんが、途中で解約や機種変更すると損をしてしまうことに注意しましょう。

また、端末購入サポートと月々サポートは、2019年6月の新プラン開始にあわせて終了します。

この金額で購入できるのは2019年5月末までなので、iPhone 8を安く買うなら急いだ方がいいですね。

ドコモの端末購入サポートと月々サポートの違いって何?比較してみた

1-2 au・ソフトバンクの機種代金は割引なし?

au・ソフトバンクの機種代金は割引なし?

一方、auとソフトバンクは分離プランを採用し、iPhone 8の直接的な値引きはしていません。

ただ、auはアップグレードプログラムEX(月額390円)、ソフトバンクは半額サポート for iPhoneを利用することで、条件付きで機種代金を事実上半額にしてくれます。

auとソフトバンクの半額条件
  • 機種代金は分割48回払いで契約
  • 次回機種変更時に、iPhone 8をキャリアに返却
  • 2年目以降に機種変更OK

つまり、2年ぴったりに機種変更して、キャリアにiPhone 8を引き渡せば半額になるということですね。

逆に2年以上同じ機種を使い続けたい方や、2年目にMNPをする方は安くならないので気をつけましょう。

2 ドコモ・au・ソフトバンクの料金プラン

ドコモ・au・ソフトバンクの料金プラン

続いてドコモ・au・ソフトバンクでiPhone 8を購入する時に契約するプランをチェックしましょう。

なお、ここではドコモの料金プランはベーシックパック・ベーシックシェアパックを見ていきます。

2019年6月からは新プラン「ギガホ」「ギガライト」が開始され、月々サポートや端末購入サポート、docomo withが終了します。

今回解説するプラン比較は、2019年5月31日までのものなので注意してくださいね。

2-1 ドコモの料金プラン

ドコモロゴ

画像引用元:NTTドコモ ホーム

ドコモの料金プランは、通話プラン+spモード(月額300円)+データ定額の合計で決まります。

通話プランは通話量によって3種類あります。

ドコモの通話プラン

プラン月額無料通話
カケホーダイ2,700円国内通話24時間無料
カケホーダイライト1,700円国内通話5分以内無料
シンプル980円なし

また、データ定額は1人用のベーシックパックと家族用のベーシックシェアパックがあります。

どちらのデータ定額も利用するデータ量によって月額料金が変動するプランなので、Wi-Fiを利用して少ないデータ量を使う方ほどお得になりますね。

ベーシックパックの月額料金

データ量料金
〜1GB2,900円
1〜3GB4,000円
3〜5GB5,000円
5〜20GB7,000円
20GB固定6,000円
30GB固定8,000円

ベーシックシェアパックの月額料金

データ量料金
〜5GB6,500円
5〜10GB9,000円
10〜15GB12,000円
15〜30GB15,000円
30GB13,500円
50GB16,000円
100GB25,000円

ベーシックシェアパックの子回線は、シェアオプション(月額500円)でデータ量を分けてもらいます。

家族の1人が使いすぎると家族全体が遅くなるリスクがありますが、1回線毎に上限を決められるので調整しやすいですね。

2-2 auの料金プラン

au

画像引用元:au – Google Search

auの料金プランは、段階制定額のauピタットプランとデータ量固定のauフラットプランがあります。

少ないデータ量の方はauピタットプラン、たっぷり使いたい方はauフラットプランがお得ですね。

auの料金プラン一覧

プラン名データ使用量シンプルスーパー
カケホ
カケホ
ピタットプラン~1GB3,218円3,218円4,298円
~2GB3,758円4,298円5,378円
~3GB4,298円4,838円5,918円
~5GB5,378円5,918円6,998円
~20GB6,458円6,998円8,078円
フラットプラン20GB5,400円5,940円7,020円
25GB6,480円7,020円8,100円
30GB7,560円8,100円9,180円

どちらのプランも通話プランとネット接続料込みになっているので、複雑な料金プランに悩まず選べますね!

2-3 ソフトバンクの料金プラン

画像引用元:ソフトバンク

ソフトバンクの料金プランは、ドコモと同様に通話+ネット接続料(月額300円)+データ定額で構成されています。

通話プランは従量制プランのみドコモより少し高くなりますが、通話定額プランの料金は変わりません。

ソフトバンクの通話プラン

プラン月額無料通話
通話基本プラン
+定額オプション
2,700円国内通話24時間無料
通話基本プラン
+準定額オプション
1,700円国内通話5分以内無料
通話基本プラン1,200円なし

データ定額は段階制定額のミニモンスターと50GB固定のウルトラギガモンスター+があります。

ただ、2GB以上利用するならウルトラギガモンスター+を選んだ方が良くなるので、ソフトバンクはたっぷりデータ通信したい方に向いていると言えます。

ソフトバンクのデータ定額料

データ量ミニモンスターウルトラギガ
モンスター+
〜1GB2,480円5,980円
1〜2GB4,480円
2〜5GB5,980円
5〜50GB6,980円

ここまでiPhone 8の機種代金と各キャリアのプランをチェックした。

次の章からは、キャリアの利用料金と機種代金を計算し、2年間で1番お得になるのはどこか見ていきましょう。

iPhone8とiPhoneXが値下げ!新型iPhone発売後は価格が安くなる

3 2年後1番お得なのはドコモ!ランニングコスト比較

ここからはiPhone 8を購入して2年間で1番お得になるキャリアを見ていきましょう。
冒頭でもお伝えしましたが、現時点でiPhone 8を購入するならドコモが最安値です。

細かな計算はこれからお伝えしますが、数字ばかり見るのが嫌な方は上記の比較を参考にドコモでiPhone 8を購入してくださいね!

→ドコモ公式ショップ

3-1 1人で使う場合のiPhone 8ランニングコスト

1人で使う場合のiPhone 8ランニングコスト

1人暮らしの方や家族と完全に分けて使っている方は、ドコモでiPhone 8を買うのが1番安くなります。

3〜5GB利用時の月額料金

項目ドコモauソフトバンク
通話プラン980円5,980円1,200円
ネット接続300円300円
データ定額5,000円5,980円
機種代金810円2,295円1,800円
端末補償750円790円830円
月額7,840円9,065円10,110円

利用者の多い3〜5GBで計算すると、圧倒的にドコモが安くなっています。
やはり機種代金が安いのが、かなり響いていますね。

この計算と同様に、データ量を変えて計算すると次の通りです。

データ量別の月額料金

データ量ドコモauソフトバンク
1GB以下5,740円6,065円6,610円
1〜2GB6,840円7,065円8,610円
2〜3GB6,840円8,065円10,110円
3〜5GB7,840円9,065円
5〜20GB9,840円10,065円

月額料金を比較すると一目瞭然ですが、どのデータ量もドコモが最安値ですね!
2年間に換算すると、3万円以上の差が生まれるパターンが多いことがわかります。

2年間のランニングコスト比較(月額×24ヶ月で計算)

データ量ドコモauソフトバンク
1GB以下137,760円145,560円158,640円
1〜2GB164,160円169,560円206,640円
2〜3GB164,160円193,560円242,640円
3〜5GB188,160円217,560円
5〜20GB236,160円241,560円

1人でiPhone 8を買うなら、ぜひドコモで機種変更してくださいね!

3-2 家族利用のiPhone 8ランニングコスト

家族利用のiPhone 8ランニングコスト

家族で利用する場合の2年間のコストも、基本的にドコモが最安値になります。

一部他キャリアが安くなるパターンもありますが、1人3〜5GB前後の一般的な利用方法ならドコモを選べば間違い無いでしょう。

家族3人で1人3〜5GB利用時の月額料金

項目ドコモauソフトバンク
通話プラン2,940円17,940円3,600円
ネット接続900円900円
データ定額13,000円15,920円
機種代金2,430円6,885円5,400円
端末補償2,250円2,370円2,490円
月額21,520円27,195円28,310円

家族で利用する場合は、ドコモはシェアパックでデータ量を共有することで月額料金が抑えられます。

この計算と同様に家族全体のデータ量別に料金を比較すると次の通りです。

3人で利用する場合のデータ量別の月額料金

データ量ドコモauソフトバンク
5GB以下16,020円21,195円25,830円
5〜10GB18,520円24,195円
10〜15GB21,520円27,195円
15〜30GB24,520円30,195円

ドコモのプランに沿ってデータ量を振り分けましたが、どのパターンでもドコモが最安値になります。

2年間に換算すると、10万円以上の差が生まれることも!

2年間のランニングコスト比較(月額×24ヶ月で計算)

データ量ドコモauソフトバンク
5GB以下384,480円508,680円619,920円
5〜10GB444,480円580,680円
10〜15GB516,480円652,680円
15〜30GB588,480円724,680円

家族まとめてiPhone 8を購入するなら、迷わずドコモを選びましょうね!
なお、ドコモでiPhone 8を購入するなら、dカード GOLDも一緒に契約しましょう。

dカード GOLDを最大限利用したら年間8万円以上もお得になる話

4 ドコモは2019年6月から機種代金の割引がなくなる!?

ドコモは2019年6月から機種代金の割引がなくなる!?

前章のiPhone 8のコスト比較で、ドコモで契約するのが最安値とわかりましたね。

ただ、今回の計算は従来のベーシックパック・ベーシックシェアパックで計算しました。

しかし、ドコモは2019年6月から新しいプラン「ギガホ」「ギガライト」を開始し、それに伴って計算で利用した従来プランと端末購入補助の割引が終了します。

つまり、2019年6月以降はドコモが最安値になるか分からなくなるということですね。

利用料金だけで考えると「従来プランより最大4割安くなる」とドコモは言っていますが、分離プランになるために端末料金の割引が難しくなります。

2019年夏モデルが発表されれば端末料金の扱いが明確になるでしょうが、今のiPhone 8ほど安くはならず、auやソフトバンクと同等の価格帯になるはずです。

そのため、確実に安くiPhone 8を購入するなら、2019年5月末までにドコモで契約するのが1番です。

コスパ重視でiPhone 8を購入したい方は、少し急いだ方がいいですね!

5 2年後に1番得しているiPhone 8契約方法まとめ

今回はドコモ・au・ソフトバンクのiPhone 8の利用料金を比較して、2年後に1番お得になる契約を解説しました。

1番お得にiPhone 8を買うならドコモ!
  • iPhone 8の機種代金はドコモが最安値
  • 1人の場合、データ量によっては3万円以上お得
  • 家族の場合、データ量によっては10万円以上お得

現行のプランで契約するなら、基本的にドコモで契約するのが最安値になりました。
ただ、最後にお伝えした通り、2019年6月以降はどうなるかはまだ不明です。

iPhone 8を最安値で契約したい方は、急いでドコモで購入してくださいね!

→ドコモ公式ショップ

【2020年4月】ドコモ機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

 

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ