今 iPhone 8 へ乗り換え・機種変更すると2年後一番得してる契約方法は?

今 iPhone 8 へ乗り換え・機種変更すると2年後一番得してる契約方法は?

しかし、落とし穴が必ずあることを知っておこう

今触れたことについては、下取りもしくは回収という条件下で適用するというのはご理解いただけたでしょうが、回収機種にはちゃっかりというかしっかり条件があります。

  • 電源が入ること(スリープ(電源)ボタンが正常に機能すること)。
  • 各種ロック解除/初期化が実施されていること。
  • 製造番号(IMEI等)が確認できること。
  • 改造などメーカー保証外となる事由がないこと。

これはソフトバンクの条件ですが、ドコモ・auも概ね同様です。ただし、画面操作はできるけれども画面破損している場合についてはドコモは対象外と明記されていますが、auとソフトバンクは明記されていません。

ちなみに上記のような場合になって機種変更をする時には、ドコモの場合は減額で下取りになるか、下取りせずに機種変更するかになりますが、auとソフトバンクは別途20,000円を支払うことで同等のサービスを受けることができるようになります。

ただし、ドコモの場合はケータイ補償サービスを利用してリフレッシュ品交換が11,880円でできて、交換後に機種変更をすれば、同等のサービスを受けることが可能ですから、auとソフトバンクと比べて8,000円程安く済みます。

しかも、ドコモのケータイ補償サービスは盗難紛失にも対応しています。au・ソフトバンクの場合は、auは盗難紛失の場合は11,800円で対応してくれますが、ソフトバンクは対応していません。

乗り換えで2年後得をするのはどこなのか

では、前提になるようなことを抑えたところで本題に入っていきましょう。

ここでは、家族で同じ携帯会社を利用している場合と、家族割とか関係なく1人で全てを管理する人とで分けて考えていきましょう。

家族の場合は、「家族4人で同じ携帯会社を利用している」、全て通話し放題で、データ通信は1人当たり5GBで考えます。ただし、ドコモはシェアパック30で考えます。

1人でiPhone8を利用する場合

    各社共通

  • 通話 : 2,700円
  • プロバイダ : 300円
  • 計 : 3,000円

    ドコモ

  • データMパック : 5,000円
  • 合計 : 8,000円

    au

  • ピタットプラン5GBまで : 6,480円(ただし、1年間1,000円割引あり)
  • 合計 : 9,480円(ただし、1年間は8,480円)

    ソフトバンク

  • データ定額5GB : 5,000円
  • 合計 : 8,000円

家族でiPhone8を利用する場合

各社共通

  • 通話 : 2,700円
  • プロバイダ : 300円
  • 合計 : 3,000円

    ドコモ

  • シェアパック30+子回線3回線 : 15,000円
  • 1人当たり15,000円÷4=3,750円
  • 合計 : 6,750円

    au

  • ピタットプラン5GBまで : 6,480円(ただし、1年間1,000円割引あり)
  • 合計 : 9,480円(ただし、1年間は8,480円)

    ソフトバンク

  • データ定額5GB : 5,000円
  • 合計 : 8,000円

ちなみに、ポイントになるのは通話のプランではなく、データ通信プランの方です。通話プランは、各社横並びですので、利用状況でプランを変えるだけということを考えれば、ここを問題視するのは難しいです。

しかし、データ通信プランについては、ことドコモについてはシェアパックという他社では絶対マネのできないプランがあるため、家族でiPhoneやAndroidの台数が多ければ多いほど得をするという仕組みです。

基本3台以上でシェアパックが組めればプランによってはお得になります。

毎年春先になると、携帯各社が揃って学割を展開しますが、あくまでそれは一時的なものですので、それは当然大切なことなんですが、本来見るべきは目先の料金ではなく、2年3年先をどう見据えるかが大事です。

上記は、全て何らかの施策を何も使わない場合で表しています。ですから、あの金額が通常の金額になると考えるべきです。ちなみに、4年間の分割を組んでいるなら、2年経ってもまだ分割金が残っているということになります。

2年の分割しか組まないドコモは機種代金も終わることになりますが、他については、まだこの先2年分割金を払っていかなければいけません。

2年経てば機種変更すれば残りの分割は免除になりますが、スマホが画面割れなど故障した場合は、免責で20,000円支払うとか、適用できないなど弊害も多いです。

ドコモは4年以上利用すれば、ケータイパックデータSパック以外のデータ通信プランであれば、ずっとドコモ割という長期利用者特典により割引が段階的に付加されますので、結果的にドコモが一番安く使える可能性は高いと認識して間違いはないでしょう。

ただ、例外的に言えるのは、極端なデータ通信料が必要な方については、ソフトバンクのウルトラギガモンスター50GBが7,000円で使えるので、いいかもしれません。

小さいスマホでおすすめの8機種|4インチ台の小型モデル【2018年版】

あなたにおすすめ

auの機種変更|最新iPhone/Androidをお得にゲットする方法(後編)... 目次 今使えるauのキャンペーン au購入サポートはお得?利用条件もあり auの付属サービスでポイントキャッシュバック まとめ ...
auの機種変更|最新iPhone/Androidをお得にゲットする方法(前編)... 目次 auで機種変更するメリット auを使い続けるメリット auの機種変更手順 1 auで機種変更するメリット 機種変更に...
ソフトバンクの機種変更|最新iPhone/Androidをお得にゲットする方法(後編)... 目次 今使えるソフトバンクのキャンペーン ワンキュッパ割の利用はお得? ソフトバンクの付属サービスでポイントキャッシュバック まとめ ...
ソフトバンクの機種変更|最新iPhone/Androidをお得にゲットする方法(前編)... 目次 ソフトバンクで機種変更するメリット ソフトバンクを使い続けるメリット ソフトバンクの機種変更手順 1 ソフトバンクで機種変更するメ...