初心者が自作ロボット大会に殴り込んでみた②

初心者が自作ロボット大会に殴り込んでみた②

 弱さ(ヘボさ)を追求したロボットを作ってやる!  

<前回のおさらい『初心者が自作ロボット大会に殴り込んでみた①』>

そう息巻いてはみたものの、急にプログラミングスキルが上達するわけではない。
そして何よりも肝心な、器となるロボットが手元にあるわけでもない。。。

やはり、私がロボットになるしかないのか……

靴を脱ぎ、ティッシュの空き箱を履こうとしていたところ、またも新人開発員・中村クンが素敵なイベントを紹介してくれました。
中村クン、私がティッシュの空き箱を履こうとしていた時に見えた靴下の穴、みんなにはナイショね。。。
<参照:Peatix『【6/30】第一回 新宿ヘボコンナイト』

ロボコン? いや、ヘボコンです

さすがにみなさんも「ロボコン」はご存知でしょう。

NHKが主催するロボットコンテストで、全国各地の高等専門学校生たちが参加するイベントだ。
学生たちのアイデアと技術力の高さに驚かされつつも、感動や友情といった “魅せる” 要素もふんだんに盛り込まれている。
しかし、最近の “海外版” ロボコンは一味違うらしい。。。

これは怖い。とにかく破壊あるのみ。
対戦相手だけではなく、バトルフィールドも破壊しにかかってくる。
さすがにこれは参加できるシロモノではありません。

そんな臆病な私にピッタリのロボットコンテストが『ヘボコン』だ。

  • 勝敗は相撲で決着!
  • 技術力は不要(むしろハイテクは反則)
  • 情熱不要。必要なのは妥協と割り切り

こんな素敵なイベントがあったとは!

しかし、この原稿を書いているのが6月27日。そして開催日は30日。
4日間でPepper君を思いのままに操ることは不可能でしょうが、ヘボコンなら何とかなるでしょ。
(もう割り切り発動w)

「弱いロボット」というヒント、そしてこのイベントを紹介してくれた中村クン、そしてなんだか知らないうちに巻き添えを食ったricemanさんと戸村くん、そして私の4人編成で『新宿ヘボコンナイト』に乗り込むこととなった。

動力? 背後から息でも吹きかけてみるか

今回の『新宿ヘボコンナイト』のテーマは “音”。

あなたにおすすめ

初心者が自作ロボット大会に殴り込んでみた③... riceman、中村くん、戸村くん、そして私の4名で作り上げたヘボコン『シンギュラリティ・ドッグ』。 今回はまず『シンギュラリティ・ドッグ』の各種機能について説明していこう。 <前回のおさらい『初心者が自作ロボット大会に殴り込んでみ...
初心者が自作ロボット大会に殴り込んでみた①... ロボット ―― もはや未来のものでもなくなってしまったロボット。 一般家庭への進出とまではいかないものの、携帯ショップにでも足を運べば、いつでも会える存在になってしまった。 しかし、どのロボットもみんな判を押したように同じ顔で...
発明は必要の母|キミも発明家を目指してみないか?... あらゆるものがIoT化されつつあることで、世の中の “不便” とされる領域はかなり狭まってきました。 発明は必要の母   そんなことわざもありますが、必要性があって生まれた道具には、必ずといっていいほど発明が最初にあった...
初心者が自作ロボット大会に殴り込んでみた④... 決戦は金曜日 ―― 6月30日のプレミアムフライデー。 早い時間から酔いどれ天使たちがくだを巻き始めた巨大都市の新宿に、ノリで集まってしまったヘボコン戦士が10組。 そして我々は無事に帰路につくことができるのだろうか? <前回の...