前進あるのみ|簡素な司令に従うAI

前進あるのみ|簡素な司令に従うAI

ちょっとアレ取ってきて ――
とりあえずソレ片付けておいて ――

過去に何度か同じ司令があったのであれば、過去の経験に基いて「アレ」や「ソレ」を判断し、行動をすることでしょう。
その不明瞭な指示が初回であれば人間は混乱し、時には誤った行動を取ることもあるはずです。
そして人間とは気まぐれなもので、過去の経験とは紐付かない行動が正解となる場合だってあります。
ボンヤリとした指示内容を聞き返すと突如として機嫌を損ね、「判断力を欠いている融通が利かないヤツ」という烙印を押されることだってあるのです。
本当に面倒なことです。。。

よく妻に「頼むから視界から消えて」と言われ続けているものの、“具体的な消え方” を試行錯誤しながら見つけようとしている私に、紅孔雀さんが健気に命令を聞き行動するAIの姿を見せてくれました。
<参照:Gigazine『DeepMindが「前進せよ」という指令だけで自分で学んで不気味な動きで突き進むAIフィギュアのムービーを公開』>

とにかく「前に進め!」

どんな障害物があろうとも、健気に前を進むAIフィギュア。
時にはつまづき、そして悪戦苦闘しながらも前進をやめない。
ちょっとお酒が入っていたら、涙腺スイッチを押されかねない映像なのではないでしょうか。

共有された記事によると、この動画は強化学習により障害物をクリアしていく術を習得したAIに対し、「前に進め」とだけ指示をした時に見せた動きなんだそうです。

「前に進め」の “前” がどの方向なのかはもちろんのこと、一つ一つの障害物の形状や配置を自己で判断し、飛んだりのけぞったりしながら前進していく様は驚かされるものです。
この技術を磨きロボットに組み込むことができれば、人間が立ち入ることのできない場所での活動なども可能になりますよね。

学習途中だからこそ感じる愛嬌

おそらくこのAIフィギュアは、みなさんがこの記事が読まれている今もなお、壁にぶつかったり、穴に落っこちたりしていることでしょう。
そして効率的な障害物の対処方法を学んでいることでしょう。

つまり、この動画に姿は既に過去のもの。
動画にあるような、ちょっとおっちょこちょいな愛嬌は徐々に摘み取られていくのです。
今だけしか見ることのできないこの愛くるしい姿を、今のうちに目に焼き付けておくほうがいいですね。

ちなみにみなさんは「QWOP」というブラウザゲームをご存知でしょうか?
「QWOP」はたった4つのキーボード操作でコントロールしながら “100メートル走” をするゲームなのです。

  • キーボード「Q」…… 右太もも
  • キーボード「W」…… 左太もも
  • キーボード「O」…… 左ふくらはぎ
  • キーボード「P」…… 右ふくらはぎ

しかし、単純なキー操作とは裏腹に超絶難易度として知られるゲームなのです。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

描いた絵を判定するだけじゃない!!|「Quick, Draw」が実施していたトンデモ実験... かつて「Quick, Draw!」というサイトで公開されている “手描きの絵をAIは判定できるのか” というニューラルネットワークの実験を4名のbitWaveライター陣を対象に試してみたことがありました。 <bitWave関連記事『Can...
萌えキャラを愛でる時代は終わった……|嫁を自動生成、オリキャラを愛でよ!... はぁ~癒やされたい、癒やされたい。 カワイイ女の子に癒やされたい。。。 7~8月と微妙な気候が続いたせいか、いつにも増して疲労感がハンパない9月ではないでしょうか。 みなさんもカワイイ女の子に癒やされたいですよね? ただ、カ...
Video OCR|動画も文字認識の時代へ突入... ここ最近、画像認識も身近なものになりつつあります。 まだ一般的な普及までは時間を要するのかもしれませんが、その精度は日々高まり、誰でも簡単に開発ができるようになりつつあります。 実際にiOS11から実装される予定の「Core ML」...
ディープラーニングが新種発見!?|AIがコレクションを再分類する... もう夏も終わりですね。 みなさんはセミの抜け殻、どのくらい集めることができましたか? 今年は台風の影響もあってか、そんなにコレクションもはかどらなかったのではないでしょうか。 えっ!? 集めてない? 何を言っているんですか、...