小さなストレス、大きな離脱~これをSTOPさせるフォームアシスト新機能!

小さなストレス、大きな離脱~これをSTOPさせるフォームアシスト新機能!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

皆さんこんにちは!
昨日、iphoneを壊してしまった、とっつぁあんです。3ヵ月前、飲み会の帰りに割ってしまったことが事の発端です。
割れても尚元気に動いていたiphoneでしたが、昨日ついに何の前触れもなく静かに画面が暗くなりフェードアウトしていきました。

さようなら、私のデータ。

まぁ、写真が消えても連絡先が消えても思い出さえあれば大丈夫です!

私のデータは跡形もなく消えてしまいましたが、フォームアシストは日々アップデートされています!あまり関係ないですね。。。本日はそんなフォームアシストの新機能について、お話しさせていただきます。

新!ナビゲーションウインドウ

ナビゲーションウインドウとは。。?

ページの端にメッセージを表示する機能です。
例えば、「色のついた項目は必須項目です」や「必須項目はあと〇項目です」など。

以前は文字のメッセージだけ(画像左)でしたが、新ナビゲーションウインドウでは画像(右)のように項目名が表示されます。

image03

この項目名、正しく入力されるとナビゲーションウインドウ上から消えるんです!
入力していない、もしくはエラーを起こしている項目が一目瞭然になることでユーザのストレスを軽減できるため、途中離脱をするユーザやエラーを直すのが面倒くさくて離脱するユーザを救うことができます。

自動文字変換機能!

スマホのフリガナの項目って意外とエラーが多いんです。

ほとんどのフォームで平均2~5%の人がエラーを起こしています。
そのほとんどが、カタカナで入力しなくてはいけないところをひらがなで入力していてミスをしていると考えられます。

“それくらい直せばいいじゃん。”と思われるかもしれませんが、小さなエラーでも何回も起こすことでストレスとなり離脱に繋がってしまう、、、なんていうのはよくあることです。

フォームアシストでは一人でも多くのユーザを救うため、入力ミスの原因は徹底的に潰していきます。

image05

こちらの機能、ひらがなで入力をしカーソルアウトをすると自動的にカタカナに直してあげることができます。

これで確実にエラーは起きなくなりますね!
ちなみに、ひらがな→カタカナ以外にも、英字や大文字/小文字の置換なども可能です。

ハイフン自動削除機能!

郵便番号や電話番号などで使用するハイフンですが、ハイフンを許容していないフォームにもかかわらず、ハイフンを入力してしまう人は多いようです。

平均で4~5%のユーザがエラーを起こしています。

image02

ハイフンを入力したとしても、カーソルアウトした際に自動的にハイフンを削除することができるのがこの機能です。

この機能を使うことで、エラーが起きなくなるため、確実にユーザのストレス軽減につながります。

まとめ

以上が今回アップデートされた新機能です。
これらの新機能は、実際にお客様の声を聞いたコンサル担当発案の機能なんです!

今後も、多くのフォームを見て分析しているからこそできる”入力フォームの本当の問題点”を改善できるよう、良いサービスの開発、CV率向上のためのご提案をさせていただきます!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

CRO | コンバージョン率最適化の手法(第11回)... 今回は「ランディングページの適した長さ」ついてご紹介させていただきます。 <前回のおさらい『CRO | コンバージョン率最適化の手法(第10回)』> ランディングページは長いほうが良い? 訴求ポイントだけを抑えたシンプル...
人もフォームも第一印象が一番だいじ!?... こんにちは。最近アニメ鑑賞にはまっている川瀬です。 AmazonのFire TV Stickを購入してからというものの、映画もアニメもすべて無料で見放題のため、完全にインドア派となってしましました。。 さて、本日は入力フォームにおいての...
CRO | コンバージョン率最適化の手法(第8回)... 今回は「広告とのマッチング」ついてご紹介させていただきます。 <前回のおさらい『CRO | コンバージョン率最適化の手法(第7回)』> 広告とのマッチを考える ユーザフローの最上位に当たる「広告の設計」を確認してみましょう。 ...
こんな落とし穴を救ってしまう!Protechシリーズ新商品誕生!... こんにちは!きんにくんです。 Web担当者の皆さん、コンバージョン率をあげるために毎日試行錯誤しているのではないでしょうか。 弊社でもさまざまな角度から、コンバージョン率をあげることを目標としたサービスを提供しております。 ...