料理を撮るならコレ!人気のおすすめカメラアプリ【Android/iPhone対応】

  • 2018年5月26日
  • by 
料理を撮るならコレ!人気のおすすめカメラアプリ【Android/iPhone対応】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

美味しいレストランで欠かせない事と言ったら、スマホで料理の写真を撮って記録に残すことですよね。インスタ映えという言葉も流行するほど、今はスマホのカメラで写真を撮るのが、流行っています。

友達に見せたり、SNSにアップしたりとその用途は様々ですが、せっかく撮った写真がいまいちな仕上がりだったら自信をもって人に見せれないですよね。

やっぱり写真を撮るなら、きれいで、美味しそうに撮りたいものです。

そこでここでは、簡単・きれいに料理の写真を撮れるおすすめのカメラアプリを紹介していきます。

どれもダウンロード後にすぐ使うことができるものばかりです。

1 簡単に使える料理用カメラアプリ9選

まずはおすすめの無料で使える料理用アプリを紹介していきます。

1-1 Foodie(フーディ)


画像引用元: Foodie(フーディ)をApp Storeで

着せ替えたり、スタンプを張り付けたりすることで有名な、SNOWと同じ会社がリリースしているのがFoodie。このアプリの魅力はやはり優秀なフィルター機能です。

料理の写真を撮るためのアプリという事で、食材をより美味しそうに見せるためのフィルターが盛りだくさん。26種類も用意されています。

「おいしく」や「もちもち」など、料理に合ったフィルターを使って写真を撮れば、SNS映えする写真が出来上がります。しかも、被写体の背景がぼけるように撮ることもできるので、プロが撮ったかのような仕上がりに。

料理に特化しているアプリだからこそ、こんなにも簡単に美味しそうな写真を撮ることができるのです。

使い勝手の面でも抜かりがなく、写真を撮ればすぐにカメラロールに保存されるので、毎回保存する手間もかかりません。

また、カメラロールに保存されている写真にもフィルターをかけることができるので、アプリを使わずに撮った写真でも、美味しそうな写真に加工できます。

さらに、マナーモードにしておけば、シャッター音を消して写真を撮ることができるのです。静かなレストランでは他の人に配慮して写真も撮る必要がありますが、これなら安心ですよね。

1-2 miil(ミイル)


画像引用元: miil(ミイル)をApp Storeで

撮影した料理写真を簡単にシェアできる、料理専用SNSのアプリです。写真をアップするだけでなく、他の人が撮った美味しそうな料理写真を見ることもできます。また、SNSに写真をアップせずに、自分だけの日記用として使うことも可能です。

ユーザー同士で写真についてコメントし合ったり、評価したりすることもできるので、料理の写真の投稿をすることで、新しい楽しさを発見できるかもしれません。

料理のSNSという位置づけのアプリですが、カメラのフィルター機能も充実しています。10種類のフィルターが用意されているので、撮りたい料理に合わせて写真の雰囲気を変えることができます。明るさを調整したり、ぼかしを作ったりと様々な加工が可能です。

他の人がアップした綺麗な投稿写真を眺めているうちに、素敵な盛り付け方などが身に着くかもしれませんよ。

1-3 フードフォトエディター


画像引用元: フードフォトエディターをApp Storeで

こちらのアプリはiPhone専用です。タップするだけで、写真家が撮影したかのような写真に仕上げてくれます。

簡単に操作できることと、高度な編集機能を両立させている点がポイント。料理を美味しく見せるためのフィルターを活用すれば、より映える料理写真を作ることができます。

ビビッドな色使いで鮮やかな写真に加工したり、アンティークな色調で和風の料理を際立たせたりと、色々な使い方が可能です。

サイズを調整してそのままSNSにアップすることもできるので、上手に加工できた写真はすぐにアップして、友達と共有しましょう。

フードフォトエディターは無料で使えるアプリです。アプリ内課金もありません。たくさんの充実した機能を無料で使えるので、安心してアプリを利用できます。

次の章でも簡単に使える料理用カメラアプリ9選の続きをご紹介します。

1-4 SnapDish料理カメラ


画像引用元:SnapDish料理カメラ をApp Storeで

200万ダウンロードされている人気の料理カメラアプリです。主婦からプロの料理人、さらにはブロガーなどいろいろな人と料理写真を共有できるのが、このアプリの大きな特徴です。

写真を共有できるだけでなく、レシピも共有できるので、他の人のレシピを参考にして、「今日はどんな料理を作ろうか」と考えることもできます。

登録は簡単で無料です。投稿した写真は、「いいね!」ではなく「もぐもぐ」ボタンで評価されていきます。他の人の料理にコメントしたり、評価したりも可能です。

料理の写真をシェアするだけであれば、インスタグラムなどのSNSを使えばいいと思われるかもしれません。しかし、このアプリではレシピもチェックできるというのが大きなポイントです。料理のレパートリーを増やすきっかけにもなりますよ。

もちろん、撮影した写真の加工も可能です。4つのフィルターを使えば、献立の記録も綺麗に残すことができます。

「普段、インスタグラムで献立の写真ばかりを撮っている」という方は、このアプリを使って他の人のレシピのアイデアをゲットするのも良いかもしれません。

料理写真の加工だけでなく、レシピの共有やアイデアのゲットなど、料理の腕を上げるのに一役買ってくれるアプリです。プロのレシピも見ることができるので、おすすめユーザーのフォローも欠かせません。

1-5 お料理アルバム


画像引用元:お料理アルバムをApp Storeで

「ネットでレシピを調べる」といえば、クックパッドですよね。そんなクックパッドからリリースされているのが、この「お料理アルバム」というアプリです。

このアプリなら、毎日の料理の写真を保存して、記録をつけていくことができます。

もちろんフィルターをかけるなど、写真の加工をすることもできますが、フィルターの種類は4種類とちょっと少なめ。しかし、日々の料理を撮影して、記録として残しておくのには最適なアプリです。

料理写真だけでなく、レシピのポイントなどもメモとしてアルバムに残しておけます。保存された写真は、カレンダー方式で表示されるので、いつどんな料理を作ったのか、すぐに記録をさかのぼることが可能です。

「これは!」という料理ができたら、すぐにクックパッドにアップして、多くのユーザーとレシピを共有することもできます。クックパッドとの連携にも優れているアプリです。

1-6 おいしくなるカメラ


画像引用元:おいしくなるカメラをApp Storeで

こちらのアプリはiPhone専用となっています。毎日の弁当や献立写真を、簡単に加工して保存しておきたいという方におすすめのアプリです。撮影した料理写真を、簡単操作でプロが撮影したかのような美しい写真に変換してくれます。

ワンタップですぐに加工できるので、難しい操作は必要ありません。加工に時間をかけたくないという方にはぴったりのカメラアプリです。専用のフィルターが用意されているので、好きなフィルターを選んで写真処理をすることができます。

また、美味しそうに加工された写真は、そのままSNSに投稿することが可能です。たくさんシェアすればするほど、使えるフィルターも増えていくので、「デフォルトのフィルターだけでは物足りない」という方はどんどんシェアしてみてくださいね。

次の章でも簡単に使える料理用カメラアプリ9選の続きをご紹介します。

1-7 HDフードカメラ


画像引用元:HDフードカメラをApp Storeで

iPhone専用のアプリです。撮影したい料理を一瞬で、スタジオで撮影したかのような雰囲気に仕上げてくれます。

写真を美しく見せる大きなポイントのひとつに光の当たり方がありますが、このアプリではまるでプロが光の加減を調整したかのように撮影することが可能です。

また、料理専用の加工アプリということで、料理に特化したエフェクトをたくさん用意しています。

光の加減や明るさの調整など、細かな点を調整することで、自分だけにしかできない、きれいな1枚を作り上げることが可能です。加工した写真は温かい色調に仕上がるので、どんな料理でも美味しそうに見えます。

細かな調整もタップ1つで行うことができるため、撮影後に様々な微調整をしたいという方にもぴったりです。意外なほど簡単に、雑誌に出てくる料理写真のようなクオリティを再現できますよ。

1-8 The Steamer


画像引用元:The SteamerをApp Storeで

料理を美味しく見せるために、必要なポイントのひとつに「湯気」があります。温かい料理も湯気がなければ、美味しそうには見えません。このThe Steamerは、湯気のエフェクトに特化した加工アプリです。

普通のカメラアプリでも、上手に撮影できれば十分に料理が美味しそうに見えるかもしれません。しかし、そこに湯気というトッピングをすることで、さらに美味しそうに仕上げることができるのです。

例えば、ラーメンは湯気が重要になる料理です。湯気の立っているラーメンの写真の見ていると、思わずお腹が空いてきてしまいますよね。また、SNSでそのような写真を見かけた時は、思わずシェアしたくなるものです。

湯気のエフェクトはたくさんの種類が用意されています。湯気の濃さなども調整できるので、どんな写真でも自然な湯気を加えることができます。

これまでにありそうでなかった、湯気をトッピングができるカメラアプリThe Steamer。綺麗な料理写真に湯気を付け足して、さらに美味しそうな写真に仕上げましょう!

1-9 Food Camera


画像引用元:Food CameraをGoogle Playで

最後に紹介するのは、Food CameraというAndroid専用のアプリです。こちらは名前の通り、料理を撮って加工することに特化したアプリで、たくさんのフィルターから好みのものを選択するだけで、料理の写真を簡単により美味しそうにすることができます。

エフェクトは20種類以上用意されており、全て食品用に設計されています。そのため、難しいことを考えることなく、美味しそうな雰囲気の写真に加工することが可能です。

気に入った写真ができたら、FacebookやInstagramなどにアップして友達とシェアしましょう。

料理写真にタグ付けをして管理することもできるので、お気に入りのお店の写真などをまとめて整理することも可能です。シンプルな使い勝手で、スマホカメラ初心者でも使いやすいのが魅力と言えます。

次の章では料理の写真を上手に撮る方法について解説します。

2 料理の写真を上手に撮る方法

アプリで加工できるとは言っても、当然ながら限界はあるので、ある程度は写真映りを意識して撮影する必要があります。ちょっとしたコツを押さえるだけで、ぐっと写真の雰囲気を変えることができますから、覚えておいて損はないでしょう。

2-1 なるべく自然光を入れる

アプリで明るさを加工する事ができても、自然光の明るさにかなうものはありません。可能であれば、窓際などに座り、太陽光が入るように写真を撮ると、よりきれいな写真を撮ることができます。

蛍光灯でも明るさを出すことはできるのですが、どうしても不自然な白色になってしまうので、できるだけ太陽光の下で撮影するようにしてください。

2-2 料理に関係ない物は避ける

基本的な事ですが、料理と関係ない物が映り込まないようにすることも、写真を撮る時に欠かせないポイントです。

主役である料理が際立つように、セットになっている他の料理は入るにしても、料理以外のものが入っていないか確認するようにしてください。ただし、料理に関係する小皿などであれば、料理を際立たせるのに役立つかもしれません。

例えば、蕎麦の写真を撮る時に、後ろにワサビが映っているのはアリです。蕎麦の薬味であるワサビが入ることで、蕎麦の美味しさが際立つ良い例と言えるでしょう。

このように、画面の中に何を入れるべきで何を入れないべきなのかを考えておくことが大切です。また、アングルも大切な要素のひとつとなります。写真1枚で料理の美味しさや魅力を伝えるためには、基本となる舞台のセッティングが重要なのです。

2-3 料理を中央からずらす

あえて料理を写真の中心からずらしたアングルにすると、より美味しそうに撮ることができます。空いたスペースがどうなるのかも大切なポイントですが、料理に合う小道具などが入っていれば、さらに良い写真になることでしょう。

これは先ほどのポイントとも関係しますが、料理をただ真ん中に置いて撮っている写真よりも、少しずらしたアングルから撮影した方が、料理の美味しそうな感じをさらに引き立てることができます。さらに、その料理に関係する物が画の中に写り込んでいれば完璧です。

3 アプリを使って美味しそうな料理写真を撮ろう

専用のカメラアプリを使うと、今まで撮影してきた写真よりも一段と綺麗で美味しそうな料理写真を撮ることができます。併せてアングルなども工夫すれば、さらによい写真を撮ることができるでしょう。

また、撮った写真を簡単にブラッシュアップすることができるのも、スマホのカメラアプリならではの魅力です。数回タップするだけで、雰囲気たっぷりの写真に仕上げることができます。

ぜひ今回ご紹介したアプリを使って、美味しそうな料理写真をたくさん撮ってみてくださいね。

グーグル画像検索で世界のグルメ旅行を楽しんでみよう

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ