【2020年7月】格安SIMおすすめランキング|人気10社を料金と速度で徹底比較!

毎月更新!最新の格安SIMおすすめランキングを紹介。キャンペーン・料金・通信速度を比較して、「おすすめの格安SIMはどこ?」という疑問に答えます。大手キャリアから格安SIMに乗り換える手順や格安SIMの上手な選び方も説明しているので、初心者でも失敗なしです。

【2020年7月】格安SIMおすすめランキング|人気10社を料金と速度で徹底比較!

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

よくある格安SIMの悩み…
  • おすすめの格安SIMを知りたい
  • 格安SIMに乗り換えて毎月の料金を安くしたい
  • 大手キャリアから格安SIM乗り換えて通信速度が遅くなると嫌だ!

格安SIMについてこのような思いをお持ちの方も多いと思います。

この記事では、最新の格安SIMおすすめランキングを紹介していきます。

また、格安SIM10社の料金プランと通信速度を徹底比較しましたので、自分にぴったりの格安SIMが見つかるはずですよ。

「おすすめの格安SIMを知って毎月の料金を安くしたい!」という方はぜひ参考にしてください。

7月のおすすめ格安SIM:UQモバイル【PR】

UQmobile-logo-momo

画像引用元:【公式】UQ mobile オンラインショップ|UQコミュニケーションズ

今月のおすすめ格安SIMはUQモバイルです。

au傘下の格安SIMということだけあって、通信速度にはかなり定評があります。

6月より月間10GBたっぷり使える新プランがスタートしました。

この新プランでは通信制限時の速度が「1Mbps」となっており、これは通常他社の約8倍の通信速度を誇ります。

お得に契約できるキャンペーンも豊富なので、ぜひチェックしてみてください。

UQモバイル公式ショップを見る

7月の格安SIMおすすめキャンペーン:楽天モバイル

楽天モバイル

画像引用元:Rakuten UN-LIMIT | 楽天モバイル

7月のおすすめキャンペーンは楽天モバイルの1年間無料キャンペーンです。

300万人限定で、楽天モバイルの基本料金が1年間無料で利用することができます。

月額は税込み3,278円なので、総額4万ほどがタダになる計算になります。

長いこと格安SIMのキャンペーンをチェックしていますが、ここまでお得なキャンペーンは見たことがありません。

契約の縛りや違約金もないので、乗り換えに不安を感じる方はとりあえず新規申込をしてもいいレベルかなと思います。

楽天モバイル公式サイトを見る

7月のおすすめ格安スマホ端末:iPhone SE(第2世代)

auのiPhone SE(第2世代)トップ画像

画像引用元:iPhone SE(第2世代)| iPhone | au

7月のおすすめスマホは、iPhone SE(第2世代)です。

iPhone SEは4万円代から買える価格に、最高峰のCPUが搭載されている高スペックが大人気です。

おサイフケータイや防水、ポートレートモードも搭載しており、普段使いに便利な機能が満載。

格安SIMでiPhone SEを使うには、Apple StoreでiPhone SEを購入しておく必要があります。

2020年7月現在、楽天モバイル × iPhone SEの組み合わせが最強です。

大手キャリアでiPhone SEを使うよりも料金が安く、年間5万円もの差が出ます。

格安SIMの上手な選び方

ワイモバイル

画像引用元:オンラインストア|Y!mobile(ワイモバイル)

格安SIMを選ぶ時、まず重視するのは「安さ」だと思います。

格安SIMに乗り換えを検討する人のほとんどが「今より安くしたい」と考えているのですから、コストを重視してしまうのは当然です。

しかし、コストだけを重視するのはおすすめできません

通信速度が遅い・購入したスマホが自分に合わないなど、使っていくことにストレスを感じてしまう可能性があります。

コスト以外の面で自分が重視したいポイントを考えて、価格だけを考えるのではなく本当に満足できる格安SIMを選ぶようにしましょう。

そこで、ここからは格安SIMの失敗しない上手な選び方について解説していきます。

音声SIMとデータSIMがあることを理解する

格安SIMでは、基本的に2種類のSIMを販売しています。

格安SIMで販売しているSIM
  • 音声SIM:通話とデータ通信ができるSIM
  • データSIM:データ通信のみができるSIM

上記のとおり、音声SIMでは通話が出来ますが、データSIMでは通話が出来ません。

つまり、スマホで電話番号による通話を行いたい場合は、必ず音声SIMを選ぶ必要があります。

データSIMは音声SIMより料金が安いため、ついつい手が出そうになってしまいますが、電話番号を持って通話したいのであれば必ず音声SIMを選びましょう。

料金だけで選ぶのはおすすめできない

格安SIMの最も魅力的な点は、ドコモ・au・ソフトバンクに比べて価格が安いことですが、ここ数年でその状況は変わりつつあります。

世間に認知されるようになった2015年頃は、まさに価格の安さが売りだったのでした。

ですが、現在の各格安SIMの料金を見てみると、どこも似たようなものになっています。

つまり、料金だけでは差がつかない時代になっているのです。

それよりも、各格安SIMで大きく異なる点があります。

それが「各社の特長やサービス」です。

人気格安SIMの特長やサービス例
  • LINEモバイル
    オプション選択で、LINEなどSNSアプリのデータ消費量ゼロ
  • BIGLOBEモバイル
    オプション選択で、YouTubeなどのエンタメアプリデータ消費量ゼロ
  • UQモバイル・ワイモバイル
    他の各格安SIMに比べて、通信速度が速く安定している
  • mineo
    他ユーザーとのデータシェアの手段が豊富

上記の様に、各格安SIMではそれぞれのサービスを持っています。

このサービスに自分のスマホの使い方を合わせていくことが、格安SIMをよりお得に使うためのコツです。

本記事では各格安SIMの料金プランやサービスについて詳しく解説していますので、こちらも併せて参考にしてください。

キャンペーンをしっかりチェックしよう

ドコモ・au・ソフトバンクと契約する場合は、キャンペーンを利用することでよりお得にスマホを使うことができます。

これは、格安SIMの場合も同じです。

格安SIMではキャンペーンがとても豊富で、期間限定キャンペーンも積極的に行っています。

なかにはスマホの機種代金が大幅に値引きされるキャンペーンなどもあります。

格安SIM選びの際は、開催されているキャンペーンをしっかりと確認しましょう。

【2020年7月】格安SIMおすすめランキング10社

格安SIMおすすめランキング
2020年におすすめの格安SIMをランキング形式で紹介していきます。

料金・通信速度・サポートなどを踏まえて満足度の高い総合的なランキングとなっていますので、自分に合った格安SIMを見つけてくださいね。

格安SIMおすすめランキング:総合
  1. 楽天モバイル
  2. ワイモバイル
  3. UQモバイル
  4. LINEモバイル
  5. OCN モバイル ONE
  6. mineo(マイネオ)
  7. BIGLOBEモバイル
  8. IIJmio
  9. y.uモバイル
  10. イオンモバイル

1位:楽天モバイル

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル

格安おすすめランキングの第1位は、楽天モバイルです。

大手キャリアからの乗り換えで年間5万円お得になったり、高速通信が無制限で使い放題だったり、キャンペーンで料金が1年間無料であることなど他の格安SIMを圧倒しています。

楽天モバイルは厳密に言うとドコモなどと同じキャリア(MNO)に分類されますが、格安SIM並みに料金が安いためご紹介いたします。

楽天モバイルの料金

楽天モバイルの料金プランは一種類しかありません。

楽天モバイルの料金は下記の通りです。

楽天モバイルの料金(税込)

Rakuten UN-LIMIT
プラン料金3,278円
契約期間なし
違約金なし
通信容量楽天回線使い放題
パートナー回線5GB
通話楽天同士0円
楽天LINK利用0円
通常の電話22円/30秒
オプションデータチャージ550円/GB
スマホ交換保証プラス715円
マカフィー
モバイルセキュリティ
Android版
220円
スマホ操作遠隔サポート550円
国際通話かけ放題1,078円
楽天モバイルの料金プラン
  • Rakuten UN-LIMIT:月額3,278円
  • 月間データ量:無制限(au回線の場合は月間5GBまで)

楽天モバイル回線なら、月額3,278円でデータ量はなんと無制限。

現在無制限プランを持つキャリアはauのみであり、au無制限プランの月額は7,480円ですから、超が付くほどのお得なプランであると言えるでしょう。

ただし、パートナー回線であるau回線を利用した場合は、月間データ量が5GBまでとなります。

5GB以上利用した場合は速度制限がかかりますが、それでも最大1Mbpsで通信が可能です。LINEなどのSNSアプリであれば問題なく使えますね。

また、通話料は他のキャリアと同じく30秒で20円かかりますが、「Rakuten Link」アプリを利用すれば通話料が無料に。

楽天モバイルでiPhoneを使う場合はRakuten Linkアプリが使えないという注意点があります。

総じて、楽天モバイルは通話料・データ通信料共に非常にお得なキャリアであると言えるでしょう。

楽天モバイルの特長

楽天モバイルの特長は、「Rakuten UN-LIMIT」そのものにあります。

まず、月額3,278円でデータ無制限というのは前代未聞です。

auが提供している無制限プランより4,000円以上安いわけですから、非常にお得ですよね。

月間データ量が5GBとはいえ、すでにエリアが充実しているau回線をそのまま利用できるというのも大きなメリットです。

また、300万人限定で1年間無料になるキャンペーンに入ることができれば、1年間スマホ代が無料。

今、最も安いキャリアと言えるでしょう。

また、楽天モバイルには最低利用期間や解約金が一切ありません。

いつでも好きな時に解約できるため、気軽にデータ無制限を利用できますよ。

楽天モバイルのキャンペーン

次に、楽天モバイルで開催中のキャンペーンを解説していきます。

楽天モバイルでは、下記のキャンペーンを開催中です。

楽天モバイルのキャンペーン
  • Rakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーン
  • AQUOS R5G発売記念キャンペーン
  • 楽天モバイルとセットで、楽天ひかりの月額基本料が1年無料
  • Rakuten UN-LIMITご紹介特典

本記事では、1つ目のキャンペーンを詳しくご紹介します。

キャンペーンの概要
  • 開催期間
    終了日未定
  • 特典内容
    購入機種により、楽天ポイントを15,000円相当または10,000円相当をプレゼント
  • 適用条件
    楽天会員であり、下記のいずれかを満たすこと
    ・「Rakuten UN-LIMIT」を新規契約し、申し込んだ翌月末日23:59までに開通する
    ・「Rakuten UN-LIMIT」に他社から乗り換え(MNP)し、申し込み翌月末日23:59までに開通する
    ・「Rakuten UN-LIMIT」に楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランから移行手続き後に申し込み、申し込み翌月末日23:59までに開通する

本キャンペーンでは、スマホとセットで「Rakuten UN-LIMIT」を契約したユーザーに対し、大量の楽天ポイントが付与されます。

対象となるスマホは下表のとおりです。

項目対象機種
15,000円相当の楽天ポイントが
付与される端末
Galaxy S10
Galaxy A7
Xperia Ace
10,000円相当の楽天ポイントが
付与される端末
Galaxy Note10+
AQUOS sense3 plus
AQUOS sense3 lite
arrows RX
HUAWEI nova 5T
OPPO A5 2020
OPPO Reno A 128GB

付与されるポイント数は、スマホの本体価格には依存しません。

特に注目したいのは、本体価格17,000円の「Galaxy A7」。15,000円相当の楽天ポイントを貰えるため、実質的な本体価格はわずか2,000円になります。

楽天ポイントの付与は、回線開通完了月の3ヶ月後の下旬頃に行われる予定です。

なお、本キャンペーンで貰えるポイントには有効期限が設けられています。期限は、ポイント付与日を含めて6ヶ月までです。

楽天モバイルのポイント
  • 300万人限定で1年間無料
  • 通信容量無制限、専用アプリで通話し放題
  • 契約縛りや違約金はなし

2位:ワイモバイル

Y!mobile ロゴ

画像引用元:【公式】ワイモバイル(Y!mobile)- 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルは、ソフトバンク株式会社の格安SIMです。

ソフトバンクの弟分のような立ち位置だと思ってください。

ワイモバイルの料金プラン

ワイモバイルの料金プランは下記の通りです。

項目スマホプランSスマホプランMスマホプランL
基本料金2,680円3,680円4,680円
データ通信量3GB→4GB9GB→12GB14GB→17GB
国内通話10分以内
無料
新規割
(6ヶ月間のみ)
-700円
おうち割 光セット(A)
または
家族割引サービス(2回線目以降)
-500円
6ヶ月間の月額料金1,480円2,480円3,480円
7ヶ月目からの月額料金2,180円3,180円4,180円
データ増量オプション(25ヶ月間無料)500円
3年目以降の月額料金2,680円3,680円4,680円

データ通信量は3種類から選ぶことができ、全てのプランに10分間の通話し放題が既に含まれています。

通話を頻繁にする人にとっても、リーズナブルに運用できる格安SIMではないでしょうか。

新規割で6ヶ月間無料になったり、ソフトバンク光を契約していればセット割が適用できたり、家族割引も付いていたりするなど、お得な割引も充実しています。

ワイモバイルの特長

ワイモバイルは「大手キャリアと同じように回線が利用できる格安SIM」と評価されています。

大手キャリアから回線を借りて通信サービスを運営している格安SIM。

それゆえに、回線が混雑したり通信環境が不安定になったりした時の対応が、キャリアに比べて甘い傾向にあると言われています。

しかし、ワイモバイルではそんなことはありません。

筆者もワイモバイルを使っていたことがありますが、ソフトバンクとほとんど変わらない通信環境で利用することができました。

他の格安SIMと比較するのが不公平とのことで、「準キャリア」「サブキャリア」「サブブランド」などと呼ばれることもあるほどです。

ワイモバイルならソフトバンク回線が使える

前述したように、ワイモバイルはソフトバンクの弟分のような立ち位置の格安SIMであるため、通信品質の高さが魅力です。

快適な通信速度でスマホを使いたい人や、格安でソフトバンク回線を利用したいという人には、ワイモバイルがおすすめです。

ワイモバイルで開催中のキャンペーン

新規申込の方はさらにお得!
この度ワイモバイル公式より、特別キャンペーンを用意していただきました。
PayPayボーナス6,000円分のプレゼントが適用されるキャンペーンは通常ですと「他社からの乗り換え」のみ対象なのですが、下記ページからの注文だと「新規申込」もキャンペーン対象となります。
ぜひ、チェックしてみてください。
新規申込向けのキャンペーン特典で申し込む

次に、ワイモバイルのキャンペーンを解説していきます。

現在ワイモバイルで開催されているキャンペーンは、下記のとおりです。

ワイモバイルのキャンペーン
  • 下取りプログラム
  • PayPayフリマ&ヤフオク!売っても買ってもおトク祭り
  • PayPayモールで最大15%相当戻ってくる!
  • ソフトバンク・ワイモバイルユーザーはPayPayドームでS15キャンペーン
  • 60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン
  • Y!mobileユーザーなら3ヶ月無料キャンペーン
  • データ増量無料キャンペーン2
  • ケータイ・スマホに契約変更で、国内通話ずーっと無料キャンペーン

上記のとおり、ワイモバイルのキャンペーンは格安SIMでは非常に多く、「PayPay」に関するキャンペーンが充実しているのが特徴ですね。

ここでは、「PayPayフリマ&ヤフオク!売っても買ってもおトク祭り」の中でもお得なPayPayフリマの「最大10%相当戻ってくる」キャンペーンについてご紹介します。

最大10%相当戻ってくるキャンペーンの概要
  • 開催期間
    2020年6月1日から終了日未定
  • 特典内容
    PayPayフリマでの決済額の最大10%相当のPayPayボーナスライトを付与
  • 条件1
    ワイモバイルユーザーであること
  • 条件2
    ワイモバイルの電話番号と連携済みのYahoo! JAPAN IDで、PayPayアカウント連携をしていること
  • 条件3
    対象期間中にPayPayフリマで商品を購入すること

本キャンペーンは、「PayPayフリマ」でのお買物に、最大10%のPayPayボーナスライトが還元されるという内容です。

1回の支払いにおける付与上限は3,000円、ひと月の付与上限は10,000円までとなっています。

ワイモバイルユーザーであれば、条件は携帯電話番号とYahoo! JAPAN IDを連携し、それをPayPayアカウントと連携するだけ。

あとは買い物をするだけで最大10%のPayPayボーナスライトが貰えるわけですから、非常にお得なキャンペーンと言えますね。

上述したとおり、ワイモバイルユーザーには、PayPayでお得になれるチャンスが他にもたくさん用意されています。

今後もPayPay関連のお得なイベントが続く事は、ほぼ間違いないでしょう。本キャンペーンを機にPayPayを始めてみてはいかがでしょうか。

ワイモバイルのポイント
  • ソフトバンクと同じ回線を使える
  • 通信速度に定評あり
  • 10分以内の通話が無料

3位:UQモバイル

UQモバイルのロゴ

画像引用元:【公式】UQ mobile(モバイル)│安心・お得の格安スマホ/格安SIMで【顧客満足度No.1】

UQモバイルは、UQコミュニケーションズが運営している格安SIMです。

UQと聞くとWiMAXが最初に思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

UQモバイルもまた、ワイモバイルと並んで通信品質が良く人気格安SIMとして定評があります。

UQモバイルの料金

UQモバイルの料金プランは下記の通りです。

項目プランSプランMプランL
データ容量3GB

4GB
9GB

12GB
14GB

17GB
基本料金1,980円2,980円3,980円
UQ家族割適用時1,480円2,480円3,480円
通話料20円/30秒
国内通話定額無し
※オプションで選択可能

※データ増量は条件あり

家族割で主回線を除く子回線の料金から500円割引できます。

ワイモバイルと異なり最初から通話オプションが組み込まれているわけではないので、通話をあまりしない人にとってもお得な料金プランとなっています。

通話オプションが必要な人は、無制限かけ放題・10分かけ放題・1ヶ月60分まで定額のいずれかのオプションを選ぶことができます。

UQモバイルの特長

ワイモバイルと同様、UQモバイルもまたauの回線を利用することができます。

そのため、ワイモバイルとUQモバイルは格安SIMの中でも通信品質の良さがトップクラス。

初めて格安SIMを利用する人にも比較的使いやすいと好評です。

UQモバイルのキャンペーン

次に、UQモバイルで開催中のキャンペーンについて解説していきます。

現在開催されているキャンペーンは、下記のとおりです。

UQモバイルのキャンペーン
  • OPPO Reno3 A発売キャンペーン
  • AQUOS sense3 basic デビューキャンペーン
  • 簡単なアンケートにご回答でUQオリジナルハイチュウがもらえる!
  • 下取りプログラム
  • スマホプランデータ増量キャンペーン

ここでは、「AQUOS sense3 basic デビューキャンペーン」をご紹介します。

下取りプログラムの概要
  • 開催期間
    2020年6月19日から2020年7月19日まで
  • 特典内容
    抽選で333名にau PAY残高へ3,000円キャッシュバック
  • 条件1
    UQモバイルでAQUOS sense3 basicを購入すること
  • 条件2
    購入したAQUOS sense3 basicから本キャンペーンへ応募すること

2019年から現在に至るまで大人気のAQUOS sense3ですが、UQモバイルではさらに本体価格が安くなった「AQUOS sense3 basic」の販売を開始しました。

このデビューを記念して、現在「AQUOS sense3 basic デビューキャンペーン」を開催中。

抽選で333人に、3,000円のキャッシュバックをau PAY残高に付与するというものです。

「抽選」という点は少し残念ですが、適用条件は比較的簡単。UQモバイルからAQUOS sense3 basicを購入し、そのスマホからキャンペーンへ応募するだけです。

開催期間が2020年7月19日までと短いので、AQUOS sense3 basicが気になる方は早めの購入がおすすめですよ。

4位:LINEモバイル

LINEモバイルの特徴

画像引用元:格安スマホ LINEモバイルの特徴|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

LINEモバイルは、名前の通りLINEが運営している格安SIMです。

今人気が高い格安SIMの1つであり、指定アプリの通信量がノーカウントになるなど、嬉しい特典がたくさんあります。

LINEモバイルの料金

LINEモバイルは、2020年2月19日より料金プランが一新されました。

LINEモバイルの料金プランはシンプルな1種類です。

「ベーシックプラン」で利用するSIMとデータ量を選び、そこに「オプション」を追加します。

オプションは全3種類です。それぞれ「データフリー機能対象アプリ」が異なるので、自分に合うものを選びましょう。

ベーシックプランの料金

SIMタイプデータ容量月額基本料金
音声通話SIM500MB1,100円
3GB1,480円
6GB2,200円
12GB3,200円
データSIM
(SMS付き)
500MB600円
3GB980円
6GB1,700円
12GB2,700円

オプションの料金と対象アプリ

オプション名月額料金データフリー機能
対象アプリ
LINEデータフリー+0円LINE
SNSデータフリー+280円LINE
Twitter
Facebook
SNS音楽データフリー+480円LINE
Twitter
Facebook
Instagram
LINE MUSIC

「LINEデータフリー」オプションの「データフリー機能対象アプリ」はLINEアプリのみですが、「SNSデータフリー」ではTwitterやFacebookも対象に含まれます。

そして、「SNS音楽データフリー」なら、5つのアプリのデータ消費量がゼロに。

ただし、「SNS音楽データフリー」で対象となる「LINE MUSIC」の機能の1つ、「ミュージックビデオ」はデータフリー機能対象外となるので注意しましょう。

LINEモバイルの特長

LINEモバイルの特長は、主要SNSのデータ量の消費がノーカウントになる点です。

最安値のプランの対象アプリはLINEアプリ(通話含む)のみですが、グレードを上げていくと、他のSNSアプリのデータ通信量もカウントされなくなります。

1番高い料金プランなら、LINE MUSICの通信量もカウントされません。データ通信量を節約したい人にぴったりな格安SIMと言えますね。

また、LINEモバイルでは、ドコモ・au・ソフトバンク全てのキャリア回線が利用できます。

他の格安SIMと異なり、回線によって料金が変わることもないため、どの回線でも損することなく同じ料金で利用可能です。

LINEモバイルで実施中のキャンペーン

LINEモバイル

画像引用元:LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ

2020年7月現在、LINEモバイルでは下記のキャンペーンを実施中です。

LINEモバイルのキャンペーン
  • 月額基本利用料2ヶ月0円キャンペーン
  • データフリーオプション2ヶ月0円キャンペーン
  • 最大10,000円相当!夏のWプレゼントキャンペーン
  • Visa LINE Payクレジットカードで月額利用料6ヶ月間20%還元キャンペーン
  • OPPO・HUAWEI 在庫一掃SALE
  • iPhone 7 大幅値引きSALE
  • 3,000ポイントゲット!招待キャンペーン
  • ソフトバンク回線への回線変更手数料無料キャンペーン
  • 「SoftBank Air」の LINEモバイル限定特典

上記のとおり、LINEモバイルではキャンペーンが非常に豊富です。

特に、「月額基本利用料2ヶ月0円キャンペーン」「データフリーオプション2ヶ月0円キャンペーン」「最大10,000円相当!夏のWプレゼントキャンペーン」は併用ができるため、非常にお得。

ここからは、次の3つのキャンペーンについて解説します。

  • 月額基本利用料2ヶ月0円キャンペーン
  • データフリーオプション2ヶ月0円キャンペーン
  • 最大10,000円相当!夏のWプレゼントキャンペーン

まずは「月額基本利用料2ヶ月0円キャンペーン」と「データフリーオプション2ヶ月0円キャンペーン」についてです。

この2つを併用すれば、契約から2ヶ月間、月額基本料金が大幅値引きされます。

また、LINEモバイルには料金の異なる3つのオプションがあるのですが、これらもすべて大幅に値引きされるのでお得ですよ。

月間データ量LINE
データフリー
SNS
データフリー
SNS音楽
データフリー
500MBキャンペーン対象外
3GB初月:0円
2ヶ月目:0円
初月:0円
2ヶ月目:0円
初月:0円
2ヶ月目:0円
6GB初月:0円
2ヶ月目:720円
初月:0円
2ヶ月目:720円
初月:0円
2ヶ月目:720円
12GB初月:0円
2ヶ月目:1,720円
初月:0円
2ヶ月目:1,720円
初月:0円
2ヶ月目:1,720円

上表は、月間データ量ごとの月額基本料金とオプションを合わせたものです。初月は全容量帯で月額料金が0円になります。

また、2ヶ月目も3GBは全て0円、6・12GBは大幅値引きされるため、非常にお得なキャンペーンと言えますね。

さらに、「最大10,000円相当!夏のWプレゼントキャンペーン」では、最大で10,000円分のLINE Pay残高を受け取れます。

最大10,000円相当!夏のWプレゼントキャンペーンの概要
  • 期間
    2020年6月3日から終了日未定
  • 内容1
    LINEデータフリーを申し込む場合:LINE Pay残高・LINEポイント3,000pt
    それ以外のオプションを申し込む場合:LINE Pay残高・LINEポイント7,000pt
  • 内容2
    抽選で10人の中から1人に、LINE Pay残高またはLINEポイントを3,000ptプレゼント
  • 条件
    期間中に音声通話SIMのベーシックプラン3GB以上を契約すること

申し込むオプションによっては、最大で10,000ポイントものLINE Pay残高またはLINEポイントをゲットできます。

このようにお得なキャンペーンを3つも併用できるため、今がLINEモバイルを始める最高のタイミングですよ。

LINEモバイルのポイント
  • 主要SNSが使い放題
  • シンプルな料金プラン

5位:OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEのロゴ

画像引用元:OCN モバイル ONE

インターネットプロバイダでお馴染みのOCNも格安SIMを取り扱っています。

そんなOCN モバイル ONEのサービスの特徴について見ていきましょう。

OCN モバイル ONEの料金

OCN モバイル ONEの料金プランは下記の通りです。

音声通話SIM料金
1GB1,180円
3GB1,480円
6GB1,980円
10GB2,880円
20GB4,400円
30GB5,980円
OCNでんわアプリ10円/30秒
10分かけ放題850円
トップ3かけ放題
かけ放題ダブル1,300円

そもそもの料金が安く設定されていますが、OCN光モバイル割を適用するとさらに200円安くなります

1GBを1,000円以下で利用できるのは嬉しいですね。

OCN モバイル ONEの特長

OCN モバイル ONEは、2019年後半から2020年にかけて、2つの大きな変化が見られました。

1つは料金プランの刷新。

従来よりも使いやすい月間データ量のラインナップに加え、料金も安くなっています。

そして、もう1つが通信速度です。

従来のOCN モバイル ONEの通信速度は平均的といったところなのですが、2019年後半あたりから通信速度が改善。

特に、格安SIMが苦手としているお昼休みの時間帯の速度が劇的に改善しているのです。

格安SIMで2強のUQモバイルやワイモバイルまではあと一歩というところですが、他の格安SIMから見れば一歩抜きん出た存在となります。

また、従来からの特長として、OCN モバイル ONEには無料のWi-Fiサービスがある点も見逃せません。

全国約87,000箇所でアクセスできるので、外出時もデータ通信量を気にすることなくネットが楽しめます。

また、WPA2方式で暗号化にも対応。他の無料Wi-Fiより安全です。

なお、OCN モバイル ONEではドコモの回線を利用できます。

スマホ端末の割引キャンペーンが超人気!

OCN モバイル ONEではたまにスマホ端末のキャンペーンを行います。

キャンペーンの内容は他の格安SIMに比べても圧倒的にお得です。

なんとOCN モバイル ONEキャンペーンで1円でスマホをゲットする方法もあります。

お得にスマホ端末を購入したい方は要チェックです。

OCN モバイル ONEのキャンペーン

現在開催されているキャンペーンは、下記のとおりです。

OCN モバイル ONEのキャンペーン
  • OCN モバイル ONE SIMカード追加手数料無料キャンペーン
  • Amazon Music Unlimited 販売記念キャンペーン
  • 夏のボーナス2週連続Twitterキャンペーン
  • 新コースへ変更キャンペーン
  • 初回限定ⅾポイント2,000ptプレゼント!キャンペーン

ここでは、「OCN モバイル ONE SIMカード追加手数料無料キャンペーン」について解説します。

OCN モバイル ONE SIMカード追加手数料無料キャンペーンの概要
  • 開催期間
    2019年11月5日から終了日未定
  • 特典内容
    音声対応SIMカードの追加手数料3,000円が無料
    データ通信専用SIMカードの追加手数料1,800円が無料
  • 条件
    OCNモバイルユーザーで、キャンペーン期間中に音声対応SIMカードまたはデータ通信専用SIMカードを新規電話番号で追加(容量シェア)すること

本キャンペーンは、音声SIMまたはデータSIMを追加購入する際に発生する、追加手数料が無料になるというものです。

条件さえ満たせば自動で適用されるため、SIMの追加購入を考えている方には嬉しい内容ですね。

なお、本キャンペーンの無料対象は手数料のみであり、SIM追加による月額料金は別途発生しますので注意が必要です。

OCN モバイル ONEのポイント
  • 格安SIMの中でも通信速度が速い
  • 外出時、無料のWi-Fiスポットあり
  • スマホ端末の割引キャンペーンがお得

6位:mineo(マイネオ)

フリータンク

画像引用元:フリータンク – mineoユーザーみんなでパケットシェア | マイネ王

CMも放映されているので、名前だけは知っているという人も多いと思います。

そんなmineoのサービスの特徴や料金について見ていきましょう。

mineo(マイネオ)の料金

mineoの料金プランは下記の通りです。

容量Dプラン
(ドコモ)
Aプラン
(au)
Sプラン
(ソフトバンク)
500MB1,400円1,310円1,750円
3GB1,600円1,510円1,950円
6GB2,280円2,190円2,630円
10GB3,220円3,130円3,570円
20GB4,680円4,590円5,030円
30GB6,600円6,510円6,950円

回線によって料金が異なります。

1番安く利用できるのはau回線のAプラン、1番高いのがソフトバンク回線のSプランです。

パケットギフトやフリータンク機能を使えば、データ通信量を他者と分け合うことができます。

また、余ったデータ通信量を他の人にシェアすることも可能です。

mineo(マイネオ)の特長

mineoのコンセプトは「必要なものを必要なだけ」。

まさにその通りで、mineoのサービスは無駄なく使えるのが魅力です。

料金が安いことはもちろん、ライトユーザーからヘビーユーザーまで使えるプランや、データ通信量を分け合えるオプションなど、さまざまなニーズに幅広く応えてくれます。

また、mineoはドコモ・au・ソフトバンク全てのキャリア回線に対応

ただし、LINEモバイルと異なり、キャリア回線ごとに料金が異なるので注意してください。

mineo(マイネオ)のキャンペーン

現在開催されているキャンペーンは、下記のとおりです。

mineoのキャンペーン
  • データ使い放題で月額980円~!コミコミでおトクになるキャンペーン
  • 日経電子版最大2カ月無料キャンペーン
  • mineo端末安心保障加入促進キャンペーン

ここでは、「データ使い放題で月額980円~!コミコミでおトクになるキャンペーン」についてご紹介します。

本キャンペーンの概要
  • 開催期間
    2020年6月1日から2020年8月2日まで
  • 特典内容1
    6ヶ月間、月額料金800円割引+月間データ量を1GB増量
  • 特典内容2
    7ヶ月間、パケット放題月額料金80円割引
  • 条件1
    開催期間中に、デュアルタイプかつ3GB以上のプランで申し込みすること
  • 条件2
    他社からの乗り換えであること
  • 条件3
    mineoユーザーの場合は、開催期間中にデュアルタイプかつ3GB以上のプランに契約変更すること

本キャンペーンでは、月額料金が6ヶ月間割引されるほか、1GBのデータ増量という特典も付いてきます。

データ量が1GB増えるのは、低・中容量帯プランを契約する方にとって嬉しい内容ですね。

また、最大500kbpsでネットや動画が使い放題の「パケット放題」の月額料金を、7ヶ月間80円割引するという内容も見逃せません。

なお、本キャンペーンを適用した場合の料金は下表のとおり。

容量Dプラン+
パケット放題
(ドコモ)
割引適用後
500MB1,750円-
3GB → 4GB1,950円1,070円
6GB → 7GB2,630円1,750円
10GB → 11GB3,570円2,690円
20GB → 21GB5,030円4,150円
30GB → 31GB6,950円6,070円

上表はDプランの料金ですが、もちろんAプラン・Sプランにも適用できます。

月間データ量が4GBで1,070円使えて、しかもパケット放題も付いてくるのですから、非常にお得です。

mineoのポイント
  • 幅広いニーズに対応できるプランが用意されている
  • ドコモ・au・ソフトバンク全てのキャリア回線に対応

7位:BIGLOBEモバイル

biglobeモバイル

画像引用元:【公式】格安SIM・格安スマホのBIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、プロバイダでお馴染みのBIGLOBEが運営している格安SIMです。

エンタメフリーなど魅力的なオプションサービスやプランが充実しています。

BIGLOBEモバイルの料金

BIGLOBEモバイルの料金プランは下記の通りです。

項目
(音声通話SIM)
料金
3GB1,600円
6GB2,150円
12GB3,400円
20GB5,200円
30GB7,450円
通話料
※アプリ利用時
9円/30秒
10分かけ放題(通話パック90)+830円
3分かけ放題(通話パック60)+600円

※音声通話SIMのみ記載しています。

1GB~3GBまでのライトユーザー向けプランから、12GB~30GBまでのヘビーユーザー向けのプランまで幅広く用意されています。

BIGLOBEモバイルの特長

BIGLOBEモバイルの魅力は料金の安さだけでなく、YouTubeやSpotify、Apple Musicなどのデータ通信量がノーカウントになる「エンタメフリーオプション」にあります。

動画や音楽視聴アプリでデータ通信量を消費していた人には打ってつけのプランです。

通信量が節約できるので、料金プランをワンランク下げることができます。

有料オプションではありますが、最大6ヶ月無料キャンペーンも実施しているので、利用してみてはいかがでしょうか。

BIGLOBEモバイルで使える回線はドコモとauです。ただし、データ通信SIMはドコモだけとなるので気をつけてください。

なお、回線によって料金が変わることはありません。

BIGLOBEモバイルのキャンペーン

現在開催されているキャンペーンは、下記のとおりです。

BIGLOBEモバイルのキャンペーン
  • 音声通話SIM特典
  • 端末セット特典
  • エンタメフリー・オプション初回申込特典
  • セキュリティセット・プレミアム初回申込特典

ここでは、「音声通話SIM特典」についてご紹介します。

音声通話SIM特典の概要
  • 開催期間
    常時開催
  • 特典内容
    初月+6ヶ月間、プラン料金1,600円割引+初期費用無料+エンタメフリーオプション最大6ヶ月無料
  • 条件1
    開催期間中にWebまたは電話で、新規に音声通話SIM 3GB以上のプランを申し込むこと
  • 条件2
    BIGLOBEモバイルユーザーの場合は、開催期間中に音声通話SIMに変更のうえ、3GB以上のプランを申し込むこと
  • 条件3
    開催期間中に、エンタメフリーオプションに申し込むこと(初回限定)

本キャンペーンは、プラン料金・初期費用・エンタメフリーオプション料金の3つに大きな割引がかかります。

特に割引効果が高いのはプラン料金で、6ヶ月に渡り月額1,600円を割引するというもの。

本キャンペーンを適用した場合の料金は下表のとおりです。

項目
(音声通話SIM)
料金
3GB0円
6GB550円
12GB1,800円
20GB3,600円
30GB5,850円

なんと、3GBプランの月額料金は0円。使いやすくて人気の6GBもたった550円で利用できます。

さらに、本キャンペーンでは合計で3,733円かかる初期費用が0円になり、月額480円かかるエンタメフリーオプションも無料に。

BIGLOBEモバイルと契約する際はぜひ利用したいキャンペーンですね。

BIGLOBEモバイルのポイント
  • 主要エンタメサービスが容量無制限のオプションが人気
  • 豊富なキャンペーンが開催中

8位:IIJmio

IIJmio音声通話つきSIM みおふぉん

画像引用元:音声通話機能付きSIM みおふぉん|格安SIM/格安スマホのIIJmio

格安SIM業界の中で老舗の部類に入るIIJmioは、安定した通信品質に定評があります。

最近ではeSIMプランの取り扱いも始まりました。

IIJmioの料金

IIJmioの料金プランは下記の通りです。

音声通話SIMデータ通信量料金
ミニマムスタートプラン3GB1,600円
ライトスタートプラン6GB2,220円
ファミリーシェアプラン12GB3,260円
みおふぉんダイヤル10円/30秒
3分かけ放題
(家族なら10分)
600円
10分かけ放題
(家族なら30分)
830円

料金プランの種類は少ないものの、格安SIMとしてはレアな、家族で使うとお得になるプランが用意されています。

家族全員で格安SIMを検討している人にもおすすめです。

IIJmioの特長

IIJmioを運営している株式会社インターネットイニシアティブは、通信技術の開発などに携わってきた会社です。

IIJmioにもそのノウハウはしっかりと活かされており、信頼性が高い・通信品質が安定しているという評価に繋がっています。

実際に筆者もeSIMですが、IIJmioを利用したことがあります。

やはり時間帯によって速度の差はあるものの、そこまでストレスを感じることなく使うことができました。

なお、IIJmioではドコモとauの回線を使うことができます。

回線によって料金が変わることはありません。

IIJmioのキャンペーン

現在開催されているキャンペーンは、下記のとおり。

IIJmioのキャンペーン
  • 夏祭!トリプルキャンペーン
  • 音声SIMとセットでギフト券プレゼントキャンペーン
  • OPPO新機種発売記念キャンペーン
  • Xiaomi新機種発売記念キャンペーン

多くのキャンペーンを行っているIIJmioですが、本項では「夏祭!トリプルキャンペーン」についてご紹介します。

本キャンペーンの概要
  • 開催期間
    2020年7月1日から2020年8月31日まで
  • 特典内容
    初期費用1円・月額料金3か月700円割引・通話定額4か月無料
  • 条件
    下記のいずれかを満たすこと
    ・開催期間中に、IIJmioのau回線を新規契約(乗り換え含む)をすること
    ・既にIIJmioモバイルサービスおよびIIJmioモバイルプラスサービスを利用していること

本キャンペーンを適用すれば、3つの特典を受け取ることができます。

1つ目は事務手数料などの初期費用が1円になるというもの。通常は3,000円かかる手数料が無料同然になります。

2つ目はau回線限定ですが、プランの月額料金が3ヶ月間700円割引になるという内容です。

割引を適用した月額料金は下表のとおりになります。

プラン名月間データ量月額料金割引を適用した場合
ミニマムスタートプラン3GB1,600円900円
ライトスタートプラン6GB2,220円1,520円
ファミリーシェアプラン12GB3,260円2,560円

もともと安い料金がさらに値引きされ、ミニマムスタートプランに至っては月額料金が1,000円以下となります。

そして、3つ目の特典は、1回10分以内の国内通話が無料になる「通話定額オプション」(月額830円)が、4ヶ月間無料になるというものです。

通話が多い方にとっては嬉しい内容ですね。

上記のようなお得な割引が3つもある本キャンペーンは、2020年8月31日までとなっています。

IIJmioが気になっている方は、今が始め時ですよ。

IIJmioのポイント
  • 信頼性が高く・通信品質が安定している
  • 家族で使うとお得になるプランあり

9位:y.uモバイル

y.u mobile

画像引用元:y.u mobile | お得なキャンペーン実施中

y.uモバイルは、2020年3月にサービスを開始した新しい格安SIMです。

シンプルさとわかりやすさを追求しているのが特長で、y.uモバイルのサービス開始直後から評判になっています。

では、y.uモバイルの詳細を見ていきましょう。

y.uモバイルの料金

y.uモバイルの料金プランは下記の通りです。

項目プラン名通信量料金
音声通話SIMシングルプラン3GB1,859円
シェアプラン20GB6,589円
データSIMシングルプラン3GB990円
※SMS+132円
シェアプラン20GB6,050円
※SMS+132円
ギガのストック上限100GBまで
データチャージ330円/GB
y.uでんわベーシック10円/30秒
10分かけ放題935円
無制限かけ放題2,970円
U-NEXT月額料金2,189円
修理費用保険0円
安心フィルタリング330円

y.uモバイルのプランは2種類しか用意されていません。

しかし、他の格安SIMなら1,000円はかかる1GB追加料金が、たったの300円で済みます。

そのため、「ひとまず容量少なめのプランを契約しておいて、足りなくなったら気軽に容量を追加する」という使い方が可能です。

また、シェアプランは20GBを最大4人で共有できます。実質家族専用のプランですね。

一方、シングルプランはデータ量の共有ができないので、1人で利用する場合はこちらを選ぶことになるでしょう。

y.uモバイルの特長

y.uモバイルの特長は、なんといってもわかりやすさです。

1人利用であればシングルプラン、家族利用であればシェアプランと、プラン選択で悩む必要がありません。

また、y.uモバイルの1GB追加料金は300円と非常に安いため、気軽にデータを追加できます。

さらに、y.uモバイルには解約による違約金や最低利用期間といった、わかりにくいルールは一切ありません。

始めやすくて解約しやすい、初心者でも気軽に利用できる格安SIMです。

y.uモバイルのキャンペーン

現在実施しているキャンペーンは1種類のみです。

y.uモバイルのキャンペーン
  • 音声通話SIM申し込みでキャッシュバックキャンペーン

シンプルさが売りのy.uモバイルは、キャンペーンもわかりやすくてシンプルです。

本キャンペーンの概要
  • 開催期間
    2020年11月30日まで
  • 特典内容
    15,000円キャッシュバック
  • 条件1
    開催期間中に音声通話SIMを申し込むこと
  • 条件2
    キャッシュバック送付月(13ヶ月目)の1日時点まで契約を継続していること
  • 条件3
    キャッシュバック受け取り手続きを行うこと

本キャンペーンでは、15,000円ものキャッシュバックが受け取れます。

仮にシンプルプランを契約した場合、年間の費用は税込みで22,308円ですが、キャッシュバックがあれば実質7,000円程度になりますね。

つまり、本キャンペーンを利用すれば、1年間の月額料金が実質600円程度になるということです。

条件も、音声通話SIMを申し込むだけという非常に簡単なもの。

なお、キャッシュバックの送付月が利用開始月から13ヶ月目なので、その点だけは注意してください。

y.uモバイル × bitWaveでコラボキャンペーン中!

y.uモバイルのご厚意により、公式よりも多額のキャッシュバックをご用意いただきました。

bitWaveをお読みいただいている方限定で、23,000円のキャッシュバックをもらうことができます。

キャンペーンを適用しての申し込みは下記よりどうぞ。

【~2020年11月30日】
期間限定でy.uモバイルのキャンペーンを実施中です!
公式よりも多額のキャッシュバックをご用意いただいたので、ぜひチェックしてみてください。
y.uモバイルのキャンペーンを見る

10位:イオンモバイル

イオンモバイル

画像引用元:業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

イオンモバイルは、安価な料金と店舗数の充実度、実店舗でのサービスが売りの格安SIMです。

2016年より前は、「イオンスマホ」という名前でした。

イオンモバイルの料金

イオンモバイルの料金プランは下記の通りです。

データ通信容量音声プラン/月額データプラン/月額
500MB1,130円
1GB1,280円480円
2GB1,380円780円
4GB1,580円980円
6GB1,980円1,480円
8GB2,680円1,980円
12GB3,280円2,680円
20GB4,680円3,980円
30GB5,680円4,980円
40GB6,980円6,480円
50GB8,980円8,480円

どの格安SIMにもある3GBプランがイオンモバイルにはありません。

しかし、代わりとなる4GBプランは、他社の3GBプランと同等の価格となっています。

そのほか、人気の6GBプランも2,000円を切るなど、価格では優れた格安SIMです。

イオンモバイルの特長

イオンモバイルには、上述したプランのほかに「シェア音声プラン」というものがあります。

データ通信容量シェア音声プラン/月額
4GB1,780円
6GB2,280円
8GB2,980円
12GB3,580円
20GB4,980円
30GB5,980円
40GB7,280円
50GB9,280円

通常プランより割高ですが、1枚の音声通話SIMと4枚のデータ通信SIMで月間データ量を分け合えます。

つまり、上表の料金だけでスマホ+最大4台までのタブレットなどを利用できるということです。

データSIMを追加しても月額料金は加算されません。

タブレットを外でも利用したい方におすすめのプランです。

また、イオンモバイルはスマホ初心者に優しい格安SIMと言えます。

全国のイオン店舗にショップがあるため、店員さんの手厚いサポートを受けたい方にはまさに打ってつけ。

まだあまりスマホに慣れていない方や、格安SIM初心者の方にぴったりの会社です。

イオンモバイルのキャンペーン

現在開催されているキャンペーンは、下記のとおりです。

イオンモバイルのキャンペーン
  • イオンモバイルの納得!夏得!家計節約キャンペーン
  • スマホデビューキャンペーン
  • 優しいスマホ ゆっくりマイペースでスマホデビュー
  • イオンモバイル紹介トク

本記事では、「イオンモバイルの納得!夏得!家計節約キャンペーン」をご紹介します。

本キャンペーンの概要
  • 開催期間
    2020年7月1日から2020年8月31日まで
  • 特典内容
    特典1:3,000WAONポイントプレゼント
    特典2:人気端末が最大10,000円引き
    特典3:Twitterで人気端末抽選
  • 条件
    特典1の条件:期間中に他社から乗り換えをすること
    特典2の条件:新規契約(乗り換え含む)と同時に対象端末を購入すること
    特典3の条件:Twitterでイオンモバイル公式アカウントをフォローし、該当ツイートをリツイートすること

本キャンペーンでは3つの特典が貰えます。

特に注目したいのは2つ目の特典です。対象端末は下記のとおり。

特典2の対象端末
  • HUAWEI P30 lite:29,800円 → 22,800円(7,000円引き)
  • OPPO Reno A:35,800円 → 25,800円(10,000円引き)

2機ともに、ミドルスペックスマホの中ではコスパに優れた名機です。特にOPPO Reno Aは10,000円引きで購入できるので非常にお得ですよ。

そして、3つ目の特典ではそんなOPPO Reno3 Aが、条件を満たかた方の中から抽選で6名に当たります。

条件が簡単な上に、新規・既存ユーザー問わず応募できるので、こちらもぜひ参加してみてください。

なお、Twitterアカウントを非公開設定にしていると当選連絡ができないため、当選しても無効となってしまいます。注意してくださいね。

イオンモバイル公式サイトを見るイオンモバイル

格安SIM人気10社を徹底比較:料金の安さ編

mineo

画像引用元:mineo(マイネオ)|au・ドコモ・ソフトバンク対応の格安スマホ(SIM)

ここからは、これまで紹介してきた10社の格安SIMを、様々な要素から比較していきます。

まずは、人気格安SIM10社の料金を徹底比較していきます。

格安SIMといえば、料金の安さが特長の1つ。

どの業者もキャリアと比べれば安いものの、格安SIM間ではやはり金額に差があります。

データSIMと音声SIMに分けて、各社の料金を比較してみました。

データSIMの料金を徹底比較

まずは、データSIMの料金比較です。

※横にスクロールできます。
データ通信容量ワイモバイルUQモバイルLINEモバイルOCNモバイル
ONE
mineoBIGLOBE
モバイル
IIJmioy.uモバイルイオンモバイル
500MB--600円------
1GB1,980円-------480円
2GB--------780円
3GB-980円980円1,000円900円1,020円1,040円1,020円-
4GB--------980円
6GB--1,700円1,500円1,580円1,570円1,660円-1,480円
7GB3,696円--------
8GB--------1,980円
10GB---2,400円2,520円----
12GB--2,700円--2,820円2,700円-2,680円
大容量---3,920円3,980円5,200円-5,620円3,980円

最も人気!3GBの料金を比較

最も安いのはmineoの900円で、次点がUQモバイルとLINEモバイルの980円となっています。

定番の6GBの料金を比較

イオンモバイルの1,480円が最安です。次点がOCNモバイルONEの1,500円になります。

かなり激しい価格争いが起きていますね。

音声SIMの料金を徹底比較

次は、音声SIMの料金比較です。

※横にスクロールできます。
データ通信容量楽天モバイルワイモバイルUQモバイルLINEモバイルOCNモバイル
ONE
mineoBIGLOBE
モバイル
IIJmioy.uモバイルイオンモバイル
500MB---1,100円-1,310円---1,130円
1GB----1,180円----1,280円
2GB---------1,380円
3GB-2,680円1,980円1,480円1,480円1,510円1,600円1,600円1,690円-
4GB---------1,580円
6GB---2,200円1,980円2,190円2,150円2,220円-1,980円
7GB----------
8GB---------2,680円
9GB-3,680円2,980円
10GB----2,880円3,130円----
12GB---3,200円--3,400円3,260円-3,280円
14GB-4,680円3,980円
大容量2,980円---4,400円4,590円5,200円-5,990円4,680円

※3GB、6GB、大容量それぞれで一番安い金額を赤字にしています

人気の3GBプランの料金

最も安いのはLINEモバイルとOCNモバイルONEの1,480円です。

スマホを安く利用したいなら、この2つの格安SIMがおすすめと言えます。

キャリアからの乗り換えで人気の6GBプラン

OCNモバイルONEとイオンモバイルの1,980円が最安です。

また、容量無制限で2,980円の楽天モバイルも、他の格安SIMと比べると破格の安さとなっています。

データSIM・音声SIM共に最安のプランを持っているOCNモバイルONEは、料金重視派の方にぴったりの格安SIMですね。

格安SIM人気10社を徹底比較:通信速度の速さ編

楽天モバイル

画像引用元:通信・エリア | 楽天モバイル

本記事では、2020年7月上旬に格安SIMの通信速度を独自に調査してみました。

ここからは、その結果をもとに各社の特徴を徹底比較していきます。

昨今のスマホのアプリは、ネットに接続しなければ満足に使えませんよね。

そのため、スマホを快適に利用するためには、安定した通信速度が不可欠です。

※横にスクロールできます。
時間帯ワイモバイルUQモバイルLINEモバイルOCNモバイルONEmineoBIGLOBEモバイルIIJmioイオンモバイル
1.6Mbps12.7Mbps12.1Mbps17.2Mbps6.1Mbps10.9Mbps6.8Mbps4.0Mbps
1.2Mbps13.9Mbps0.5Mbps9.9Mbps0.5Mbps0.9Mbps0.3Mbps0.3Mbps
夕方1.6Mbps15.4Mbps6.8Mbps9.8Mbps4.0Mbps5.3Mbps1.5Mbps1.4Mbps
1.8Mbps12.4Mbps6.5Mbps10.9Mbps4.9Mbps10.1Mbps4.1Mbps4.2Mbps
平均1.6Mbps13.6Mbps6.5Mbps12.0Mbps3.9Mbps6.8Mbps3.2Mbps2.5Mbps

データ引用元:格安SIM (MVNO) の通信速度計測 | mobile by keisoku.io

※楽天モバイルとy.uモバイルの計測データが無かったため、今回は8社での比較となります。

まず目に付くのは、UQモバイルの圧倒的な速さですね。

すべての時間帯において安定した通信速度を記録しており、かつ速度も最高レベルです。

次点はOCNモバイルONE。この格安SIMは2019年中頃までは平均的な速度だったのですが、2019年秋頃からは通信速度が大きく改善しました。

何より、格安SIMが苦手とされる昼の時間帯での安定した速度は、かなりポイントが高いですね。

2020年に入ってからは、まるでドコモのサブブランドのような動きを見せており、注目度の高い格安SIMです。

そのほかの格安SIMでは、LINEモバイルやBIGLOBEモバイルが比較的速いものの、やはりお昼の時間帯は苦手としていますね。

格安SIMとセットで使うおすすめスマホ端末はこれだ!

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル

ここからは、格安SIMで利用するのにおすすめの端末をご紹介します。

今回おすすめするのは、下記の5機種です。

格安SIMとセットで使うおすすめスマホ端末
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11
  • OPPO A5 2020
  • OPPO Reno A
  • AQUOS sense3

iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)

画像引用元:iPhone SE – Apple(日本)

iPhone SE(第2世代)は、2020年4月24日は発売されたばかりの端末です。

ドコモ・au・ソフトバンクでは2020年5月11日に発売されました。

本機種は何といっても圧倒的なコスパが魅力です。

iPhone SE(第2世代)のスペック

iPhone SE(第2世代)
ディスプレイ4.7インチ
本体サイズ高さ:138.4 mm
幅:67.3 mm
厚さ:7.3 mm
重さ148 g
アウトカメラ広角:1,200万画素
インカメラ700万画素
バッテリーiPhone 8とほぼ同じバッテリー駆動時間
RAM3GB(非公式)
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA13 Bionicチップ
OSiOS13
認証指紋認証
カラーブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED
詳細iPhone SE(第2世代)実機レビュー

iPhone 11 Proと同じCPU!

iPhone SE(第2世代)には、iPhone 11 Proと同じCPUが搭載されています。

つまり、本体価格4~5万円でありながら、10万円超えのiPhone 11 Proと同程度の処理性能を有しているということです。

ミドルスペックスマホはどうしてもCPUが弱くなる傾向にありますが、本機種なら処理の重いアプリでもサクサク動かせるでしょう。

また、カメラもレンズが1つのみのシングルカメラとはいえ、ボケを生かしたポートレート撮影にも対応。

さらに、iPhone Xから長らく姿を消していたホームボタンと指紋認証も復活しました。

顔認証を理由に新型iPhoneを敬遠していた方にも、おすすめの機種と言えます。

iPhone SE(第2世代)の価格

店舗64GB128GB256GB
Apple Store49,280円54,780円66,880円
ドコモ57,024円62,568円75,240円
au55,270円61,250円75,215円
ソフトバンク57,600円64,080円78,480円

64GBで4~5万円と、かなり安い価格設定ですね。

iPhone SE(第2世代)におすすめの格安SIMはこれ!乗り換えで年間4万円おトクに

iPhone 11

iPhone11

画像引用元:iPhone 11 – Apple(日本)

次は、2019年に発売されたiPhone 11です。

これまで高級路線を貫いてきたiPhoneのメインナンバリングシリーズですが、iPhone 11では大きく路線変更しました。

iPhone 11のスペック

iPhone 11
ディスプレイ6.1インチ
本体サイズ高さ:150.9mm
幅:75.7mm
厚さ:8.3mm
重さ194g
アウトカメラ超広角:1,200万画素
広角:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
バッテリー3,110mAh
RAM4GB(非公式)
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA13 Bionic
OSiOS
認証
カラーホワイト・ブラック・グリーン・
イエロー・パープル・(PRODUCT)RED
詳細iPhone 11 実機レビュー

コスパに優れた良機種!

iPhone 11の最も魅力的な点はコスパです。

CPUがiPhone 11 Proと同じなので、処理性能は最高峰。10万円超えの端末を肩を並べる実力を持ちます。

また、カメラ機能もiPhone 11 Proとできることはほぼ同じ。

暗い空間でもキレイに写真撮影できる「ナイトモード」や、トレンドの「ポートレート撮影」も搭載しています。

このように、価格が3万円以上も高いiPhone 11 Proとそれほど性能に差はありません。

カラーバリエーションも6色と豊富なので、自分の好みに合ったものを選べます。

iPhone 11の価格

店舗64GB128GB256GB
Apple Store82,280円87,780円99,880円
ドコモ87,120円95,040円106,920円
au90,720円96,480円109,440円
ソフトバンク89,280円95,040円108,000円

ドコモ・au・ソフトバンクなら割引が適用されるので、もっと安く購入できます。

iPhone 11におすすめの格安SIMはこれ!大手キャリアよりもお得か比較

OPPO A5 2020

oppo A5 2020

画像引用元:最新スマホが大特価!14,800円〜|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

OPPO A5 2020は、4つのレンズを持つクアッドカメラシステムを搭載しながら、本体価格は3万円以下という驚きのスマホです。

OPPO A5 2020のスペック

OPPO A5 2020
ディスプレイサイズ6.5インチ
本体サイズ高さ:約163.6mm
幅:75.6mm
厚さ:9.1mm
重さ約195g
アウトカメラ標準:1,200万画素
超広角:800万画素
モノクロ:200万画素
ポートレート:200万画素
インカメラ約1,600万画素
F値2.0
バッテリー5,000mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUSnapdragon 655
OSColorOS 6.0
(based on Android 9.0)
認証指紋・顔
カラーブルー・グリーン

最も注目すべきは、安価な機種に不釣り合いとも言えるクアッドカメラシステムです。

標準の広角レンズに加え、超広角・望遠・ポートレート専用のレンズが搭載されています。

また、カメラソフトウェアも充実しており、暗い場所でも綺麗な写真が撮れる「夜景モード」も搭載。

カメラ性能は2万円台の機種とは思えないほど優秀です。

認証方式は顔・指紋どちらにも対応。バッテリー持ちも良好です。

さらに、スマホでは珍しくFMラジオも聞けますよ。

OPPO A5 2020の価格

店舗本体価格
楽天モバイル26,182円
OCNモバイルONE19,800円
BIGLOBEモバイル39,600円

業者によって価格が大きく異なるため、購入する際は気を付けてください。

OPPO Reno A

nuroモバイルのOPPO Reno A

画像引用元:端末情報 | nuroモバイル

OPPO Reno Aはミドルスペックスマホの中でも高い処理能力を持っています。

価格も2~3万円台で、手が出しやすい点も特長です。

OPPO Reno Aのスペック

OPPO Reno A
ディスプレイサイズ6.4インチ
本体サイズ高さ:約158.4mm
幅:75.4mm
厚さ:7.8mm
重さ約169.5g
アウトカメラメイン:1,600万画素
サブ:200万画素
インカメラ2,500万画素
バッテリー3,600mAh
RAM6GB
ROM64GB
CPUSnapdragon 710
OSColorOS 6.0
(Based on android 9.0)
認証指紋・顔
カラーブルー・ブラック

本機種はミドルスペックスマホですが、ディスプレイにはハイスペック機種に搭載される有機ELディスプレイを採用しています。

メモリも6GBと高く、重いアプリでもサクサク動作。3万円台の機種としては破格の性能と言えるでしょう。

また、防水・防塵性能のほか、おサイフケータイにも対応しているので、様々なシーンで活躍してくれます。

高い処理性能に加え、必要な機能も一通り揃えた非常に優秀なスマホです。

OPPO Reno Aの価格

店舗本体価格
BIGLOBEモバイル35,760円
LINEモバイル35,800円
OCNモバイルONE29,700円

OPPO Reno Aは格安SIMで購入できます。

AQUOS sense3

アクオスセンススリー

画像引用元:AQUOS sense3(アクオス センススリー)SHV45 | スマートフォン(Android スマホ) | au

最後に、iPhone 11と肩を並べるほど大人気のAQUOS sense3をご紹介します。

価格の安さに反して、多くの機能を持つ良機種です。

AQUOS sense3のスペック

AQUOS sense3
ディスプレイ5.5インチ
本体サイズ高さ:約147mm
幅:70mm
厚さ:8.9mm
重さ約167g
アウトカメラ標準:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,000mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUSDM630
OSAndroid 9pie
生体認証指紋認証・顔認証
カラーライトカッパー・ブラック・
シルバーホワイト・ディープピンク
詳細AQUOS sense3 実機レビュー

必要十分な性能を持つ機種

3万円台の機種ながら2つのレンズを搭載。ボケを生かしたポートレート撮影が可能です。

また、防水・防塵性能のほか、おサイフケータイにも対応。バッテリー持ちも優秀です。

処理能力はそれほど高くないので、重いアプリを操作するのには向きません。

しかし、普段使いの範囲で困ることはないでしょう。

本体価格は安いけれど、一通りの事が出来るという点が魅力です。

AQUOS sense3の価格

店舗本体価格
OCNモバイルONE25,410円
UQモバイル23,760円
BIGLOBEモバイル39,600円

AQUOS sense3はSIMフリー版もあります。

大手キャリアから乗り換え(MNP)する手順

ドコモMNP

画像引用元:ドコモ公式サイト

ここからは、大手キャリアから格安SIMに乗り換える手順について解説します。

手順1:現在のキャリアでMNP予約番号を取得する

乗り換えで必ず必要になるのが「MNP予約番号」です。

まずはMNP予約番号を取得しましょう。

ドコモ・au・ソフトバンク共に、下記の手段で取得することができます。

MNP予約番号の取得方法
  • 電話
  • ネット手続き
  • 各キャリアのショップ

最も手軽なのは電話です。

MNP予約番号の取得には専用ダイヤルが用意されているため、電話の待ち時間は比較的短くて済みます。

特別な用意も必要ありません。オペレーターの方に「MNP予約番号を取得したい」と伝えるだけです。

手順2:格安SIMに申し込む

MNP予約番号の有効期間は、取得日を入れて15日間です。乗り換え先への申し込みはできるだけ早めに済ませましょう。

格安SIMへの申し込みは、基本的に各社の公式Webサイトから行います。

申し込みに必要なものは下記のとおりです。

格安SIMの申し込みに必要なもの
  • 本人確認書類(運転免許証・個人番号カードなど)
  • 支払いに使うクレジットカード・口座情報など
  • 連絡先メールアドレス
  • MNP予約番号

注意が必要なのは、支払いに関する情報です。

大手キャリアの場合、クレジットカードや口座振替による支払いを選べますが、格安SIMでは基本的にクレジットカード払いしか選べません。

また、デビットカードも使えない業者が多いです。

クレジットカードを用意してから契約に臨みましょう。

各社とも、Webサイト上の案内は非常にわかりやすく丁寧です。

案内に従って情報を入力していけば簡単に契約できます。

ただし、購入する機種やプランを選ぶ必要があるので、手続きをスムーズに進めるためにも、これらのことはあらかじめ決めておいた方が良いでしょう。

入力が終われば契約手続きは完了です。あとは審査と登録手続きが終わるまで待つことになります。

以後の連絡は、手続き中に入力したメールアドレス宛てに来ます。

原則、電話連絡は来ないので、メールを定期的にチェックするようにしましょう。

手順3:スマホの初期設定をする

契約後も現在のスマホをそのまま使用する場合はSIMカードが、スマホをセット購入した場合はスマホとSIMカードが届きます。

あとは、設定をするだけです。それぞれの設定方法を見ていきましょう。

現在のスマホをそのまま使う場合

作業の大まかな流れは下記のとおりです。

格安SIMの初期設定作業
  1. 現在のスマホに格安SIMのSIMカードを挿入する
  2. 利用開始手続き(電波の切り替え)を行う
  3. Wi-Fiに接続し、APN設定を行う

まずはスマホの電源を切り、これまで使っていたSIMカードを取り外します。届いたSIMカードを挿入して、スマホの電源をONにしましょう。

次に、利用開始手続きを行います。SIMカードに同梱されている説明書に従って作業を進めてください。

利用開始手続きは、基本的にWebサイトと電話から行えます。自分の環境に合った方法で手続きしてください。

手続き後は、格安SIM側で電波の切り替えが行われます。1時間以上かかることもあるので、気長に待ってください。

電波の切り替えが終了すると、格安SIMの電波が利用できるようになります。

しかし、まだこれだけではネット回線に接続できません。APNの設定が必要です。

この設定にはインターネット接続が必要となります。自宅のWi-Fi回線などを利用して作業してください。

自宅にWi-Fi環境がない場合は、コンビニやカフェなどの公衆Wi-Fiを利用しましょう。

APN設定の方法は、SIMカードに同梱されている説明書に細かく記載されています。

大まかな内容は次のとおりです。

APN設定の作業内容
  • iPhone:説明書に従い、「APN構成プロファイル」をダウンロードし、インストール
  • Android:説明書に従い、APNに必要な項目を手動で入力

APN設定が完了すれば、スマホの初期設定はすべて終了です。

格安SIMでスマホをセット購入する場合

スマホをセット購入した場合の初期設定手順は、下記のとおりです。

格安SIMの初期設定作業
  1. 購入したスマホにSIMカードを挿入する
  2. 利用開始手続き(電波の切り替え)を行う
  3. Wi-Fiに接続し、APN設定を行う

「現在のスマホをそのまま使う場合」と大きな違いはありません。

格安SIMに乗り換える注意点

注意する点
格安SIMへの乗り換えをしないよう、注意点についても確認しましょう。

ドコモ・au・ソフトバンクから格安SIMに乗り換える際、注意したい点をまとめました。

キャリアメールが使えなくなる

ドコモ・au・ソフトバンクには、各キャリアで提供しているメールアドレスがありますよね。

しかし、格安SIMに乗り換えると、これらのキャリアメールはすべて使えなくなります

キャリアメールを主な連絡先として利用している場合は注意してください。

知人への周知はもちろん、キャリアメールを使って登録したサービスについては、契約内容の変更が必要になるかもしれません。

乗り換え前にしっかりチェックしてくださいね。

混雑時は通信速度が低下する可能性がある

格安SIMの回線は、ドコモ・au・ソフトバンクほど安定していません。

特に回線が混雑するお昼休みや夕方の時間帯は、通信速度が著しく低くなる可能性があります。

しかし、このような傾向はすべての格安SIMに見られるわけではありません。

UQモバイル・ワイモバイルのほか、最近ではOCNモバイルONEも混雑時の速度が比較的安定しています。

通信速度の低下が気になる方は、これらの格安SIMを優先的に選ぶと良いでしょう。

店舗をもたない格安SIMが多い

ドコモ・au・ソフトバンクは、全国に2,000以上の店舗を持っています。

一方、格安SIMでこれほどの店舗数を抱える業者は一握りです。そのため、手続きのほとんどがWeb上で行われます。

ただし、UQモバイルとワイモバイルは例外です。

この2社は店舗数がとても充実しています。ワイモバイルは、ソフトバンクと同じ建物に店を構えている場合も多いですね。

そのため、実店舗で店員さんのサポートを受けたい方は、UQモバイルかワイモバイルを選ぶと良いでしょう。

格安SIMについてのよくある質問

格安スマホとは?

画像引用元:楽天モバイル: 教えて!格安スマホ/SIM そもそも格安スマホって何?

この章では、多くの人が格安SIMに抱く疑問について答えていきます。

おすすめの格安SIMを決める前に、今一度確認していきましょう。

格安SIMとは?

格安SIMは、名前の通り低価格のインターネット・通話サービスのことです。

大手キャリアの半額以下の価格で利用できる会社も多いので、「キャリアの料金が高い」や「契約の縛りに疲れた」などのキャリアに不満を持っているユーザーに非常に人気の高いサービスです。

MVNOって何?MNOとの違いは?

格安SIMは別名MVNOと呼ばれることもあります。

MVNOとは、「Mobile Virtual Network Operator」の略称であり、日本語では「仮想移動体通信事業者」と呼びます。

なにやら複雑な言葉に思えますが、簡単に言うと「独自の回線を持たない架空の通信事業者」ということです。

MVNOと対照的なのが「MNO」であり、自社で回線を設置し運用することで、独自の通信サービスを提供する事業者のことを指します。

MNOには、大手キャリアと呼ばれるドコモ・au・ソフトバンクが該当します。

MVNOは自分たちで回線を持っているわけではないので、大手キャリアであるMNOの回線を借りることによって通信サービスを提供することが可能になります。

格安SIMのメリットは?

キャリアと異なり回線の設置や運用に対するコストが一切かからないため、名前の通り格安の料金で通信サービスを運営することができます。

また、乗り換えの手順でも述べたようにネット契約を主流としている格安SIMが多いため、人件費や広告費などのコストもキャリアより圧倒的に少ないでしょう。

最近ではキャリアも契約の縛りが緩和されてきている傾向にありますが、格安SIMの多くは以前から2年縛りがなく、最低利用期間を設けている程度の緩い縛りでした。

そのため、2年縛りに疲れたユーザーが乗り換えることも少なくなく、契約の自由度が高いという点も格安SIMの強みだといえます。

格安SIMのデメリットは?

一方で、独自に回線を運用していないため、通信品質が時間帯などによって左右されやすいという点がネックです。

特にお昼時など多くのユーザーがネットにアクセスする時間帯は、極端に通信速度が遅くなる格安SIMも少なくありません。

少なからず「安かろう悪かろう」は格安SIMにもあります。

格安SIMのメリット・デメリット|契約前に知るべき注意点をわかりやすく解説

格安SIMはiPadでも使えるの?

結論から言うと、格安SIMはiPadでも利用可能です。

格安SIMでiPadを利用すれば月々の通信費用を安くできることから、格安SIMとiPadの組み合わせは人気の選択肢になっています。

ただし、iPadでは通話ができないので、基本的にはデータSIMを利用することになります。

また、機種によっては格安SIMに対応していない場合もあるので注意してください。

格安SIMの公式サイトに記載されている対応機種を必ず確認してから、契約するようにしましょう。

なお、今回ご紹介した格安SIMのデータSIM料金は下表のとおりです。

※横にスクロールできます。
データ通信容量ワイモバイルUQモバイルLINEモバイルOCNモバイル
ONE
mineoBIGLOBE
モバイル
IIJmioy.uモバイルイオンモバイル
500MB--600円------
1GB1,980円-------480円
2GB--------780円
3GB-980円980円1,000円900円1,020円1,040円1,020円-
4GB--------980円
6GB--1,700円1,500円1,580円1,570円1,660円-1,480円
7GB3,696円--------
8GB--------1,980円
10GB---2,400円2,520円----
12GB--2,700円--2,820円2,700円-2,680円
大容量---3,920円3,980円5,200円-5,620円3,980円

3GBプランであれば1,000円程度でiPadを利用できます。

3キャリアで利用すると3,000~4,000円ほどかかるので、非常にお得ですね。

iPadに格安SIMを上手に活用できれば、ランニングコストを大幅に削減することができますよ。

自分に合った格安SIMを見つけてお得に契約しよう!

今回は、おすすめの格安SIMについて解説しました。

格安SIMは安さだけで選んでしまうと、通信速度や購入したスマホのスペックなど壁にぶつかることも非常に多いです。

だからこそコストだけを重視するのではなく、他にスマホを使う上で重視したいことを見つけることが大切です。

より質の高い格安SIMライフを送るためにも、安さだけに注目せず、サービス内容もよく吟味した上で契約するようにしてくださいね。

格安SIMおすすめランキング:総合
  1. 楽天モバイル
  2. ワイモバイル
  3. UQモバイル
  4. LINEモバイル
  5. OCN モバイル ONE
  6. mineo(マイネオ)
  7. BIGLOBEモバイル
  8. IIJmio
  9. y.uモバイル
  10. イオンモバイル

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ