新人マネージャの苦悩と努力とその結果

新人マネージャの苦悩と努力とその結果

一言に『マネジメント』とは言っても、色々な種類や手法がありますよね?
それこそ一般的なマネジメント論は書籍やWebサイト上にいくらでも転がっています。

しかし、マネジメント経験が浅いと、どうしても情報過多で頭でっかちになりがちで、そもそも何から着手すべきなのか分からないといった方も多いのではないでしょうか?
場合によっては、意図せずマネジメントの役割を背負わされている……なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。
はたまた、先達がやってきた手法とは異なり、独自で考えた理論をもって「こうやっていくんだ!!」と意気込んでいる人もいらっしゃいますよね?
置かれている状況やマネジメントに対しての意識というものは、人それぞれ違って当たり前でしょう。

新人マネージャとして半年経過した私も、多分に漏れず悪戦苦闘してきました。
ベテランマネージャには釈迦に説法かもしれませんが、生意気ながら私の持論と経験論を交えて、『“HAMA-G” 流マネジメント論』をお話させていただければと思います。

マネージャになった日

2017年4月1日、私はマネージャに就任することになりました。
担当するグループのメンバーは年齢も性別も社歴も様々。当然、性格も様々のメンバーをマネジメントするのです。

普通であればどのような変革をし、どのような組織にしていこうかという期待と、そもそも自分にその重責をまっとうできるのかという不安で胸いっぱい……、といったところなのではないでしょうか?
しかし、私は違いました。

もともと組織として成り立っていた土台がない中で任されたグループだったので、まずは組織が正常に回るようなスタンダードな管理体制を整えることが先決で、着任早々やらなければならないことが明確だったからです。
「期待や不安」といった感慨にふける間もなく、資料や管理ツールの整備などでバタバタでした。

また、若手メンバーの教育や複数にわたるプロジェクトスケジュールの調整、そしてプロジェクトの課題解決に向けた施策策定といったように、いちエンジニアとして勤めていた時には考えられないような膨大な量のミッションに追われてしまいました。
結果、ほとんど自分の時間を取ることができない状況で1カ月、2カ月……と、時間だけが過ぎていくばかり。少しずつ前進している実感はあるのですが、人にしてみれば “変わっていない” と思われてしまうぐらい微量な前進でしたし、実際に思うようにいかない時期もありました。

時間の流れというのは容赦ないもので、グループ内の問題や課題の解決進度に対し、プロジェクト数は2倍3倍と膨れ上がっていきます。休日返上で課題の解決方法や体制のあり方について考えたりもしていました。
「追い詰められている」とはまでは言いませんが、少なからず似たような状況に立たされている新人マネージャの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

振り返ってみるとそんな状況下でも、私は一度もキツいだとか、ツラいといった泣き言やグチは言ってきませんでした。
弱音を吐く時間も許されていないような感覚です。
まだその頃から半年しか経っていませんが、そのくらい大変だったということを今でも覚えています。

マネージャーになって3カ月

マネージャ就任から3カ月が経ちました。

体制の構造化は進み、メンバー全員が決められたタスク管理ツールを利用して、私が考えていた体制の作業ルーチン化が定着し始めました。それに伴い、メンバーそれぞれのタスク消化や課題解決が順調にクリアしていくようになりました。
しかし、他グループとの業務連携や、他グループに属するメンバーの教育が私に回ってきたりもし、結果的に自分のタスク総量が減り始めるといったことはありませんでした。

とはいえ、自身のグループに対しての手間が省けたことで、プロジェクト運営の課題等について考え始めるようにもなりました。プロジェクトごとに形や課題が異なるのは当たり前の話ですが、運営の形式はルールさえ決まってしまえば “標準化” が可能であると考えていたからです。
その “標準化” に向け、運用の形態を整える資料の作成や知識の周知徹底に奔走していたのです。

何もただ闇雲に “標準化” の重要性を説いて回ったわけではありません。ちゃんとこの考えに行き着いた経緯があります。それは、我々のIT本部(=開発部)という組織では、これまで認識されながらも、解決に至っていない課題がいくつか明確にあったからです。

  1. 属人化されている箇所が多々あること
  2. メンバー間のスキル差が激しいこと
  3. 能動的な意識を持ち合わせているメンバーが少ないこと
  4. 上記3つを解決する教育体制が整っていないどころか、そもそもないこと
  5. プロジェクト運営の基準として相応しいプロジェクトがないこと

どの課題も一人で解決できるようなシロモノではないことは確かです。
まずは課題解決を少数に絞り、それを横展開していくことができる仕組み作りから取り掛かることにしました。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

簡単にブルーレイ・DVDへ書き込み|「Leawo Blu-ray作成」を徹底レビュー... 「思い出の動画を保存しておきたい」 スマホやiPhoneで動画を撮影して、そのまま端末に保存している人が多いのではないでしょうか? こだわり派の人は、高性能な一眼レフやビデオカメラで撮影してパソコンに保存しているかもしれません。...
作業効率が3倍になる!絶対に入れておくべき、Chrome拡張機能おすすめ10選... 世界ではWEBブラウザのシェアでついに過半数を越え、日本でも利用者がどんどんと増加しているGoogle Chrome。Chromeの魅力の一つとして、自分の好きな機能を追加できる「拡張機能」があります。せっかくChromeを利用しているのに...
自動化されてない世界で気づいたこと... こんにちは!旅行大好きマーチンです。 先日、夏休みをいただきインドネシアへ行ってきました。 世界遺産のボロブドゥール遺跡やプランバナン遺跡等、素晴らしい世界遺産に大感動。 でもそれ以上に良かったのが、自動化されていない世界...
英語ができるビジネスマンになりたい!|オンライン英会話『NativeCamp.』のススメ... Hello, world. daiPhoneです。 ようやくSeptemberになりましたね。しかし、まだhotな日もありますよね。 (訳:ようやく9月になりましたね。しかし、まだ暑い日もありますよね) Summerがhateなm...