auからLINEモバイルに乗り換える3つの手順と注意したいデメリット5つ

auからLINEモバイルに乗り換えるには、いったいどんな手順が必要なのでしょうか?auからLINEモバイルへの乗り換えは簡単で、なんと3ステップで完了します。auからLINEモバイルに乗り換えたら年間いくら安くなるのか、また注意が必要なデメリット5つについて解説します。

auからLINEモバイルに乗り換える3つの手順と注意したいデメリット5つ

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

LINEモバイルはドコモ・au・ソフトバンク全てのキャリアが使える人気の格安SIMです。

料金の安さとサービス内容が人気で、auからLINEモバイルに乗り換える方が増えています。

本記事では、LINEモバイルにauから乗り換える時の手順や、乗り換えのメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

auからLINEモバイルに乗り換えると、どのくらい安くなるのか料金を比較してみたので、ぜひ参考にしてください。

auからLINEモバイルに乗り換える3つの手順
  1. auでMNP予約番号を取得する
  2. LINEモバイルで乗り換え手続きをする
  3. SIMカードが自宅に届いたら初期設定を行う

※本記事中の価格は税込み表示

トップ画像引用元:お申し込み|LINEモバイル

auとLINEモバイルの料金を比較!どのくらいお得に?

LINEモバイル データフリー

画像引用元:データーフリーでデータ通信量を節約|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

まず、auとLINEモバイルの料金を比較していきます。

auからLINEモバイルに変えるとどのくらい安くなるのか、実際に2社の月額料金と年間コストを算出します。

料金を計算する上での前提条件は下記の通りです。

料金シミュレーションの前提条件
  • 基本料金のみ
  • 端末代・割引等一切なし
  • 利用するデータ量は3GB

auの通信料金

auの料金プランは下記の通りです。

ピタットプラン 4G LTE ※2年契約N加入
データ通信量〜1GB~4GB~7GB
基本料金3,278円4,928円6,578円
家族割プラス
(3人以上の場合)
-1,100円
auスマートバリュー--550円
月額料金2,178円3,278円4,928円

auにはデータ量無制限で使えるプランもあります。

今回はLINEモバイルのデータ通信量と揃えるということで、従量制プランの「ピタットプラン 4G LTE」をピックアップしました。

ピタットプラン 4G LTEは、1GBから7GBまでの従量制プランであり、使ったら使った分だけ料金が発生します。

今回は純粋に基本料金を比較しますが、家族で複数回線使う場合やauひかりなどの対象の光回線を利用している場合などの割引サービスもあります。

LINEモバイルの通信料金

次にLINEモバイルの通信料金を解説していきます。

LINEモバイルの料金プランはとてもシンプルな1種類しかありません。

LINEモバイルの料金プランは下記の通りです。

項目料金
500MB1,210円
3GB1,628円
6GB2,420円
12GB3,520円
10分かけ放題+968円
LINEデータフリー+0円ノーカウント対象
LINEアプリ
SNSデータフリー+308円ノーカウント対象
LINEアプリ
Twitter
FaceBook
SNS音楽データフリー+528円ノーカウント対象
LINEアプリ
Twitter
FaceBook
Instagram
LINE MUSIC

LINEモバイルの料金プランはauよりも非常にシンプルで、上記表のようにデータ通信量は4段階に分かれており、あとは通話オプションやデータフリーオプションを選ぶだけです。

データフリーオプションとは、プランによって対象のアプリの通信量がノーカウントになるサービスです。

LINEデータフリーは元々プランに付属しているオプションであり、無料でLINEアプリの通信量がノーカウントとなります。

LINE通話の通信量も含まれるので、通話料節約のためにLINE通話を使っている人も、データ通信量を気にすることなく利用することができます。

尚、回線はドコモ・au・ソフトバンク全て利用できます。

auからLINEモバイルに乗り換えると年間約4万円お得!

auとLINEモバイルで3GB使った時の月額料金を比較してみました。

項目月額1年間の総額
au4,928円59,136円
LINEモバイル1,628円 19,536円
差額3,300円39,600円

割引など一切考慮せず、純粋に基本料金だけで比較すると月額約3,000円差額があります。

結果、LINEモバイルの方が年間約4万円お得になるので、料金を安く利用したいという人はLINEモバイルに乗り換えることをおすすめします。

ただし、auひかりを使っている・家族でauを使っているなどの条件次第では、auもお得に使える場合があります。

現状のインターネット回線の契約などと合わせて料金を見積もると良いでしょう。

auからLINEモバイルに乗り換えるとどのくらい安くなる?
  • 3GBプランの月額料金は、LINEモバイルの方が約3,000円安い
  • 年間で計算すると、LINEモバイルの方が約4万円安い

auからLINEモバイルに乗り換える3つの手順

LINEモバイル 格安SIMのメリット

画像引用元:格安スマホとは?格安SIMとの違いやメリットデメリットを解説|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

次に、auからLINEモバイルへ乗り換える時の手順について解説していきます。

auからLINEモバイルに乗り換える3つの手順
  1. auでMNP予約番号を取得する
  2. LINEモバイルで乗り換え手続きをする
  3. SIMカードが自宅に届いたら初期設定を行う

1つ1つ詳しく紹介していきます。

手順1:auでMNP予約番号を取得する

まず、auで乗り換えの手続きに必要なMNP予約番号を取得します。

auでMNP予約番号を取得する窓口
  • auショップ
  • My au
  • コールセンター

予約番号の取得方法は、auショップ・My au・コールセンターのいずれかとなります。

auショップであればスタッフに「予約番号が欲しい」と言えばすぐに手続きできます。

間違えて「解約」と言ってしまうと本当に解約されてしまう可能性もあるので、必ず予約番号と伝えてください。

My auは、auのスマホからau IDでログインし、予約番号発行手続きのページにアクセスします。

ショップのように順番を待つ必要もないので、非常にスピーディーに手続きできるでしょう。

コールセンターでもオペレーターに繋がるまで時間がかかるので、なるべく早く取得したい人はMy auがおすすめです。

予約番号の有効期限は発行から15日間なので、乗り換え手続きまでにある程度余裕を持って番号を取得することも可能です。

手順2:LINEモバイルに申し込む

次に、LINEモバイルで乗り換えの手続きを行います。

LINEモバイルで乗り換えする場合、公式サイトからオンラインで契約する方法と、家電量販店に併設されている格安SIMコーナーで契約する方法の2種類があります。

待ち時間がなく、オンラインストア限定のキャンペーンを行っていることあるので、公式サイトからの申し込みがおすすめです。

LINEモバイル公式サイトから申し込みをしましょう。

SIMカードが到着するまでは、2日から3日程度かかります。

LINEモバイルの利用開始手続きが完了するまでauのスマホを使い続けることができるので、スマホが使えない期間があるというわけではありません。

手順3:SIMカードが届いたら初期設定をする

契約したSIMカードが自宅に届いたら、スマホの初期設定を行いましょう。

auで使っていたスマホをそのまま使う場合と、LINEモバイルでスマホ端末を購入した場合の2パターンあります。

今まで使っていたスマホを引き続き使う場合

auで使っていたスマホをそのまま利用する場合は、スマホのSIMカードの入れ替えを行います。

必ず電源を切った状態で操作してください。

SIMカードを入れ替えたら、スマホの電源をつけて初期設定を行います。

言語設定や位置情報、Googleアカウント・Apple ID等の設定が完了したら、LINEモバイルのモバイル通信を使えるようにするためのAPN設定を行います。

APN設定の方法は、利用しているスマホの機種によって異なるので、LINEモバイル公式サイトにて確認しましょう。

LINEモバイルで購入したスマホを使う場合

LINEモバイルで購入した新しいスマホは、既に初期設定が完了している状態で届けられます。

そのため、ユーザー側でAPN設定等の操作をする必要はありません。

自分のGoogleアカウントやApple IDでログインし、アプリやデータのバックアップを行いましょう。

LINEモバイルへの乗り換えで失敗しないためのコツ

LINEモバイル

画像引用元:SNS使い放題 2ヶ月0円キャンペーン|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

どうせ乗り換えるのであれば失敗はしたくないし、少しでもお得に乗り換えたいもの。

ここからは、auからLINEモバイルへの乗り換えで失敗しない、また得するためのコツを紹介していきます。

コツ1:auの料金プランの更新月に乗り換える

auでは、更新月以外に解約や乗り換えの手続きをすると、違約金として1,100円~10,450円がかかります。

※2019年10月以降の料金プランに加入している人であれば1,100円

違約金をかけずに安く乗り換えをしようとなると、更新月を狙って乗り換えの手続きをするのが1番です。

また、auでプラン変更をする際に違約金はかからないので、乗り換えを予定している月の前月までに違約金1,100円対象のプランに変更してから乗り換えるのもおすすめです。

コツ2:端末のSIMカードサイズに注意する

auで使っているスマホをそのままLINEモバイルで利用する場合、動作確認が取れているスマホであることはもちろん、SIMカードのサイズが合っていることが必要不可欠です。

事前に自分の使っているスマホのSIMカードのサイズを確認し、LINEモバイルでサイズを選ぶ時に間違えないようにしてください。

最近のスマホはnanoSIMが主流なので、余程のことがない限りnanoSIMで問題ないと思いますが、念のために確認しておきましょう。

後からSIMカードのサイズを変更しようとすると、再発行手数料3,300円がかかるのでかなり損です。

コツ3:LINEモバイルのキャンペーンをチェックする

3つ目のコツは、キャンペーンを活用することです。

LINEモバイルで開催中のキャンペーンをチェックしましょう。

LINEモバイルでは、LINEポイントやLINE Pay残高のプレゼント、スマホの機種代金や月額料金の割引などお得なキャンペーンがたくさんあります。

乗り換える前に必ずキャンペーン内容をチェックし、適用できるものは是非利用しましょう!

失敗なしでLINEモバイルへお得に乗り換えるには
  • auの更新月に乗り換える
  • SIMカードのサイズを間違えないようにする
  • LINEモバイルのキャンペーンをチェックする
【5月最新】LINEモバイルのキャンペーン総まとめ|今一番お得なのはコレ!

auからLINEモバイルに乗り換えるメリット3つ

LINEモバイル

画像引用元:格安スマホ LINEモバイルの特徴|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

auからLINEモバイルへ乗り換える時、一体どのようなメリットがあるのか解説していきます。

1つ1つ詳しく説明していきます。

料金が安くなる

前章の料金比較でも解説したように、LINEモバイルへ乗り換えると年間約4万円安くなります。

コストを重視するのであれば、圧倒的にLINEモバイルがお得です。

もちろん、時間帯によって回線が混雑しやすく、通信品質が不安定になるという格安SIM特有のデメリットはあります。

ただ、この混雑する時間帯を避ければ比較的快適に使うことができます。

auほど快適にネットを使うことはできませんが、ネット通信よりもなるべく安くすることに重点を置きたい人は、是非LINEモバイルに乗り換えることをおすすめします。

主要SNSが使い放題

LINEモバイルには3つのデータフリーオプションがあります。

LINEはもちろんTwitterやFaceBook、Instagramなどの主要なSNSの通信量がノーカウントとなります。

オプションによってはLINE MUSICの通信量もノーカウントにできるので、普段からSNSや音楽アプリを頻繁に使っている人は通信量の節約ができるようになります。

キャンペーンでLINEポイント・LINE Pay残高がもらえることも

LINEモバイルでは、時期によってお得なキャンペーンが多数開催しています。

中でも、新規契約でLINEポイントやLINE Pay残高が5,000円相当もらえるといった実質キャッシュバックのようなキャンペーンは非常にお得です。

LINEポイントはLINE Pay残高に交換したり、LINEモバイルの料金の支払いやLINE系アプリの課金に利用することができます。

LINE Pay残高は、スマホ決済アプリであるLINE Payで利用することができます。

加盟店はコンビニやショッピングモールなどの街のお店だけでなく、通販サイトもあります。

このようなお得なキャンペーンが非常に多いので、LINEモバイルを契約する時は必ずキャンペーンを事前にチェックしましょう。

auからLINEモバイルに乗り換えるメリット3つ
    • 料金が安くなる
    • 主要SNSが使い放題
    • キャンペーンでLINEポイント・LINE Pay残高がもらえることも

auからLINEモバイルに乗り換えるデメリット5つ

LINEモバイルコーナー
次に、LINEモバイルに乗り換えるデメリットについて解説していきます。

一つずつ詳しく見てきましょう。

auのキャリアメールは使えない

LINEモバイルに乗り換えると、@ezweb.ne.jpのauのキャリアメールは使えません。

LINEモバイルではメールアドレスが提供されていないため、基本的にGoogleやYahoo!のフリーメールを使用することになります。

これまでキャリアメールでアプリやWEBサイトに登録していた人は、乗り換える前に変更しておくと契約後のスマホの利用がスムーズになります。

au WALLETポイントが貯まらなくなる

auの利用料金から還元されていたau WALLETポイントも、LINEモバイルでは貯めることができません。

ただし、au解約後もau WALLETポイントは使うことができるので、解約直前に必死に使い切らなくても大丈夫です。

※持っているポイントが「auポイント」の場合は、au WALLETポイントに交換する必要があります。

店舗がないのでサポートはオンラインになる

LINEモバイルの契約は家電量販店でも可能ですが、家電量販店は販売業務のみでアフターサービスは受け付けていません。

そのため、契約後の情報変更などのアフターサービスはオンラインによる手続きとなります。

わからないことがあった時にすぐに行ける店舗がないので、スマホに不慣れな人は少し不安かもしれません。

インターネット回線契約での割引がない

auにはauひかりやeo光契約による「auスマートバリュー」というセット割引が適用されますが、LINEモバイルにはそのような割引が一切ありません。

そのため、インターネット回線とスマホの総額が、auを使っていた時よりも高額になる恐れもあります。

セット割引を適用してauを利用している人は、どのくらい料金が変わるのかしっかり計算した上でLINEモバイルに乗り換えましょう。

まとめてau支払いが利用できない

auの携帯電話料金と合算請求ができる「まとめてau支払い」もLINEモバイルでは利用できません。

アプリの課金やWEBサイトの月額料金の支払いなどをau支払いで利用していた人は、LINEモバイルではクレジットカードなど別の支払い方法を使う必要があります。

auからLINEモバイルに乗り換えるデメリット5つ
  • auのキャリアメールは使えない
  • au WALLETポイントが貯まらなくなる
  • 店舗がないのでサポートはオンラインになる
  • インターネット回線契約での割引がない
  • まとめてau支払いが利用できない

auからLINEモバイルへの乗り換えでかかる費用

auショップ実店舗

次に、auからLINEモバイルに乗り換える時にかかる費用を会社別に紹介します。

auでかかる費用

auでかかる費用は大きく分けて2つあります。

まずは、MNP予約番号を発行する時の手数料が3,300円かかります。

次に、乗り換えるタイミングが契約更新月以外であれば、加入中のプランによって1,100円から10,450円の違約金が発生します。

つまり、auでは最安3,300円、最大で13,750円かかるということになります。

また、契約によっては「短期契約解除料」が発生する可能性もあるので、予約番号発行時にしっかりと確認してください。

LINEモバイルでかかる費用

LINEモバイルでは契約事務手数料が3,300円、SIMカード発行手数料が440円かかります。

キャンペーンによっては契約事務手数料が無料になる場合もありますが、基本的にはかかると思ってください。

つまり、合計で3,740円かかるということになります。

LINEモバイルへの乗り換えでかかる費用は最低7,040円

以上の結果から、LINEモバイルへ乗り換える時にかかる費用は最低でも7,040円です。

前述したようなLINEポイントやLINE Pay残高付与のキャンペーンがあれば、初期費用に全額とはいかなくてもある程度還元することができるでしょう。

auからLINEモバイルへ乗り換える時にかかる費用
  • MNP転出料と契約の違約金を含めて3,300円~13,750円
  • LINEモバイルでは契約事務手数料とSIMカード発行手数料を合わせて3,740円
  • 合計で最安7,040円、最大で18,590円かかる

注意点をしっかりチェックしてLINEモバイルに乗り換えよう!

linemobile-mnp

画像引用元:お客様サポートトップページ|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

最後に、auからLINEモバイルに乗り換えるメリット・デメリットをまとめます。

auからLINEモバイルに乗り換えるメリット・デメリット
  • 料金が安くなる
  • 主要SNSのデータ通信量がノーカウント
  • キャンペーンでLINEポイントやLINE Pay残高がもらえる
  • auのキャリアメールが使えない
  • スマホの利用料金からau WALLETポイントが貯まらない
  • アフターサポートは全てオンライン
  • ネット回線契約のセット割引がない
  • まとめてau支払いが使えない

auからLINEモバイルに乗り換える最大のメリットは料金の安さです。

シミュレーションした通り、LINEモバイルに乗り換えるだけで年間約4万円も安くなります。

一方で、auのサービスが使えなくなる・サポートが全てオンラインなど、格安SIM特有の不便さもあります。

LINEモバイルへの乗り換えを失敗しないためにも、しっかりとサービスのメリット・デメリットを把握しましょう!

【2020年】LINEモバイルおすすめスマホ端末ランキング|人気機種を比較

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ