格安SIMスマホに乗り換えた理由|LINEモバイルならID設定が簡単

格安SIMスマホに乗り換えた理由|LINEモバイルならID設定が簡単

LINEなどのSNS系アプリをよく使うため(30歳・男性・会社員・LINEモバイルに乗り換え)

私は現在、格安SIMを使っています。私が使っている格安SIMはLINEモバイルです。私がなぜLINEモバイルを選んだのかと言いますと一番の理由はLINEのためです。

格安SIMにすると、LINEのIDが設定できなくなります。これはなぜかと言いますと、LINEの年齢認証が出来ないためです。ドコモ・au・ソフトバンクであれば、LINDで年齢認証をすることが出来るのですが、格安SIMは年齢認証という概念が無いため設定をすることが出来ません。

でも、LINEを扱っているLINEモバイルなら、問題なくIDを設定することができます。

LINEのIDが無いと、自分のIDを教える上でとても不便です。もともと知り合いの人であれば、電話番号を交換するなりしてLINEに追加すればいいかもしれません。ですが、SNSで仲良くなった人などにLINEのIDを教える際、とても不便なのです。

QRコードやURLでIDを教える方法もありますが、これはおすすめできません。なぜならば、SNSでURLを投稿すると残ってしまい、誰かに見られる恐れがあるためです。セキュリティ上、危ないので、この方法は控えたほうがいいと思います。

私は様々なSNSに登録して、色々な人と知り合っています。私にとってLINEのIDは不可欠な為、LINEモバイルにしました。

ですが、LINEモバイルのメリットはLINEのIDだけではありません。カウントフリーが充実していることもメリットのひとつです。カウントフリーとは、格安SIMによって特定のアプリでの通信料が使い放題になることです。この特定アプリが多ければ多いほど、通信料は使っていないのと同じことになりますからお得です。

LINEモバイルでカウントフリーになるアプリは、LINE、Facebook、twitter、Instagram、LINE MUSICです。私はスマートフォンの利用用途がほぼSNSなので、まさに私向けのサービスです。Instagramを見ているだけで通信料が跳ね上がってしまうこともありますから、これはかなり助かっています。

私が現在契約しているプランは、7GBの音声通話SIMのプランになります。これで3,000円程度というのはとてもコストパフォーマンスに優れています。大手キャリアを使用していた時は、月の支払額が10,000円を超えていました。

LINEモバイルに変えたことで、かなり携帯料金が安くなり、他のことにお金を使えるようになりました。とても満足しています。

スマホを格安SIM(LINEモバイル)へ乗り換えのススメ

自宅のネット回線とスマホのプロバイダーを統一(48歳・女性・会社員・OCNモバイルONEに乗り換え検討中)

これからOCNのモバイルONEに乗り換えようと考えています。私がOCNモバイルONEに決めた一番の理由は、家の光回線がNTTであることと、今の携帯キャリアがドコモだからです。

携帯を使い始めた当初からずっとドコモを使っているため、今更他社のものを使おうという気にはなれず、最初は光コラボレーションでドコモ光にしようかと考えていました。

しかし、料金的なメリットを感じなかったことと、そもそも通話はほとんどしませんし、家ではWi-Fi環境のため、スマホの料金に月々数千円もかけるのはもったいないと気づきました。

しかも、同じNTTグループのOCNモバイルONEなら、ドコモの回線を使用しているため、SIMロック解除をしなくてもそのまま使えます。さらに、プロバイダごとOCNに乗り換えてしまえば、請求を1つにまとめられ、支払いや問い合わせの窓口も1つになるため、管理がしやすくなります。

通話も通信も一番安い組み合わせにすれば、月々1,800円で利用できます。プロバイダとセットで使えば、さらに200円安くなるので、1,600円で済むことになるのです。

他の会社のSIMでも金額的には大きな違いはないような気がします。ただ、私は本当に最低限、外出先で利用できれば良かったので、このプランにしました。

1契約の中に家族も含むことで、さらに割安にできます。例えば、音声対応SIMを1枚追加すると、月額プラス1,100円で合計2,700円となり、2人で割ると1人当たり1,350円で済みます。

基本容量を使い切っても、バースト転送機能で低速通信時の一定の容量までは高速通信になるので、万が一容量が足りなくなった時でも安心です。

普段はそれほど使用しないため、余った容量を繰越ししていれば、多く使う月があっても大丈夫な気がしますし、旅行とかでたくさん使いそうなシーズンには、コースを変更すれば良さそうです。

それに、無料で使えるWi-Fiスポットもあるようなので、ある程度大きな街へ出かけるのには不便がありません。空港や駅の他に、スタバやコンビニなどでも使えます。

同じドコモの回線を使ってこれだけ安く利用できるなのらいいかなと思っています。今ではドコモのメールアドレスもほとんど使わないため、乗り換えても困ることはなさそうです。

データ通信のプランが充実していて使いやすいから(30代・男性・IT関連・mineoに乗り換えを検討中)

現在、大手キャリアから格安携帯会社に乗り換えを検討しています。その中からmineo(マイネオ)を選択したのは通信量のサービスが充実しているからです。通話よりも通信の方を使う機会が多いので助かります。

mineoには独自の「フリータンク」という機能があります。この「フリータンク」は、通信量が余って使い切れなくなった人が通信量を寄付してくれる機能です。その寄付の恩恵で、毎月最大1GBを無料で貰えています。これを利用させて貰えば、低容量のプランでもやりくりが可能です。

さらに「データ繰越」が効きます。例えば、「3GBのプランを契約していたけれど、2GBしか使わなかった」というときは、自動で翌月にその通信量を持ち越ししてくれるのです。つまり、次の月は4GBまで使えるという訳です。

やはり、月によって通信量を使う時と、そうでない時があるので、この「フリータンク」と「データ繰越」はダブルで安心できます。

また、通話する機会が増えてしまった場合でも、「10分かけ放題」を月850円のオプションでつけることができます。10分以内の通話は無料のサービスです。でも、どんな通話も10分もあれば十分だと思います。

格安SIMを初めて利用するときは、どうしても不安を感じてしまい、「途中で解約してしまったら」と考えてしまいがちです。このとき、大手や他の格安SIMでは2年縛り・違約金などが発生しますが、mineoにはそういったものが一切ありません。

なので、mineoが嫌になればすぐに止めることができますし、お試しで気軽に契約するということもできます。

mineoは、モバイル市場に関する調査研究機関であるMMD研究所の「2018年3月格安SIMサービスの満足度調査・利用動向調査」で、昨年に引き続き、2年連続で【顧客総合満足度】【iPhone利用者シェア】第1位を獲得しています。

また、【NPS(おススメしたくなる)】においても第1位を獲得。さらに、利用動向調査では、【iPhone利用者シェア】が22.1%と最も高く、第1位となりました。厳しい競争環境の中、これほどまでに評価されているのも納得です。

サービスも充実しているmineoは魅力的だと思います。

格安SIM 噂のmineoは本当に安くて快適なのか徹底検証

編集部まとめ

2018年現在、700弱の事業者が存在する格安スマホ業界。今後もまだまだ増加していくことが見込まれています。

一口に格安スマホといっても、事業者によってその特色は大きく異なります。料金表だけを見て、「どうせ今よりは安くなるだろうし、何でも良いや」と適当に選んでしまうと、思いもよらぬ請求が来るかもしれません。

格安スマホは、ライフスタイルや生活環境、スマホの利用目的などをよく考慮して、今の自分に合っているものを選ぶようにしましょう。

例えば1人目の方のように、SNS系アプリを頻繁に利用する場合は、LINEモバイルが適しています。また、2人目の方のように、自宅のネット環境とスマホのプロバイダーを一致させて、様々な特典を受けるというのも1つの手です。

格安スマホへの乗り換えは”何となく”で決めずに、自分の生活をよく振り返ってからMVNOを選択するようにしてください。

MNP/MVNO 格安スマホ(SIM)に乗り換えた実体験|ユーザーボイス

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ