auからLINEMO(ラインモ)に乗り換え(MNP)する3つの手順と注意点・デメリット

auからLINEMOに乗り換える際の手続きやメリット・デメリット、一体どのくらい安くなるのかなど、LINEMOへの乗り換えを考える方は必見の記事を作成しました。本当にお得になる?乗り換えて後悔しない?など、あなたの疑問はすべて解決。LINEMOが気になるauユーザーは必見です!
  • 2021年5月27日
  • by.affiprecious

ラインモ

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

本記事では、auからLINEMOに乗り換える時の手順や、乗り換えのメリット・デメリットについて詳しく解説します。

LINEMOは、月に20GB使えて月額料金2,728円という破格の安さを誇っていますが、auから乗り換えた場合はどのくらい安くなるのでしょうか。

そのような料金の比較も行っているため、ぜひ参考にしてください。

auからLINEMOに乗り換える3つの手順
  1. auでMNP予約番号を取得する
  2. LINEMOで乗り換え手続きをする
  3. SIMカードが自宅に届いたら初期設定を行う

※本記事中の価格は税込み表示

トップ画像引用元:オンライン専用ブランド“LINEMO”、3月17日にサービス開始 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク

auとLINEMOの料金を比較!どのくらいお得に?

LINEMO

画像引用元:【公式】LINEMO – ラインモ|20GBが月2,480円(税込 2,728円)の格安SIM・格安スマホ|ソフトバンクのオンライン専用ブランド

まず、auとLINEMOの料金を比較していきます。

auからLINEMOに変えるとどのくらい安くなるのか、実際に2社の月額料金と年間コストを算出します。

料金を計算する上での前提条件は下記の通りです。

料金シミュレーションの前提条件
  • 基本料金のみ
  • 端末代・割引等一切なし

auの通信料金

auの料金プランは下記の通りです。

ピタットプラン 4G LTE
データ通信量〜1GB~4GB~7GB
基本料金3,278円4,928円6,578円
家族割プラス
(3人以上の場合)
-1,100円
auスマートバリュー--550円
月額料金2,178円3,278円4,928円

auにはデータ量無制限で使えるプランもありますが、LINEMOへの乗り換えを考えるのであれば、見るべきなのは「ピタットプラン」でしょう。

ピタットプラン 4G LTEは、1GBから7GBまでの従量制プランです。使ったら使った分だけ料金が発生します。

LINEMOの通信料金

次にLINEMOの通信料金を解説していきます。

LINEMOの基本情報
月額料金2,728円
通信容量月間20GB
+LINE通信量ノーカウント
速度制限時最大1Mbps
音声通話なし
(オプションで提供)
ネットワークソフトバンクの5G・4G
海外国際ローミングを無料オプションとして提供
手続き方法オンライン・LINEアプリ
新規契約事務手数料無料
機種変更手数料
MNP転出手数料
提供開始日2021年3月17日

LINEMOは月に20GB使えて月額料金が2,728円の格安プラン。

しかも、LINEアプリの通信量はノーカウントになるため、LINEを多用する方にとっては20GB以上の価値があります。

また、ソフトバンクの5Gに対応するほか、新規事務手数料も無料。

ただし、契約手続きやその後のサポートはオンラインのみの対応となるため、普段からネットを利用している方でなければ、使っていくのは難しいでしょう。

auからLINEMOに乗り換えると年間約4万円以上お得!

では、auのピタットプランとLINEMOを比較していきましょう。

なお、今回は純粋に基本料金を比較しますが、auのピタットプランにはお得な割引サービスもあります。

項目~1GB~4GB~7GB
au3,278円4,928円6,578円
LINEMO2,728円
月額差額550円2,200円3,850円
年間差額6,600円26,400円46,200円

上表は、ピタットプランの月間データ量に合わせた料金比較表です。

LINEMOは20GB使えるプランですから、この比較方法では不利になりますが、結果はLINEMOの圧勝。

特に、4GB以上では月額で3,850円、年額では46,200円もの差になっています。

auのピタットプランからLINEMOへ乗り換えるという選択は、非常に有意義なものと言えるでしょう。

auからLINEMOに乗り換えるとどのくらい安くなる?
  • 月に4GB以上使うなら、月額料金はLINEMOの方が3,850円安い
  • 年間で計算すると、LINEMOは46,200円もお得

auからLINEMOに乗り換える3つの手順

スマホ乗り換え

次に、auからLINEMOへ乗り換える時の手順について解説していきます。

auからLINEMOに乗り換える3つの手順
  1. auでMNP予約番号を取得する
  2. LINEMO公式サイトで乗り換え手続きをする
  3. SIMカードが自宅に届いたら初期設定を行う

1つ1つ詳しく紹介していきます。

手順1:auでMNP予約番号を取得する

まず、auで乗り換えの手続きに必要なMNP予約番号を取得します。

auでMNP予約番号を取得する窓口
  • auショップ
  • My au
  • コールセンター

予約番号の取得方法は、auショップ・My au・コールセンターのいずれかとなります。

auショップであればスタッフに「予約番号が欲しい」と言えばすぐに手続きできます。

間違えて「解約」と言ってしまうと本当に解約されてしまう可能性もあるので、必ず予約番号と伝えてください。

My auは、auのスマホからau IDでログインし、予約番号発行手続きのページにアクセスします。

ショップのように順番を待つ必要もないので、非常にスピーディーに手続きできるでしょう。

コールセンターでもオペレーターに繋がるまで時間がかかるので、なるべく早く取得したい人はMy auがおすすめです。

予約番号の有効期限は発行から15日間なので、乗り換え手続きまでにある程度余裕を持って番号を取得することも可能です。

手順2:LINEMOに申し込む

次に、こちらのLINEMO公式サイトで乗り換えの手続きを行います。

LINEMOはソフトバンクのプランの1つですが、ソフトバンクショップでは契約することはできません。注意してください。

待ち時間がなく、オンラインストア限定のキャンペーンを行っていることあるので、公式サイトからの申し込みがおすすめです。

申し込み終了後、SIMカードが到着するまでは2日から3日程度かかります。

LINEMOの利用開始手続きが完了するまでauのスマホを使い続けることができるので、スマホが使えない期間があるというわけではありません。

手順3:SIMカードが届いたら初期設定をする

契約したSIMカードが自宅に届いたら、スマホの初期設定を行いましょう。

LINEMOではこれまで使っていたスマホを利用することになりますので、スマホのSIMカードの入れ替えを行います。

必ず電源を切った状態で操作してください。

SIMカードを入れ替えたら、スマホの電源をつけて初期設定を行います。

初期設定完了後は、iPhoneはiOSとキャリア設定のアップデート、AndroidではAPN設定が必要です。

設定後に端末を再起動すれば、LINEMOの回線を使う事ができます。

LINEMOでは「eSIM」も利用可能!

LINEMOでは、SIMカードをデータ化した「eSIM」を利用できます。

SIMカードとeSIMは申し込み時に選択可能です。

eSIMは、SIMカードのように配達を待つ必要がないため、大変便利ですよ。

eSIMを選んだ場合の手順は下記のとおりです。

eSIMを選んだ場合の手順
  1. 申し込み後、登録したメールアドレスに「eSIMプロファイルダウンロードのお知らせ」というメールが届く
  2. メールに記載されたURLにアクセスし、eSIM利用開始手続きを進める
  3. eSIMプロファイルをダウンロードする
  4. ダウンロード後の画面で「回線を切り替える」をタップ
  5. 端末を再起動する
  6. iPhoneはiOSとキャリア設定のアップデート、AndroidはAPN設定を行う

以上で、LINEMOの回線を利用できるようになります。

eSIMはメールで受け取れるため、申し込んだその日からLINEMOの利用が可能です。

LINEMOへの乗り換えで失敗しないためのコツ

LINEMO ソフトバンクまとめて支払い

画像引用元:【公式】LINEMO – ラインモ|20GBが月2,480円(税込 2,728円)の格安SIM・格安スマホ|ソフトバンクのオンライン専用ブランド

どうせ乗り換えるのであれば失敗はしたくないし、少しでもお得に乗り換えたいもの。

ここからは、auからLINEMOへの乗り換えで失敗しない、また得するためのコツを紹介していきます。

コツ1:auの料金プランの更新月に乗り換える

auでは、更新月以外に解約や乗り換えの手続きをすると、違約金として1,100円~10,450円がかかります。

※2019年10月以降の料金プランに加入している人であれば1,100円

違約金をかけずに安く乗り換えをしようとなると、更新月を狙って乗り換えの手続きをするのが1番です。

また、auでプラン変更をする際に違約金はかからないので、乗り換えを予定している月の前月までに違約金1,100円対象のプランに変更してから乗り換えるのもおすすめです。

コツ2:端末のSIMカードサイズに注意する

auで使っているスマホをそのままLINEMOで利用する場合、動作確認が取れているスマホであることはもちろん、SIMカードのサイズが合っていることが必要不可欠です。

事前に自分の使っているスマホのSIMカードのサイズを確認し、LINEMOでサイズを選ぶ時に間違えないようにしてください。

最近のスマホはnanoSIMが主流なので、余程のことがない限りnanoSIMで問題ないと思いますが、念のために確認しておきましょう。

後からSIMカードのサイズを変更しようとすると、再発行手数料3,300円がかかるのでかなり損です。

また、eSIMであればサイズを選ぶ必要すらないため、これを機にeSIMにチャレンジしてみるというのもアリですよ。

失敗なしでLINEMOへお得に乗り換えるには
  • auの更新月に乗り換える
  • SIMカードのサイズを間違えないようにする

auからLINEMOに乗り換えるメリット3つ

LINEMO

画像引用元:LINEMO – ラインモ|格安SIM|ソフトバンクのオンライン専用ブランド

auからLINEMOへ乗り換える時、一体どのようなメリットがあるのか解説していきます。

料金が安くなる

前章の料金比較でも解説したように、LINEMOへ乗り換えると年間約4万円安くなります。

コストを重視するのであれば、圧倒的にLINEMOがお得です。

LINEMOの料金の安さは格安SIM並ですが、回線はソフトバンク契約時と同じものを利用できるため、通信品質は比較的安定しています。

auを契約していたときと同じように、ネットを快適に使えますよ。

最大7GBから20GBへ大幅増量!

LINEMOへ乗り換えることで、料金が安くなるばかりでなく、使えるデータ量も大幅に増えます。

ピタットプランでは最大でも7GBまでしか使えませんが、LINEMOなら20GBまでOK。

これまで数GBでやりくりしていたユーザーにとっては、使い切れない量かもしれません。

これまでよりもはるかに自由に動画やアプリを利用できるようになります。きっとスマホの使い勝手も向上しますよ。

LINEアプリが使い放題

LINEMOは20GBまで使えるうえに、LINEアプリの通信量がノーカウントになります。

LINEを多用する方にとって、LINEMOは20GB以上の価値があるといえるでしょう。

auのピタットプランでビクビクしながらデータ通信していた方も、LINEMOならかなり余裕をもってスマホを使えるはずです。

auからLINEMOに乗り換えるメリット3つ
  • 料金が安くなる
  • 使えるデータ量が20GBに大幅アップ
  • LINEアプリが使い放題

auからLINEMOに乗り換えるデメリット5つ

次に、LINEMOに乗り換えるデメリットについて解説していきます。

一つずつ詳しく見てきましょう。

auのキャリアメールは使えない

LINEMOに乗り換えると、@ezweb.ne.jpのauのキャリアメールは使えません。

LINEMOではメールアドレスが提供されていないため、基本的にGoogleやYahoo!のフリーメールを使用することになります。

これまでキャリアメールでアプリやWEBサイトに登録していた人は、乗り換える前に変更しておくと契約後のスマホの利用がスムーズになります。

au WALLETポイントが貯まらなくなる

auの利用料金から還元されていたau WALLETポイントも、LINEMOでは貯めることができません。

ただし、au解約後もau WALLETポイントは使うことができるので、解約直前に必死に使い切らなくても大丈夫です。

※持っているポイントが「auポイント」の場合は、au WALLETポイントに交換する必要があります。

店舗がないのでサポートはオンラインになる

LINEMOは契約もその後のサポートも、すべてオンラインになります。

ネットを普段から使っていない方にとっては、少々難しいプランであると言えますね。

わからないことがあった時もソフトバンクショップの店員さんに質問することができないため、これが不安なのであればLINEMOは避けた方が無難です。

インターネット回線契約での割引がない

auのプランにはauひかりやeo光契約による「auスマートバリュー」というセット割引を適用できますが、LINEMOにはそのような割引が一切ありません。

そのため、場合によってはインターネット回線とスマホの総額が、au契約時よりも高額になる恐れもあります。

セット割引を適用してauを利用している人は、どのくらい料金が変わるのかしっかり計算した上でLINEMOに乗り換えましょう。

まとめてau支払いが利用できない

auの携帯電話料金と合算請求ができる「まとめてau支払い」もLINEMOでは利用できません。

アプリの課金やWEBサイトの月額料金の支払いなどをau支払いで行っていた人は、LINEMO乗り換え後はクレジットカード払いなど別の支払い方法で対応する必要があります。

auからLINEMOに乗り換えるデメリット5つ
  • auのキャリアメールは使えない
  • au WALLETポイントが貯まらなくなる
  • 契約・サポートはすべてオンラインになる
  • インターネット回線契約での割引がない
  • まとめてau支払いが利用できない

auからLINEMOへの乗り換えでかかる費用

auショップ実店舗

次に、auからLINEMOへ乗り換える時にかかる費用を会社別に紹介します。

auでかかる費用

auでかかる費用は違約金のみです。

乗り換えるタイミングが契約更新月以外であれば、加入中のプランによって1,100円~10,450円の違約金が発生します。

つまり、auでは0円~10,450円かかるということです。

また、契約によっては「短期契約解除料」が発生する可能性もあるので、予約番号発行時にしっかりと確認してください。

なお、従来は乗り換え時に「MNP転出手数料」が発生していましたが、auは2021年4月1日にMNP転出手数料を廃止しています。

LINEMOでかかる費用

LINEMOの新規契約手数料は0円、SIMカード・eSIM発行手数料も0円です。

LINEMO側では一切費用がかかりません。

つまり、auの違約金さえなければ、auからLINEMOへの乗り換えは0円で可能ということです。

auからLINEMOへ乗り換える時にかかる費用
  • auの違約金は0~10,450円
  • LINEMO側では乗り換え時に費用は発生しない
  • 合計で0円~10,450円の費用が発生する

注意点をしっかりチェックしてLINEMOに乗り換えよう!

最後に、auからLINEMOに乗り換えるメリット・デメリットをまとめます。

auからLINEMOに乗り換えるメリット・デメリット
  • 料金が安くなる
  • 月に使えるデータ量が20GBまで増加
  • LINEアプリのデータ通信量がノーカウント
  • auのキャリアメールが使えない
  • スマホの利用料金からau WALLETポイントが貯まらない
  • 契約・アフターサポートは全てオンライン
  • ネット回線契約のセット割引がない
  • まとめてau支払いが使えない

auからLINEMOに乗り換える最大のメリットは料金の安さです。

シミュレーションした通り、LINEMOに乗り換えるだけで年間約4万円も安くなります。

一方で、auのサービスが使えなくなる、契約やサポートが全てオンラインなど、LINEMO特有の不便さもあります。

LINEMOへの乗り換えを失敗しないためにも、しっかりとサービスのメリット・デメリットを把握しましょう!

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
ライター歴3年の青森県出身。趣味で始めたFXが軌道に乗ったのを機に退職し、いろんなことにチャレンジ中。 最近では趣味のガンプラも仕事の1つに加えてやりたい放題の人生を満喫している。トレーダー兼モデラー兼ライターという日本に3人くらいしかいない肩書の人間。 iPhoneよりiPadが好き。