格安SIM|噂の楽天モバイルは本当に安くて快適なのか徹底検証

格安SIM|噂の楽天モバイルは本当に安くて快適なのか徹底検証

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

楽天モバイルは、大手グループ会社の楽天が運営しているMVNOです。
楽天モバイルを利用することで、どのくらい安く快適に使えるのでしょうか。

キャリアとの比較や、速度とサポート環境などもまとめました。
では具体的な月額料金から、比較していきましょう。

楽天モバイルの月額料金


楽天モバイルにはスーパーホーダイとその他の料金プランの2種が用意されています。一番キャンペーンや割引が多いのはスーパーホーダイの契約年数を長く設定することです。
では、通話とデータ通信を利用する場合の料金設定を確認していきましょう。

スーパーホーダイ

5分かけ放題つきのプランです。
楽天会員のみ月額料金が1年間1000円引き。利用月にダイヤモンド会員だった場合は1年間1500円引きとなります。楽天会員の登録は無料のため、事前に行っておくことがおすすめです。
プランS
1年目 楽天会員 1980円 ダイヤモンド会員 1480円
2年目以降 2980円
データ通信 2GB

プランM
1年目 楽天会員 2980円 ダイヤモンド会員 2480円
2年目以降 3980円
データ通信 6GB

プランL
1年目 楽天会員 4980円 ダイヤモンド会員 4480円
2年目以降 5980円
データ通信 14GB

組み合わせプラン
通話SIMオプションなし 1600円
データ通信3.1GB

通話SIMオプションなし 4750円
データ通信 20GB

楽天モバイルの月額プラン特徴

5分以内かけ放題をつけたい場合は、スーパーホーダイの1年目料金は魅力的です。ただし2年目以降は2980円に月額料金がアップするため、それほど通話を使わない方は組み合わせプランで問題ないでしょう。

楽天でんわアプリも利用できるため、通話料も安く抑えることができます。
もし050通話やアプリのみで通話ができる場合は、音声通話SIMではなくSMSつきの050データSIMを利用することで更に節約することが可能です。

またスーパーホーダイは最長3年契約まで行えます。3年契約は機種代金が実質20000円引きです。2年契約の場合は10000円引きとなります。
楽天ポイントで還元されることが特徴です。ただし1年目や2年目に解約した場合、還元分が解除料に上乗せされる形になっています。

途中で解約する可能性がある場合は、あまりおすすめできません。最大で29800円の解除料が発生することがあるからです。
ただし機種代金の割引がなくなるだけなので、結果的に損をしているわけではないでしょう。

キャリアの月額料金例

5分かけ放題 1700円
時間無制限 2700円

データ通信
1GB 2900円
2GB 3500円
5GB 5000円
20GB 6000円

ウェブ使用料 300円

5分かけ放題とデータ通信
1GB 1700円+2900円+300円=4900円
2GB 1700円+3500円+300円=5500円
20GB 1700円+6000円+300円=8000円

通話し放題とデータ通信1GB
1GB 2700円+2900円+300円=5900円
2GB 2700円+3500円+300円=6500円
20GB 2700円+6000円+300円=9000円

キャリアと比べるとどの程度安くなる?

ソフトバンクとの比較を行うと、1年目の月額料金は3000円~4000円程度お得です。
ダイヤモンド会員になっているなら、かなり安く使うことができるでしょう。
通話がほとんど必要ない方の場合も4000円近く通信費を節約することができます。

2年目からは1000円~1500円月額料金がアップしますが、それでもキャリアと比べると月額2000円ほど通信費の削減が可能です。それほど大きく2年目以降に値上がりするわけではないため、通信速度やサポートに不満がなければ料金は安くなります。

またスーパーホーダイを利用する場合は、機種代金のサポートが受けられることも魅力です。
楽天モバイルで取り扱われている端末は20000円以下のものも多く、実質無料になる上にポイント還元が得られるものもあります。

ただし実際の還元額としてはキャリアの方が高額にはなっています。
特に最新機種に関しては60000円前後のサポートが受けられることが多く、実質負担金も20000円を切っています。
最新機種を利用したい場合や時間無制限のかけ放題を使いたい場合は、キャリアが候補に上がります。

楽天モバイルでは組み合わせプランを活用することで30GBまでデータ通信を利用することができるため、機種代金の値引きや5分かけ放題にこだわらない場合はデータ通信容量を重視することもできます。

楽天モバイルのメリットや特徴

楽天モバイルならではの魅力は、楽天会員に登録していることで生まれます。
スーパーホーダイの月額料金が1000円~1500円引きになるだけでなく、その他のメリットも得られるからです。

まず、入会時に楽天ポイントがもらえるキャンペーンが実施されているため入会だけでポイントがもらえます。また毎月の支払いに応じて楽天ポイントが付与されます。
そしてショッピングで貯めた楽天ポイントが支払いに利用できることも魅力です。

更に楽天市場で買い物をする方は、楽天モバイルに加入しているだけで付与ポイントの倍率が+1倍になります。

楽天ポイントを貯めたい方や利用したい方に最適な格安SIMになっています。これらの特典は楽天モバイルでなければ得られないため、楽天サービスを活用している方にとってはおすすめできる格安SIMです。

楽天モバイルに向いている人

・端末を実質0円以下で手に入れたい
・楽天会員または楽天ダイヤモンド会員
・端末のスペックにこだわらない
・3年縛りでも特に問題を感じない
・5分かけ放題が利用したい
・通話をあまりしないor050電話やアプリで十分
・楽天の他サービスを利用している
・楽天ポイントが貯めたい

キャリアが向いている人

・2年縛りまでで抑えたい
・ハイスペックな最新機種を購入したい
・かけ放題を利用したい
・楽天の他サービスを利用しない

楽天モバイルは快適に使える?実効速度はどのくらい?

楽天モバイルは大手格安SIM会社でもあるので、速度が極端に遅いと言うわけではありません。

またスーパーホーダイの場合は、高速通信を使い切った後でも最大1Mbpsの通信が使い放題となっています。
あくまでも最大1Mbpsであり、常時その速度が出るわけではありません。混雑時は最大でも300kbpsのため、快適に利用できない時間もあることを理解しておきましょう。

これは高速通信を使い切った後の話であり、おまけ程度のものと考えておいた方が良さそうです。

では楽天モバイルの速度は、実際どのくらいなのでしょうか。公式ではそれほど実効速度について触れていることはありません。格安SIM業者間での比較を見ても、楽天モバイルは下位ではないものの、必ず上位に表示されていないため、格安SIM業者内でも中程度の速度を保っているようです。

また楽天モバイルは利用者も多いため、SIMによって割り当てられている回線が異なります。最近加入した方などは新しい回線に割り当てられることもあり、速度に不満も出にくくなります。

MVNOは利用者が多ければ多いほど混雑してくることもあり、定期的なネットワーク増強作業が必要になります。楽天は大手会社のためネットワーク増強が行われないことはありませんが、速度の速さを謳っている会社に比べれば多少ストレスを感じることもあるでしょう。

ですがお昼休みなどの混雑時を除けば、おおむね1Mnps以上の速度が出ていることもありウェブ閲覧に支障があることは少なくなっています。キャリアの速度と同じではありませんが、ヘビーユーザーでなければ大きな問題は感じない程度です。

楽天モバイルのサポート環境は快適?

楽天モバイルでは、問い合わせ窓口に返答までの時間が明記されています。メールでの問い合わせから回答までの日数は平均で3日ほどです。電話をかけた時の待ち時間は5~20分程度となっています。

また電話でのサポートを受ける場合、昼の12時から15時までが混雑しています。ある程度目安を公表してくれているため、判断もつけやすいのではないでしょうか。キャリアのサポートと比べるとやや時間はかかりますが、楽天モバイルは店舗も構えています。

身近な場所に店舗がある場合は、問い合わせも行いやすいでしょう。

また新規の申し込みを検討している場合は、オペレーターが9時から24時30分まで相談に乗ってくれます。この点は魅力的な点です。またAIチャットは年中無休で24時間稼働しているため、一般的な質問はオンラインで回答が得られます。

またAIではないチャットサポートは9時から24時30分まで稼働しています。

楽天モバイルの公式サイトでは、実際の問い合わせ窓口が表示されるまでによくある質問への誘導や質問内容の確認が行われます。電話での問い合わせが混み合っていることから、チャットやメールでの問い合わせを利用できる場合はそちらを利用するよう注意画面も出てきます。

電話で問い合わせる場合にはフリーダイヤルではなく、受付時間は9時~18時までです。他の格安SIMに比べて、電話ではなくネット上でのサポートを中心に組み立てていることが特徴です。

電話サポートが必要でない方にとっては、それほど大きな問題ではないでしょう。ただし楽天モバイルの通話SIM解約手続きは電話での連絡が必須です。データSIMはメンバーズステーションで手続きを行えるため、オンライン環境があれば問題ありません。またMNP予約番号の発行もオンライン手続きで完了します。

状況によっては、解約時に20分前後オペレーターにつながるまで待つ必要が出てきます。年中無休で受付を行っているため、休日があればそれほど負担にはならないかもしれません。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ