格安SIM|噂の楽天モバイルは本当に安くて快適なのか徹底検証

格安SIM|噂の楽天モバイルは本当に安くて快適なのか徹底検証

5分以内かけ放題をつけたい場合は、スーパーホーダイの1年目料金は魅力的です。ただし2年目以降は2980円に月額料金がアップするため、それほど通話を使わない方は組み合わせプランで問題ないでしょう。

楽天でんわアプリも利用できるため、通話料も安く抑えることができます。
もし050通話やアプリのみで通話ができる場合は、音声通話SIMではなくSMSつきの050データSIMを利用することで更に節約することが可能です。

またスーパーホーダイは最長3年契約まで行えます。3年契約は機種代金が実質20000円引きです。2年契約の場合は10000円引きとなります。
楽天ポイントで還元されることが特徴です。ただし1年目や2年目に解約した場合、還元分が解除料に上乗せされる形になっています。

途中で解約する可能性がある場合は、あまりおすすめできません。最大で29800円の解除料が発生することがあるからです。
ただし機種代金の割引がなくなるだけなので、結果的に損をしているわけではないでしょう。

キャリアの月額料金例

5分かけ放題 1700円
時間無制限 2700円

データ通信
1GB 2900円
2GB 3500円
5GB 5000円
20GB 6000円

ウェブ使用料 300円

5分かけ放題とデータ通信
1GB 1700円+2900円+300円=4900円
2GB 1700円+3500円+300円=5500円
20GB 1700円+6000円+300円=8000円

通話し放題とデータ通信1GB
1GB 2700円+2900円+300円=5900円
2GB 2700円+3500円+300円=6500円
20GB 2700円+6000円+300円=9000円

キャリアと比べるとどの程度安くなる?

ソフトバンクとの比較を行うと、1年目の月額料金は3000円~4000円程度お得です。
ダイヤモンド会員になっているなら、かなり安く使うことができるでしょう。
通話がほとんど必要ない方の場合も4000円近く通信費を節約することができます。

2年目からは1000円~1500円月額料金がアップしますが、それでもキャリアと比べると月額2000円ほど通信費の削減が可能です。それほど大きく2年目以降に値上がりするわけではないため、通信速度やサポートに不満がなければ料金は安くなります。

またスーパーホーダイを利用する場合は、機種代金のサポートが受けられることも魅力です。
楽天モバイルで取り扱われている端末は20000円以下のものも多く、実質無料になる上にポイント還元が得られるものもあります。

あなたにおすすめ

40代女性がXperiaを使う理由は「手のひらに合うサイズがある」... トップ画像引用元:Xperia(エクスペリア) X Compact ドコモ SO-02J | ソニーモバイル公式サイト iPhoneから乗り換えた理由は「防水機能」 画像引用元:Xperia™ Z3 SO-0...
ドコモから格安スマホに乗り換え|比較してわかったおすすめ格安SIM... ドコモを利用している方の中には、毎月のスマホ代金が気になっている方もいるかと思います。特に月額料金が1万円前後の方にとっては切実な悩みのはず。 しかし、スマホ代の節約ためにMVNOに乗り換えようと思っても、たくさんある格安SIMの中か...
SIMロック解除|ドコモで手続きする場合の手順と条件と期間を解説... 今の時代、海外では当たり前のようになっているスマホのSIMカード入れ替え。多くの機種がSIMカードが2枚入れられており、切り替えができるなど、利用シチュエーションによって使い分ける人も少なくありません。 しかし、日本の場合、各キャリア...
失敗できない!人気アプリの機種変更時データ移行方法【iPhone/Android】... 目次 iPhoneはiTunesで簡単にデータ移行できる SNSのデータ移行 LINEと各種LINEサービス・LINEゲーム ...