格安SIM 噂のmineoは本当に安くて快適なのか徹底検証

格安SIM 噂のmineoは本当に安くて快適なのか徹底検証

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

格安SIMの中でも話題になっているmineoは、実際どのくらい安くなるのでしょうか。キャリアとの料金差や、速度やサポートを含めた快適さも検証していきたいと思います。

mineo(マイネオ)の評判は悪い?他の格安SIMと比較したデメリット

mineoの基本料金はキャリアと比べてどのくらいお得?

mineoの料金設定はDプランとAプランでやや異なります。少しAプランの方が安く設定されているため、料金にこだわる場合はAプランが最適です。
Aプランの利用はau系の通信が利用できる端末に限られるため、au系端末を流用する方やmineoでauプラン対応の端末を購入する場合に限られます。

ではキャリアとの月額料金を比較してみましょう。
デュアルタイプ(Aプラン)
データ通信1GB 月額1410円

mineoの音声通話オプション
10分かけ放題 月額850円

通話定額30 840円
通話定額60 1680円
(30分または60分間無料通話がオプションで付けられます。

ソフトバンクの場合
スマ放題ライト(5分かけ放題)
1700円

スマ放題(時間無制限)
2700円

データ通信1GB
2900円

ウェブ使用料
300円

mineoにはかけ放題プランがありませんが、用途に応じて1回の通話が10分以内の分が無料となる10分かけ放題と、無料通話が最大60分ついたタイプが選べます。
もちろん、通話が少ない場合はオプションをつけない方が月額料金が安くなることもあるため状況によって使い分けましょう。

各オプションをつけた場合の月額料金

10分かけ放題 1410+850=月額2260円
通話定額30  1410+840=月額2250円
通話定額60  1410+1680=月額3090円

キャリアでは、5分かけ放題または時間無制限のかけ放題から選択できます。基本的な料金形態は3社ともそれほど差はありませんが、データプランの最低通信量や月々のサポートが異なるため実際の負担料金に少し差は出てきます。

キャリアの月額料金例

5分かけ放題 1700+2900+300=月額4900円
時間無制限    2700+2900+300=月額5900円

またデータ通信を多く利用する方の場合、どちらの会社にも20GBや30GBプランが用意されています。20GBプランで比較してみましょう。

mineoの20GBプランで通話オプションをつけた場合

10分かけ放題 4590+850=月額5440円
通話定額30  4590+840=月額5430円
通話定額60  4590+1680=月額6270円

ソフトバンクの20GBプラン

スマ放題ライト 1700+6000+300=月額8000円
スマ放題    2700+6000+300=月額9000円

通話が60分以内なら断然mineoがお得

1GBを選択する場合でも20GBを選択する場合でも、月額料金だけを見ればmineoがかなり安くなっています。
仮に通話が60分を少し超えてしまう場合でも、かけ放題との価格差は3000円程度あるためmineoの方がお得でしょう。

もしIP電話を利用することを前提にしているなら、月額100円でララコールが利用できます。IP電話は固定電話並みの通話料金で利用できるだけでなく、ララコール加入者同士は通話料が無料です。

家族でmineoに加入する場合、実質家族間かけ放題になるので安さが際立ちます。110や119など特定の番号にかけることはできませんが、その場合は通常の電話番号を利用すれば問題ありません。

ただし、ハイスペックな端末を購入したい場合は少し様子が異なってきます。例えばiPhone8 64GBを購入する場合、ソフトバンクでは実質負担額が17000円台です。

もしmineoで契約して別途iPhone8を購入する場合定価購入になるため85000円前後の価格となります。

2年間利用すると考えると、結局ソフトバンクで契約するのと同程度の費用がかかる計算になります。4年ほど利用するなら最終的にmineoがお得になることもありますが、修理や全損時のことを考えると大幅に安くはなりません。

mineoで販売されている格安スマホなら2万円台から購入できるので、端末のスペックを気にしない場合上記の価格差で利用できます。他の格安SIMでは端末料金の負担を抑えたプランを導入しているところもあるため、mineoは既に端末を持っている方におすすめのMVNOと言えそうです。

mineoを安く利用できる人の特徴

・通話はあまりしないか月に1時間以内
・端末のスペックはあまり気にならない
・データ通信のみで利用したい
・050電話で十分

mineoはキャンペーンも豊富

mineoは、格安SIMの中でもキャンペーンを頻繁に行っている会社です。その分初期費用も安くなっています。
例えば2017年12月1日~2018年1月18日までは、「続・大盤振る舞いキャンペーン」が行われています。
これはデュアルタイプ(音声通話+データ通信)を新規申し込みすることで、6ヶ月間900円が割り引かれると言うものです。

どのプランを利用していても900円割引ですから、例えば通信500MBのプランなら通常月額1310円が6ヶ月間410円で利用できると言うお得さです。
割引総額は5400円になり、初期費用はほぼ全て戻ってきます。mineoでは楽天やAmazonなどでエントリーパッケージを購入すると、新規申し込みの手数料は更に軽減されます。

主な通販サイトで500円ほどで販売されているので、新規事務手数料を軽減したい場合は活用してみましょう。

その他にも家族や友人を紹介することでAmazonギフト券がもらえるキャンペーンや、対象の端末購入で月額基本料金が割り引かれるキャンペーンなど内容は豊富です。
キャンペーン期間中にmineoに新規申し込みすることで、通常の申し込みより数千円~数万円分お得に利用することが可能です。

mineoは快適に利用できる?通信速度は?

mineoでは公式で定期的に速度を検証しています。

目標値は平日のお昼休みに1Mbps、平日の夕方には3Mbpsです。ネットワーク状況を確認すると、2017年11月~12月にかけてはお昼休みの目標はおおむね達成しています。

平日夕方は日によってばらつきが出ているのが現状です。

対してキャリアでも速度の実測値が公表されていたことがありますが、大体の平均値とみなされる速度は下り50~70Mbps、上り6~20Mbps程度です。

キャリアや機種、エリアによっても異なりますが、mineoの目標値としている速度はキャリアの平均速度と比べると大きな差があります。

もちろんキャリアでも最小値は1~2Mbpsとなっているため、1Mbpsがデータ通信を使えない速度と言うわけではありません。
1Mbps程度の速度が出ていれば、動画の閲覧なども可能です。ただしあくまでもmineoの場合は目標値となっており、1Mbpsを最小値として公表しているキャリアとは状況が異なります。

スピードテストを行っているエリアでは1Mbpsを超えていても、他エリアでも同じ速度が出ているかは不明です。

大体平日夕方の混雑しにくい時間帯でも1~2Mbpsの日が多くなっているため、アプリダウンロードなど多くの通信が必要になる動作はWiFi環境時に限定するなどの配慮は必要です。

mineoを利用する場合はWiFi環境が整った状態を作っておくことが、ストレスを感じずに利用できる方法でしょう。
キャリアと同じ速度が出るわけではないことを理解しておくことが大切です。また平日のお昼休みは最大でも1Mbpsですから、ウェブ閲覧程度の作業ができれば問題ないと考えておきましょう。

mineoでサポートは期待できる?

キャリアには店舗やカスタマーセンターがあるため、常にサポートを受けることができます。
問い合わせも同キャリアの携帯電話からは通話料無料で行うことができますし、公式ホームページから問い合わせを行えばほとんどのケースで翌営業日には何らかの返答がもらえます。

ではmineoはどのようなサポートが受けられるのでしょうか。
まず、電話での問い合わせ窓口について確認してみましょう。

mineoでは「mineoサポートダイヤル」が問い合わせ窓口になっています。
年中無休で9時~21時まで問い合わせを受け付けており、固定電話・携帯・PHSからはフリーダイヤルを設けています。

またIP電話も用意されており、ララコールを使えば通話料は無料です。
その他メールフォームやツイッターを使った問い合わせも利用できます。

電話での受付窓口の対応時間は、キャリアとそれほど変わりません。

もちろん対応人数が異なることは予測されるため、必ず電話がすぐにつながるかと言えばそうではないでしょう。
しかしmineoでは公式でのサポート以外にも、mineo公式掲示板で利用者に質問をすることができます。

マイネ王ではmineo利用者やmineoファンが集っているため、質問版やコミュニケーション用の掲示板が用意されているのです。

また初期設定などで分からないことがある場合は、サイトのよくある質問やサポートコーナーで一般的な質問の答えを確認できます。
その他月額有料オプションですが、スマホ操作アシスト(月額500円)に登録していれば専門のスタッフにスマホ操作をサポートしてもらえます。

訪問サポートも用意されていますが、1回9000円~と高額のため格安SIMで節約を考えているのであればあまりおすすめはできません。

キャリアと同じ保証オプションも用意されている

格安SIM会社で気になるところは、端末の補償です。端末は定価で購入する必要があるため、修理や代替機などのサービスは気になるところでしょう。

mineoではキャリアと同じように保証サービスも用意されています。mineo端末が故障した際に負担が軽減される「端末安心保証サービス」が月額370円で加入できます。

また格安SIMならではの保証サービスとして、「持ち込み端末安心保証サービス」も月額500円で利用できます。
キャリアで購入した高額スマホも、保証の対象になる点が魅力です。

端末の交換代金もキャリアとそれほど変わりません。もちろん、最短で新しい機種を届けてもらえるため、使えない期間も最小限で済みます。
もちろんキャリアの場合は身近に店舗があることから、即日相談に行くことができますがmineoの場合はリアル店舗の数がほぼありません。
最短でも翌日か翌々日が交換品の到着日になります。

どうしても即日に代替機が欲しい場合はキャリアを利用することが最適ですが、1万円以下のスマホなどを予備として持っておけばmineoでも不便はないでしょう。

その他にもスマート留守電やセキュリティオプションなど、多くのオプションが利用できます。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ