スマホ機種変更時のアプリのデータ移行・引継ぎ完全ガイド!バックアップの準備と復元方法

  • 2018年12月27日
  • by 
スマホ機種変更時のアプリのデータ移行・引継ぎ完全ガイド!バックアップの準備と復元方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今回はスマホの機種変更時に必要なデータ移行・引き継ぎ方法を解説します。
スマホでは電話帳や写真などのデータ以外にも、アプリの引き継ぎもありますよね。

アプリ毎に引き継ぎ方法も異なり、1つ1つ確認するとかなり時間が必要です。

そこでSNSやゲームなどの人気アプリの引き継ぎ方法もまとめて解説するので、不安なく機種変更できるように準備してくださいね!

トップ画像引用元:データ移行・バックアップ | お客様サポート | NTTドコモ

1 iPhoneはiTunesで簡単にデータ移行できる

画像引用元:iTunes – Apple(日本)

データ移行はアプリ単位で行うのが基本ですが、iPhoneはiTunesを利用すると一括でデータ移行できます。

各アプリのデータやSNSなどのログイン状態もまとめて移行できるので、パソコンがある方はiTunesを利用するのが1番でしょう。

1-1 iTunesを初めて使う手順

iTunesを初めて使用する時は、まずiPhoneとiTunesの同期設定が必要です。

  1. パソコンとiPhoneを接続する
  2. iTunesを起動する
  3. iTunesでiPhoneとの接続確認が表示されるので「続ける」をクリック
  4. iPhoneに接続確認が表示されるので「信頼」をタップ
  5. iTunesの初期設定画面から「新しいiPhoneとして設定する」を洗濯して「続ける」

これでiPhoneとiTunesの初期設定が完了します。

1-2 iTunesへのバックアップ手順

iTunesでのバックアップは、「暗号化」を有効にすることで個別アプリのデータも完全にバックアップできます。

  1. 自動バックアップ先を「このコンピューター」に設定する
  2. 「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェック
  3. パスワードを決めて入力する
  4. 「今すぐバックアップ」を選択

ここで決めたパスワードはバックアップから復元する際に必要になります。

万が一忘れるとデータが戻せなくなるので、忘れにくいパスワードを設定してくださいね。

なお、「今すぐバックアップ」を選択してからしばらくはiPhoneをパソコンに接続したままにする必要があります。

所要時間はiPhoneのデータ量によりますが、大抵の場合は1時間あれば十分でしょう。

1-3 iTunesから新しいiPhoneへの復元手順

iTunesでの復元は「バックアップから復元」を選ぶことで簡単に実行できます。

  1. 新しいiPhoneをパソコンに接続
  2. iTunesで「バックアップから復元」をクリック
  3. 複数のバックアップがある場合、復元するデータを選ぶ

この後はバックアップからの復元が完了するまで待てばOKです。ただ、復元中はiPhoneが一切操作できないことに注意してくださいね。

iPhoneデータをバックアップして復元する方法とできない時の対処法【iCloud/iTunes】

2 LINEで引き継げるデータと引き継ぎ方法

画像引用元:‎「LINE」をApp Storeで

続いてほとんどの方が利用するLINEの引き継ぎについて解説します。

LINEは1つのアカウントで1台のスマホでしか使えず、引き継ぎしないとトーク履歴が消失します。

事前設定が大切なので、しっかりチェックしてくださいね。

2-1 LINEで引き継げるもの・引き継げないもの

LINEの機種変更では、引き継げるデータと引き継げないデータがあります。

特に異なるOS間のデータ移行で困る方が多いので、iPhoneとAndroid間で機種変更する方は注意しましょうね。

LINEで引き継げるデータ

  • トーク履歴(同じOS間のみ)
  • LINEコイン・クレジット残高(同じOS間のみ)
  • スタンプ・着せ替えなどの購入データ
  • 友達リストやグループ
  • ブロック・非表示状態
  • プロフィール(LINE IDやアイコン)
  • アルバム・ノート・タイムライン
  • LINE Keepの保存データ

なお、トーク履歴はアカウントの引き継ぎとは別に行う必要があります。

iTunesを利用してiPhoneからiPhoneへの機種変更なら不要ですが、それ以外の方は忘れずにトーク履歴も引き継ぎましょうね!

LINEで引き継げないデータ

  • 異なるOSでのトーク履歴
  • 異なるOSでのLINEコイン・LINE Outクレジット
  • 通知音の設定

2-2 LINEを引き継ぐための設定

続いてLINEを引き継ぐための基本的な設定をチェックしましょう。

新しいスマホでログインする前に引き継ぎ設定を行わないとトーク履歴など一部のデータが反映しません。

機種変更前に必ず引き継ぎ設定を行ってくださいね!

機種変更前に行う設定

  • メールアドレス・パスワードの登録(必須)
  • Facebook連携
  • アカウントの引き継ぎ設定(電話番号が変わる場合)

メールアドレス・パスワードの登録

LINEの引き継ぎは、メールアドレスの登録が必要です。

初期設定の中でもメールアドレス・パスワードの入力が求められますが、スキップしている場合は後から設定することに。

うっかり設定せずに故障や紛失してしまうとデータが引き継げなくなる可能性もあるので、機種変更の有無に関わらず設定しておきましょうね。

LINEのメールアドレス確認・登録手順

  1. LINEを開いて「その他」→「設定(歯車マーク)」をタップ
  2. 「アカウント」→「メールアドレス」をタップ
  3. メールアドレスとパスワードを入力
  4. メールで届く認証番号を入力

これでLINEのメールアドレスが登録されます。

また、パスワードを忘れた場合や不正アクセスの被害にあった場合など、メールでの手続きが必要になります。

利用するメールアドレスを変更した場合はLINEの登録も変更しましょうね!

LINEのメールアドレス変更手順

  1. LINEを開いて「その他」→「設定(歯車マーク)」をタップ
  2. 「アカウント」→「メールアドレス」をタップ
  3. 「メールアドレスを変更」をタップ
  4. メールアドレスとパスワードを入力
  5. メールで届く認証番号を入力

なお、パスワードを忘れた場合は機種変更前ならいつでも再設定できます。

機種変更後の端末で手続きするのは面倒なので、不安な方は事前にパスワードを再設定しておきましょう。

LINEのパスワード変更手順

  1. LINEを開いて「その他」→「設定(歯車マーク)」をタップ
  2. 「アカウント」→「パスワード」をタップ
  3. スマホのパスコードやロック、Face IDなどが表示された場合はロック解除
  4. 新しいパスワードを2回入力する

これでパスワードが再設定されます。

LINEのメールアドレス登録・変更時は認証コードが「@line.me」から送られてきます。

キャリアメールなど、ドメイン指定ができるメールを利用している方は事前に受け取れる状態で登録操作を行ってくださいね。

Facebook連携

LINEはFacebookと連携することでFacebookの友達を追加するなどの機能があります。

このFacebook連携をしておくと、メールアドレスの代わりにログインできるのです。

連携機能が不要でも、万が一メールアドレスが使えなくなった時の代替手段として設定するといいでしょう。

Facebook連携手順

  1. LINEを開き「その他」→「設定(歯車マーク)」をタップ
  2. 「アカウント」をタップ
  3. 「Facebook」欄の「連携する」をタップ
  4. 「Facebookアプリで連携」or「電話番号やメールアドレスでログイン」
  5. ログイン後に連携確認画面で「次へ」をタップ

これでLINEとFacebookとの連携は完了です。

今後メールアドレスでログインできない状態になったら「Facebookでログイン」を利用しましょう。

アカウントの引き継ぎ設定(電話番号が変わる場合)

メールアドレスやパスワード、Facebookとの連携で一通りのLINE引き継ぎ設定が完了しました。

ただ、新規契約でスマホを購入して電話番号が変わる場合など、一部の状況では「アカウントの引き継ぎ設定」が必要です。

アカウント引き継ぎ設定が必要なケース

  • 電話番号が変わる場合
  • Facebook連携のみでLINEを利用している場合

これは第三者が不正ログインできなくするための機能ですが、うっかり設定を忘れるとアカウント引き継ぎができません。

アカウントの引き継ぎ設定手順

  1. LINEを開き「その他」→「設定(歯車マーク)」をタップ
  2. 「アカウント引き継ぎ設定」をタップ
  3. 「アカウントを引き継ぐ」をONにする
  4. 確認画面が表示されたら「OK」をタップ

これでアカウントの引き継ぎ設定がONになりました。なお、アカウント引き継ぎ設定はONにしてから24時間の有効期限があります。

1日あればデータ移行で困ることはないでしょうが、下取りなど元のスマホがなくなる場合は機種変更直前に設定するようにしましょうね。

2-3 LINEのトーク履歴の引き継ぎ方法【iPhone】

ここからはiPhoneのLINEトーク履歴を引き継ぐ方法を解説します。

iPhoneでLINEのトーク履歴を引き継ぎには、次の2つの方法があります。

  • iCloudにバックアップしてトーク履歴を引き継ぐ
  • iTunesに暗号化バックアップをとってトーク履歴を引き継ぐ

iTunesを利用する方法ならLINE以外のアプリもほぼ完璧にデータ移行ができます。

>>「1 iPhoneはiTunesで簡単にデータ移行できる」に戻る

ただ、他のアプリや写真などのデータが多い場合、iTunesバックアップはPCの容量や新しいiPhoneの容量を圧迫します。

そのため、LINE以外に必要なデータ・アプリが少ない場合やパソコンがない場合はiCloudへのバックアップを活用するといいでしょう。

LINEトーク履歴のiCloudバックアップ手順

  1. LINEを開き「その他」→「設定(歯車マーク)」をタップ
  2. 「トーク」をタップ
  3. 「トークのバックアップ」をタップ
  4. 「今すぐバックアップ」をタップ

後はバックアップが完了するまで少し待てばOKです。

なお、トークに写真や動画が大量に貼り付けられてバックアップ容量が大きくなる場合、多少手間をかける必要があります。

  • Wi-Fiがあるところでバックアップする
  • 不要なトーク履歴はあらかじめ削除する
  • 一時的に課金してiCloudの容量を増やす

特にスタンプ目的に大量の公式アカウントを登録している方は、事前に不要なトークは削除しておきましょうね!

2-4 LINEのトーク履歴の引き継ぎ方法【Android】

AndroidのLINEトーク履歴はGoogleドライブを利用したバックアップが簡単です。

LINEトーク履歴をGoogleドライブにバックアップする方法

  1. LINEを開いて「その他(…)」→「設定(歯車マーク)」をタップ
  2. 「トーク・通話」をタップ
  3. 「トーク履歴のバックアップ&復元」をタップ
  4. 「Googleアカウント」をタップ
  5. バックアップ先のGoogleアカウントを選んで「OK」をタップ
  6. 「LINEによるリクエスト」を「許可」
  7. 「Googleドライブにバックアップする」をタップ

これでGoogleアカウントへのバックアップは完了です。
新しいスマホでも同様の手順で復元する操作を行えばトーク履歴が移行されます。

なお、トーク内の写真は1度開かないと小さなサイズでしか保存されません。

今まで開いたことのない画像も移行したい場合は別途保存してデータ移行した方がいいかもしれませんね。

また、LINEのバージョンが古いと新しいスマホに移せないこともあるようです。
LINEのバージョンアップがあるかチェックしてからバックアップしてくださいね。

2-5 LINEのトーク履歴の引き継ぎ方法【異OS間のデータ移行】

続いてiPhoneからAndroid、AndroidからiPhoneに機種変更する場合のトーク履歴の引き継ぎについて解説します。

とはいえ、LINEでは異なるOS間ではトーク履歴は引き継ぎできません。

そこで、トーク履歴をテキストやLINE Keepを利用して保存する方法を紹介します。

iPhoneのLINEトーク履歴をテキスト保存する手順

  1. テキストで書き出したいトークを開く
  2. 画面右上の「v」→「設定」をタップ
  3. 「トーク履歴を送信」をタップ
  4. 共有先アプリからメールやメモなどを選ぶ

これで指定したアプリにトーク単位でテキスト書き出しができます。

特にDropboxやEvernoteなど、Androidアプリもあるサービスに書き出すのがおすすめですよ!

AndroidでLINEトーク履歴をテキスト保存する手順

  1. 書き出したいトークを開く
  2. 画面右上の「v」→「設定」をタップ
  3. 「トーク履歴をバックアップ」をタップ
  4. 「テキストでバックアップ」をタップ
  5. 書き出し先のアプリを選択する

AndroidでのLINEトークのテキスト書き出しは、基本的にメール系のアプリに書き出すことになります。

DropboxやEvernoteがインストールされていれば書き出し先に指定できるので、必要に応じてインストールしておきましょう。

LINEトーク履歴をLINE Keepに保存する方法

LINE Keepでは、トーク内容や写真などを必要に応じて保存できます。

データはLINEアカウントに紐づいてサーバーに保存されているので、機種変更後も問題なく参照できます。

ただ、トークまとめてバックアップできるわけではないので、重要なトークや写真・データだけピンポイントで保存したい場合に使いましょう。

LINE Keepにトークを保存する手順

  1. トークを開く
  2. 保存したいトークの吹き出しを長押し
  3. 「Keep」をタップ
  4. 他にも必要な吹き出し・画像を選択
  5. 「保存」をタップ

これでLINE Keepにデータが保存されました。
保存内容を確認する場合は「友達」→「自分の名前」→「Keep」と進めると表示されます。

次のページでは他のSNSアプリや人気ゲームアプリのデータ移行方法を解説します。

スマホ機種変更でLINEのトークを引き継ぐ方法【iPhone/Android対応】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ